アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

04<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>06

アトリエZen 展覧会案内
infomation

12-616b.jpg
タカラモノ~海からの手紙   菅野由貴子・さいとうようこ・曽田文子 三人展
10月17日(水)~22日(月)、会場:art Truth(横浜市・中華街)
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-4662.html





長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~8月19日まで: 鹿島ヤスヒロ
8月20日~10月28日まで: 鶴水亜里沙

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかでのミニ展示です)
現在の展示/海津千並(写真)
展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展2017
10月29日(日)午後2時迄
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-4133.html



地下光学 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html



お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


絵画鑑賞学会 at faces

開催中の“faces-15人のアーティストによるさまざまな「顔」の表現-”に出展されている酒井実通男さんが「絵画鑑賞学会」なるものを立ち上げられ、その第一回目の試みとして、今回のfaces展の鑑賞会を開催することになりました。
初回ということでは読めない部分もありますが、それぞれの作品を観ながら、(ファンらも交えて)感想などを言い合ったりする会になろうかと思います。

鑑賞学会 at faces
日時:5月19日(土) 午後3時から/司会・進行:酒井実通男
会場:ギャラリーみつけ

※参加資格は特にありません。参加費もありません(無料です)が、参加人数や当日の流れによっては「喫茶コーナーでコーヒーを飲みながら…」となる可能性もなきにしもあらずで、そうした場合の各自のコーヒー代(300円)はそれぞれのご負担になります。

12-385_20180512184531b5e.jpg
12-386_20180512184532434.jpg
会場風景-01】【会場風景-02】【会場風景-03

拾ってきたリチャード・セラ作品

東大の絵画のニュースから多摩美のリチャード・セラ作品を思い出したひとがいて、そんな話がSNS経由で届いてきた。1970年の東京ビエンナーレの作品が捨てられるところを、多摩美の学生が拾ってきたというもの。作品の価値についての当日真夜中の議論だとか「そんな物は知らない」という美術館の答えだとか、面白いもので。
http://murrari.hatenablog.com/entry/20090331/1238467485


ちょうどリチャード・セラについて考えていたところだった。
大学生のころリチャード・セラに魅かれていた。好きな作家の一番に挙げるなど公言していてそうした記憶は深くあるのだけれど、なぜセラを好きになったのかというところを皆目覚えてない。そのころは今と違って油絵を描いていて、ゲンダイビジュツに特に関心があったわけではなかったはずだから、今になってみると自分自身のことなのに(逆に自分で)なぜセラだったのかと興味をそそられている。自分の表現のルーツを辿りたいという思いが近年強いこともあろうか。とある脳科学者も言っていたが、自分のことは案外自分でわからないもの。

 | ホーム | 

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

amazone入口


アフィリエイト実施中。アマゾンご利用の際は↑からお入りください。(アトリエZen)

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR