アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

08<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>10

アトリエZen 展覧会案内
infomation

野田英世展 -歩いて描いた新潟スケッチ-/ 9月30日(日)~10月7日(日)、会場:CoZAの間(横浜市港南区)
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-4640.html





長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~8月19日まで: 鹿島ヤスヒロ
8月20日~10月28日まで: 鶴水亜里沙

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかでのミニ展示です)
現在の展示/海津千並(写真)
展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展2017
10月29日(日)午後2時迄
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-4133.html



地下光学 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html



お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


見附駅

昨夜の見附駅。ホームにて。

手元の資料をあたっていたら

柏崎のギャラリー13代目長兵衛(2015年に閉館)を主宰していた曽田さんの作品を来月横浜で展示する。
あらためて氏の活動を振り返ってみたくて手元の資料をあたっていたら、同ギャラリー閉館時の朝日新聞記事が出てきた。2015年8月22日付、新潟版。さすがうまくまとめられていると再読していたら、私の名前も(開館当初から運営に協力し最終企画を構想したということで)取り上げられていて、自分もあわせて書かれたことはすっかり失念していからちょっと驚いて読んだわけだ。


横浜での展覧会はちょうど1か月後の10月17日から。さいとうようこさんと菅野由貴子さんとの三人展という形態です。art Truth。
      http://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-4662.html

     12-616b.jpg

青い空に黄色

青い空に黄色い看板、長岡市内。信号待ち停車中の車中から。

9月15日にギャラリーオープンという貼り紙

新潟市の東堀通りに新しく「827」なるギャラリーが出来る。


12-642.jpg


画像は先日近くに行った際に撮った「改装工事中」のもの。9月15日(土)オープンしますと貼り紙があるから本日スタートで、つまり冒頭の「…ギャラリーが出来る」は正しくなくて「出来た」のである。狭い路地のなかにあり、新ギャラリーと隣接する楓画廊とは建物内部でつながり、一体で運営されるよう。

14日の日記と京の秋

忙しすぎて朝から自宅仕事、朝食もそこそこ、パン1枚食べて11時ころギャラリーみつけに向かう。
今日は会議がいくつかあり、なんだかんだと昼食を食べ損ねていたら夕食は夕食で(近くのコンビニで何か買ってこようと思っていたはずが行けずに)また食べ損ね、そのままギャラリー22時閉館まで在館、23時になって夕食なのか昼食なのか夜食なのかわからない、まぁ夜食だろうけれどもそんな食事をとる。健康によくないよなぁなんて思いながらも、最近の御伴は「京の秋」で、これはけっこう気に入っているぞとそんなことを思っていた。京都ブルワリー謹製、限定醸造である。

今日の日記を記そうと思って当の京都ブルワリー謹製を飲みながら書き始めたら、やっぱり支離滅裂。

(2018.9.14 pm23:30)

タカラモノ~海からの手紙 菅野由貴子・さいとうようこ・曽田文子 三人展

12-616b.jpg
  


タカラモノ~海からの手紙
菅野由貴子・さいとうようこ・曽田文子 三人展

会期:2018年10月17日(水)~22日(月)
11:00-19:00 (最終日は17:00まで)
会場:art Truth
横浜市中区山下町112-5 日絹パークビル1F /TEL: 045-263-8663
ギャラリーwebsitehttp://www.yccp.jp/art-truth/
交通:JR根岸線(京浜東北線直通)「石川町駅」南口より元町商店街方向に進み徒歩7分。 または、みなとみらい線「元町・中華街駅」3番出口より徒歩5分。

さいとうようこ、曽田文子の新潟県在住作家に新潟にも縁深いイラストレーター菅野由貴子を交えての、女性作家三人展。

12-617b1050_201809071131364c6.jpg

(↑  クリックすると大きくなります)      

長岡駅前

12-635.jpg
長岡駅前。おそらく築30年くらいになる鉄骨アーケードの“錆”を撮ろうと最初思ったけれど、やはりここはイトーヨーカドー丸大が背景。

野田英世展の案内ハガキ

12-611bp.jpg
9月30日から横浜「CoZAの間」にて野田英世展をおこなうことになっています。
案内ハガキがギャラリーみつけのインフォメーションラックにも(数は少ないですが)入れてありますので、興味あるかたはお受け取りください。上の画像は数週間前撮影のもので、左隣にこのとき置かれていたDMは新潟秋葉区のGALLERY AND CAFE VUCAで開催中の画廊企画三人展。こちらは多く置いていたのですがすべて捌けています。


12-592b.jpg
   野田英世展~歩いて描いた新潟スケッチ~
   会期:9月30日(日)~10月7日(日)/会期中無休
   会場:CoZAの間/ 横浜市港南区港南台5-22-15、tel.045-831-5127
   http://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-4640.html

藤田嗣治展

東京都美術館で開催中の「没後50年 藤田嗣治展」の展評を、美術評論家の武居利史さんがしんぶん赤旗に書いたと聞き、当地の共産党委員会に電話した。 9月4日付の当該号を今からでも買えるかという問いに、バックナンバーで在庫が残っていれば可能だということで調べてもらい、いまほど購入してきた。しんぶん赤旗を買うのも初めてなら、共産党委員会の事務所に入るのも初めて。と書いていたら、学生の時に通っていた横浜寿町の美術研究所は共産党施設のビルの最上階だったと思いだしたけれど。
展評の標題は、「多面的な画作の軌跡 漂泊の個人主義的コスモポリタン」。

池野由紀子 展示作品リスト (笹川眼科 院内展示)

12-631b.jpg
   12-632.jpg
笹川眼科・中待合室のミニギャラリー。
いま飾ってある池野由紀子作品のリストをアップします。花をモチーフに、水彩と油彩で描いた5作品。約3か月間飾ります。


      池野由紀子 作品展示(水彩・油彩)
      展示案内:http://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-4668.html

展示作品リスト2018年9月~11月予定
 壁
 no.

 作品
 no.

 作 品 名
 技  法
 A
 1
 春を待ちながら  水  彩
 B
 2
 ア ジ サ イ  水  彩
 
 3
 カサブランカ  水  彩
 C
 4
 黄色いカラー  油  彩
 
 3
 バ  ラ  油  彩
   上記リストは入口側から(壁面に向かって右から)順番に記載しています
  11-389a-300.jpg

ドローイングの現在 -〈創造〉の生まれる処-

今朝アップした「マイスキップ9月号のイベントガイド欄」に掲載している、ギャラリー湯山での展覧会の案内を。(ドローイングの現在)

(2018.9.8 pm23:00)

12-630b2.jpg
12-629b1050-2.jpg

<ギャラリー湯山> 企画展no.18
ドローイングの現在 -〈創造〉の生まれる処 -

会期:9月29日(土)~11月11日(日)の土曜・日曜・祝日のみ開館、10:00~16:00
会場:ギャラリー湯山/十日町市湯山446(松之山温泉2㎞手前)
入場料:大人300円、小・中学生150円(障がい者手帳をお持ちの方は無料)
・ギャラリートーク::9月29日(土)13:30~15:00、その後15:00~16:00オープニングパーティ有り。

マイスキップ9月号のイベントガイド欄

マイスキップ9月号のイベントガイド欄。
今回は長岡に絡めて、新潟・横浜・栃尾・十日町での4つの展覧会を紹介しています。月末からの横浜での野田英世展も詳しめに入れました。



新潟絵屋にて

新潟絵屋の駐車場で。

12-624.jpg

サンスケ割引

森美術館でいま開催中の展覧会には「さんすけ割引」なるものがあるらしい。さんすけ割引って、なんだ?

銭湯で背中を流す職業のひとは美術館割引入場できる…なんて聞けば摩訶不思議だが、そうではなくて、建築業界では日常的に使われる「三角スケール」を持参すると開催中の建築展が100円割引で入場できるというもの。三角スケールは図面の縮尺にあわせて寸法を瞬時に読み取れるというスグレモノで、建築のスジのかたがたは「サンスケ」と略して使っていたのだった。三助ぢゃあないんですね。

12-619pa375.jpg

建築業界にいる知人が「集めてもいないのにいつの間にかストックが増えた不思議な製図道具」だと書いていて、(まことにその通りと思って)笑ってしまったのだが、美術館ツィッター情報に載せられた“サンスケ”が妙にカラフルなのに、一方で驚いていた。

     

六本木ヒルズ・森美術館15周年記念展
建築の日本展:その遺伝子のもたらすもの
/森美術館

長岡小嶋屋本店外観画像

イトーヨーカードー丸大長岡店の写真を閉店話題でもちきりのこの機会に載せようと思ったけれど、ハードディスクの画像データの中に埋もれてしまい、見つけたのはストレートに建物外観ではなく過去ブログのこういった画像

過去データーを調べていたそんなさなかに出てきたのは、4~5年前に撮影した長岡小嶋屋本店外観。いま建て替え工事中でこの光景はもう二度と見れないものになり、(当時はさして意味なく何気なく撮ったはずだけれども)貴重な画像。

(2018.9.5 pm23:00)

12-618b.jpg

 | ホーム |  »

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

amazone入口


アフィリエイト実施中。アマゾンご利用の際は↑からお入りください。(アトリエZen)

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR