アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

01<< 12345678910111213141516171819202122232425262728 >>03

アトリエZen 展覧会案内
infomation

2019年後半期にアトリエZen主宰がコーディネーターとしてたずさわる展覧会/2019.9.3記

アトリエZen企画展
エックス展 Ⅹ -若きクリエイターたちの自由表現-
http://atelierzen.blog.fc2.com/
blog-entry-5200.html

会期:12月12日(木)~12月22日(日)/18日(水)は休廊/ 会場:maison de たびのそら屋(長岡市)

三上喜貴 賀状版画作品展(at WASHIMA TOUT LE MONDE)
http://atelierzen.blog.fc2.com/
blog-entry-5189.html

会期:11月1日~2020年1月26日、休館日にご注意ください/会場:和島トゥー・ル・モンド 2階



長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~2019年1月6日まで: 後藤裕子〓終了しました〓
1月7日~3月10日まで:
信田俊郎〓終了しました〓
3月11日~5月19日まで:
海津千並〓終了しました〓
5月20日~7月21日まで:
安立貴美枝〓終了しました〓
7月22日~9月23日まで:
長谷川恭子〓終了しました〓
9月24日~12月1日まで:
高木秀俊〓展示中〓

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
現在の展示宮島朋明(鉛筆画)
展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


60年前の藝術新潮

13-089.jpg
知人から古い芸術新潮を譲り受けた。昭和31年3月号と昭和33年10月号である。平成昭和の年号換算がパッと出来ないでいるから「およそ」で書くが60年前の雑誌。ちなみに芸術新潮ではなく「藝術新潮」と表記されていて、サイズもいわゆる美術手帖の大きさ。現状より一回り小さく、分厚い。
サイズだけでなく、編集も現在のヴィジュアル重視のものとは違う。分厚さとサイズから岩波の世界をちょっと思い浮かべたけれど、当時はそんな「読み物」雑誌だったよう。中をペラペラとめくってみればそうした印象がさらに強まる。読もうとすると、なにせ60年前の書物だから漢字表記がいまと異なり、例えば「絵画」は「繪画」と書かれているなど書体の小ささつぶれ具合と合わせて読み辛いところだけど、なかなか興味深くて、空き時間に少しずつ目を通しては愉しんでいる。

読み物という観点でいうと面白いのが、いまだと週刊現代とかの週刊誌メディアが書くようなゴシップ的な記事もあることで、昭和33年10月号の小特集は「美術界のダニ」とある。「日展騒動の黒幕」と題され実名入りで書かれた署名原稿があり、“画家の血を吸う人々”やら“黒幕登場”などとやたら週刊誌的な小見出しがつけられ、黒幕だと名ざしされた某氏の反論原稿1ページを含め14ページに渡ってそんな特集がなされていたのであった。
13-091.jpg
13-090.jpg
目次はこのような感じ。クレジットを見たら、このページのカット絵は斎藤義重で、いちいちそんなところに目が留まる。


ところで最新の、いま書店で売られている2019年2月号の「芸」術新潮は、奇想の日本美術史が特集である。奇想というキーワードはそれ自体もうあまり新しさはないけれど、ヴィジュアル重視の編集は眺めるのにいい。他に第2特集として、いま何かと話題になっている謎のアーティスト、バンクシーについてのレポートがある。

   13-093a.jpg

 | ホーム | 

カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

amazone入口


アフィリエイト実施中。アマゾンご利用の際は↑からお入りください。(アトリエZen)

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR