アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

02<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>04

アトリエZen 展覧会案内
infomation

2019年後半期にアトリエZen主宰がコーディネーターとしてたずさわる展覧会/2019.9.3記

アトリエZen企画展
エックス展 Ⅹ -若きクリエイターたちの自由表現-
http://atelierzen.blog.fc2.com/
blog-entry-5200.html

会期:12月12日(木)~12月22日(日)/18日(水)は休廊/ 会場:maison de たびのそら屋(長岡市)

三上喜貴 賀状版画作品展(at WASHIMA TOUT LE MONDE)
http://atelierzen.blog.fc2.com/
blog-entry-5189.html

会期:11月1日~2020年1月26日、休館日にご注意ください/会場:和島トゥー・ル・モンド 2階



長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~2019年1月6日まで: 後藤裕子〓終了しました〓
1月7日~3月10日まで:
信田俊郎〓終了しました〓
3月11日~5月19日まで:
海津千並〓終了しました〓
5月20日~7月21日まで:
安立貴美枝〓終了しました〓
7月22日~9月23日まで:
長谷川恭子〓終了しました〓
9月24日~12月1日まで:
高木秀俊〓終了しました〓
12月2日~2020年2月2日まで:
角屋 幸〓展示中〓

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
現在の展示宮島朋明(鉛筆画)
展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


ヤマクラコウジ写真展 ten years

13-160b.jpeg

13-161b.jpeg

クリックすると大きくなります





ten years
ヤマクラコウジ写真展

会期:4月17日(水) ~5月6日(月・祝)/4/22(月)は休館
10:00-22:00(入館受付は21:30まで。最終日は15:00終了)
会場:ギャラリーみつけ 展示室2
13-162b.jpeg

マトリョーシカの展示も/しんぞう展開催中

13-170b.jpg
ギャラリーみつけ2階フロア、
画家「しんぞう」さんの個展「呪いと笑いの日々」を開催中。新作や未公開作品含む70点を超える作品で、作家のこれまでの創作活動の流れと現在とを呈示する大型展です。


13-165.jpg
マトリョーシカの展示も加わりました。新潟絵屋が発行している「ギャラリー&ミュージアムマップ」の表紙企画で制作された作品。
13-171b.jpg
13-168sb.jpg

13-167.jpg
13-166.jpg
13-169.jpg

しんぞう展「呪いと笑いの日々」は3月31日(日)まで。(月曜は休館)

ラ・ボントーンの店頭ポスター

13-155.jpg
長岡のベーカリー・ショップ「ラ・ボントーン」、入口部分。
鶴水亜里沙さんの「切り絵展」のポスターが(ひなたの下に)掲げられている。店内では同店にちなんで制作した新作4点を飾っている。


展示案内】 【展示作品リスト

blog開設から15年目

拙blogは当初、現在のFC2ではなく他社のブログサービスを使っていた。一番最初に記事を書いたのが2005年3月20日でいちおう記念日だとすれば、一昨日の20日で15年目に入ったことになる。 数字好きなくせにこういうことをタイムリーに覚えないので、たまたま気づいた1か月前にメモをとりあえずしてはいたんだけれど、やっぱりその20日はすっかり失念していた。だから2日遅れてのアップである。
15年目だから何?と聞かれても、別にどうということもないんだけれど。

(2019.3.22 pm23:55)

イケムラレイコ展

13-163b.jpg
13-164b.jpg
新国立美術館イケムラレイコ展は、知人が激賞していたのとウエブサイトでとても興味を魅かれたことからぜひ観たかった。
行ってから知ったことだが、会場内には美術館に通常ある「解説パネル」類の掲示は無く、個々の作品のタイトルや制作年、素材や技法を示すキャプションボードも無い。 会場に入る際に入口で会場「地図」と、ひじょうに細かい文字でギッシリと書かれた作品一覧の2枚を渡され、そうした説明を受ける。美術館のスタッフも「地図を…」と言い、要は作品配置図とか順路図ではなく、感覚的にはもう地図なのだ。

“地図”がなければ迷路のような空間は海外の建築家が構築したらしい。気になった作品があっても手持ちのA3一覧表を辞書ひく如くいちいち見なくてはならないし、作品や作家はたしかにいいんだろうというのはわかるけれど…なかなか疲れるねぇ、という感想。2日前は疲れで体調不良だったこともたぶんにあるのか、作品世界に今一つ入りきれなかったよう。

事前のウエブサイト情報で野外展示作品があると知り、それをすごく楽しみにしていたけれど、「室内のみから見てくれ」とのことだった。先の「解説掲示物を排すること」は(好みは分かれるにしても)意図として十分わかるものだが、はて、室内のみから閲覧の野外作品とはいったい何だろう。そのコーナーは「写真撮影可」だったことから、気になるその部分のほうを撮ったわけだ。鑑賞者側からすれば、巨大なガラスケースに借景付きで収納された作品と映る。

当初の予定に戻して上京

月曜日の体調のままだったらとても行けはしなかったけれど、その後ある程度回復したからと(当初の予定に戻して)昨日は東京に。新国立美術館「イケムラレイコ展」のあと渋谷に廻りウィリアムモリスの柴山明子展。そのあとは銀座線一本で京橋に。版画作家と出会う。

13-157b.jpg
13-158.jpg
画像は地下鉄で六本木(新国立美術館)に向かうため新幹線を途中下車した上野駅にて。あいかわらずの猪熊弦一郎(の、パブリックアート)は健在だけれど、いつのまにかパンダまで居た。

版画作家「4人の手法」 (ギャラリーみつけでの企画展)

ギャラリーみつけ、4月の企画展の案内です。
県内外の4人の女性版画家が、木口木版、銅版画などそれぞれの手法で表現した作品を紹介します。出展は昨年のfaces展出展の小田沙馥枝(東京都)、一昨年のflowers展の他アトリエZen企画にも何度か参加している中島尚子(横浜市)の2作家に、ギャラリーみつけ初登場となる糸井千恵美(前橋市)と安立貴美枝(長岡市)。アトリエZen主宰が展覧会企画にたずさわっています。(ですのでカテゴリーは便宜上アトリエZen絡みに分けました)

版画作家・4人の手法
会期:2019年4月20日(土)~5月12日(日)
休館日:4月22日(月)、5月7日(火)・8日(水) ※GWの10連休化にともない休館日が通常と異なります
10:00~22:00(入場受付は21:30まで。最終日15:00終了)
会場:ギャラリーみつけ 展示室1
〒954-0059新潟県見附市昭和町2-4-1 tel. 0258-84-7755
入場無料、駐車場完備
■ 出展作家略歴
13-151b1050.jpg

(↑ クリックすると大きくなります)



会期中のワークショツプもあります
13-152b1050.jpg

出来てしまえば

打ち合わせで駅近くのデザイン事務所に。忙しすぎるからだろうか最近めっきり街なか“定点観測”をすることがなくなったが、ほぼ唯一着目していた駅前のビジネスホテル工事も、進捗にともないシートが外され出していたのを(打合せ先に向かう際に)見つけた。

ずっと梱包されていたシートが取られてみれば、現れた黒で統一した外観に、当該ホテル関係者や建築設計者などは思いもあるのだろうけれど、私にとっては別にどうといったことがまったくなく、出来てしまえばひとつの定点観測は終わったという感じ。
先週は「私基準でもかなりハード」と3日前に書いていたが、いまその後遺症がだいぶ出ているよう。どうも疲労が抜けない。デザイン事務所からの帰路、駅前のラーメン屋で昼食にしたのだが、いつもは好む「太麺」ではなく(なんとなく体にいいだろうというイメージで)「クロレラ入りの細麺」を頼む。

弐萬圓の半分の梱包


右半分が“梱包”された弐萬圓堂を見つけた。
弐萬圓の半分で一万円の梱包だなんて言うつもりは全くないけれど、かつて「眼鏡が二万円で買える」と大々的に打ち出したキャッチフレーズは今もそうなのだろうかとちょっと思ってみた。だからウエブサイトを見たら、とうに変わっているみたい。弐萬圓堂に行くことはふだん無いから知らなかったが、「『新しい顧客満足のカタチ』を料金体系にした『選べるプライス 選べるプラン』」とあった。オール弐萬圓ではないのですね。

«  | ホーム |  »

カレンダー

02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

amazone入口


アフィリエイト実施中。アマゾンご利用の際は↑からお入りください。(アトリエZen)

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR