アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

06<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>08

10th
弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-

10月6日(日)10:00オープン~10月20日(日)14:00終了/ 弥彦村総合文化会館前階段及び周辺緑地にて
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5120.html



2019年後半期にアトリエZen主宰がコーディネーターとしてたずさわる展覧会/2019.9.3記


アトリエZen 展覧会案内
infomation





長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~2019年1月6日まで: 後藤裕子〓終了しました〓
1月7日~3月10日まで:
信田俊郎〓終了しました〓
3月11日~5月19日まで:
海津千並〓終了しました〓
5月20日~7月21日まで:
安立貴美枝〓終了しました〓
7月22日~9月23日まで:
長谷川恭子〓終了しました〓
9月24日~12月1日まで:
高木秀俊〓展示中〓

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
現在の展示宮島朋明(鉛筆画)
展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


あまりに暑くて

13-410b.jpg
打ち合わせで長岡技術科学大学に。造形大にはよく行くが技科大は実に久々、数年ぶりではないか。あいかわらずキャンパスは理科的というのか部外者には感覚的にわかりづらい。うろうろ廻るうちに写真を撮ればよかったが、あまりに暑くて1枚きり。

LISギャラリーの現店舗最終naomi hirose展と


長岡市高畑(郊外)にあるLISギャラリーも奇遇にも本日最終(LIS自体も7月30日をもって閉店し、移転)ということで、かつ、その最後を飾る個展が今年知り合ったばかりの若手クリエイターだということで、(ちょっと時間のやりくりが大変だったが)行ってきた。最終つながりである。
13-416.jpg
ギャラリーに入る前、つまり入口の階段前だけれど、移転間近ということなのか、ブルーシートで梱包されて置かれていた「もの」があって、つい眼がいってしまう。
さて、そのLisギャラリー(当地の)最終回展示はnaomi hiroseさん。最後と言うことで許可を得て展示会場内を撮らせてもらう。ちなみにnaomi hiroseさんは今年12月に開催する「エックス展vol.10-若きクリエイターたちの自由表現」に初出展します。同展の会場は、昨年にひき続き長岡の「maison de たびのそら屋」。
13-417.jpg
       ↑ naomi hirose展

13-415b.jpg

長谷川恭子展示作品リスト (長岡小嶋屋CoCoLo長岡店)

長岡小嶋屋CoCoLo長岡店に展示中の、長谷川恭子作品の展示リストを以下掲載します。今週月曜から飾っています。
透明水彩で花や野菜を描いたはがきサイズの作品7点です。
13-411b.jpg

    13-412.jpg


CoCoLo長岡店“蕎麦×アート” vol.57
 長谷川恭子作品/展示リスト
    展示案内:http://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-5048.html
 展示
 位置
 no.  作 品 タ イ ト ル  素材/制作年
 A  1  ホオズキ  紙に透明水彩/2018年
 B  2  葡 萄  紙に透明水彩/2019年
 C  3  桃  紙に透明水彩/2019年
 D  4  夏 野 菜  紙に透明水彩/2018年
 E  5  苺  紙に透明水彩/2016年
 F  6  紫 陽 花  紙に透明水彩/2017年
 G  7  サクランボ  紙に透明水彩/2017年

   10-5868.jpg




蕎麦店の壁面を彩る企画です。アートの織り成す時間と空間を、おいしいお蕎麦などとともにお楽しみください。

市展15年のあゆみを読んで


40年以上も前の1975年に発行された、「市展(=長岡市展)15年のあゆみ 1960-1974」である。終戦の年から15年後に始まった長岡市展の15年の記録。奇しくも重なる「15」の数字にひかれたわけでは勿論ないけれど、いま印刷中のマイスキップ8月号の連載コラムでは、この“あゆみ”を「読んだ」ことを「書いた」。文題もそのまま「市展のあゆみを読んで」。

長谷川恭子水彩画展示 始まりました

長岡小嶋屋CoCoLo長岡店の店内展示作品。今朝作品の入れ替えをおこない、本日より長谷川恭子さんの水彩画7点に替わりました。
展示案内http://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-5048.html

13-407b.jpg
長岡小嶋屋CoCoLo長岡店では季節限定(期間限定)メニューとして「うなちらし丼セット」が登場しています。メニューボードから引用すれば「コシヒカリの上には柔らかくふっくらとした鰻の蒲焼と錦糸卵がたっぷり…」とのこと。新潟県産特別栽培米コシヒカリを使用しています。


さて上記展示作業を終えたあとは場所を移動し、秋の展覧会の印刷物制作についてデザイナーと打ち合わせ。ちょうどお昼どき、ランチミーティング風。
13-409.jpg

長谷川恭子水彩画展示 (長岡小嶋屋CoCoLo長岡店)

蕎麦店内をアートで彩る、長岡小嶋屋“蕎麦×アート”、
CoCoLo長岡店の展示案内です。

  13-406.jpg


透明水彩で花や野菜を描いたはがきサイズの静物画7点を蕎麦店内に飾ります。
CoCoLo長岡店 “蕎麦×アート”vol.57 [水彩画]
長谷川恭子 展
会期:2019年7月22日(月)~9月23日(月・祝)
会場:長岡小嶋屋 CoCoLo長岡店 
         長岡駅ビルCoCoLo内、1階レストラン街/
         11:00~21:30(ラストオーダー21:00)
会期中の休館日/9月2日(月)
年に2回、2月と9月にCoCoLo長岡自体の設備メンテナンスのため休館日が設定されますが、今年は9月2日(月)と決まりました。ご注意願います。(7月22日記)
CoCoLo長岡:http://www.cocolo-station.jp/pc?sc_name=nagaoka



蕎麦店の壁面を使っての展示です。アートの織り成す時間と空間を、おいしいお蕎麦などとともにお楽しみください。
※展示・鑑賞スペースが独立してあるわけではなく、「蕎麦×アート」企画として店内インテリアも兼ねて飾っています。一般の画廊や美術館のように作品一枚一枚の正面に立ち、作品のみつぶさに鑑賞できるというスタイルではありませんので、ご理解をお願いします。
駅ビル内の人気飲食店のため、ランチ時は特に混みあいます。作品空間にゆっくり浸りたい場合などは少し時間を避けていただけるとよいかと思います。蕎麦だけではなく、「焦がし蕎麦粉のあんみつ」などの甘味、コーヒーもありますので、ティータイム等の喫茶でのご利用も歓迎です。(コーヒー、紅茶は300円(+税)とリーズナブルです。画廊喫茶的にもどうぞ。)

(展示コーディネート・企画:アトリエZen) 




展示作家と作品は約2か月程度のスパンで替わります。
※7月21日(日)までは安立貴美枝さんの版画作品7点を展示しています
    ↓    
http://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-5002.html

今後の展示案内/クリックすると大きくなります 

外山文彦展示作品リスト (ラ・ボントーン)

長岡のベーカリーショップ、ラ・ボントーンの店内に飾っている作品、今週入れ替えました。そちらの作品のリストと展示風景を以下。
13-397b.jpg
13-400.jpg13-401.jpg
13-402b.jpg

外山文彦/展示作品リスト
    展示案内http://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-5041.html
 no.
 作 品 タ イ ト ル
 素 材/制作年
  1
 blue sky とのコラボレーション
 写真/2007年
  2
 Asa.18c-02RB
 木片に麻布・アクリル絵具/2018年
  3
 Asa.18c-03
 木片に麻布・アクリル絵具/2018年
  4
 Asa.1803
 板パネルに麻布・アクリル絵具/2018年
      11-501.jpg

長岡駅前


長岡駅前。旧イトーヨーカドーのビルは(当たり前だけれど)看板は消されて何も無い。

13-404.jpg

外山文彦作品展示 at ラ・ボントーン

長岡のベーカリーショップ「ラ・ボントーン」でおこなっている店内ミニ展示の
ご案内です。

   13-398.jpg

外山文彦 作品展示
● 麻布にアクリル絵具で一部着彩して構成したミクストメディア作品
展示会期:2019年7月17日(水)~9月22日(日)/火曜定休。(他、休業日は店カレンダーによります。外部イベントへの出店等の関係で月曜も休業(月・火連休)となる場合があります。遠方から来られる際などはご注意をお願いします 。展示期間は作品搬入出の都合により若干変動する(延びる)ことがあります )
会場:ラ・ボントーン 
長岡市今朝白3-4-4、長岡駅東口から車約3~4分、あるいは徒歩で10分程度。駒形十吉記念美術館前。駐車場有/営業時間 朝7:00~19:00(土曜日・日曜日祝日は夕方18時閉店です)※営業時間は下の地図内記載のものは古いバージョンで、こちらが正です)
  2-209.jpg


↑地図:クリックすると大きくなります


※パン屋さんの中で店内インテリアを兼ねて展示しています。ご来店の際には、ボントーンの美味しいパンとともにお楽しみいただけたら幸いです。

外山文彦 /長岡市在住
長岡市生まれ、2016年Dungeon(東京・板橋)にて現代美術4人展「地下光学」に出展。近年の個展として、2016年CoZAの間(横浜)、2017年ギャラリー空華(高崎市)、2018年art Truth(横浜)など。

月館の殺人/綾辻行人とのコラボレーション

12-799b_201812100948227e2.jpg
綾辻行人はまずこれを読めと、綾辻ファンのKさんが「十角館の殺人」を貸してくれたのだけれど、登場人物がアガサだのクイーンだの探偵の名前で呼び合い、つまりあだ名で物語が進行するさまになかなか慣れないでいたら、すっかり読むのがストップしまっている。

佐々木倫子について「20年前の漫画が今テレビドラマになった」と先週書いていたけれど、ふとしたことから、それはテレビドラマ化とはまったく違うことだったけれど春先にその著書を調べたことがあり、綾辻行人とのコラボレーション作品があることを知った。 そこでストップしていた「十角館の殺人」の代りのように、その「月舘の殺人」を先に読んでみたわけだ。上巻下巻と分かれていて、古典推理小説のムードがムンムンと漂う上巻は、今後の展開を期待させていく進行ぶりでなかなか面白く読める。
「上巻は…」と但し書きがつくのは、下巻のメインたる解決編のそのトリックが、あるいは推理モノでよくある最後のドンデン返し的な驚きが、ふくらんだ期待に対して平準というのか、さほどではなかったから。このトリックってどうなんだろうと思って件のKさんに貸してみたら、「上巻面白かったねぇ」と同じ感想だった。
コラボレーションそのものは(アマゾンのレビューとかを見ると賛否両論あって否定的な意見も目立つけれど)、私は面白い味が出ていていいと思う。


月館の殺人 上 (小学館文庫 あN 1)
月館の殺人 下 (小学館文庫 あN 2)

 | ホーム |  »

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

amazone入口


アフィリエイト実施中。アマゾンご利用の際は↑からお入りください。(アトリエZen)

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR