アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

07<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>09

アトリエZen 展覧会案内
infomation





長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~2019年1月6日まで: 後藤裕子〓終了しました〓
1月7日~3月10日まで:
信田俊郎〓終了しました〓
3月11日~5月19日まで:
海津千並〓終了しました〓
5月20日~7月21日まで:
安立貴美枝〓終了しました〓
7月22日~9月23日まで:
長谷川恭子〓展示中〓

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
現在の展示外山文彦(ミクストメディア)
展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


星奈緒展 暗いところで光るもの /横浜・art Truth

星奈緒さんの横浜(art Truth)での個展案内です。

13-460.jpg
星奈緒展 暗いところで光るもの
会期:9月4日(水)~9日(月)、11:00~19:00(最終日17:00まで)
会場:art Truth
横浜市中区山下町112-5 日絹パークビル1階、tel.045-263-8663
最寄駅:みなとみらい線「元町・中華街」駅またはJR石川町駅

▼ 長岡造形大学出身パステル画家。新作含め約20点を展示。作品の販売にも対応。
13-461b1050.jpg

↑ クリックすると大きくなります

停車中の駅前

13-453.jpg
6文字でと言っても捻りも何も無くタイトルはそのまんま。長岡駅前の通り、信号停車中に。

気鋭の不描画

自分で付けていながらナンなんだけれども、気鋭の不描画というタイトルはオチツキがどうもよくない。題の字数を6文字にと思ったところムリクリ感が出ているようだ。
6文字というのに意味はないが、世間一般夏休みに入る(と思われる)10日のblogから奇しくも記事タイトルが6字で連続していて、以前タイトルを5文字で統一し「5日間の5文字シリーズ」としたり7文字に合わせたりとしたことがあったけれど、同様の、気まぐれ的“数字と言葉”遊びのようなものだろうか。

アトリエZenの企画にもよく参加している若手作家、大橋絵里奈さん」と、1週間ほど前のblogで書いていた。今朝の新潟日報文化欄「にいがたの気鋭」ではその大橋さんが取り上げられていて、だからタイトルは、気鋭の…となったわけだ。
13-457b.jpg

この記事で面白かったというか特筆しておきたいところは、通常こうした「画家の活動を紹介する」ケースでは、取材する側でもされる側でもまず、「これまで何を描いてきたのか」「何を描きたいのか」というところに焦点をあわせるものだけれど、でも今回の記事では「楽しそうで自由な女の子は描かなくていい」「自分の中にないものは描かない」「想像では描かない」と記されていき、「…しない、しなくていい」ということから作家像を紹介する。
「描くこと、描かないこと」は自分自身気になるテーマである。「描かない」から何を「描く」かを記事として呈示している点は珍しくあり、面白いと思ったのである。記事はだから面白く読んだけれど、でも…の不描画という自らのタイトルは、やはり面白くない。

朝六時の猛暑

朝の6時18分に秋田県にかほで36.5℃を観測した、というレスキューニュースを見た。すでに天気のニュースではなく「レスキュー」のようである。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190816-00000002-rescuenow-soci

ところで、私は秋田県には行ったことが無く知り合いも不在、つまり土地勘らしきものもまったくないわけで、「にかほ市」なる市があることも当然の如く知らなかった。
だから記事は最初「秋田県に、“かほ”で36.5℃を観測」と寝惚けまなこに見えてしまい、「かほ」という理由で異常高温になったのかいな?と頭に浮かんだのだった。個人的に市名の平仮名表記は好きではないけれど、でも好みの問題ではなく、助詞と紛らわしいのは困らないのかななんてちょっと思ってみる。高温で有名になれば以降はわかるからいいけどね。

四十度の青空


あまりに暑いからと“空”を撮ってみたものの、画像にするとなんだか涼しげ、酷暑感が出ない。40℃なのにね。
13-456.jpg
40℃といえば平熱の低い私の体温からはるか高く、インフルエンザの高熱でうなされ病院にかつぎこまれるレベル超だらうか。インフルエンザには罹ったことないけれど。


来年の夏のオリンピック、こんな暑さであってもマラソンをやるんかいなと思っていたら、馬術競技に登場する馬も「危ない暑さ」だとそんな記事を見つけた。ウマもアツいよね。
https://this.kiji.is/533942306468791393

山下清の紙袋


お盆用にとプレミアムモルツビールを買ったら、山下清「長岡花火」の紙袋付きだった。

迷路の新潟駅

13-449.jpg
13-450.jpg


千葉県にある「いすみ鉄道」の元社長・鳥塚亮氏によるまるで迷路な新潟駅」という記事がヤフーニュースに出ていて、興味深く読んだ。
新潟駅は駅ホームの付け替え工事をしていて、工事途上仮設的な8番線9番線は遠方の、相当に離れたところに置かれる。そういえば先日訪れていて、私はといえばさすがに迷うことはなく、遠方の同ホームまで達して逆に工事風景を面白く眺めることが出来たけれど、旅行者とか一見さんにはたしかに迷路ではある。そんなことを思い出しつつ、そのとき載せていたのは小嶋屋前の犬だけだったからと何点かストック画像から取り出してみた。

13-451b.jpg

かつてのホーム(1番線?)は仮設フェンスが立てられ使用中止、1階レベルで唯一使われる8・9番線ホームは矢印看板に倣い、ここに降りたあと延々と前方に進む。 13-447.jpg
やっと視界が広がるとその先に8・9番線。
13-448.jpg
9番線ホームから。島式1面のホームは離れ小島の感。

越の誉の看板

13-445.jpg
13-446.jpg


暑すぎるから体調面も考慮して今週はセーブする腹積もりだったが、なんだかんだ打ち合わせや新しく出てきた計画も入り込み、締め切りの迫るマイスキップ次号9月号に載せる記事をその合間になんとかまとめていた感じ。9月号は担当記事が多く当初の腹積もりのようにはとてもいかない。

今週は記事にも記した長岡市立中央図書館所蔵版画展長岡デッサン会作品展のほか、TWOLL GALLERY、bourtanext5“STUDIO KAME”展を観た。図書館所蔵版画展は入場料不要をいいことにもう一回観に行ければと思っていたが、さてどうなるか。今月行きたく思っていた駅前の如是蔵博物館は結局来週に回した。画像は長岡駅東口側。越の誉の看板が見える。

旧大和デパートと駅前ギャラリーの閉廊

長岡にかつてあった大和デパートは、長岡大和終焉後1階だけを生かしてカーネーションプラザとなり、その後NaDeC BASEにと変わり、さらには周辺再開発で建物自体の解体も近づいている。 特徴のあったドアノブもいつしか取り換えられているし、施設用途の変遷を経て大和を指し示すものも薄らぎつつあるなか、またひとつそうした方向のお知らせが。
長岡大和の画廊(アートサロン)に勤めていたかたが(大和閉店の際に)独立し駅近くに開設した画廊が、10年の活動を機に今月閉廊する。

13-441.jpg
13-442.jpg
ということで、その画廊「アート四季」に。現在は長岡デッサン会作品展を開催中。 最終展示はこの次となる、長岡美術協会前会長の丸岡稔さんの風景画展で、10年前のオープニング企画が丸岡さんだったことから最後も丸岡さんで締めるとのこと。8月20日~25日。

ちなみに長岡デッサン会作品展には、アトリエZenの企画にもよく登場する若手作家、大橋絵里奈さんが1点裸婦を出品している。大橋さんの“裸婦”は初めて観た。妙に構成的なところが面白いと思う。

越後交通のバスと長岡駅

長岡駅を背景に赤いラインの越後交通バス。空中歩廊への階段が妙にリンクする。

 | ホーム |  »

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

amazone入口


アフィリエイト実施中。アマゾンご利用の際は↑からお入りください。(アトリエZen)

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR