アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

10<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>12

アトリエZen 展覧会案内
infomation

2019年後半期にアトリエZen主宰がコーディネーターとしてたずさわる展覧会/2019.9.3記

アトリエZen企画展
エックス展 Ⅹ -若きクリエイターたちの自由表現-
http://atelierzen.blog.fc2.com/
blog-entry-5200.html

会期:12月12日(木)~12月22日(日)/18日(水)は休廊/ 会場:maison de たびのそら屋(長岡市)

三上喜貴 賀状版画作品展(at WASHIMA TOUT LE MONDE)
http://atelierzen.blog.fc2.com/
blog-entry-5189.html

会期:11月1日~2020年1月26日、休館日にご注意ください/会場:和島トゥー・ル・モンド 2階



長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~2019年1月6日まで: 後藤裕子〓終了しました〓
1月7日~3月10日まで:
信田俊郎〓終了しました〓
3月11日~5月19日まで:
海津千並〓終了しました〓
5月20日~7月21日まで:
安立貴美枝〓終了しました〓
7月22日~9月23日まで:
長谷川恭子〓終了しました〓
9月24日~12月1日まで:
高木秀俊〓終了しました〓
12月2日~2020年2月2日まで:
角屋 幸〓展示中〓

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
現在の展示宮島朋明(鉛筆画)
展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


エックス展Ⅹ-若きクリエイターたちの自由表現/出展作家紹介

12月12日から開催の「エックス展Ⅹ-若きクリエイターたちの自由表現」、
出展作家のプロフィール一覧です。
13-777b_20191130100511f3e.jpg

My-skip 12月号-紙媒体版アート日和は休載です

長岡の地域情報紙 My-skip12月号。印刷があがり配布が始まっていますので、ひとつお知らせをしておきますと、紙面連載している「アート日和」は今号は休載となっています。
11月号のときに、「私がいつも使う2枠(連載コラム、イベントガイド)が編集事情により1枠でとなったため『イベントガイド』を休載した」と書いてましたが、理由は同じもので、12月号では連載コラムのほうを休みとした次第です。

さて、どうも少し風邪気味のようで、外出予定をやめて今日は静養することにした。当初は完全休養にと思ったものの、メールのやりとりなどで急ぎのものもあるので、室内を暖房で思いっきり暖かくしたうえで軽作業のみやっている。思いっきり暖かくというのがミソで、個人的には静養みたいなものである。適度にパソコンのキーボードをうつのはよいようで、blog更新も今日はもうひとつおこなおうと思っている。

(2019.11.30 pm13:00)

県立近代美術館の観覧料

最近新潟日報では「県財政悪化」について、前知事の対応の是非を当人にインタビューして問うなどかなり突っ込んだ書きようが目立つ。そんななか昨日の同紙一面トップは「(増収のために)来年4月から手数料値上げ」であった。


いくつか値上げ項目が出ていて、まぁやむをえないし目的にも適うよなというものも中にはあるが、目をひいたのは「県立近代美術館の観覧料の取り扱い(実質値上げ方針)」である。企画展入場料と常設展入場料とを別扱いにするということで、これまで企画展を観れば常設展もあわせて観覧出来たものを別途入場料を徴収するよう変えるらしい。経験上は常設展観覧料別途となるとスルーするひとも多いと思われ、そのあたり入場者数減少との兼ね合いや考え方も公立美術館として必要だから、推移に注目ではある。

モエダンなるキーワード

「モエダン」なるキーワードがいま流行っているとかなんとかで、ゆうべのテレビニュースではそんな特集をしていた。 モエダンとは「萌え断」で、すなわち断面に萌える、とのことらしい。フルーツサンドイッチを半分に切って(切断面を出して)店頭に置かれるケースをよく見るけれど、萌え断とは具体的には、“食べ物のカラフルで美しい断面に「萌える」こと”である。
であるなんて断言してしまったが、ケンコーマヨネーズのサイトにそう書いてあった、その受け売りである。 https://www.kenkomayo.co.jp/keyword/moedan


“断面”がブームなんだろうか。
断面はふだん通常状態では見えないものとすれば、「見えないもの」を「見る」という視点からの面白さがあって、個人的によく魅かれる。例えば「印刷物を束ねたときの横断面の(1枚だけだと見えない)表情とか図柄」を写真におさめることがよくある。国語辞書をひくと「断面」にはいくつか語意が出てくるが、この場合「物を任意の線で切断した切り口」ではなく「ある角度から見た物事の状態や様子」を指す。
だからまぁ言葉の意味は違うし観点も違うから、流行語らしい「萌える断面」とは私の場合ぜんぜん違うんだろうけれど。 下の画像は、2か月くらい前に撮った「今年のエックス展」リーフレットの“断面”。
13-775b.jpg

三上喜貴 賀状版画作品展 -会場風景02

アトリエZen企画
和島トゥー・ル・モンドで開催中の三上喜貴賀状版画作品展から。かつての小学校の、その佇まいの残る「教室」を中心に計10作品展示しています。
13-764b.jpg

展示案内http://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-5189.html

展示作品リスト・会場風景:http://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-5210.html
マイスキップ紙での紹介:http://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-5214.html
作品&短文集「木版画にまつわる思い出」について:
http://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-5219.html
準備の光景(10月28日 キャプションボード制作)
13-762b.jpg
13-698b.jpg

↑ この1枚は開幕日の11月1日に掲載分からの再掲

13-765s.jpg13-766.jpg
13-760b.jpg
13-761b.jpg
教室の黒板の日付は、いわゆる「日直」の生徒がかつて書くようにその日の日付が入れられていた。11月1日は展覧会オープンの日でイコール撮影日。

エックス展 Ⅹのリーフレット


エックス展 Ⅹ -若きクリエイターたちの自由表現-
12月12日(木)~の開催です。会場は昨年に引き続き長岡の「maison de たびのそら屋」。

展覧会案内のDMは、昨年の二つ折りリーフレットスタイルの好評もあって、同じ仕様として制作しました。すなわち、中面に出展作家のプロフィールを文字情報で入れたかたちです。作品画像は入れないのか?と言われることも割とあるのですが、ここでは画像情報で中途半端な具体性を出すよりも、imagineの領域にしておきたいという意図があります。

DMは事前設置してもらっているギャラリーや美術館、店舗等がありますが、郵送またはメール添付(pdf)でもお送りできますので、希望される方は下記にお申し出ください。(エックス展DM希望と書いて送信してください)
問い合わせ先:アトリエZen



展覧会案内http://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-5200.html

角屋幸 作品展示 (長岡小嶋屋CoCoLo長岡店)

蕎麦店内をアートで彩る、長岡小嶋屋“蕎麦×アート”、
CoCoLo長岡店の展示案内です。

   13-769a300.jpg




CoCoLo長岡店 “蕎麦×アート” vol.59 [書]
角屋 幸  展  SUMIYA, Miyuki
会期:2019年12月2日(月)~2020年2月2日(日)/元日は休み
会場:長岡小嶋屋 CoCoLo長岡店 
         長岡駅ビルCoCoLo内、1階レストラン街/
         11:00~21:30(ラストオーダー21:00)
「感謝」をテーマに制作した5作品を展示。
※年末年始はCoCoLo長岡の営業時間変更に準じ営業時間が短縮される日があります。近くなりましたらCoCoLo長岡、長岡小嶋屋のホームページ等で公開されますので、そちらの確認をお願いします。
■作品の問い合わせ:【アトリエZen (メールフォーム)
作品の販売にも対応します。ご希望のかた、お問い合わせはアトリエZenまで。
展示作品リストhttp://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-5252.html

蕎麦店の壁面を使っての展示です。アートの織り成す時間と空間を、おいしいお蕎麦などとともにお楽しみください。
※展示・鑑賞スペースが独立してあるわけではなく、「蕎麦×アート」企画として店内インテリアも兼ねて飾っています。一般の画廊や美術館のように作品一枚一枚の正面に立ち、作品のみつぶさに鑑賞できるというスタイルではありませんので、ご理解をお願いします。
駅ビル内の人気飲食店のため、ランチ時は特に混みあいます。作品空間にゆっくり浸りたい場合などは少し時間を避けていただけるとよいかと思います。蕎麦だけではなく甘味やコーヒーもありますので、ティータイム等の喫茶でのご利用も歓迎です。(コーヒー、紅茶は300円(+税)とリーズナブルです。画廊喫茶的にもどうぞ。)

(展示コーディネート・企画:アトリエZen) 




展示作家と作品は約2か月程度のスパンで替わります。12月1日(日)までは高木秀俊さんの絵画5点を展示しています ↓
http://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-5142.html

13-748b800.jpg

看板だけが最後に

昨日は日曜日返上で終日仕事。本を借りたとかすぐさま読了とか書いてると呑気そうに取られるけれど、そう見せながらちょっといまたてこんでいる。
朝から昨日はまずMy-skipの2020年1月号に載せる約3000字原稿のとりまとめをしていた。クリスマスムードにはまだまだ遠いなんて書きながら話は飛び越え、もう2020年になっている。難航も想定していたその原稿は意外とスムーズで昼にはおおむねのところ仕上がったから、片っ端から片付けたい今週としたら幸先がいい。

13-755_20191123134436004.jpg

画像は長岡駅近く、今朝白のあたり。かっぱ寿司が閉店となり、切妻の大屋根が目立つ建物も取り壊された。看板だけが最後に残る。

中町信「模倣の殺意」

   模倣の殺意/中町信

本の紹介についての過去記事見てたら綾辻ファンのKさんから推理小説を借りた(けど読むのがストップしてる)なんて書かれていた。ずうずうしくもまたKさんから借りてしまったが、しかし今度の「模倣の殺意」はすぐさま読了である。

著者の中町信(1935年~2009年)を知らずにいて、Kさんは近年のミステリーをよく読んでるみたいだったし装丁の新しさからてっきり最近の作品とばかり思ったが、約40年も前の作品。故人である。発表当時そうヒットしたわけでもなく、7年前に大手書店が「埋もれた名作」としてキャンペーンを張ってブレークしたらしく要は復刻版。
鮎川哲也がカバー裏に、推理小説のキモであるエンディングについて、「その驚きは圧巻」と書いている。記されていた「あらすじ」に魅かれたこともあったけれど、天下のアユテツがそう書いたのならばと俄然興味をもち、ずうずうしく借りるにいたったわけだ。カバーのこのPR文は、だから書店での販売セールスに相当寄与していそうだけれど、でもその一方、結末の意外性とかクリスティの初期の傑作がどうとかと言われちゃうとちょっとした想像はつく。クリスティの初期の傑作っていえばたぶん、まず間違いなくアレだしね。
13-768b.jpg

まぁそんな想像はともかくも、「自殺とされた」あるひとの死の事件性(謎)を別々の二人が別な角度でそれぞれ追うという構成の面白味もあって、結論としてはなかなか楽しめた。上記から推測して、たぶん犯人はこのひとだろうなと思って読んでたらその通りではあったけど。
巻末には中町自身による「初版あとがき(昭和48年4月11日)」と「創元推理文庫版あとがき(2004年6月1日)」、濱中利信による17ページの「解説」が付され、こちらがとても詳しくて、かつ著者に対する興味が沸くものだった。別の中町作品を読んでみたくなったから、「十和田湖殺人事件」は復刊しないのかしらとそんな感想。

 | ホーム |  »

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

amazone入口


アフィリエイト実施中。アマゾンご利用の際は↑からお入りください。(アトリエZen)

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR