アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

08<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>10

10th
弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-

10月6日(日)10:00オープン~10月20日(日)14:00終了/ 弥彦村総合文化会館前階段及び周辺緑地にて
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5120.html



2019年後半期にアトリエZen主宰がコーディネーターとしてたずさわる展覧会/2019.9.3記


アトリエZen 展覧会案内
infomation





長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~2019年1月6日まで: 後藤裕子〓終了しました〓
1月7日~3月10日まで:
信田俊郎〓終了しました〓
3月11日~5月19日まで:
海津千並〓終了しました〓
5月20日~7月21日まで:
安立貴美枝〓終了しました〓
7月22日~9月23日まで:
長谷川恭子〓展示中〓
次回:9月24日~: 高木秀俊

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
現在の展示外山文彦(ミクストメディア)
展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


SunDay Jump!と2003年のsoco rock sweet art festival

449_20120226171705.jpg SunDay Jump!
会期:2月26日(日)only/ 14:00~20:00
会場:音楽食堂 【長岡市】


長岡造形大を卒業したばかりのKさんがライブ音楽に自身の写真展示などを交えたイベント(SunDay Jump!)をやると聞いて、2003年に長岡造形大生がおこなった「アートと音楽の」イベントを思い出した。双方のイベントにはそもそも関係などなく、形態も相当異なるはずなのだが、音楽とアートだとか、長岡造形大だとか、会場がともに長岡駅にほど近い地下だとか、同じキーワードが散見されるからかもしれないし、あるいはなにか通ずる「におい」みたいなものがあるからなのか。
まぁそれはともかくとして、2003年のときは、作品がいいとか悪いとかそういうことではないところで意味があると思ったから、新潟日報紙に美術時評としてレビューも書いている。思い出しついでに古いスクラップファイルまで取り出してきたから、以下、少し転載して。

美術時評
  アングラな魅力十分 長岡造形大生ら/音楽とアートの祭典
  2003年3月26日、新潟日報文化欄
450.jpg
長岡造形大学の現役学生が主催し、長岡駅近くのホールやライブハウスなど三会場で「音楽とアートの祭典 SOCO ROCK SWEET ART FESTIVAL 2003」と銘打った意欲的なグループ展が3月17日から3日間開催された。
アート展示の主会場となった“ながおか市民センター”は、閉店したスーパーを改装した場所。その地下をさらにイベントホール化したのだが、改装にコストをかけてないので以前の面影も若干残している。本展では会場がおのずと持つ廃墟ともいうべき磁力を利用して「倉庫のような」展示空間を構成しており、新鮮な魅力を演出していた。
出展者は長岡造形大の学生やOBのほか市内在住の同年代のクリエイターなど。照明をおとした薄暗い地下空間、細かく区切られたブースの中でイラストや絵画など個々の小作品が並ぶほか、金属工芸を専攻する学生による大型の鋳金のオブジェや映像作品がうかびあがり、その空間はまさにアングラな魅力に溢れていた。
ただ「個」を見るとアートとして   ……
と続くのだが、以下は省略。

ただ、書きながら気付いたのですが、文中の「廃墟」という言葉がいま読むとちょっとわかりづらいかも。なので念のため追記しておくと、この展覧会の少し前に、それまで使われていなかった地下が「イベントホール」という名称にたしかなったのですが、まだほとんど誰も使わず(使えず?)、下見に行っても「えっ、これで展示場なの?(昔のそのままじゃん)」という感じでした。今でこそいろいろ使われるようになったので(そういえば、マイスキップ100号記念展もここでした)今はそうも思わないのでしょうが。
  451_20120226202728.jpg  おまけ(廃墟という感じは今はしないイベントホール)

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

amazone入口


アフィリエイト実施中。アマゾンご利用の際は↑からお入りください。(アトリエZen)

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR