アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

09<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>11

10th
弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-

10月6日(日)10:00オープン~10月20日(日)14:00終了/ 弥彦村総合文化会館前階段及び周辺緑地にて
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5120.html



2019年後半期にアトリエZen主宰がコーディネーターとしてたずさわる展覧会/2019.9.3記


アトリエZen 展覧会案内
infomation





長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~2019年1月6日まで: 後藤裕子〓終了しました〓
1月7日~3月10日まで:
信田俊郎〓終了しました〓
3月11日~5月19日まで:
海津千並〓終了しました〓
5月20日~7月21日まで:
安立貴美枝〓終了しました〓
7月22日~9月23日まで:
長谷川恭子〓終了しました〓
9月24日~12月1日まで:
高木秀俊〓展示中〓

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
現在の展示宮島朋明(鉛筆画)
展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


本屋のオヤジのエッセイ最終回と週刊朝日と佐野眞一

マイスキップの次号ネタから続けて、もうひとつ。

6回の連載の約束で「本屋のオヤジ、かく語る」という、長岡市内某書店の現役店長さんに800字くらいで書いてもらった短文エッセイを掲載してきたが、次号11月号が最終回となる。 最終回では、「(本屋にとってドル箱の)雑誌がいま売れない!!」という オヤジの嘆き 話が延々と。雑誌が売れず、さらには雑誌も次々休刊に陥ったりして品数自体が減り、本屋の売上面からするとダブルパンチのよう。
1-522.jpg私自身元来活字中毒症気味だから、そういえば昔は雑誌の類はよく購入していたのだけど、近年はまったく買わなくなっていた。届いた原稿を読んでいて、そんなことにはたと気付いた。 だから久々に雑誌を買ってみた、というわけでもないんだが、昨日は珍しく「週刊朝日」を買い求めてみた。

久しぶりに買った週刊誌は手に持った感じがなんだか薄く感じられたけど、トップ記事には内容のきわめて濃さそうな、佐野眞一(+週刊朝日取材班)による緊急連載「ハシシタ」。
見てわかるとおり、ハシモトトオル=橋下徹氏のことである。一生ボケない脳はこう作る!というのもたいへん勇ましくてよいのだけど、今回のお目当てはこの緊急連載第1回である。

いま見たらyoniumuhibi氏が、『この週刊誌を買って読むということは滅多にない。ときどき、新聞の広告に目を落とすくらい。佐野眞一が書いていると聞いて、直に読んでみようという気になった。他の人間だったら食指が動くことはなかっただろう。』とweb記事に書いていたが、私も同じようなところ。氏の「佐野眞一はなぜ、なにに怒っているのか」の考察が興味深いが、有料のメルマガ登録をしないと読めないみたい。

ちなみに週刊朝日「ハシシタ」の取材班のなかには、今西憲之氏の名前もある。
1-523.jpg

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

amazone入口


アフィリエイト実施中。アマゾンご利用の際は↑からお入りください。(アトリエZen)

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR