アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

08<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>10

10th
弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-

10月6日(日)10:00オープン~10月20日(日)14:00終了/ 弥彦村総合文化会館前階段及び周辺緑地にて
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5120.html



2019年後半期にアトリエZen主宰がコーディネーターとしてたずさわる展覧会/2019.9.3記


アトリエZen 展覧会案内
infomation





長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~2019年1月6日まで: 後藤裕子〓終了しました〓
1月7日~3月10日まで:
信田俊郎〓終了しました〓
3月11日~5月19日まで:
海津千並〓終了しました〓
5月20日~7月21日まで:
安立貴美枝〓終了しました〓
7月22日~9月23日まで:
長谷川恭子〓展示中〓

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
現在の展示外山文彦(ミクストメディア)
展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


10年前の「作品」と第1回のONE Mart EXPRESS展と第10回展

自作の整理をしている。
平面やインスタレーションなど形態はいろいろだが、創った作品にはいくつかの「シリーズ」がある。なかには長く続けてライフワーク化しつつあるものもあるが、一方で、テーマが決められた展覧会への出展や、誘われた「風変りな企画展」の企画趣旨にあわせた制作など、いわば「単発的に」こしらえるものがある。
で、後者の場合、展覧会が終わると作品はそのまま倉庫の奥に片づけられるから、あまりにイレギュラーなものだと本人もその存在をすっかり忘れてしまうものもあったりする。2003年の年末に「トシワスレ展」という企画をたて、それに自らも出展した作品がまさしくそれ。
ちょうど10年前となる2003年は、運営していたカフェギャラリーを3月末で閉店させた年で、この年末のグループ展では閉店後の活動自体を作品にしようと、4月から企画した6つの展覧会の写真と資料を一冊のアルバムにして、それを「作品」として呈示していたのだった。10年前の作品の写真を探している…なんて前に書いていたが、書いた途端、うっかり忘れていたこんなアルバムが出てくるから、面白いものである。
5-561.jpg

5-562p_20131129061904b23.jpg
2003年は「ONE Mart EXPRESS」展をスタートさせた年で、このころはblogも作っておらず写真等もそう残ってなかったから、美術家のSさんが後々ずっと「あの第1回展はすごかった」と言い続けた展示はちょっと伝説化していたが、きちんと記録しておくことは大事だとあらためて思った次第。
同展についてはメンバーを固定化せず、展のコンセプトも進化させながら回を重ね、昨年のいまごろ第9回展をおこなった。昨年と一昨年とこの11月の終わりくらいにおこなっていたから、「今年は?」とか「またやるんでしょ。楽しみにしてるね」なんて言われることもあるのだけど、今年度はお休みにしました。第10回展は来年に廻す予定で考えてはいます。
このアルバム「作品」には、他に、夏にギャラリー沙蔵でおこなった「蔵・展」など、いま見直しても興味深い展示がありますので、それらは機会を見てまた紹介できればと思います。また、第1ページには新潟日報・美術時評欄に「長岡の画廊喫茶 惜しまれつつ幕」と掲載された4月8日の新聞記事。「終わり=始まり」ということですね。 5-560.jpg

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

amazone入口


アフィリエイト実施中。アマゾンご利用の際は↑からお入りください。(アトリエZen)

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR