アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

08<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>10

10th
弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-

10月6日(日)10:00オープン~10月20日(日)14:00終了/ 弥彦村総合文化会館前階段及び周辺緑地にて
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5120.html



2019年後半期にアトリエZen主宰がコーディネーターとしてたずさわる展覧会/2019.9.3記


アトリエZen 展覧会案内
infomation





長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~2019年1月6日まで: 後藤裕子〓終了しました〓
1月7日~3月10日まで:
信田俊郎〓終了しました〓
3月11日~5月19日まで:
海津千並〓終了しました〓
5月20日~7月21日まで:
安立貴美枝〓終了しました〓
7月22日~9月23日まで:
長谷川恭子〓展示中〓
次回:9月24日~: 高木秀俊

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
現在の展示外山文彦(ミクストメディア)
展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


ヨーロッパのおばちゃんととぼけた悪意

テレビ東京が年に2~3回の特番として制作している「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」という番組の人気上昇ぶりがすごいらしい。
「異常人気」なんて紹介する(↓)ところもあるようだ。
http://www.j-cast.com/2014/01/22194789.html?p=all

太川陽介&蛭子能収に女性ゲストが加わり、3人で「路線バスだけを乗り継ぐ」という旅(?)番組である。
私自身は約1年くらい前に、「第13弾・田中律子編“新宿→新潟”」を偶然見たのが最初。 初見で嵌ってしまい、「これは面白い!」なんてblogにも書いていた。以降、BSジャパンでけっこう頻繁にやる各回の再放送を見たりして一人悦に入っていたが、元来マニアックな番組なはずがこの一年で一気に様相が変わってきたよう。 あちこちのメディアにとりあげられるし、類似番組も他局が(真似て)作るようになってるし、先月は東京新聞にまで記事になったらしい。

で、DVDも先月発売である。ファンとしたらまぁものは試しとばかり、タレントの加藤紀子がゲストとして参加した「松坂駅→松本城」編を買い求めてみた。
すでにテレビでは見ているから購入の必要性が果たしてあるのかと一瞬思ってはみたものの、加藤さんと蛭子さんの掛け合いというか、その間が絶妙なこの回は出来がよく、なによりもその3人のオーディオコメンタリーが新たに収録されているという点に興味をひかれ。
もともと番組自体はチープさが売りで、特典の「副音声コメンタリー」もさすがのグダグダぶり。 ただ、テレビでは放映していた「一般市民とのやりとり」部分を肖像権の問題ですべてカットしているから面白さは微妙に異なるかもしれず、 「すでにテレビで見ているから購入の必要性はあるか?」なんて書いてはみたが、むしろ既見のファンが副音声のコメント聞きながら楽しむのが一番いいかも。と、思ったりする。

DVDジャケットは蛭子さんのイラスト。登場人物3人を描きいれつつ、自分自身は綺麗に美化して描くのに他の2人はそうでないところを、さっそくコメントでつっこまれている。加藤さんはブログでも「私はヨーロッパのおばちゃんみたいに描かれていて、蛭子さんのとぼけた悪意を感じた」と書いていて、笑ってしまった。
「(プロデューサーに無理やり)やらされた」というイラストは「描くのにすごく緊張した」らしい。すかさず加藤太川の両名に、「これが緊張した絵?」「緊張して、これなのぉ?」と返され笑いになるが、そのあとで「緊張しながら、いかに力を抜いて描けるか」とボソっとしっかり極意も言ってたりするから、らしいといえばらしいところ。

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

amazone入口


アフィリエイト実施中。アマゾンご利用の際は↑からお入りください。(アトリエZen)

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR