アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

09<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>11

アトリエZen 展覧会案内
infomation

12-616b.jpg
タカラモノ~海からの手紙   菅野由貴子・さいとうようこ・曽田文子 三人展
10月17日(水)~22日(月)、会場:art Truth(横浜市・中華街)
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-4662.html





長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~8月19日まで: 鹿島ヤスヒロ
8月20日~10月28日まで: 鶴水亜里沙

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかでのミニ展示です)
現在の展示/海津千並(写真)
展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展2017
10月29日(日)午後2時迄
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-4133.html



地下光学 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html



お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


地下光学展ーUnderground Optics- (at Dungeon/東京・板橋)

まるで防空壕か、あるいは文字通りDungeonで「地下牢」なのか。都内にある古い木造アパートの地下、そこになぜか出現する特異な地下空間で現代美術展を開催します。出展は、田島鉄也(東京)、大和由佳(埼玉)、フジタヨウコ、外山文彦(以上、新潟)の4作家。

11-051b520.jpg

11-050b525.jpg


Contemporary art exhibition
地下光学 “Underground Optics

会期:2016年11月18日(金)~27日(日)/休廊日:21日(月)、22日(火)
12:00→19:00 (最終日は17:00まで)、入場無料
会場:アートスタジオDungeon/ 東京都板橋区大和町2-1
都営三田線「板橋本町」駅 A3出口から徒歩8分
出展/ 田島鉄也 外山文彦 フジタヨウコ 大和由佳

展覧会公式ウェブサイト:https://chikakougaku.wordpress.com
ギャラリートーク:11月27日(日)14:00~/ ギャラリートークの後、作家を囲んでの懇親会あり

Dungeon (地下室ブログ):http://chikashitsu.blog.shinobi.jp/


出展作家のプロフィール等は公式ウェブサイトをご覧ください。

11-093b.jpg
地図/クリックすると大きくなります
●行き方
地下鉄出口から中山道(首都高・高架下)を下り、橋をわたって右折
石神井川沿いにすすみ
鋭角に曲がってください。 Dungeonの看板が見えます



-Dungeonからの光- 裏側から接触する経路
暗闇の中でも光を見ることができる。
目を閉じて瞼(まぶた)を軽く押すと、光を感じることができる。
この現象は内在光と言われ、旧石器時代の洞窟画の制作に深く関わっているという学説がある。太古の洞窟画を描く画家は、まず内在光を把握し、それを動物のイメージと結び付け、外界の自然と自分の内的感覚を関連つけるという。画家の心の深層は内在光を通じて外部の世界へとつながるのである。
東京の片隅にあるこの地下の空間は、現代の美術という光に満ちた圧倒的な視覚の支配を拒否するかのようである。頭が着きそうなほど低い天井は、圧迫されると同時に包み込まれるような感覚をもたらす。そして、大事なものを格納したであろう古い大型の金庫も古いままなぜか残されている。防空壕として作られたのかどうかは定かではないが、危険と安心が半ばする特異な空間だ。この空間はいわば社会的な危険から逃れ、閉じこもって心の深層に入ることを暗示する。
我々は、その内部に視覚的・身体的な事物や行為を展開する。複雑な社会状況に翻弄される人々の心の内部に沁み込み、外界の事物に裏側から接触する経路をつくることを試みたいと思う。 古代の画家たちと同様に、我々の行為によって我々の心の深層は、生活空間へ、都市へ、そして世界へとつながるのである。


Contemporary art exhibition “Underground Optics”

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

amazone入口


アフィリエイト実施中。アマゾンご利用の際は↑からお入りください。(アトリエZen)

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR