アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

09<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>11

10th
弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-

10月6日(日)10:00オープン~10月20日(日)14:00終了/ 弥彦村総合文化会館前階段及び周辺緑地にて
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5120.html



2019年後半期にアトリエZen主宰がコーディネーターとしてたずさわる展覧会/2019.9.3記


アトリエZen 展覧会案内
infomation





長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~2019年1月6日まで: 後藤裕子〓終了しました〓
1月7日~3月10日まで:
信田俊郎〓終了しました〓
3月11日~5月19日まで:
海津千並〓終了しました〓
5月20日~7月21日まで:
安立貴美枝〓終了しました〓
7月22日~9月23日まで:
長谷川恭子〓終了しました〓
9月24日~12月1日まで:
高木秀俊〓展示中〓

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
現在の展示宮島朋明(鉛筆画)
展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


制作中のMy-Skip200号記念号と、「らしい」といえば「らしい」こと


六本木のジャコメッティ展が9月4日迄で、その写真を先般撮っているからと、My-Skip紙の次号9月号のコラムではこれについて記そうとその7月の段階では、思っていた。でも次号は200号記念号で、紙面全体「200号を振り返る」的ムードにあふれているなかそれに迎合するわけではないけれど、考えを改め、わたしも「振り返る」要素のあるテーマに直して書いた。「マイスキップ版アート日和」のコーナーである。
昨年12月には「私自身の(近年の)担当は“長岡造形大生・紙上ギャラリー”だけ」とblogでも記していたが、100号→200号間を私の仕事して振り返るとなれば、やはりこのコーナーになり、この機に触れておきたいとなったわけだ。 ついでのようであるが、長岡造形大絡みということでちょうどよく、今月撮った「同大校舎の梱包(修繕工事)風景」も載せるようにした。この9月号は編集も(編集Yさんお盆休み返上で)ようやく今朝終わったようで、今日印刷に廻ることになっている。月末には発行される見込みだ。

さてこの9月号では、数日前にも書いていたけれど、海津千並さんの最終面片隅の写真連載が最終回となる。7年に渡って続けてもらっていたからと、最終回の挨拶としてふだんには無い特設コーナーを追加で1枠作ってもらった。他、編集長の「200号達成の御礼の挨拶」やら何やらと盛りだくさんで、紙面スペースが足りなくなるのではと思っていたら、うまくおさまるもので、逆に最後の最後でp.6に変形L形の小さな空きが出来た。その空きは編集Yさんが、先月号で最終回と銘打ったばかりのコラム「テレビ朦朧紀」をリターンズと称して復活させ、氏のイラストとともに世界陸上のテレビ観戦記を埋め草のように、あっという間に書かれて埋めていた。

9月号は200号記念であると同時に、創刊から17年弱に渡って編集してきたそのYさんの退任記念号である。発刊後に見てもらえば一目瞭然だが、これまでの記事のデーターベースや関わったひとたちについて(Yさんが)数ページにわたってまとめていて、目を見張る。だから、読者から「さすがYさん、編集人としての“最後の”記事、すごいですね」とかいう感想も相当出てきそうだけれども、厳密に順番として言うのならば、氏の“最後の”記事は上記の埋め草原稿のほうになる。編集人最後の記事が空きスペースのイラスト付陸上観戦記というのも、「らしい」といえば「らしい」ところ。

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

amazone入口


アフィリエイト実施中。アマゾンご利用の際は↑からお入りください。(アトリエZen)

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR