アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

10<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>12

アトリエZen 展覧会案内
infomation

2019年後半期にアトリエZen主宰がコーディネーターとしてたずさわる展覧会/2019.9.3記

アトリエZen企画展
エックス展 Ⅹ -若きクリエイターたちの自由表現-
http://atelierzen.blog.fc2.com/
blog-entry-5200.html

会期:12月12日(木)~12月22日(日)/18日(水)は休廊/ 会場:maison de たびのそら屋(長岡市)

三上喜貴 賀状版画作品展(at WASHIMA TOUT LE MONDE)
http://atelierzen.blog.fc2.com/
blog-entry-5189.html

会期:11月1日~2020年1月26日、休館日にご注意ください/会場:和島トゥー・ル・モンド 2階



長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~2019年1月6日まで: 後藤裕子〓終了しました〓
1月7日~3月10日まで:
信田俊郎〓終了しました〓
3月11日~5月19日まで:
海津千並〓終了しました〓
5月20日~7月21日まで:
安立貴美枝〓終了しました〓
7月22日~9月23日まで:
長谷川恭子〓終了しました〓
9月24日~12月1日まで:
高木秀俊〓展示中〓

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
現在の展示宮島朋明(鉛筆画)
展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


新潟現代美術アーカイブ 1989年のマグニチュード展

ONE Mart EXPRESS展の会場にさっそく来られたWさんから、かつて「新潟現代美術」と冠しておこなわれていた展覧会について質問を受けた。
県内の現代美術系作家のプロフィールを見ると「1987年に“新潟現代美術32人展”に出展」という記載がよくあり、いま展示している舟見倹二さんの略歴にもそれがちゃんと記されているのだが、その展覧会自体のこととなると詳細をweb上で調べてもどこにもない、だから教えて欲しい、とのことであった。長岡現代美術館跡地を会場にした同展はたしかにエポックメーキングであったが、いまは個々の作家がプロフィールの隅に「出展」と一行書くだけで、展覧会としてのまとまった記録が特に公開されているわけではないから、そもそも誰が出展していたのか?という根本的なことも関係者外だとわからない。県内の展覧会やイベントを熱心にアーカイブされているWさんならずとも、至極ごもっともな指摘である。

137.jpg 同32人展には私は出展していないが、観には行った。
会場でもらったリーフレットも倉庫を探すと出てくると思うが、探す時間がいまとれないので、そこでとりあえずは事務室の本棚からすぐ出てきた、同じ系統になる「マグニチュード」展カタログをみて調べてみることにした。
135.jpg
1987年の「新潟現代美術32人展」をベースにして、その2年後の1989年、「新潟・いま・表現“マグニチュード”展」と題して新潟市美術館で開催されたのだが、そのとき制作された展覧会カタログである。
全32ページ、出展作家の顔写真、作品の写真、プロフィールとコメントで構成され、巻頭の寄稿文に当時新潟市美術館学芸員だった神田直子さん。
展覧会の主催として「新潟現代美術連絡協議会」の名がカタログには記されているが、では会長は誰で事務局長は誰でその頃どういう「協議」をしていた会なのか、となると、あいまいな記憶はあるけれど「あいまい」でしかなく、当時やりとりされた(はずの)書類も残ってないから、ここでは書かないことにする。

このカタログ自体、おそらくここ10年くらい自分自身でも開いてなかったのだが、質問を受けて改めて出展者を確認してみた。前山さんや堀川さんら現在も第一線で活躍する作家ももちろん多いが、いまは現代アートとは違う活動のほうで名前が知られたり、作家を離れてそれとは反対の職業に付かれたかたもいるから、「えっ、この人もやってたの?」と思われるところもあるかもしれない。懐かしい名前もけっこうある。


新潟・いま・表現 マグニチュード展
NIIGATA COMTENPORARY ART FESTIVAL “MAGNITUDE”
会期:1989年3月21日~26日
会場:新潟市美術館
企画:新潟現代美術連絡協議会
出展:
大久保淳二、大嶋彰、小柳幹夫、数見利夫、金谷範子、駒野直、小林和利、近藤康之、佐藤昭久、佐藤邦彦、佐藤正二、佐藤秀治、佐藤陽一、信田俊郎、霜鳥健二、関根哲男、滝沢洋三郎、外山文彦、舟見倹二、古田洋司、本間泉、本間恵子、堀川文章、堀川紀夫、前山忠、松沢寿重、真島若桜、三上祥司、柳沢毅

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

amazone入口


アフィリエイト実施中。アマゾンご利用の際は↑からお入りください。(アトリエZen)

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR