アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

11<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>01

アトリエZen 展覧会案内
infomation

2019年後半期にアトリエZen主宰がコーディネーターとしてたずさわる展覧会/2019.9.3記

アトリエZen企画展
エックス展 Ⅹ -若きクリエイターたちの自由表現-
http://atelierzen.blog.fc2.com/
blog-entry-5200.html

会期:12月12日(木)~12月22日(日)/18日(水)は休廊/ 会場:maison de たびのそら屋(長岡市)

三上喜貴 賀状版画作品展(at WASHIMA TOUT LE MONDE)
http://atelierzen.blog.fc2.com/
blog-entry-5189.html

会期:11月1日~2020年1月26日、休館日にご注意ください/会場:和島トゥー・ル・モンド 2階



長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~2019年1月6日まで: 後藤裕子〓終了しました〓
1月7日~3月10日まで:
信田俊郎〓終了しました〓
3月11日~5月19日まで:
海津千並〓終了しました〓
5月20日~7月21日まで:
安立貴美枝〓終了しました〓
7月22日~9月23日まで:
長谷川恭子〓終了しました〓
9月24日~12月1日まで:
高木秀俊〓終了しました〓
12月2日~2020年2月2日まで:
角屋 幸〓展示中〓

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
現在の展示宮島朋明(鉛筆画)
展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


マイスキップ12月号と三箇所での名前記載

地域情報紙マイスキップの12月号が刷り上がり、配布が始まったようだ。郵送での定期購読者へは12月頭くらいのお届けになるだろうから詳しくは後日にしたいところだが、今回の号では企画特集面を含め3箇所のコーナーに、私の名前がそれぞれ(違うバターンで)出るという、個人的に珍しい号になっている。
その「企画特集面」は筆者として(の登場)。そういえば10日前には企画面を何とか書いた…なんて書いていた12月13日からのエックス展が長岡初開催ということで経緯などをまとめ、紹介させてもらっている。

二つ目は「展覧会情報欄」の展覧会出品者として。
三つ目は、これまでskip紙に建築や都市景観的なコラムを時々寄稿されている木村さんの原稿を今回スペシャル的に掲載することになったのだけれど、そのなかに於いて。
木村さんには12月号ということで2018年を振り返るような何かを、例えば「今年紙面で特集したもの」を再度取り上げてもらい氏の視点から短文コラムで書いてもらえないかと、そんな依頼をした。念頭に置いていたのは9月号で特集した「長岡市青少年文化センター」で、木村さんならば9月号とは違う側面から書けるだろうし、てっきりそれが出てくるとばかり想定していたが、「自由に選んでいい」として快諾されたなかでセレクトされたのは、私の書いた4月号「街角のタバコ屋を巡る」であった。だから、そのコラム記事中に元記事執筆者たる私の名前が当然のように入った、というわけである。
それは最初驚いたけれど、また考えになかったことだけれど、でも「今年の記事でひとつ選んで」といったなかから出てきたものであるので、光栄ではある。 ちなみに私が原稿の打診をした後、9月の終わりに氏は青少年文化センターをご自身のblogに記している(9月27日、去りゆく施設に纏わる身体的な記録)。だからその建物について書けなかったわけでは決してなく、それを差し置いてのセレクトとも受け取れそうか。読者的にはマニアックなのかもしれないけれど、一筆者としては感慨な気持ちになるのだった。

描かないことから描くを考える-紙媒体版アート日和第68回

マイスキップで連載している紙媒体版「アート日和」。前回のvol.67は載せるタイミングを失っていたようだ。
だからweb転載は前回分は1回お休みということにして、現在配布中の11月号の当欄について以下転載します。(画像をクリックすると大きくなります)



アート日和 vol.68 (地域情報紙「マイスキップ」2018年11月号掲載)
描かないことから描くを考える

My-Skip 10月号イベントガイド

地域情報紙「マイスキップ」、今月10月号のイベントインフォメーション欄です。
長岡造形大の学生が「デイジー」と「たびのそら屋」でそれぞれ展示をするという話をキャッチし、それらを記載しています。(画像をクリックすると大きくなります)




また今号では、先月末に速報で記しましたが学芸員の小沼さんからフジフイルム・フォトコレクション展に関連して寄稿してもらいました。
そこに載せた同展の案内を。↓
12-695b_201810091442445c4.jpg

前川國男建築での現代美術-紙媒体版アート日和第66回-

地域情報紙「マイスキップ」の今月号(8月号)に書いた紙媒体版「アート日和」を、先月号に倣って、というか引き続いて、下に転載する。今回は何を書くのか締切直前までなかなか決まらなかったが、先月号のマイスキップで、現編集人和田さんのコラム「編集人の出張放浪記」が前川國男設計のふたつの美術館について記していたことをこれ幸いと、その建築に関連して記すことにしたわけだ。




アート日和 vol.66 (地域情報紙「マイスキップ」2018年8月号掲載)
前川國男建築での現代美術
12-550b800_20180804231629b09.jpg

月刊My-Skip8月号 イベントガイドから




上は月刊マイスキップ8月号から。イベントガイド欄。 先日記した企画特集面(煙火の煙)に続き今月号の紹介を兼ね。
紙面での私の関わりで言えば他に「長岡造形大生・紙上ギャラリー」のコーナーもあるが、こちらは、大学での設計課題の作品がコンクールで受賞した「建築・環境デザイン学科」の2年生を今回取り上げている。

開催中の伊津野雄二彫刻展は、5日(日)に大倉宏さんによるギャラリートークを予定。

My-Skip8月号発行中 花火特集-煙火打揚による煙の探求-

先週発行された、地域情報紙「月刊マイスキップ」8月号から。
企画特集ページについて以前に予告をちょっとだけしていましたが今回アトリエZenで企画担当しており、長岡の8月らしく「花火」です。 とは言ってもストレートに長岡花火ではなく、テーマはあまり注目されることのない「打ち揚げ時の煙」。 企画意図を記したリード文のところを以下転載しておきます。



長岡の8月はやはり花火。先月号特集「私の誇り-長岡花火」にひきつづいて
の「花火」特集となるが、今回のテーマはその「煙」。鑑賞に邪魔と思われがち
な煙を美しい造形と捉えて長岡造形大学大学院で撮影と研究をしている
吉田勝幸さんの案内で、花火の魅力を一味違った角度からお届けします。


12-540_20180727111158194.jpg




My-Skip8月号は長岡市内図書館、県立近代美術館等の施設、店舗等で無料配布中です。ギャラリーみつけのインフォメーションラックにも置いてあります。
遠方のかた、身近なところに配布場所がないかたは郵送による定期購読をご利用ください。(郵送、手数料がかかります。年間購読料2400円です) 問合せ先→【アトリエZen

透明を捉えること - 紙媒体版アート日和第65回

マイスキップに連載している「アート日和」と題したコラムは、紙媒体用として書いているのでwebにそのまま再掲することは(なにかの気まぐれで載せる以外は)基本無い。と昨年書いていたが、7月号のコラムをスキャニングして転載してみることにした。でもなにかの気まぐれということではまったくなく、禁を破るといった大袈裟なものでももともとなく、言うなればちょっとした考えの変化。




アート日和 vol.65 (地域情報紙「マイスキップ」2018年7月号掲載)
透明を捉えること


次号の企画特集面について

一昨日にマイスキップの7年前の企画特集面について書いていたが、いまは次の8月号の企画特集面の編集作業中。アトリエZenの企画担当である。

8月号では(おそらくマイスキップとして初だと思うのだが)長岡造形大の大学院生がその研究に関して執筆することになっていて、届いた原稿を現在まとめ中というわけだ。編集担当の役回りとして、記事の標題(タイトル)を原稿や企画意図にあわせて付けてみたのだけれど、ジュディオングみたいなものになった。はて、どうしようかといったところ。

My-Skip特集(6月号)~長岡出身画家・平澤熊一


長岡の地域文化情報紙「月刊マイスキップ」、その6月号より。

企画特集面はアトリエZenで担当していて、長岡出身画家・平澤熊一(1908-1989)について取り上げています。
この地元生まれの画家の名前は、長岡にある新潟県立近代美術館に5点作品収蔵されつつも(郷土の偉人を取り上げた書籍「ふるさと長岡の人びと」にも記載はなく)、長岡で案外知られていません。2012年に練馬区立美術館、2015年に栃木県立美術館でそれぞれ平澤熊一展が開催されるなど首都圏の美術館を中心に近年再評価されており、長岡の情報紙としても一度取り上げておきたく、調査と研究をここ数年すすめていたギャラリーみつけの学芸員・小沼さんから執筆してもらいました。力の入った原稿です。
 
この6月号では他に、4月にオープンした「maison de たびのそら屋」の主宰者からの寄稿があります。私の連載スペースを充てて書いてもらったので、連載コラム・紙面版「アート日和」は今月はお休みです。

街角のタバコ屋を巡る-マイスキップ特集

マイスキップの新号(4月号)について、まず「イベントインフォメーション」のコーナーを昨日アップしましたが、こちらは同号の企画特集面。街角のタバコ屋を巡る(私的カメラ散策日記01)です。


本blog読者ですとタイトルからしてすでにおわかりと思いますが、私が文と写真を担当した特集です。掲載したタバコ屋写真は24枚で、青くて真ん中にある例として連載コラムでも使った横浜市内のタバコ屋はまた登場していますけれど、blogやコラムに登場していない写真、いわゆる秘蔵のものも入ってます。

例えば長岡の偉人紹介とかですと特集として(誰にも)とりあえずわかりやすいのですが、今回は興味わかないひとには???な内容です。ですので執筆動機を直截的に書き入れました。でもこうした特集に、嵌るひとはけっこう嵌るようです。

My-Skip3月号造形する風とここにしかない自動販売機

12-266.jpg

画像は長岡造形大学内。左奥方向にギャラリーがあるその1階レストラン前、置かれている自動販売機のラッピングデザインは在学生(2年生)がおこなっている。ここにしかない自販機ということで、今月号(3月号)のマイスキップ「造形の風-造形大生・紙上ギャラリー」では当該学生から寄せてもらったコメントとデザイン原画を掲載している(↓)
12-267b.jpg

My-Skip3月号と横浜での星奈緒展と


マイスキップ3月号から。連載している紙媒体版「アート日和」のコラムではパステル画家の星奈緒さんについて書きました。横浜・art Truthで星さんの個展が今月開催されます。
下はイベントインフォメーション欄。実施中の、ボントーン・野田英世さんスケッチ作品展示についても簡単に。昨日記載した白雪ノ会展の案内も記載しています。

12-261b800.jpg

↑画像をクリックすると大きくなります


«  | ホーム |  »

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

amazone入口


アフィリエイト実施中。アマゾンご利用の際は↑からお入りください。(アトリエZen)

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR