アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

05<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>07

アトリエZen 展覧会案内
infomation





長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~2019年1月6日まで: 後藤裕子〓終了しました〓
1月7日~3月10日まで:
信田俊郎〓終了しました〓
3月11日~5月19日まで:
海津千並〓終了しました〓
5月20日~7月21日まで:
安立貴美枝〓展示中〓

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
現在の展示加藤絵美(イラスト)
展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


加藤絵美展示作品リスト(ラ・ボントーン)

13-346.jpg  

長岡のベーカリーショップ、ラ・ボントーンの店内に飾っている作品のリストを。先週、加藤絵美さんのイラスト作品4点に替わりました。
作品は、らくがきから生まれた「リス」のキャラクターを無数に組合わせ、タイトルが示すように「四季の花」にとしています。

加藤絵美/展示作品リスト
    展示案内http://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-5005.html
 no.
 作 品 タ イ ト ル
 素 材/制作年
  1
 リスが桜を形作る
 ケント紙にアクリル絵具、インクペン/2018年
  2
 リスがヒマワリを形作る
 ケント紙にアクリル絵具、インクペン/2017年
  3
 リスが菊を形作る
 ケント紙にアクリル絵具、インクペン/2018年
  4
 リスが椿を形作る
 ケント紙にアクリル絵具、インクペン/2019年
      11-501.jpg
13-347b.jpg

うみがたりの視察

13-343b.jpg
画像は上越市立水族博物館うみがたり
北信越博物館協議会日本博物館協会北信越支部・総会研究協議会という、(続けて書くとなんだか長くて重々しい名称の)会が直江津で開催され、そこに出席したと3日前に書いていたけれど、その研究協議会の研究の部分のテーマ(題材)が、建て替えられ「うみがたり」という名称をつけて近年再オープンした上越市立水族博物館だった。館長氏の講演のあと現地視察に廻り、上はそのときの一枚。
この水族館は指定管理者制度における運営で、指定管理期間が異例な長期であるなど、講演は興味をそそる内容だった。でも対象が違うからか建築物や設備に関しては触れられることがなく、視察時に館内チラシを見ても建物に関わる情報が、誰が設計したのかについてさえも書かれていなかった。そのあとの懇談会でちょうど出席していた建築系の大学の先生に、そんなことから話題にしたわけだ。業界では知られている建物らしく、新建築とかの建築誌にも取り上げられているよう。

GIFT

13-345b.jpg
アーツ前橋のやなぎみわ展に行ったとき、同館の常設展示室もあわせて観ていてそこに展示されていた片山真理の写真に強く魅かれていた。と、先月のことを、そのとき記そうと思いながらそういえば書いていなかったことを、思い出したように書いてみたのは、昨日の新潟日報文化欄に論考が掲載されていたから。
GIFT」と題された初作品集について。評者は写真評論家・竹内万里子。

片山真理「GIFT」

大坪康朗遺作展

本日開幕の大坪康朗遺作展について、昨夜は新潟日報で紹介されたと書いていた。昨日は出張から戻ったあとすぐさま最終の展示仕上げをしていて、時間に追われその場でアップすることは叶わなかったが、昨日のその光景を1枚、↓に。

出張先の北信越博物館協議会では懇親会の席で(みつけ市民ギャラリーは)学芸員は何人いるのかと聞かれた。1人です、と言うと、驚かれる。外から見て驚嘆する理由もよくわかるけれど、学芸的にはまぁ私を数に入れたとしても2名。今回の大坪康朗遺作展では、ひとりではとても手が回らず、例えば会場内解説パネルの執筆を私も分担するなどしておこなっている。昨日最後に残ったのが結局私の執筆部分のパネルだった。

街がキャンバス 大坪さん遺作展/新潟日報


本日5月31日付の新潟日報です。
ギャラリーみつけの2階フロアで明日6月1日(土)から始まる「大坪康朗遺作展」について、大きく取り上げられています。客観的にみてもニュースバリューがあるし、記者がかなり熱心に(ご遺族などにも)取材していたので、ある程度の大きさで報じられるのだろうなという想像なり予測はしていましたが、表紙の、主要記事“目次”のようなところにも大きく出ていて正直驚きました。(↓)
13-340b.jpg
13-341b.jpg

記事は新潟日報のウエブページでも現在見れるようになっています。
https://www.niigata-nippo.co.jp/news/local/20190531473035.html
(記事の公開は、おそらく設定期間があるだろうとは思いますが、リンクを貼っておきました)

北信越博物館協議会・日本博物館協会北信越支部 総会・研究協議会

「北信越博物館協議会・日本博物館協会北信越支部」の総会・研究協議会が直江津で開催され、みつけ市民ギャラリーとして出席。第61回とあり毎年開催されているものだけれど私は初参加。みつけ市民ギャラリーはこの4月から新潟県博物館協議会に加盟したのだった。

13-339.jpg

第10回目のエックス展/参加作家募集中

エックス展のお知らせ

          

「エックス展-若きクリエイターたちの自由表現-」を、昨年開催しました長岡のmaison de たびのそら屋」にて今年も開催します。時期は昨年同様12月で、第10回展となります。

※出展希望のかた、参加を検討したいかたは下記にご一報ください。(アトリエZenの企画に参加したことのないかたはこれまで制作してきた作品内容もお伝えください。出品案内をお送りしますが、内容等によって選択させていただくことがあります)
  【問い合わせ先/アトリエZen

12-840.jpg

↑  前回 2018年展の展示風景    


前回展(2018年展)/http://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-4813.html
エックス展の企画趣旨/参考:↓ (新聞掲載記事)
http://niigata-eya.jp/news/n20110309.html

«  | ホーム |  »

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

amazone入口


アフィリエイト実施中。アマゾンご利用の際は↑からお入りください。(アトリエZen)

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR