アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

01<< 1234567891011121314151617181920212223242526272829 >>03

アトリエZen 展覧会案内
infomation

アトリエZen企画展
エックス展 Ⅹ -若きクリエイターたちの自由表現-
[記事index]
会期:2019年12月12日~22日/〓終了しました〓

三上喜貴 賀状版画作品展(at WASHIMA TOUT LE MONDE)
http://atelierzen.blog.fc2.com/
blog-entry-5189.html

会期:11月1日~2020年1月26日、休館日にご注意ください/会場:和島トゥー・ル・モンド 2階



長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~2020年2月2日まで:
角屋 幸〓終了しました〓
2月3日~4月12日、ただし2月17日(月)は休み:
外山文彦 〓展示中〓

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
現在の展示宮島朋明(鉛筆画)
展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


2月17日(月)はお休みです

CoCoLo長岡の設備メンテナンスによる休館日。本日17日(月)は長岡小嶋屋CoCoLo長岡店お休みです。

 長岡小嶋屋CoCoLo長岡店での店内展示 “蕎麦×アート”
    現在の展示(vol.60)/4月12日(日)まで:外山文彦 [現代アート]
    展 示 案 内:https://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-5333.html
    作品リスト:https://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-5347.html

長岡まちなか現代アート

昨日15日の新潟日報の折込で入ってきた「NICながおか通信 “そいがぁて” 2月号」、巻頭特集は、現在もそのまま遺る旧長岡現代美術館(現長岡商工会議所)の斎藤義重パブリックアートだった。


14-118p-a.jpg

一般にもわかりやすい記述で、この作品が生まれた(現代美術館が出来た)1964年の文字を見出しに薄く入れ現在開催中の県立近代美術館「1964年 東京-新潟」展と結び付けて紙面構成するあたり、(同紙編集者を知っているが)さすがうまいものと思って読んでいた。
その記事には斎藤義重自身が建物落成時に寄せた文章から、結びの一節を紹介していたので引用すると
―これは、絵であり、彫刻であるよりも、ただ“言葉をもつ物体”であって、この建物のファサードの部分となって、自然の風雪に耐え、また永く人々の眼に語りかけることができるならばと、ひそかに私は考える。―


この外壁レリーフ作品については、いよいよ来月3月に取り外し作業となるようだ。ちなみに3月号のマイスキップの私の連載コラムでもこれらの作品群に関した写真を載せていて、今日はその記事の最終校正が完了した。今週印刷に回ります。

おまつり日和に/Flute&Piano Mini concert

絶好のおまつり日和だねと思いながら、今日は出かけた。
6大なんとか雪のおまつり云々と今朝書いたばかりだったけれど、この場合の“おまつり”はそちらではなく、やはり美松のほうを指す。穏やかな天候は人も出やすいし行列もしやすいからで、そのサンキューまつりは賑わい、並ぶ列も相当に伸びていた。

きょう出かけたのは美松のシュークリームが目的ではなく、用事はそのすぐ近くのアオーレ(市役所)での手続きと大光銀行本店。大光銀行ではフルートとキーボードによるミニコンサートが開催されていてそちらを。2階のフロア。空いていた席が一番窓寄りでそこに座ったら、全面のガラスウォールからは美松の行列が見えていた。
14-115bs_202002141456177c9.jpg
Flute&Piano Mini concert/2月14日(金)
Flute:渡辺優子、Piano:権藤真弓

霜鳥健二展-移り行く面-

       14-075_20200214121609e11.jpg

霜鳥健二展 -移り行く面-
会期:2月19日(水)~3月1日(日)/2月25日休廊
会場:アートギャラリー万代島 【新潟市】


氏は「新潟現代美術」というサイトの運営もされていますが、その展覧会情報欄には今回上記個展とあわせ、長岡小嶋屋での現在の展示案内(外山文彦展)も入っています。
http://nart.nomaki.jp/2020.htm

      14-114a250.jpg 14-116.jpg

長岡6大冬まつりと通行止め予告看板

長岡駅に長岡6大冬まつりと大きく掲げられていた。
雪がそう好きでもないからか6大と大々的に言われても個人的にはピンとこなくて、こういうときの「6」にはやっぱり美松サンキューまつりは入らないんだよねと、本題とずれた方向に頭がいく。この日もサンキューまつりは行列だった。


14-112.jpg

先月書いていた旧長岡現代美術館前市道車両通行止めの件。通行止めの予告看板がたてられていた。一週間後21日から。

へぎそばと店内展示/長岡小嶋屋CoCoLo長岡店


作家のTさんから、長岡小嶋屋CoCoLo長岡店で蕎麦食べてきたと写真が届いた。私が撮るものと雰囲気も違ってよかったので、載せてみた次第。へぎそばがいい感じ、美味しそうだ。

長岡小嶋屋CoCoLo長岡店での店内展示 “蕎麦×アート”
現在の展示案内:https://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-5333.html
展示作品リスト:https://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-5347.html
読売新聞掲載の案内:https://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-5339.html

長岡造形大学卒業・修了研究展


長岡造形大学 卒業・修了研究展に行く。
たくさんの多岐にわたる作品が並ぶ卒展。数が多いから今年は素早く見て回ろうと思っていたら、入ってすぐに「新潟県における現代美術家集団GUNの長期的ネットワークと同時代共振」と題しGUNを取り上げた研究パネルが眼に入り、最初からじっくり見るはめになる。だいぶ前に東京大学の学生が60年代日本の前衛芸術を研究テーマにしていて問い合わせを受けたことがあったけれど、長岡造形大にもこうした研究をする学生がいよいよ出てきたかと思って見始めた。
でもよく見たら大学院博士課程の研究論文で、博士課程だからいろいろな経歴や前職を経て入るひとも多くこの筆者はかつて美術絡みで面識のあるかただった。さらによく見ると、パネルのなかに記された「新潟現代美術の動き」的な年表に私の名前もしっかり入っていて、さらによく見ていたら論文の中に私の書いたマイスキップの記事が何度も引用されそこにも名前が記されていた。
と、思いがけず自分の名前をあちらこちらに見つけ、またテーマがテーマなだけに論文も(大勢の来場者のなかではそうきちんと読めないけれど)目を通し、観点の違いなどにも触れていた。卒展の初っ端から時間を要したわけだ。 あとから会場内別な場所でバッタリ会った知人工芸作家Mさんから「名前、出てましたね~、見ましたよ」と言われたのは余談。
14-109b.jpg

 | ホーム |  »

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR