アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

11<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>01

アトリエZen 展覧会案内
infomation

アトリエZen in TWOOL GALLERY vol.01
外山文彦展
〓終了しました〓
2020年10月2日~17日、金・土・日曜のみの開館/12:00~18:00
会場:TWOOL GALLERY
展覧会案内】 【記事index
vol.02
-壁面の鉄-霜鳥健二展

10月24日(土)~11月15日(日)の金・土・日曜のみ開催
会場:TWOOL GALLERY
展覧会案内



長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~6月14日まで:三上喜貴
6月15日~8月23日:髙橋ノリユキ
8月24日~10月25日:鶴水亜里沙 〓終了しました〓
10月26日~12月27日:
品田朋香〓展示中〓
/ウィルス対策で営業時間の変更がなされる場合もあります。長岡小嶋屋のホームページ等最新情報を確認ください


銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
vol.37/10月15日~12月13日:小野澤七星
展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


午後からは小雨模様


好天が午後からは小雨模様となったが、駅近辺に用事があり外出。
そんなさ中に撮った画像は長岡駅東口方面、旧栃尾鉄道廃線跡付近。

(2020.12.03 pm18:30)

マイスキップ最終号

今日は朝イチで、「(この月初めの時期はいつもだと置いてある)マイスキップの新号が街中に見当たらないが…」と電話での問い合わせがあった。最終号だからひょっとしたらもう売り切れてしまったのかしらと心配されたらしい。
blog上では通常月よりも発行が遅れるとか、1週間前に新潟日報に休刊がとりあげられたときも「発行は来週になる」と記してはいたが、全世代的にみればネット環境にないかたも多いだろうし、市内見渡しても見つからないからと電話されたようだ。最終号だから絶対に読みたいと言われていた。

30日(月)に刷り上がる予定をあらかじめ聞いていて、だから1週間前の記事は週初に早々刷り上がる見込みで書いていたが、でも予定は遅れ昨日の刷り上がりとなったよう。今日あたりから市内配布が本格化するので、店舗や図書館などの設置先に並ぶのは(早いところはもう置かれているだろうが)もう2~3日お待ちくださいといったところだろうか。ルート配送はSさんがひとりで担っていて、いくらパワフルであっても時間も要るのである。と、そんな配布予定を電話口で答えた。

(2020.12.03 pm13:30)

応援したいから、応援にいかない。

来年年1月2日3日の第97回箱根駅伝のポスターが完成したということで、ニュースに流れてきた。「応援したいから、応援にいかない。」というキャッチコピーがついている。
https://www.rikujyokyogi.co.jp/archives/18423(陸上競技社のサイト)

「応援したいから、応援にいかない。」というキャッチはいい言葉と思うけれど、例えば助詞の「に」は無いほうがよくて、「応援したいから応援いかない」にすればちょうど17字でよりいいんじゃないかと思ってみる。夏井いつきさんの俳句講座の聞きかじりで反射的に思ったことだけれど。
そういえば今年の正月には箱根駅伝について「沿道まで観戦に行ったこともかつてあったが、一地点でのいわゆる「点」として視るのではなくスポーツ競技の「線」で見たいから、テレビに落ち着く」と書いていた。駅伝を陸上競技として堪能するならポスターでお願いされるまでもなくテレビなのだが、世の中、陸上マニアだけではないからさてどうなることだろうか。でも沿道観戦はたしかに臨場感はあるものの(実際やるとわかるけれど特に往路の場合は)一瞬で通り過ぎる感じだから、人によってはあっけないと思うはず。逆に復路の場合は走者間の間隔が空くから、1地点で見てると次の走者がなかなか来なくて延々待つ状況になる。陸上好きは「待つ」のも想像の契機で楽しみとしても、一般のひとだとどうなのだろう。沿道観戦は数年後に落ち着いてからやればいいと思うところだ。

ところでいま沿道観戦と書いたところ、観戦の文字が「感染」と最初誤変換されてしまい、「沿道感染」となった。偶然のことだけれど、洒落にならないよね。

10年の“蕎麦×アート” 展示履歴-02

長岡小嶋屋CoCoLo長岡店の店内展示の履歴。パート2(2015年~)です。

[● 展示履歴-01(2010年~2014年)] 



長岡小嶋屋CoCoLo長岡店 店内展示  
“蕎麦×アート”
  展示履歴-02 (2015~2020年)
 no.
 

 会期
 

 展示作家(展示名)
 内容・特記事項
       2015年
 32
 ~3月8日迄
 舟見倹二  シルクスクリーン版画
 33
 3月9日~5月10日
 溝口敏美  絵画
 34
 5月11日~7月12日
 中村薫  絵画
 35
 7月13日~9月13日
 五十嵐栄作・野田英世
 -2人のJAZZ-
 JAZZをモチーフにした
 クロッキーとスケッチ画
 36
 9月14日~11月15日
 中山允  写真/長岡造形大学大学院生
 37
 11月16日~
 大瀧洋平  油彩画
       2016年
 
 ~1月24日迄
 大瀧洋平  油彩画
 38
 1月25日~4月3日
 外山文彦「白い絵画」
 と「麻の絵画」
 ミクストメディア
 絵画
 39
 4月4日~6月12日
 若井宣雄(1905-1989)
 遺作展示
 淡彩画・スケッチ
 40
 6月13日~8月14日
 高木秀俊  絵画と短歌
 41
 8月15日~10月23日
 佐藤美紀  ドローイングとコラージュ
 42
 10月24日~12月25日
 鶴水亜里沙  きり絵
 43
 12月26日~
 吉田勝幸
 -フユノキセキ-
 写真/長岡造形大学大学院生
       2017年
 
 ~3月5日迄
 吉田勝幸  写真/長岡造形大学大学院生
 44
 3月6日~5月14日
 animals -木口木版画と
 イラスト画-

 (中島尚子・外山文彦)
 木口木版画と
 イラストレーション
 45
 5月15日~7月17日
 中村文美 -モノタイプに
 ドローイング-
 版画・ドローイング
 46
 7月18日~9月20日
 野田英世「ふつうの瞬間
 -アンチ・ドラマチック」
 スケッチ画
 47
 9月21日~12月3日
 星奈緒  パステル画
 48
 12月4日~
 阿部正広  ミクストメディア・絵画
       2018年
 
 ~2月4日迄
 阿部正広  ミクストメディア・絵画
 49
 2月5日~4月8日
 舟見倹二  シルクスクリーン版画
 50
 4月9日~6月17日
 外山文彦  ミクストメディア
 51
 6月18日~8月19日
 鹿島ヤスヒロ  絵画
 52
 8月20日~10月28日
 鶴水亜里沙  きり絵
 53
 10月29日~
 後藤裕子
 蕎麦畑のcomposition
 油彩画
       2019年
 
 ~1月6日迄
 後藤裕子  油彩画
 54
 1月7日~3月10日
 信田俊郎  水彩
 55
 3月11日~5月19日
 海津千並  写真
 56
 5月20日~7月21日
 安立貴美枝  版画
 57
 7月22日~9月23日
 長谷川恭子  水彩
 58
 9月24日~12月1日
 高木秀俊  イラストレーション
 59
 12月2日~
 角屋幸  書
       2020年
 
 ~2月2日迄
 角屋幸  書
 60
 2月3日~4月12日
 外山文彦  現代絵画
 61
 4月13日~6月14日
 三上喜貴  木版画
 62
 6月15日~8月23日
 髙橋ノリユキ  写真
 63
 8月24日~10月25日
 鶴水亜里沙  ミクストメディア
 64
 10月26日~12月27日
 品田朋香  絵画
 65
 12月28日~
 アトリエZen
 collection展
 版画・絵画
  [注記]大学生、大学院生の展示はその旨の記述を入れた

10年の“蕎麦×アート” 展示履歴-01

長岡小嶋屋CoCoLo長岡店での店内展示“蕎麦×アート”が今年4月1日に10周年を迎えた際、 その記念で初年度2010年の7展(+1)の案内DM5枚をスキャニングして掲載した。あわせてこれまでの出展作家の一覧表もweb上に作りたいと記し、「やりかけた作業はなかなか進まず時間がかかりそう」としていたが、さすがに年内にやらないとということでようやくそちらの作業を再開した。
10年の展示を表にするとスペースを要するので、2回(2日)に分けてアップしようと思う。

まずは「01」として、2010年~2014年の5年間分である。企画スタートの作品は舟見倹二さんで、氏からはその後も毎回違った作品の提供を受け、vol.32での未公開新作をはじめ、計5回に渡りこれまで展示している。
またこの期間で補足すると2012年~2014年には、同社銀座店(銀座ニューメルサ店)でも“蕎麦×アート”企画をおこなっている。CoCoLo長岡店とはまた少し違う銀座仕様で、そちらの展示履歴はこちら: https://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-2757.html



長岡小嶋屋CoCoLo長岡店 店内展示  
“蕎麦×アート”
  展示履歴-01 (2010~2014年)
 no.
 

 会期
 

 展示作家(展示名)
 内容・特記事項
       2010年
  1
 4月1日~5月31日
 舟見倹二  シルクスクリーン版画
  2
 6月1日~7月31日
 立見迪子  絵画
  3
 8月1日~8月31日
 佐藤正二  現代絵画
  4
 9月1日~9月30日
 小山まさえ  絵画
  5
 10月1日~10月31日
 中田歩  絵画
  6
 11月1日~11月30日
 池田友季美  絵画/長岡造形大学大学院生
  7
 12月1日~12月25日
 7種(ナナクサ)展  長岡造形大3年生7人の作品展
 (染色、写真、デザイン他)
  8
 12月26日~
 外山文彦  絵画
       2011年
  
 ~2月28日迄
 外山文彦  絵画
  9
 3月1日~3月31日
 飛田範夫  偏光顕微鏡による写真作品
 10
 4月1日~4月30日
 舟見倹二  シルクスクリーン版画
 11
 5月1日~5月31日
 信田俊郎  水彩
 12
 6月1日~6月30日
 柴山明子  墨彩画
 13
 7月1日~8月31日
 田中守“長岡花火を描く”  絵画
 14
 9月1日~10月31日
 村山陽  絵画
 15
 11月1日~11月30日
 佐藤昭久  水彩
 16
 12月1日~
 島倉哲郎  絵画
       2012年
 
 ~1月5日迄
 島倉哲郎  絵画
 17
 1月6日~2月29日
 渡辺亮一  パステル画
 18
 3月1日~3月31日
 外山文彦  現代絵画
 19
 前期:
 5月1日~6月14日
 後期:
 6月15日~7月31日
 舟見倹二  シルクスクリーン版画
 20
 8月1日~10月31日
 水澤淑  絵画
 21
 11月1日~
 笹川春艸  墨画
       2013年
 
 ~1月15日迄
 笹川春艸  墨画
 22
 1月16日~3月31日
 真島若桜  切り絵
 23
 part1:彼岸
 4月2日~5月20日
 part2:此岸
 5月21日~7月5日
 笠原もなか「対岸の花」  イラストレーション&
 ミクストメディア
 
 24
 7月6日~9月5日
 しぶかわ慶子  イラストレーション
 25
 9月6日~11月5日
 大橋麻耶  版画
 26
 11月6日~
 野田英世「い・ち・ば」  長岡五十の市を描いた
 スケッチ画(ペン他)
       2014年
 
 ~1月31日迄
 野田英世「い・ち・ば」  スケッチ画
 27
 2月1日~4月6日
 さいとうようこ  絵画
 28
 4月7日~6月8日
 永井愛  版画
 29
 6月9日~8月19日
 三上喜貴  木版画(賀状版画)
 30
 8月20日~10月22日
 小林真弓  絵画
 31
 10月23日~12月25日
 吉田勝幸  写真/長岡造形大学4年
 32
 12月29日~
 舟見倹二  シルクスクリーン版画
(※当年制作の新作の未公開作品を中心に展示)
  [注記]大学生、大学院生の展示はその旨の記述を入れた

展示履歴-02(2015~2020年)/2020.11.30記


15-758b.jpg

左:CoCoLo長岡店   右:銀座ニューメルサ店  

日野洋子展

15-754b400s_2020112911005055a.jpg


東京渋谷の画廊喫茶「ウイリアムモリス」の年末恒例展、日野洋子展の案内が届いた。

渋谷にはウイリアムモリスに寄る以外に行かなくなったと書いたのは昨年で、逆に言えば行っていたとなるのだが、今年はウィルス禍で結局行けず仕舞いになりそうだ。

街角のカテドラル

15-755b.jpg
この写真でドキリとする人もそう居ない…というかほとんど居ないと思うけれど、久しぶりに長岡駅近辺を歩いた先週偶然発見して、撮ったもの。木に隠れてよくわからない交差点右側の建物は河井継之助記念館だが、本題はそちらではなく左側の空き地。ここにあった古い建物が知らないうちに解体されていたということで、重機はまだいたからおそらく解体直後と思われる。

前身は倉庫かあるいは工場だったかのようなその建物はずっと何十年も屋内型貸し駐車場として使われていて、ただ古びた建物で凝った建築外観があるわけでもないけれど、その佇まいが実にいいと面白く思っていた。 こうした“詠み人知らず”の建築に面白がるのは私だけではないようで、2年前に長岡在住スケッチ画家・野田英世さんの個展を横浜で企画した際、野田さんからDM掲載用にと呈示されたのが偶然にもこの建物のスケッチだった。氏の思い入れを反映するかのように、タイトルは「街角のカテドラル」と付けられている。

その作品はちょうどいま、長岡市笹川眼科の院内(待合室)に飾っていて、またかつての建物の写真は(何かの拍子に撮ってるとは思うが)すぐ出てこないからと、2年前のDMとともに下に載せてみた次第。 ちなみに書けば作品の販売対応も可です。お問い合わせはアトリエZenまで。

問い合わせはこちら] 


12-575b.jpg

2018年の「野田英世展-歩いて描いた新潟スケッチ」DM  

15-757b.jpg

長岡市・笹川眼科で現在展示中の「街角のカテドラル」  

静物画の窓枠


訪問先のデザイン事務所での一枚。まるで静物画のように窓枠に置かれていた。

今朝の新潟日報から/地元の情報発信 20年の歴史に幕

今朝26日付の新潟日報から。
地域情報紙マイスキップの「12月号での休刊」が、「地元の情報発信 20年の歴史に幕」と見出しがつけられ、大きく取り上げられています。

15-752-n04p.jpg



その12月号は最終号ゆえの特別増ページ仕様になっていて現在印刷中。発行は来週になると思います。

 | ホーム |  »

カレンダー

11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR