アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

12<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>02

アトリエZen 展覧会案内
infomation

アトリエZen企画展
エックス展 Ⅹ -若きクリエイターたちの自由表現-
[記事index]
会期:2019年12月12日~22日/〓終了しました〓

三上喜貴 賀状版画作品展(at WASHIMA TOUT LE MONDE)
http://atelierzen.blog.fc2.com/
blog-entry-5189.html

会期:11月1日~2020年1月26日、休館日にご注意ください/会場:和島トゥー・ル・モンド 2階



長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~2019年1月6日まで: 後藤裕子〓終了しました〓
1月7日~3月10日まで:
信田俊郎〓終了しました〓
3月11日~5月19日まで:
海津千並〓終了しました〓
5月20日~7月21日まで:
安立貴美枝〓終了しました〓
7月22日~9月23日まで:
長谷川恭子〓終了しました〓
9月24日~12月1日まで:
高木秀俊〓終了しました〓
12月2日~2020年2月2日まで:
角屋 幸〓展示中〓

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
現在の展示宮島朋明(鉛筆画)
展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


なぜか北海道の話題に

とある若手作家と話していてなぜか北海道の話題になった。
しょうがないから、というよりも自身で北海道ネタとなるとすぐ浮かぶのは最近のそれだからと、テレビドラマ「チャンネルはそのまま!」のことを返した。最終回しか見れていないから、たいした話が出来るわけではないけれど。

その最終回では、大泉洋が補助金不正使用疑惑の渦中にいるNPO法人代表という役を熱演していて……と言っても見てないひとはわからないのだけど、この補助金不正使用云々は原作マンガのオリジナルストーリーにはないもので、実写ドラマ化にあたって付け加えられたものらしいと後から知った。要は原作マンガから追加改訂された部分で、改訂版の魅力云々と以前書いたことがあるが、どこをどう改訂するかは興味深くてつい反応してしまう。原作本もまだ読んでないから想像の域にはなるけれど。

「見てないひとはわからない」ということで書くなら、劇中に流れる「街の灯」なる歌をカメラマンを演じた東京03の3人が歌っていてその収録風景に思わず笑ってしまっていた。
youtube東京03のマジ歌「街の灯」収録ウラ側】
このユーチューブ動画だけだといささか音痴なトンチンカンな歌でしかないが、面白いもので劇中では一転し、感動を引き込むような使い方。追加改訂の「大泉洋」にもつなげる役目も果たしていた。

雪アート特集と雪の無い長岡駅前



打ち合わせに出向いた先で「マイスキップの今月の特集、面白かった」と言われた。雪アートについて前山忠さんにインタビューした回である。
なんでも、半世紀前に(当時の若き前衛芸術家たちが信濃川河川敷で)雪のイメージを変えるイベントをおこなっていたことには驚いたそうだ。今ならそうしたイベントがあってもわかるだろうけれど、現代美術が浸透もしてない50年前だからね。そうした動きが新潟にあったことにとても興味を魅かれていたよう。でもそれにしても、今年は雪が降りませぬな。雪特集をやったのにねぇと思いつつ、画像はそんな、雪の無い冬の長岡駅前。
14-048.jpg

26日までの三上喜貴展(和島トゥー・ル・モンド)/記事index

【アトリエZen企画展】

和島トゥー・ル・モンドでの三上喜貴賀状版画作品展
昨年11月からのロングラン展示でしたが次の日曜日26日に終了です。今週は21日~23日が休館日となっていますので、残す会期は明日24日(金)からの3日間となりました。

14-045b.jpg


記事index
展覧会案内:https://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-5189.html
【2019.11.01/展示スタートしました
【2019.11.03/展示作品リスト・作品配置図
【2019.11.08/紙媒体版アート日和(My-Skip)での紹介
【2019.11.09/作品&短文集「木版画にまつわる思い出」について
【2019.11.28/会場風景-02
【2019.12.24/会場風景-03

2020におこなう1964の展覧会


1964年はマイブームだとその50年後となる2014年に記していたけれど、その1964をテーマにした「1964年 東京-新潟」なる展覧会が新潟県立近代美術館で近く開催される。街なかのアーケードに面した店頭にポスターが貼ってあった。
  14-014.jpg

冬将軍どこへと言われているなか


冬将軍どこへ、と今朝の新潟日報(↑)でも言われているなか、「雪」の記事をMy-Skip次号2月号の特集に書いていて昨日校了。その昨日の日曜日は(テレビドラマを見たとか書いていると呑気な休日風に見えるけれど)校正作業のほか矢継ぎ早にあれこれ。
さて下の画像は一昨日の群馬出張の際の途中に寄った塩沢石打サービスエリア。冬の将軍はどこへといった如く、湯沢でも雪がほとんど無い。
14-042.jpg
14-043.jpg

チャンネルはそのまま

何とはなしに知人のblogを覗いたところ、正月に出身地の北海道に帰省したときのことが記されていた。
いつも氏が記すマニアックな建築の話ではなく、書かれていたのはテレビドラマのこと。 北海道のローカルテレビ局を舞台にしたドタバタコメディチャンネルはそのまま!」の実写版ドラマがあり、「開局50周年ドラマ」とか「2019年日本民間放送連盟賞テレビ部門グランプリ受賞」とか大々的に謳って、モデルとなったその北海道テレビ放送(HTB)で放送されていたという話。正確には当該テレビ局では昨年3月に5夜連続放送されていて、受賞記念なのだろうか年末年始特番的な再放送だったよう。

原作はマンガで佐々木倫子作。
佐々木倫子は好きな作家で、古くはおたんこナースやHeaven?、近年では綾辻行人とコラボレーションしたミステリーを読んでいるが、この「チャンネルはそのまま!」は佐々木の著作として知ってはいたものの未読である。読んでなかったこともあいまって、へぇ~なんて思いながらちょっとした興味でその北海道テレビのウエブサイトを見てみたら、当地の新潟テレビ21でも放送が本日あるではないか。なんとも急だったけれどギリギリ間に合い、その放送を見たという次第。ただ全5話のなか今日はもう第5話になっていて、「いきなり最終回」だったけれど。

なかなか面白かったから未読の原作マンガのほうを読んでみようと思う。マンガ→実写ドラマについては、たいてい先にマンガを読んでいて(そのマンガが好きで)後からドラマを見るパターンだったが、その逆パターンになる。マンガでのイメージに実写が合わなくてぜんぜん面白くない、というのはひじょうによくある例だけれど、さて今回の逆パターンはどうなりますやら。

      

 | ホーム |  »

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR