アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

12<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>02

アトリエZen 展覧会案内
infomation

アトリエZen企画展
エックス展 Ⅹ -若きクリエイターたちの自由表現-
[記事index]
会期:2019年12月12日~22日/〓終了しました〓

三上喜貴 賀状版画作品展(at WASHIMA TOUT LE MONDE)
http://atelierzen.blog.fc2.com/
blog-entry-5189.html

会期:11月1日~2020年1月26日、休館日にご注意ください/会場:和島トゥー・ル・モンド 2階



長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~2019年1月6日まで: 後藤裕子〓終了しました〓
1月7日~3月10日まで:
信田俊郎〓終了しました〓
3月11日~5月19日まで:
海津千並〓終了しました〓
5月20日~7月21日まで:
安立貴美枝〓終了しました〓
7月22日~9月23日まで:
長谷川恭子〓終了しました〓
9月24日~12月1日まで:
高木秀俊〓終了しました〓
12月2日~2020年2月2日まで:
角屋 幸〓展示中〓

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
現在の展示宮島朋明(鉛筆画)
展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


なぜか北海道の話題に

とある若手作家と話していてなぜか北海道の話題になった。
しょうがないから、というよりも自身で北海道ネタとなるとすぐ浮かぶのは最近のそれだからと、テレビドラマ「チャンネルはそのまま!」のことを返した。最終回しか見れていないから、たいした話が出来るわけではないけれど。

その最終回では、大泉洋が補助金不正使用疑惑の渦中にいるNPO法人代表という役を熱演していて……と言っても見てないひとはわからないのだけど、この補助金不正使用云々は原作マンガのオリジナルストーリーにはないもので、実写ドラマ化にあたって付け加えられたものらしいと後から知った。要は原作マンガから追加改訂された部分で、改訂版の魅力云々と以前書いたことがあるが、どこをどう改訂するかは興味深くてつい反応してしまう。原作本もまだ読んでないから想像の域にはなるけれど。

「見てないひとはわからない」ということで書くなら、劇中に流れる「街の灯」なる歌をカメラマンを演じた東京03の3人が歌っていてその収録風景に思わず笑ってしまっていた。
youtube東京03のマジ歌「街の灯」収録ウラ側】
このユーチューブ動画だけだといささか音痴なトンチンカンな歌でしかないが、面白いもので劇中では一転し、感動を引き込むような使い方。追加改訂の「大泉洋」にもつなげる役目も果たしていた。

雪アート特集と雪の無い長岡駅前



打ち合わせに出向いた先で「マイスキップの今月の特集、面白かった」と言われた。雪アートについて前山忠さんにインタビューした回である。
なんでも、半世紀前に(当時の若き前衛芸術家たちが信濃川河川敷で)雪のイメージを変えるイベントをおこなっていたことには驚いたそうだ。今ならそうしたイベントがあってもわかるだろうけれど、現代美術が浸透もしてない50年前だからね。そうした動きが新潟にあったことにとても興味を魅かれていたよう。でもそれにしても、今年は雪が降りませぬな。雪特集をやったのにねぇと思いつつ、画像はそんな、雪の無い冬の長岡駅前。
14-048.jpg

冬将軍どこへと言われているなか


冬将軍どこへ、と今朝の新潟日報(↑)でも言われているなか、「雪」の記事をMy-Skip次号2月号の特集に書いていて昨日校了。その昨日の日曜日は(テレビドラマを見たとか書いていると呑気な休日風に見えるけれど)校正作業のほか矢継ぎ早にあれこれ。
さて下の画像は一昨日の群馬出張の際の途中に寄った塩沢石打サービスエリア。冬の将軍はどこへといった如く、湯沢でも雪がほとんど無い。
14-042.jpg
14-043.jpg

お目当ては温泉ではなく/炉辺閑話=温故◯◯◯

昨日は群馬県まで。渋川市。
渋川といえば伊香保温泉で駅前にはその看板もあるが、お目当ては温泉ではなく当地にある「コンセプトスペース」なるギャラリー。渋川駅から徒歩圏内にある。

14-041.jpg
14-039a.jpg14-040a.jpg

画像は外観一角だけだが長屋を使ってのスペース。展示は
「炉辺閑話=温故◯◯◯」第一話 尾形光琳 (CONCEPT SPACE/R2)、
「炉辺閑話=温故◯◯◯」第二話 5人展 (CONCEPT SPACE)

14-037aaa.jpg14-036aaa.jpg
14-038.jpg

渋川にはハラ・ミュージアムアークなどで来たことはあるが、駅自体は初めてだった。

別のものにひかれて

来月展示する作品が今朝宅急便にて届き、開梱と内容確認。および自分自身の作品も展示用のセレクトが必要だったので、今日はそちらもあわせて。
お昼にラーメンでもと思ってラーメン店に行ったら、別のものにひかれてオーダーは豚肉丼になった。

  

用途の無さそうな物体とNHKスペシャル

14-028_20200116164213e13.jpg
長岡市内、国道沿いに立つビル。外壁修繕工事らしく長らくシートで包まれていた建物だったが、通りがかりに気づいてみればなにやら遠目には角材風の、特に用途の無さそうな物体が取り付けられていた。配置の仕方はともかくも、発想や感覚としたら以前野外展でおこなった私の作品に近くて、ちょっと驚いた。

さて、「認知症の第一人者が認知症になった」という表題のNHKスペシャルを昨夜見た。11日に放送されたものが15日の深夜に再放送されていて、なかなか決まった時間に見れないから録画していた。
タイトル通りである。認知症の研究者である医師が認知症になりそれを追ったドキュメンタリー。かつての先輩医師の「君自身が認知症になって初めて君の研究は完成する」という言葉が示され、きわめて示唆に富む内容。タイトルから、ちょうど正月に記していたFlowers for Algernon(アルジャーノンに花束を)の主人公チャーリイを思い起こして見始めたが、この医師も症状やその時の気持ちを自ら記した日記を残していて、それらも紹介される。


検索してみたら医療関係者向けのサイトに、この医師へのインタビュー記事が出ていた。
認知症になっても 安心して暮らせる社会を(長谷川 和夫 先生)/メディカルレビュー社「M-Review
前編:https://med.m-review.co.jp/drinterview_detail?dr_interview_id=9
後編:https://med.m-review.co.jp/drinterview_detail?dr_interview_id=10
テレビのドキュメンタリーは1年以上取材したもので、1年のあいだの症状の進行具合といった「時間軸」も入り込むから、このインタビューの文字情報と映像とで少し異なる印象のところもあり、逆にその時間軸を浮き彫りにしているかのようで興味深かった。具体的には(テレビ見られたかたはわかるだろうが)デイサービス利用のところ。

閉じられたシャッターとマイスキップ原稿の入稿

      

地域情報紙マイスキップの次号2月号の編集制作に入っており、制作を担当するデザイナーWさんに連載コラムの原稿を今朝ようやくメール送信した。
締め切りに追われるように昨夜書いていて、もうこれでいいかなと思ったから寝る前にそのまま送っちゃえと一瞬考えたが、外山滋比古のエッセイに出ていた「前の晩に仕上げた文章を、一夜明けてさっぱりした頭で読み返してみる」が頭をよぎって、一晩寝かせることにした。案の定、早起きして読み直すと修正も出てくるもの。

その連載コラムは編集部事情でここ2か月お休みにしていて書くのは3か月ぶり。2月号はプラスして企画特集面の執筆もあったから、気分としては一気に増えた感。画像は街で見つけた閉じられた、錆び付いたシャッター。

(2020.01.16 am9:30)  

立ち寄ったショッピングモール

14-026.jpg
昨日は打ち合わせ続きで朝から三か所。全部終えての夕刻、帰り道にショッピングモールに立ち寄る。長岡では「アピタ」というひとと「リバセン」(リバーサイド千秋の略)と呼ぶひとと分かれるようだ。

みたび年末年始の写真とタブロイド紙の記事

大晦日は手いっぱいでblogに書けず、後からになって「チャーミングに異を唱えよ」を読んでいたとか元日の散策写真をアップしたりとかしていたが、またまた年末年始から。ストック写真を。
写真としては別段どうということもないが、一番上は解体工事をしていた教会のその後で、大晦日の買い出しで前の道を通った際のもの。「こんなになっちゃって」と思いながら、つい車を停めて撮っていたのだった。

14-021.jpg
14-022.jpg
14-023.jpg



日刊ゲンダイの「キーパーソン退社で業績悪化…急増する“人手不足倒産”の実態」という記事のネットニュースが目に入る。こちらは昨日のこと。
タブロイド紙の常で、コンパクトな記事なのに見出しが派手だ。まぁそれはともかくも、また総体として正論とは思うけども、ここに出てくる人事コンサルタント氏の「(キーパーソンを)引き留めるためには、表向きだけでもイーブンの立場で接し、相手の苦労を理解すること」なる談話はどうなのだろう。その「表向きだけでも」にひっかかっていた。30年前ならいざ知らず、今の時代、表側だけ都合よく繕おうとしても容易にわかっちゃうし、それがわからなければそもそもキーパーソンにはなりえないと、これは間違いなく言えるからだ。

今年の元日も健在

元日に散策がてら撮った長岡駅近辺の写真。旧長岡現代美術館の斎藤義重作品を今年で見納めかもなんて思いながら元日に撮ることがよくあったが、今年の元日も健在。


14-006.jpg
14-010.jpg
14-008.jpg

備忘録的にもうひとつ

昨日に続いてもうひとつ。備忘録的に。
昨年末に見た記事を。

全盲で美術館を楽しむ白鳥さん。『見えないから大変』の言葉がしっくりこない」と表題のついた、ノンフィクション作家・川内有緒氏の記事。記事の公開は昨秋だったようだけれど、知人作家が年末にFBにコメント入れてあげていたのを機に知り、読んでみた。
視覚ではなく触感で、つまり「触って楽しむ美術展」という企画も近年よく開催されるけれど、そうではなくて「美術館を楽しむ」っていったいどういうことだろうと考えながらである。キーワード的に2つのみ(年末にメモしたところからそのまま)挙げてみると、
●普段私たちは、膨大な視覚情報にさらされているなかで、必要なものだけを無意識に取捨選択している。美術鑑賞においても同様で、作品を見ているつもりでも、実は見えていないものの方が圧倒的に多い
●「見える人と作品を見る」という行為を通じて、「見える」と「見えない」の間にある壁も少しずつ取りはらわれていった


さて画像は本文とは関係なく、長岡駅前大手通りの交差点。
14-009.jpg
昨年11月に外壁修繕工事をしているビルを面白がって撮っていたが、その工事完了後。出来上がったばかりだからなのか、色調のせいなのか、綺麗に塗られてはいるが逆に眼にまだ馴染まない。もう少し時が経つと風合いみたいなものも出てくるのだろうか。

芸大生の課題作品/チャーミングに異を唱えよ

年末は「その年のまとめ記事」を記すことで大晦日迄blog予定はいっぱいになり、他のことまでなかなかアップできないでいた。だから年末に見たことを備忘録のようにひとつ記しておくと、web上での記事に「東京藝術大生の授業での課題作品というのがあって、これが実に面白かったのだった。
「チャーミングに異を唱えよ」というテーマが課された課題の、戸澤遥さんの作品。本人が言う「ばかばかしいじゃないですか、マヨネーズでここまでやるって。そのばかばかしさが面白い」というのは、まことにそのようで。

 | ホーム |  »

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR