アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

06<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>08

アトリエZen 展覧会案内
infomation

どうぶつアート展併設の喫茶室で同時開催/野坂衣織展
6月24日(水)~7月5日(日)/於:maison de たびのそら屋
https://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-
category-1.htm
l


長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~6月14日まで:三上喜貴 〓終了しました〓
現在/6月15日~8月23日:髙橋ノリユキ(写真) 〓展示中〓/ウィルス対策で営業時間の変更があります。長岡小嶋屋のホームページ等最新情報を確認ください


銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
vol.35/5月14日~7月31日舟見倹二+外山文彦
展示案内
展示作品リスト・展示風景



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


本日の作業日誌のよう


来週から長岡小嶋屋CoCoLo長岡店に展示する髙橋ノリユキさんの作品が届いており、今日はその作品の確認と展示構成のチェックを午前中に。
午後は、仕上がるのに結局数か月かかっていた、とある“作品”をようやく納品に出かけた。額も特注品で、特別注文といっても贅沢や華美な方向に振るのではなく、要望にあわせてきわめてシンプルに、納め方を工夫して設計したというもの。イメージがピッタリで期待通りだと喜んでもらえて何よりである。画像を載せられないのはあいにくだけれど。

ということで、本日のblogはなんだか本人の単なる「本日の作業日誌」のよう。ちなみに当アトリエでの額は市内の額工房と提携して制作しています。いいものが安価に出来ますのでご相談や額装の依頼等ありましたらぜひどうぞ。 画像は解体を待つ旧大和デパート。
問い合わせ:アトリエZen (メールフォーム)

(2020.06.09 pm18:30)

ロンドン・ナショナル・ギャラリー展

15-138b.jpg
新型コロナウィルス禍で開幕が延期されていた、国立西洋美術館のロンドン・ナショナル・ギャラリー展。18日から開催とのこと。前の記事と同じく5日の新聞からで、こちらは主催団体のひとつ読売新聞。トップ面。
ゴッホの傑作「ひまわり」のほかフェルメールやモネの作品を含む名画61点が日本初公開…なる宣伝文句は日本人が大挙して動きそうなもので、行列必至超混雑非三密の展覧会だから今の時期どうするのかと思ったら、“日時指定制導入”と別面にある。通常の前売り券も販売していたというしこれから発行の日時指定券でちゃんと捌けるのか、展覧会よりもそっちの裏方業務のほうに興味をひかれた。
15-139.jpg

かつての6軒

15-136.jpg


大手通り、交差点角にあった書店「文進堂」が廃業し、昨日5日の新潟日報には「大手通り 書店の灯消える」と取り上げられていた。
記事中の「かつて大手通り周辺には書店が6軒ほどあった…」の文言に、はて、他の5軒はどこだったかいなとふと思ってみる。記憶から目黒書店、長岡書房がすぐ浮かび、覚張書店、大坂屋書店と続いたが、最後の酒井書店の名前がなかなか出てこなかった。

創業110年の精肉店の閉店

15-123b.jpg
大手通りの間野精肉店は先月末で閉店したよう。同じ街区の旧大和のほうは「解体を控えた建物に若手デザイナーらがペイント」といったイベントだとかでそれなりの話題もあったけれど、こちらのほうはひっそりとという感じ。閉店を知らせる貼り紙には大手通り再開発事業の為という理由と、創業110年の文字がある。
15-124b.jpg

同店で買い物することはなかったが、 営業中の外観写真をたしか載せてたなと思い、探してみたら2014年のことだった。このときには再開発事業が周辺で進捗しているなか健在と記していた。

7字による掲題

趣味的な言葉遊びみたいなものなのでわざわざ書くこともないと思ったけれど、数日前から記事のタイトルを7文字に統一していた。
以前も5文字で統一したことがあり、そのときは、気紛れの、ほんの思いつきみたいなものと記した。今回も、5月23日のタイトルを「犬のイラスト」ではなく「犬のイラスト画」と画を1字加えたあたりで“気紛れ”スイッチが入ったようで、頭の体操の如くだよねと7字による掲題を続けていた。結局7字は7日間7記事とちょうどなり、トリプルセブンである。

(2020.05.26 pm23:50)


7字掲題7日間7記事
ウオロクの入口  (5月20日)
犬のイラスト画  (5月23日)
坐忘録なる書籍  (5月24日)
表が裏に裏が表  (5月24日)
雁木の瓶ケース  (5月25日)
蕎麦アート案内  (5月25日)
背景右の建物は  (5月26日)

背景右の建物は


ストック写真から長岡駅前“林”のなかにある如是蔵博物館。背景右の黒い建物は駅舎。

雁木の瓶ケース

雁木の下、酒瓶のケース。
長岡市袋町。

表が裏に裏が表

午前中に書いていた堀内正和「坐忘録」について何気なくいま検索かけたら、都内のギャラリストのかたが書いたと思われるblog記事がひっかかった。
https://gemart.exblog.jp/604880/

作家夫人が語った、「表が裏になり、裏が表になり、生が死になり、死が生になる。堀内が創りだしたおかしな形も、荘子の思想からきている」という言葉は興味をひくもので、同時に、この“坐忘録”の復刊希望者を募っていて300人集まれば美術出版社から復刊されるというのにもそそられたが、日付をよく見たら2006年2月2日の投稿。15年も前の話だった。

(2020.05.24 pm23:30)

犬のイラスト画

   15-106sp-a.jpg
所用があって笹川眼科に行く途中、ペットショップの前の信号にちょうど引っかかったからとつい、車窓から写真に撮る。
看板の動物の絵。独特のタッチは妙に擬人化されてるよねといつものように思っていたら、真ん中になぜか「ふつうの」イラストで描かれている犬が居ると見つけた。どうせだったらここも擬人化タッチにすればいいのにね。と、通りがかりの外野的意見。


笹川眼科内にはいま高木秀俊さんの新作絵画シリーズ3点を飾っています
https://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-5454.html

加治聖哉新作野外アートと傍らのネコ

朝のウォーミングアップのように書いた今朝のblogは、美つながりではないと言いながら更に「昨日見た」美術を加えて、そちらを本題とするつもりだった。でもその予定で書き出したら前段のはずの美食探偵云々はなんだか長くなりすぎ、最後の本題にまで辿り着かず。だから別エントリーにして記すと、昨日は栃尾まで行き、加治聖哉さんの新作野外作品を見てきたのだった。
15-103b.jpg
15-109b.jpg
15-102b.jpg

加治さんは拙企画「エックス展-若きクリエイターたちの自由表現」にも昨年初出展。長岡造形大在学中から廃材を使って動物を「実物大で」制作することにこだわっていて、エックス展のときは(画廊空間におさまるような大きさで)オオカミだったが、今回は野外でザトウクジラ。全長約20m、高さ3.8mとのことだ。
場所は290号沿い。刈谷田中学校を目印にして行くとその下の田んぼにある。「栃尾は昔海だった、今でも海水が出る井戸があるらしい」とは作家の弁。

作品を撮影していたら傍らにネコが居るのを発見。シャッターをきってはみる(↓)ものの、望遠レンズも無いし技術も無いしで海津さんのようにはうまく撮れない。

(2020.05.19 pm22:00)   

15-108b.jpg

フレンチプリンと二人展

15-095.jpg
ラ・ボントーンの店長氏から、同店で出している「フレンチプリン」の画像が流れてきた。カマンベールクリームチーズを使ったプリン&デニッシュ‼︎、とのこと。美味しそうだ。
同店では現在「舟見倹二作品&外山文彦作品」を店内展示中です。

展示案内https://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-5480.html
作品リスト・展示風景https://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-5483.html



今日はアトリエ内の整理をしたくて外出予定をたててなかったが、とある若手作家に渡すものが急に出て、maison de たびのそら屋で開催中の展覧会に市外から来ると聞いたから、ぢゃあ待ち合わせましょうと私も同ギャラリーまで。
猪爪彦一×季村江里香二人展~そこに在る物語~」。ギャラリー内はいわゆる「三密」状態にはなっていないが、ひとの「動き」もあるようで、入れ替わり立ち替わりといった感じでファンのかたが訪れていた。画像は初日に行ったときの撮影。今展は何回か(出来たらもう1回は)観たいと思っている。

(2020.05.17 pm16:00)  

15-096b.jpg

霜鳥健二特別展 -美術手帖を並べる-

霜鳥健二特別展「美術手帖」
2020年5月14日(木)13時~14時/於:霜鳥ギャラリー
自宅にあった388冊の美術手帖を自身のギャラリー(&アトリエ・作品保管庫)に並べた画像が今朝フェイスブックに流れてきて、これは実に面白いからと当の霜鳥さんの許可をもらい、「特別展」と称されたその画像を以下転載することにした。

15-092.jpg
15-091b.jpg

当該フェイスブックは昨日14日の夜8時頃の投稿。つまりその“展示”が終わってからのことで、展覧会で通常ある開催告知はなく、時系列からも事後の報告(のみ)である。
ひたすら数を並べるというのは美術の手法のひとつにあると知ってるものの、さすがにこれだけ並ぶと圧巻だ。かつて美術手帖なる雑誌は、ある時代、美術を志すものからバイブルのように読まれていた。それぞれの号での特集見出しやそこを飾る表紙は歴史の流れのヒトコマヒトコマ、断面の集積とも捉えられるし、そこに読み手としての記憶や自身の活動も深く入り込むわけで、時を取り込んで視覚化したインスタレーションとでもいえそうか。

展示には三日間かけて準備をしたという。
“事前に誰にも告知せず、数日間かけて準備して作り上げた「1時間だけ」の展覧会を、作家ひとりで愉しみ、終わってからFB(SNS)で報告”する、そんなやり方にも、なにか根源的な面白さがありそうだ。

(2020.05.15 pm20:00)    

«  | ホーム |  »

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR