アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

06<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>08

アトリエZen 展覧会案内
infomation

どうぶつアート展併設の喫茶室で同時開催/野坂衣織展
6月24日(水)~7月5日(日)/於:maison de たびのそら屋
https://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-
category-1.htm
l


長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~6月14日まで:三上喜貴 〓終了しました〓
現在/6月15日~8月23日:髙橋ノリユキ(写真) 〓展示中〓/ウィルス対策で営業時間の変更があります。長岡小嶋屋のホームページ等最新情報を確認ください


銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
vol.35/5月14日~7月31日舟見倹二+外山文彦
展示案内
展示作品リスト・展示風景



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


My-Skip10月号-03 紙媒体版アート日和第74回

長岡の地域情報紙「マイスキップ」で連載している紙媒体版「アート日和」の今月号分を転載します。




アート日和 vol.74 (地域情報紙「マイスキップ」2019年10月号掲載)
羽賀善蔵展と30年前の拙個展
13-574b800.jpg

(画像をクリックすると大きくなります)  




今回は話の流れで、私自身の初個展について触れている。 故羽賀善蔵が絶賛したということは、事実だとはいっても書けば単に自慢しているだけと受け取られかねないし、そうした懸念からこれまでほとんど口外することはなくどこかに書くこともなかった。けれど文中にもある“ご遺族(娘さん)が訪ねてきたとき”、「お父さまとは生前こういうことが実はありまして…」と雑談のなかで出したところ、「そういうことはどんどん発言してほしい(発言すべきだ)」的なことを言われた。
考えてみればたしかに、羽賀善蔵の進歩的な考えなりその人間性をよくあらわすエピソードだとも捉えられる。今回コラムに初めて記すことに考え直した理由はつまりはそこにある。「長岡にもこういった若者が…」というのは一字一句そのまま。
 13-579.jpg
個展会場の画像は手元に遺るプリント写真から今回スキャンしたので、ウェブ初公開となるかもしれない。展覧会のDMは以前こっそりと載せていたけれど。

My-Skip 10月号-02/トップインタビューとEVENT GUIDE

月刊マイスキップ10月号から。p.7にある「EVENT GUIDE」欄を下に。

現在開催中の長岡小嶋屋CoCoLo長岡店での高木秀俊さん作品展示の記載があります。また春先に私の企画で信田俊郎さんの大規模個展をおこないました(新潟日報にも信田さんの作家活動・作品について寄稿し紹介しました)が、同シリーズの最新作となる春以降の作品を含めての個展が柏崎游文舎で開催されます。游文舎開館11周年記念。

↑ クリックすると大きくなります 



10月号では表紙を飾るトップインタビューのコーナーに、長岡在住でミセスインターナショナルグローバル2019特別賞受賞の笹川正子さんが登場しています。
13-592b_20191004063428d8e.jpg
13-593a400_2019100406320435e.jpg

地域情報紙My-Skip 10月号-01 「弥彦・野外アート展」特集

10月になりました。地域情報紙My-Skipの10月号も発行になっています。
13-580b.jpg

校正紙(の一部)をフライング的に掲載するなど事前告知もけっこうしていましたが、今月号の企画面は弥彦・野外アート展特集です。 以下、リード文を転載。


迎えたファイナル・ステージ
弥彦・野外アート展 今月開催!

霜鳥健二 (弥彦・野外アート展 事務局長)

ビエンナーレ(隔年開催)の「弥彦・野外アート展」が今月開催される。百十段の階段を展示会場に活用するユニークさで知られる同展は、第十回展を迎え今回ファイナル・ステージと銘打たれた。現スタイルでの最終企画に際し、展覧会事務局長の彫刻家・霜鳥健二さんから寄稿いただいた。

My-Skip9月号 イベントインフォメーション

9月になりました。さっそく↓は9月号の地域情報紙「My-Skip」、イベントインフォメーションのコーナー。
今週4日(水)からスタートする横浜での星奈緒展や、展示中の長岡小嶋屋CoCoLo長岡店の長谷川恭子水彩画、ラ・ボントーンの外山文彦作品展示の記載もあります。

(↑:クリックすると大きくなります) 

My-Skip5月号とインフォメーション

地域情報紙「My-Skip」5月号の、イベントインフォメーション欄。

(↑ クリックすると大きくなります)


開催中の版画作家4人の手法展は、記事入稿が早かったため(少し迷いながらも)ここでは控えめに「作品点数を約30点」と記していたのですが、実際には、喫茶コーナーに飾った2点を入れて計41作品。そんな細かいところに突っ込むひともそういないでしょうけれど。 同展は12日(日)(午後3時)までとなります。

久しぶりの原稿と画家しんぞう展-紙媒体版アート日和第69回

地域情報紙「マイスキップ」で連載している紙媒体版「アート日和」の今月号分を下に転載します。

紙媒体連載版はblogにそのまま転載するときとしないときがあり、当初転載は無いと書いたことがあったものの、いわゆる“気まぐれ”的。前回の転載は今見たら昨年11月だったから今回かなり久々のアップなのだけれど、4か月前の「第68回」に対して第69回と、かなり久々と書きながら実は数は増えてない。そんなかんなのことに触れつつ、来週14日からスタートする「しんぞう」展について書きました。




アート日和 vol.69 (地域情報紙「マイスキップ」2019年3月号掲載)
久しぶりの原稿と画家しんぞう展


(画像をクリックすると大きくなります)  


 しんぞう展 「呪いと笑いの日々」
    https://www.gallery-mitsuke.com/exhibition/4853/

My-Skipのインフォメーションコーナーと白雪ノ会展

月刊マイスキップ3月号、インフォメーションコーナーより。
開催中の「白雪ノ会」展の紹介があります。


13-118b.jpg
13-119b.jpg

第八回白雪ノ会展より  

https://www.gallery-mitsuke.com/exhibition/4698/

短歌の現場と風羅会/月刊マイスキップ2019新春号

月刊マイスキップ2019新春号が発行されています。 紙媒体連載版「アート日和」は今回も休載になっていると書きましたが、そのスペースには高木秀俊さんから書いてもらった「短歌の現場」と題したコラムが入っています。また企画特集面は「戦前の地元パトロン文化のダイナミズムを追って」と称し、長岡青年美術愛好会“風羅会”について。
13-041b.jpg

マイスキップ特集「若手クリエイターの美術展」/通巻第215号

地域情報紙「マイスキップ」12月号、発行しました。
企画面では13日から始まる「エックス展Ⅸ-若きクリエイターたちの自由表現を特集しています。
12-808b.jpg



マイスキップは通巻第215号になりました。長岡市内を中心に図書館、店舗等で配布しています(フリーペーパー)。ギャラリーみつけや新潟絵屋にも置かれています。
12-809b.jpg

マイスキップ12月号と三箇所での名前記載

地域情報紙マイスキップの12月号が刷り上がり、配布が始まったようだ。郵送での定期購読者へは12月頭くらいのお届けになるだろうから詳しくは後日にしたいところだが、今回の号では企画特集面を含め3箇所のコーナーに、私の名前がそれぞれ(違うバターンで)出るという、個人的に珍しい号になっている。
その「企画特集面」は筆者として(の登場)。そういえば10日前には企画面を何とか書いた…なんて書いていた12月13日からのエックス展が長岡初開催ということで経緯などをまとめ、紹介させてもらっている。

二つ目は「展覧会情報欄」の展覧会出品者として。
三つ目は、これまでskip紙に建築や都市景観的なコラムを時々寄稿されている木村さんの原稿を今回スペシャル的に掲載することになったのだけれど、そのなかに於いて。
木村さんには12月号ということで2018年を振り返るような何かを、例えば「今年紙面で特集したもの」を再度取り上げてもらい氏の視点から短文コラムで書いてもらえないかと、そんな依頼をした。念頭に置いていたのは9月号で特集した「長岡市青少年文化センター」で、木村さんならば9月号とは違う側面から書けるだろうし、てっきりそれが出てくるとばかり想定していたが、「自由に選んでいい」として快諾されたなかでセレクトされたのは、私の書いた4月号「街角のタバコ屋を巡る」であった。だから、そのコラム記事中に元記事執筆者たる私の名前が当然のように入った、というわけである。
それは最初驚いたけれど、また考えになかったことだけれど、でも「今年の記事でひとつ選んで」といったなかから出てきたものであるので、光栄ではある。 ちなみに私が原稿の打診をした後、9月の終わりに氏は青少年文化センターをご自身のblogに記している(9月27日、去りゆく施設に纏わる身体的な記録)。だからその建物について書けなかったわけでは決してなく、それを差し置いてのセレクトとも受け取れそうか。読者的にはマニアックなのかもしれないけれど、一筆者としては感慨な気持ちになるのだった。

描かないことから描くを考える-紙媒体版アート日和第68回

マイスキップで連載している紙媒体版「アート日和」。前回のvol.67は載せるタイミングを失っていたようだ。
だからweb転載は前回分は1回お休みということにして、現在配布中の11月号の当欄について以下転載します。(画像をクリックすると大きくなります)



アート日和 vol.68 (地域情報紙「マイスキップ」2018年11月号掲載)
描かないことから描くを考える

My-Skip 10月号イベントガイド

地域情報紙「マイスキップ」、今月10月号のイベントインフォメーション欄です。
長岡造形大の学生が「デイジー」と「たびのそら屋」でそれぞれ展示をするという話をキャッチし、それらを記載しています。(画像をクリックすると大きくなります)




また今号では、先月末に速報で記しましたが学芸員の小沼さんからフジフイルム・フォトコレクション展に関連して寄稿してもらいました。
そこに載せた同展の案内を。↓
12-695b_201810091442445c4.jpg

«  | ホーム |  »

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR