アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

12<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>02

アトリエZen 展覧会案内
infomation

アトリエZen企画展
エックス展 Ⅹ -若きクリエイターたちの自由表現-
[記事index]
会期:2019年12月12日~22日/〓終了しました〓

三上喜貴 賀状版画作品展(at WASHIMA TOUT LE MONDE)
http://atelierzen.blog.fc2.com/
blog-entry-5189.html

会期:11月1日~2020年1月26日、休館日にご注意ください/会場:和島トゥー・ル・モンド 2階



長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~2019年1月6日まで: 後藤裕子〓終了しました〓
1月7日~3月10日まで:
信田俊郎〓終了しました〓
3月11日~5月19日まで:
海津千並〓終了しました〓
5月20日~7月21日まで:
安立貴美枝〓終了しました〓
7月22日~9月23日まで:
長谷川恭子〓終了しました〓
9月24日~12月1日まで:
高木秀俊〓終了しました〓
12月2日~2020年2月2日まで:
角屋 幸〓展示中〓

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
現在の展示宮島朋明(鉛筆画)
展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


My-Skip3月号造形する風とここにしかない自動販売機

12-266.jpg

画像は長岡造形大学内。左奥方向にギャラリーがあるその1階レストラン前、置かれている自動販売機のラッピングデザインは在学生(2年生)がおこなっている。ここにしかない自販機ということで、今月号(3月号)のマイスキップ「造形の風-造形大生・紙上ギャラリー」では当該学生から寄せてもらったコメントとデザイン原画を掲載している(↓)
12-267b.jpg

My-Skip3月号と横浜での星奈緒展と


マイスキップ3月号から。連載している紙媒体版「アート日和」のコラムではパステル画家の星奈緒さんについて書きました。横浜・art Truthで星さんの個展が今月開催されます。
下はイベントインフォメーション欄。実施中の、ボントーン・野田英世さんスケッチ作品展示についても簡単に。昨日記載した白雪ノ会展の案内も記載しています。

12-261b800.jpg

↑画像をクリックすると大きくなります


My-Skip新春号/長岡現代美術館と常盤貴子と



月刊My-Skipの新春号です。
新年初ショット云々それはカレーではないなどと元日に書いていましたが、初日の出を撮りに行くなんていう高尚な習慣もないから、2018年の初撮影は↑のマイスキップ紙面となりました。
記事制作の校正中にblog上でも予告していた通り、また画像でも一目瞭然ですが、企画特集ページで「長岡現代美術館を巡る講演イベント」という記事を書いています。「再開発計画がある(取り壊し予定である)長岡商工会議所ビルはかつての長岡現代美術館、そこに現存する半世紀前からの斎藤義重パブリックアートは建物解体でどうなるのか、どう今後に活かすのか」をテーマに掲げて開催された講演イベントに関したレポートです。フリーペーパーですのでどこかで見かけた際にはどうぞお読みください。

ちなみに今号のトップインタビューは女優の常盤貴子さんがゲストで、背表紙面にも地元でたいへん著名な空手女子小学生が登場していて、新春号らしく紙面が華やかです。遅くなると配布各所になくなることも予想されるところです。 タイムリーに受け取れなかったり県外在住などでどうしても欲しいというかたは下記にお問合せください。
※郵送料等負担いただきますので(フリーペーパーであっても)無料ではありませんが、希望されればお送りいたします。(詳細は返信メールでお伝えします)

問合せ先/アトリエZenへのメールフォーム

特集「長岡現代美術館を巡る講演イベント」の執筆と校正

12-109.jpg


マイスキップの新春号に長文原稿を執筆中と、そんなことを書いていたのはちょうど二週間前、今週はその記事ゲラがあがってきた。そこで手元に届いた校正紙を(ごくごく一部分、標題のところだけだけど)上に貼ってみた。 タイトルは「長岡現代美術館を巡る講演イベント」で、タイトル通り、11月25日に長岡商工会議所(旧長岡現代美術館)の2階ホールでおこなわれた「講演&パネルディスカッション」について書いている。もちろんこれは校正紙だからまだ発行されてはなく、校正中で校了も印刷もこれからという段階。要は「予告」である。

編集長から「正月号で取り上げたいから書いてくれ」と言われたとき、正直気が重かった。重かったのは夕べ食べすぎたからではなく明確な理由があるのだけれど、(長岡現代美術館ならばそこそこのネタを持っているし)興味もあるのに気は重いという二律背反さも面白いねと、何か今後依頼原稿のあったときエッセィの種になりそうだから、blogでは記さないでおくことにした。
最初はあっさりと、「こういうことが話し合われました」的に淡々と、簡単な報告記事になるのかなぁなんて思いもあったが、いろいろ考えていたら筆も進み、推敲でだいぶ縮めたものの原稿用紙換算で8枚分にもなった。予定字数をオーバーしたが、編集デザイナーWさんから特にクレームはなく、おさめてもらった感じだ。

下の画像は取材時の撮影で長岡商工会議所の正面玄関エントランスホール、すなわち長岡現代美術館入口付近。こちらはマイスキップ紙面には載らない写真である。

12-107.jpg

My-Skipイベントガイドと浅野光代写真展とアンティエ・グメルス展



上はいま発行中の月刊マイスキップ12月号、イベントインフォメーション欄。アップするのがうっかり遅くなっていたら、左の堀口大學展(at 中央図書館バージョン)は本日が最終日であった。
長岡在住フォトグラファー・浅野光代写真展の記載も同欄にあるが、22日からのアンティエ・グメルス展とあわせ“ギャラリーみつけ冬の企画展情報”として以下。

12-090.jpg

Morocco 浅野光代写真展
会期:12月16日(土) ~2018年1月14日(日)/12月18日、25日、28日~1月4日、1月9日は休館
10:00~22:00(入館受付は21:30まで、最終日は15:00終了 )
会場:ギャラリーみつけ 2階フロア
・ギャラリートーク&スライドショー:
12/23(土・祝)と1/13(土) いずれも16:00~17:30


アンティエ・グメルス展
会期:12月22日(金) ~2018年1月21日(日)/12月25日、28日~1月4日、9日、15日は休館
10:00~22:00(入館受付は21:30まで)
会場:ギャラリーみつけ 1階展示室(展示室1&2)
・1月13日(土)14:00~「アンティエ・グメルスの絵を語る」(話し手:大倉宏/無料)

昨年10月の新潟絵屋での個展で発表した新作の “墨絵の、絵日記のような”絵を巡回、あわせて本展では同時に制作された抽象の近作も加えて展示予定。
12-091b.jpg

MySkip11月号-03/イベント情報欄

12-003b.jpg


My-Skip11月号、その3。
p.7のイベントインフォメーションのコーナーを紹介しますと、今月は18日からの横浜での小林真弓展-霧のすきま-のほか、Cafeデイジーでの「陶とつる細工」作品展、「現代美術で地域発信!」と題した長岡商工会議所での講演イベントの計3つの案内を掲載しています。以下、当該欄そのまま貼り付けます。

11-967b800.jpg

↑ クリックすると大きくなります 


その1/星野暁展][その2/長岡造形大生紙上ギャラリーのキリン]

MySkip11月号-02/長岡造形大生紙上ギャラリーのキリン

昨日に引き続いてMy-Skip11月号の紹介、その2となります。私の担当する、「造形する風」長岡造形大生・紙上ギャラリーのコーナーについて。
12-001.jpg

1か月以上前に作品視察に行った際にも記していたのですが、今回の造形大コーナーでは、廃材を使って高さ5メートルもの巨大(=実物大)キリンを制作したという美術・工芸学科の4年生を取り上げています。廃材で動物のオブジェを何作か作り続けているというので、記事標題はそのまま「廃材に命を吹き込み作品化」です。

この実物大キリンは、大きすぎて設置場所がなかなかたいへん。細かくは確認してないのだけれど、11月から(先般置かれていた「子育ての駅・ぐんぐん」から)丘陵公園のほうに棲み処を移すらしいと、そんな話を聞きました。丘陵公園に行ったら、引っ越しを済ませてもうそこに居るかもしれません。

紙面には作者提供の作品画像(アオーレ長岡に4月頃展示していたときのもの)を大きく載せていますが、上の画像ではよくわからないので、私の撮影した「ぐんぐん」下見時のものを下に再掲。面白い作品と思います。

        

MySkip11月号-01/星野暁展の記事


月刊マイスキップ、11月号が発行されました。

大型企画展となるギャラリーみつけ「星野暁展-始まりのかたち-が10日から始まることから今号ではぜひそれを紹介したいと思い、ではそれならばとギャラリー学芸員で企画担当の小沼さんから、「展覧会に寄せた」一文を執筆してもらった。「アート日和」のスペースを提供して書いてもらったので、だから私の紙面連載は一回お休みである。

11-966a250_2017110114462078b.jpg
↑ 記事はこんな感じの構成です。これだと小さすぎて読めませんので、全文読みたいかたはギャラリーみつけのサイト(↓)まで。
https://www.gallery-mitsuke.com/blog/3182/

My-Skip10月号のイベントインフォメーション欄

下はMy-Skip今月号のイベントインフォメーション欄です。昨日アップした、長岡造形大生紙上ギャラリーのコーナーと拙コラムに続いてご紹介のほど。
このインフォ欄では長岡小嶋屋での星奈緒展、15日からの弥彦・野外アート展の案内を入れています。デイジーでの長岡造形大生展(紡展)は本日からスタートのよう。


長岡造形大生紙上ギャラリーと長岡商工会議所のレリーフ

マイスキップ10月号、発行されています。

11-896b.jpg

上の画像は同紙から「造形する風/長岡造形大生・紙上ギャラリー」のコーナー。今月は、朝日広告賞に入選した視覚デザイン学科4年生を紹介しています。「クライアントの思いを伝える」という学生の思いを(読者に)「伝える」ということになるでしょうか。また今回号から制作デザイナーが代わりレイアウトも変更、当コーナーの掲載スペースが大きくなりました。

いずれも断片的な写真となりますが、下は連載コラム「アート日和」から。
blogで先月の執筆時に予告的に記していたから…というよりも、そもそも載っている写真で一目瞭然だけれど、旧長岡現代美術館(現・長岡商工会議所)の外壁レリーフと前庭について書いています。
書こうとした発端は8月15日の新潟日報に「巨大レリーフ残して」と、斎藤義重のその作品について大きく取り上げられていたことにあり、それならばということで(いろいろ写真も撮っているしと)、2年くらい前に書いたblog記事に補筆した。
11-897b.jpg

マイスキップ版アート日和 第59回




マイスキップ10月号は長岡市内を中心に配布中。どこかで見かけましたらお受け取りください(フリーペーパーですので無料です)。ギャラリーみつけのインフォメーションラックにも置いてあります。

第58回目のアート日和

マイスキップで書いているコラムは紙媒体を想定しているわけなので、フリーペーパーの原稿といってもwebにそのまま全文再掲することを控えている、とは前にも書いていたこと。これまでも何かの気まぐれで1回載せた以外は基本無いと思う。
でも、そう言ってはみたものの、「気まぐれ」なるものは時に意味無くあるもので、発行中の9月号の原稿を下に再掲することにした。 気まぐれには理由なんて無いのが常だけれど、しいて無理やり挙げるならばそれは200号達成記念ということではなく、凄い記事を書いたということでもなく、単に大学を撮った写真が気に入っているから、といったところだろうか。

11-804a_20170908101241cb9.jpg

アート日和 58- 造形大生との78回と第一アトリエ棟
学生との打ち合わせで長岡造形大に行く。7月の終わり、夏休みに入ったばかりの大学はこの機を狙って校舎の修繕工事、あちこちで足場が組まれていた。日常の風景がある日突然変貌し興味をそそる…とは本連載で度々書くフレーズだけれども、数日後再度打ち合わせに行ったら第一アトリエ棟の工事は(ブルーのネットが掛けられるというとても単純なことで)光景が進化していて、また楽しめたのである。
長岡造形大といえば、知人作家から「造形生と一緒に活動が出来て羨ましい」と言われた。「一緒に」という意識は特にはないが、5~6年前は現役学生の個展を複数アシストしたり、今年は美術表現コース3年生の18人展を私の関わるギャラリーで開催したなど、傍目にそう見られるようだ。自分より若い世代の表現は、私の作品をかつて年長者たちがとりあげてくれたように、注目していきたいと思っている。だからそう見られることに感慨深い思いも強く湧くのだけれど、それは今号が通算200号&創刊からの編集人の退任記念号で、必然的に過去を振り返ることになってしまいちょっとセンチな気分もあるからか。
200号記念ということで記せば、当紙連載中の「長岡造形大生・紙上ギャラリー」は私の担当で、78回の連載で紹介した学生は88名となった。2011年4月号の第1回登場は写真・映像コース当時4年の石橋歩さん。紙面掲載用顔写真のリクエストに同じ写真専攻・堤郁恵さん撮影の1枚が届き、これがとてもよかったため、「学生が撮影したポートレイトを大きく使って記事を構成する」というスタイルで定着させた。撮影担当を毎年決め、2011年度を引き続きお願いした堤さん以降、中山允さん、吉田勝幸さん、細貝純佳さん、大橋弘奈さん、近藤拓海さんと続き、現在の早川歩さんに至っている。

(月刊マイスキップ 2017年9月号)


My-Skip9月号 配布中


My-Skip9月号(通巻200号達成号)、配布中。
ギャラリーみつけのインフォメーションラックにも置いてあります。


以下、きわめて部分的に、当9月号から2枚。

11-802b.jpg

↑:海津千並フォトコーナー・最終回にともなう特設コーナー
↓:朦朧人によるテレビ朦朧紀((やれやれ妄想記)は先々月に最終回だったはずが
再登場
し「あらためて最終回」バージョン

11-803.jpg

«  | ホーム |  »

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR