アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

04<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>06

アトリエZen 展覧会案内
infomation

アトリエZen企画展
エックス展 Ⅹ -若きクリエイターたちの自由表現-
[記事index]
会期:2019年12月12日~22日/〓終了しました〓

三上喜貴 賀状版画作品展(at WASHIMA TOUT LE MONDE)
http://atelierzen.blog.fc2.com/
blog-entry-5189.html

会期:11月1日~2020年1月26日、休館日にご注意ください/会場:和島トゥー・ル・モンド 2階



長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~2019年1月6日まで: 後藤裕子〓終了しました〓
1月7日~3月10日まで:
信田俊郎〓終了しました〓
3月11日~5月19日まで:
海津千並〓終了しました〓
5月20日~7月21日まで:
安立貴美枝〓終了しました〓
7月22日~9月23日まで:
長谷川恭子〓終了しました〓
9月24日~12月1日まで:
高木秀俊〓終了しました〓
12月2日~2020年2月2日まで:
角屋 幸〓展示中〓

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
現在の展示宮島朋明(鉛筆画)
展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


山下画伯とさよなら人類

昨日の朝日新聞・書評欄。山下清が取りあげられていた。
1-134.jpg

太陽の地図帖 山下清の放浪地図 (別冊太陽 太陽の地図帖 13) [ムック]
山下浩 (監修)/¥ 1,260


朝日新聞の記事の冒頭には「生誕90年にして、没後41年。あの山下清も、若い世代の中には知らない人がいるかもしれない」とある。そういえば、いま公開中の長岡映画「この空の花」では山下清も登場していて、「たま」の石川浩司氏が演じていた。
http://www.niigata-nippo.co.jp/feature/konosoranohana/34027.html

“たまの石川”といっても、大ヒット曲「さよなら人類」で1990年に社会的ムーブメントまで巻き起こし紅白歌合戦にも出場したことなぞ若い世代は知らないかも?…と考えていたのだが、この記事を見て、そうか、山下清自体も知らないのか、といったことを思った。実際のところ、どうなのだろうか。 『ドラマなどで、(山下清は)人なつっこくて純粋なイメージが定着したが、一方でその作品を正面から見ることを怠ってきたのではないか。…知名度がありすぎたゆえに、絵画史上もっとも過小評価されてきたひとり』というもっともな指摘はさておいて、最初にそちらのほうを思ってしまった次第。

ということで、たまの「さよなら人類」を。ユーチューブで見つけたオリジナル版である。 http://youtu.be/hw7oAFoddiE
オリジナルバージョンゆえか、いま聴くと、なんでこんなにマニアックな曲が国民的大ヒットをとばしたのかと思ってしまう。この曲のあと、すぐにテレビから消えてしまった記憶があったが、いま振り返って調べると特に一発屋というわけでもなく、クレバーに自分たちの立ち位置を見極め、志向する音楽性を大切にして活動を続けていたらしい。
言わずもがなだが、ドラムをたたくランニングシャツのかたが山下清役の石川氏である。



おまけ:山下画伯も登場する、映画「この空の花」の予告バージョン

舟見倹二展 at 長岡小嶋屋

1-133.jpg
あまり鮮明に撮れてはいないのですが、長岡小嶋屋(CoCoLo長岡店)の店内展示風景。舟見倹二さんのシルクスクリーン版画7点を現在展示中です。
下は当該展示が案内された、この土曜日の朝日新聞(新潟版)ガイド欄。

佐藤昭久展「窓」と日常茶飯7人展

1-130.jpg
先週木曜に新潟市で始まった佐藤昭久展から。13点の円状の作品が掛けられている。

1-131.jpg 同展については新潟日報紙へのレビュー執筆を頼まれていた。展示を見てから書くというのが基本だから、会期前(展示作業日)に伺い、写真も撮ってきていた。たしか火曜日だったか。その後なんだか滅茶苦茶時間がなく、遅まきながら“展示作業風景”とともにようやくブログにあげてみた次第。
先週は当該原稿を素早く書きあげてやれやれと思っていたら、終盤にはマイスキップ次号(6月号)用に急きょエッセイを書くことになったから、そこでさらに時間不足に拍車がかかったよう。とにもかくにも署名原稿というのは時間も必要だし(という割には朝起きがけにすぐ書いて朝食前に入稿まで済ませちゃったのだけど)、気もつかうから骨もおれる。




さてこの火曜日は、せっかく新潟まで行ったのだからと佐藤展の前に立ち寄ったのが、知人の若手作家から案内をいただいていた「日常茶飯」。7人のグループ展である。
会場は家具屋さんの最上階で、レンタルギャラリー的な使われかたもされているスペースだけど、倉庫替わりなのかお店の商品も幅をきかせて堂々と置いてあったりする。つまりはギャラリーとして見ようとするとゴチャゴチャな感じなのだが、今回の展覧会では逆にそれを展のなかで生かすような、逆手にとった意図も光っていたよう。画廊ならばまずありえない「壁面につけられたごくふつうの窓ガラス」を作品の要素にしちゃったり、店特有のゴチャゴチャ感を取り込むようなセンスがあって、面白く感じた。こちらもついでにレビューを書きたいところだったけど、ね。
1-129.jpg
日常茶飯
会期:4月29日~5月27日
会場:APARTMENT Design Store 【新潟市】
出展:岡田一彦、白井匠、ヘロシナキャメラ、中田歩、藤田直司、meeta、松原ゆうこ

 | ホーム | 

カレンダー

04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR