アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

03<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>05

アトリエZen 展覧会案内
infomation

アトリエZen企画展
エックス展 Ⅹ -若きクリエイターたちの自由表現-
[記事index]
会期:2019年12月12日~22日/〓終了しました〓

三上喜貴 賀状版画作品展(at WASHIMA TOUT LE MONDE)
http://atelierzen.blog.fc2.com/
blog-entry-5189.html

会期:11月1日~2020年1月26日、休館日にご注意ください/会場:和島トゥー・ル・モンド 2階



長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~2019年1月6日まで: 後藤裕子〓終了しました〓
1月7日~3月10日まで:
信田俊郎〓終了しました〓
3月11日~5月19日まで:
海津千並〓終了しました〓
5月20日~7月21日まで:
安立貴美枝〓終了しました〓
7月22日~9月23日まで:
長谷川恭子〓終了しました〓
9月24日~12月1日まで:
高木秀俊〓終了しました〓
12月2日~2020年2月2日まで:
角屋 幸〓展示中〓

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
現在の展示宮島朋明(鉛筆画)
展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


上越水墨画フェスティバルと高田本町商店街探訪

昨日、上越市(高田)で開催されている「水墨画フェスティバル」に行ってきた。いま銀座の長岡小嶋屋で展示されている笹川春艸さんが、地元で「墨の文化」を根付かせたいと数年前から企画開催している展覧会である。
実を言ってしまうと、急がなくてはならない仕事や難易度の高いものなど今月はいろいろ混み合っていて、今ちょっとばかしハードワーク。遠方への車での移動はエネルギー的にも時間的にもけっこう辛いところがあり、だからこの水墨画フェスティバルも当初は行けないかもとふんではいた。
1-1095.jpg でも前夜、たまたまHPで、JR長岡駅~高田駅間に臨時快速「高田お花見号」なるものが出ていることを知り、時間的にもちょうどよいし(平日だからそれほど混まず快適だろうという読みもあり)、電車でむかうことにしたわけである。いま依頼されている原稿がかなり長文でその資料を数十ページ読みこむ必要があり、車中はちょうどその時間に充てられるという利点が大きかったことがあるが、もうひとつには、最近新潟日報でもよく取りあげている「高田駅前、本町商店街の再開発」がある。この日からその核となる「高田あすとぴあ」という複合施設がオープンするということで、せっかくならそれも後学のために見ておきたいと思ったので。


1-1092-p.jpg
高田本町商店街再開発については、3月28日に新潟日報経済面に出ていたので右に。
ここでは『集客の拠点となる「2核」の誕生に地元は「再生の最後のチャンス」(商店街関係者)と強く期待を寄せている』と書かれている。
この「2核が最後の好機」という言葉は最近おこなわれた新潟日報の高田特集欄などでもたびたび耳にしていたが、正直なところ、個人的には違和感をずっと感じていた。
高田の商店街には老舗の大島画廊もあり、昔からたびたび訪れていて愛着のある場所。また、わたし的には高田ならではのコンテンツがたくさんあると見えるから、大型の施設をふたつ作って「最後の!」と言うのは、必要のない悲壮感も漂ってくるし方向性もなんだか違うんぢゃないの?、と思ったわけである。
で、どんな感じだろう?と思って、すごすごと観に行ったわけである。具体的には(ここで書くと原稿量も多くなってたいへんなので)割愛するけど、まぁ私の感じていたことはいいセンついているんではないかと、そんな確信はして帰ってきた。機会があれば何かに書ければとは思うけど、そうなれば取材もより必要だからなかなか難しい。


ということで、話が脱線したが、「高田お花見号は快適だった」ということを書こうと思っていたのだった。特急電車の車体を使っているから静かだし早いし、座席のシートも当然よい。人気列車のようでおそらく今日も明日もメチャ混みだとは思うけど、昨日は雨で寒かったし、そんな平日に花見に行こうなんてひとはそう多くないからね。
1-1093.jpg 車内では高田の観光協会の人だろうか、お揃いのピンクの法被着て各座席に、「観光案内ですぅ~」と言ってカラフルな袋を配りにきた。中身は単に観光パンフレットかと思ったら、他に高橋孫佐衛門商店謹製・高田名物「翁飴」もはいっていた。車内アナウンスでは観光ガイドまで放送されるなど、さすが「お花見号」であったが、昨日の荒天では花見会場まではとても歩けず。


水墨画フェスティバルのほうは、高田商店街のなかにある施設を、関連展も含めれば6箇所くらいを回遊して観るしくみ。だから商店街のようすも一緒に楽しめ一石二鳥と思っていたが、高田は良く知っているからと詳細地図をよく見ないで歩いていたら、ついうっかり「小・中学生の作品」ブースを廻り忘れてしまっていた。けっこう楽しみなところだったんだけど。下は展示会場のひとつ、協賛作家の作品が展示された「旧第四銀行高田支店」の入口外観。
1-1096.jpg

 | ホーム | 

カレンダー

03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR