アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

04<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>06

アトリエZen 展覧会案内
infomation

アトリエZen企画展
エックス展 Ⅹ -若きクリエイターたちの自由表現-
[記事index]
会期:2019年12月12日~22日/〓終了しました〓

三上喜貴 賀状版画作品展(at WASHIMA TOUT LE MONDE)
http://atelierzen.blog.fc2.com/
blog-entry-5189.html

会期:11月1日~2020年1月26日、休館日にご注意ください/会場:和島トゥー・ル・モンド 2階



長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~2019年1月6日まで: 後藤裕子〓終了しました〓
1月7日~3月10日まで:
信田俊郎〓終了しました〓
3月11日~5月19日まで:
海津千並〓終了しました〓
5月20日~7月21日まで:
安立貴美枝〓終了しました〓
7月22日~9月23日まで:
長谷川恭子〓終了しました〓
9月24日~12月1日まで:
高木秀俊〓終了しました〓
12月2日~2020年2月2日まで:
角屋 幸〓展示中〓

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
現在の展示宮島朋明(鉛筆画)
展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


スーパーの研究、あるいは胡麻とトンガリコーンと納豆のアート

前の記事で「(食品スーパー探訪が)美術とどう関係するかわからない」なんて書いていたが実を言えばそうでもなくて、案外関係していたりする。

で、私の周りで思い出したのが3つ、胡麻とトンガリコーンと納豆の作品。ゴマは、1990年代前半くらいのころだったと思うが柏崎在住現代美術家の三上祥司さんが創っていて、黒胡麻と白胡麻を丹念にボンドでつなぎ合わせて固め、背の丈ほどある大きな“彫刻”に仕立てた作品。材料となるゴマは市内のスーパーで調達していたらしいが、とにかく大量だから、「柏崎のスーパーではゴマが(沢山仕入れても)すぐ店頭からなくなるんぢゃないか」なんて話をその頃よくしていた。なぜゴマが異常に売れるのか、スーパーの仕入担当は現代美術の事情なぞ知らないから、不思議に思ったに違いない。
トンガリコーンは、時期は同じころだが別の作家。アトリエを訪問した際ちょうど制作中で、ひとつひとつボンドでつなげて立体作品にされていた。展覧会での発表は特になされなかったとは思うが、やはり近所のスーパーでトンガリコーンを買い込んでいたよう。納豆は7年前の私の作品で、おかめ納豆の「おかめ顔」のパッケージデザインが気にかかり、そのころスーパーでかかさずチェックしていたのだが、「笑えるアート」なる画廊企画展があったものだから作品化してそこに出展した。インテリアショップで買った小さな額に入れてお洒落なインテリア風にとまとめた小品が現存する。いま見ても面白い出来だと思ってはいるが、いくら額がお洒落でも要はおかめさんだから、なかなかインテリアの用はなさない。


各作品の写真はあいにく手元からすぐ出ないが、いま見てみたら、三上さんの作品は当時のシリーズが「新潟現代美術HP」に掲載されていた。デステ・コテという作品、web上で画像も小さいから詳細はわかりづらいのだけど。

スーパーの研究とパワーズフジミ

2-035-p_20130514144034.jpg
新潟の食品スーパー「パワーズフジミ」が破産したらしい。
新潟といっても新潟市と県北地域が中心の立地で長岡にはないから、私にはほとんど馴染みのないスーパーで、入店したことすら一度もない。でもちょうど先月、新潟絵屋に行った際に美術関係の知人とたまたま会い、その知人が何を思ったのか最近スーパーの研究に執心しているとかで、美術とどう関係するかはわからなかったが市内スーパーの現況をレクチャーされ、そのなかでパワーズフジミの品揃えが悪いことも出てきていた。話のメインは下町の小さなスーパーの面白さというところだったから、ほとんど気に留めることもなかったが、今朝の新聞に大きく出ていた破産記事を見て、なるほどこれか、と思ったわけである。

で、それではと調べてみると、3月くらいから納入業者への支払いが遅延したため仕入自体も困難になり、16店あった店舗を次々に休業させてはそこの商品を他の店舗に回して対処していたよう。相当に異例の閉店劇だったようだから、先月のレクチャー時に「ふ~ん、そうなの?」とスルーさせず、一度くらい帰路にちょっと立ち寄ってみればよかったと思った次第。美術とどう関係するかわからないなどと言いながら、私自身もスーパーを覗くのがけっこう好きだったりするのである。

 | ホーム | 

カレンダー

04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR