アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

07<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>09

アトリエZen 展覧会案内
infomation

どうぶつアート展併設の喫茶室で同時開催/野坂衣織展
6月24日(水)~7月5日(日)/於:maison de たびのそら屋
https://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-
category-1.htm
l


長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~6月14日まで:三上喜貴 〓終了しました〓
現在/6月15日~8月23日:髙橋ノリユキ(写真) 〓展示中〓/ウィルス対策で営業時間の変更があります。長岡小嶋屋のホームページ等最新情報を確認ください


銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
vol.35/5月14日~7月31日舟見倹二+外山文彦
展示案内
展示作品リスト・展示風景



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


長岡で最古の市立図書館

8-190.jpg
長岡で最古となる市立図書館の「互尊文庫」を大手通りの再開発地区へ移転させる、という案が検討されているらしい。一昨日の新潟日報で報じられていたほか、web上の建設速報にもそれらしい記述がなされていた。
築47年と「老朽化がすすんでいる」らしいから、建物は遅かれ早かれ解体される方向か。味わいがあるし昔懐かしい建物だから写真を撮りに行きたいと思ったが、いま暇がなく、右上はちょうどストックがあった文庫すぐ近くの「五・十の市」。近いというだけで、直接の関係はないのだけど。

歌麿とその時代展とはじまりの美術展

昨日は、県立近代美術館と県立歴史博物館という長岡にある両県立施設に。前者では館内ギャラリーの「ぷれジョブ×アート はじまりの美術展」、後者は企画展として開催中の「歌麿とその時代」展がお目当て。

左は歴史博物館の入口部分に見つけたので撮ってみた、円柱の郵便ポスト。現役で使用中のようだ。遠方には縄文土器のオブジェがある。
歌麿展は館内の照度を50ルクスに設定しているとのことで、「資料を守るため」という紙が入館時に渡される。美術館でも照度をおとした展示はふつうにあるが、50ルクスはそのなかでも最上クラス。かなり暗め。同展の内覧会の際にicoroさんが取材してアップしていた「明るい」展示写真を前に見ていたが、印象に残りすぎていたのかそのギャップに、しばし目が慣れなかったよう。 8-187.jpg
平成26年度夏期企画展
黄金期の浮世絵「歌麿とその時代」

会期:7月26日(土)~9月7日(日)/月曜休館
会場: 新潟県立歴史博物館 料金:一般720円

8-188.jpg


8-186.jpg


エックス展Ⅴ-若きクリエイターたちの自由表現-


若い世代の生み出すアートから未知数の可能性(=エックス)を探ろうと、2010年にスタートした展覧会です。回を重ね、このたび2014年展(第5回展)の開催となりました。今回の出展は、県内大学院生から個展等で活動する作家など18名。絵画、立体、彫金、イラスト、絵本など、それぞれの手法と感性で多様な表現を繰り広げます。


8-152.jpg
出展: 石橋歩、岩橋竜治、川合里奈、河田ゆき、 小嶋亜衣、近藤武弘、佐藤詩織、
杉山沙織、高木秀俊、高橋佐紀、中嶋渚、 西片結花、野坂衣織、長谷川侑奈、
吹越麻生子、山田明日香、山本さきえ、湯田京生
HP :http://art-x5.jimdo.com/ (展覧会Official Site)
交通: バス:新潟駅万代口バスターミナル3番線「新潟市美術館前」行きに乗車し約20分。同13番線「観光循環バス」朱鷺メッセ先回り「犬夜叉号」乗車約23分「美術館入口」下車、徒歩2分。または他の路線で「古町」下車、徒歩約10分。/タクシー:新潟駅万代口から約10分/詳細:http://www.ncam.jp/access/ 8-179_20140822134808b14.jpg 8-161.jpg
資料:前回展の会場写真、掲載紙



会期中、美術館の企画展示室では「荒木経惟展 往生写集-愛ノ旅」を開催しています。
下は、アトリエZenで同時期に開催する(9~10月の)展案内です。展名をクリックすると詳細案内にとリンクします。
8-137_20140812052548a3c.jpg 8-152ss.jpg
8-156.jpeg 8-182.jpg 8-160.jpg

«  | ホーム |  »

カレンダー

07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR