アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

10<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>12

アトリエZen 展覧会案内
infomation

どうぶつアート展併設の喫茶室で同時開催/野坂衣織展
6月24日(水)~7月5日(日)/於:maison de たびのそら屋
https://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-
category-1.htm
l


長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~6月14日まで:三上喜貴 〓終了しました〓
現在/6月15日~8月23日:髙橋ノリユキ(写真) 〓展示中〓/ウィルス対策で営業時間の変更があります。長岡小嶋屋のホームページ等最新情報を確認ください


銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
vol.35/5月14日~7月31日舟見倹二+外山文彦
展示案内
展示作品リスト・展示風景



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


あいさつ通り

9-925_20151127060924058.jpg
雪国特有の雁木通りに掲げられた、あいさつ通りの看板。

古い建造物の話ではなく

首都圏在住の知人がやはり建築好きで、先の連休は新潟まで来ていて、長岡や柏崎などで建築行脚をしていたとフェイスブックに記していたのを読んでいた。 だから、てっきりそのときの「建築行脚」がつぶさに書かれていると思い氏のサイト(「雑記帳」と題されたblog形式のコラム)を覗いてみたのだが、一瞬ちょっと驚いた。行かれていたはずの長岡・摂田屋地区、そこでの古い建造物の話ではなく、真っ先に、まず11月24日に書かれていたのが「小嶋屋CoCoLo長岡店での大瀧洋平展」だったから。
でも考えてみれば、氏が大瀧作品に興味をひく理由もわかるから、おそらくこれも目的のひとつに組み入れて今回の旅程をたてられたのかもしれない。書かれていた作品レビューからも伺えるし、「(作品が飾られているのでなければ)わたや派の私としては好んで同店舗には入らないかも知れぬ。 蕎麦&アートの企画は重要ですゾ」という指摘もなされている。

そのコラムには閉店した銀座店の名前もサッと記されていて、その店名をつい懐かしく読んだが、こちらも考えてみればまだ1年も経っていない話。今年はだいぶめまぐるしく新しい仕事に取り組んだからなのか、妙に懐かしい感じを受けたのであった。人づてに、銀座ニューメルサはその後リニューアルオープンしたと聞いた。リニューアルオープンを観に行きつつ銀座界隈の写真撮影を以前好んでしていたようにやりたいと思っていながら、なかなか行けないでいる。
ちなみに書けば、この場合のリニューアルオープンへの興味というのは、改修の理由となった「耐震補強工事」にある。小嶋屋の跡地のレストラン街がどのようにリニューアルされたのかの興味もまぁありはするけれど、耐震補強用の壁ブレース等がどのように入ったのか、それをどう外に見せずにおさめたか、あるいは意図的に構造材を見せてデザインしたのか、そんな建築構造デザインにひかれるのである。

高崎での吉村浩美展と行けなかった群馬県立館林美術館

昨日は所用で群馬県まで。
高崎市のギャラリー空華で吉村浩美展を見る。同ギャラリーの開館1周年記念企画で、乾漆像の作家。

吉村浩美展 おと -murmur-
会期:11月8日(日)~29日(日)/月曜・火曜は休廊、ただし23日(月・祝)は開廊
会場:ギャラリー空華 【高崎市寺尾町】



群馬といえば、ちょうど数日前にBSで県立館林美術館が紹介されていたのを見て、その建築に興味をおぼえていた。同じ県内だから近いだろう(立ち寄れるだろう)と思って調べたら、新潟からさらに離れて遠方に向かうかたちで、美術館HPでも「高崎市から遠隔地にあたる県東部に位置」としっかり「遠方」をアピールしている。
現在企画開催中の「舟越桂展-私の中のスフィンクス-」とあわせ建築探訪できればと思ったものの、この日の行程ではやはり無理であった。

«  | ホーム |  »

カレンダー

10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR