アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

02<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>04

アトリエZen 展覧会案内
infomation

どうぶつアート展併設の喫茶室で同時開催/野坂衣織展
6月24日(水)~7月5日(日)/於:maison de たびのそら屋
https://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-
category-1.htm
l


長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~6月14日まで:三上喜貴 〓終了しました〓
現在/6月15日~8月23日:髙橋ノリユキ(写真) 〓展示中〓/ウィルス対策で営業時間の変更があります。長岡小嶋屋のホームページ等最新情報を確認ください


銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
vol.35/5月14日~7月31日舟見倹二+外山文彦
展示案内
展示作品リスト・展示風景



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


マルタケビルの解体工事と1964

新潟駅前の「マルタケビル」の解体工事が始まる…と、フェイスブックのフィードに流れてきた。
https://www.niikei.jp/2017/03/20/%E3%83%9E%E3%83%AB%・/

新潟市民ではないから、マルタケビルといってもちょっとどころかまったくピンとこない。だから通常だとスルーなのだが、でも記事中「1964年完成のビル」と書かれたその数字に魅かれた。1964というのは意味深い数字だと個人的に思っていて、例えば約20年前、開館まもない東京都現代美術館では「日本の美術1964」と題し1964そのものをテーマにした展覧会をおこなっている。数字マニアとすると、だからそちらにはピンときたというわけだ。他、長岡現代美術館が開館した年であり、新潟地震、東京オリンピックの年でもある。新幹線が初開通したのも1964ではなかったか。

そのまた先の先

11-353.jpg
松本清張「天才画の女」を読んだ、と前に書いていた。もう2か月以上も前の話。同書解説で清張は画家とか美術とかをモチーフにする短編も多く残していると知り、こちらももう1か月以上前のことではあるが、続けていくつか読んでみた。うち一つが「虚線の下絵」で、タイトルからしていかにも画家が主人公だろうとわかるもの。隣はその過程で知った黒川博行で、タイトルはなんだかよくわからないものだが「金と名誉にまみれ、派閥抗争の巣と化した“伏魔殿”、日本画壇の暗部を描く」とブックカバーの案内。登場人物がめったやたらに多くてたいへんだったけれど、なかなか面白く読めて、時間出来たら何か書評めいたものも書いてみたいと思っている。
ちなみに著者は美大卒で元美術教師。「芸術院会員選挙とか、日展の内幕をうまく使えば小説になるかな、と思っていた」そうな。

さて、こうした美術ミステリー的なものをもっと読んでみようと、新しく一色さゆりとかを買い求めてみた。でも最近は一気に時間がなくなり、それから1か月経ってもまだ開けもできないでいる。だから書評なんてのはそのまた先の先のずっと先。

 | ホーム | 

カレンダー

02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR