アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

07<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>09

アトリエZen 展覧会案内
infomation

アトリエZen in TWOOL GALLERY vol.01
外山文彦展

2020年10月2日~17日、金・土・日曜のみの開館/12:00~18:00
会場:TWOOL GALLERY
展覧会案内



長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~6月14日まで:三上喜貴
6月15日~8月23日:髙橋ノリユキ
8月24日~10月25日:鶴水亜里沙(ミクストメディア) 〓展示中〓 /ウィルス対策で営業時間の変更がなされる場合もあります。長岡小嶋屋のホームページ等最新情報を確認ください


銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
vol.36/8月6日~10月11日:新田紘平
展示案内
展示作品リスト・展示風景



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


ギャラリーみつけ「版とクラフト 舟見倹二の世界」展、終了しました

ギャラリーみつけ「版とクラフト 舟見倹二の世界」展、本日終了しました。同展最後に会場風景の03として以下。

記事index/ 展覧会案内
2017.07.20 作品の引き取り(輸送)
2017.07.21 展示作業風景
2017.07.22 会場風景-01
2017.07.28 会場風景-02
11-769_201708061534544db.jpg
11-775b.jpg
11-776b.jpg
11-770b.jpg
11-771b.jpg


11-772.jpg11-773.jpg
1990年からの主要展覧会(6展の)リーフレットも設置、限定販売しました。
11-774.jpg

シカの絵とアマゾンのダンボール

「シカ」を描こうかと思ってみた、と書いていた。二週間前の話である。

弥彦神社への鹿観察はその後も行けていないが、ここ数日、試作というかプロトタイプとして、シカを1作描き始めている。今回は支持体をダンボールに替えてみた。ダンボールの、決して平らではないかすかな凸凹感が、案外と規則的で面白いと思ったのである。
その場合、ダンボールはミカン箱みたいなものではいかにも丈夫すぎてダメで、アマゾンで買い物すると入れられてくるダンボールの箱を切って使った。さすが合理性を追求する企業だけあって、フニャフニャのダンボールでありながら輸送時に壊れてしまわない最低限の強度を持たせてあり、そのあたりの感覚がとてもよかったのである。
制作途中のその試作品はなかなかいいイメージで推移しているが、でもここ数年アマゾンで買い物をしなくなっていたから、その空き箱ダンボールの在庫がほとんどない。今後の展開を考えるにちょっと困ったところ。


さて画像は本文とは何ら関係せず長岡市内。旧栃尾鉄道の廃線跡地。

11-768.jpg


 | ホーム | 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR