アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

12<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>02

アトリエZen 展覧会案内
infomation

アトリエZen企画展
エックス展 Ⅹ -若きクリエイターたちの自由表現-
[記事index]
会期:2019年12月12日~22日/〓終了しました〓

三上喜貴 賀状版画作品展(at WASHIMA TOUT LE MONDE)
http://atelierzen.blog.fc2.com/
blog-entry-5189.html

会期:11月1日~2020年1月26日、休館日にご注意ください/会場:和島トゥー・ル・モンド 2階



長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~2019年1月6日まで: 後藤裕子〓終了しました〓
1月7日~3月10日まで:
信田俊郎〓終了しました〓
3月11日~5月19日まで:
海津千並〓終了しました〓
5月20日~7月21日まで:
安立貴美枝〓終了しました〓
7月22日~9月23日まで:
長谷川恭子〓終了しました〓
9月24日~12月1日まで:
高木秀俊〓終了しました〓
12月2日~2020年2月2日まで:
角屋 幸〓展示中〓

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
現在の展示宮島朋明(鉛筆画)
展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


2020におこなう1964の展覧会


1964年はマイブームだとその50年後となる2014年に記していたけれど、その1964をテーマにした「1964年 東京-新潟」なる展覧会が新潟県立近代美術館で近く開催される。街なかのアーケードに面した店頭にポスターが貼ってあった。
  14-014.jpg

冬将軍どこへと言われているなか


冬将軍どこへ、と今朝の新潟日報(↑)でも言われているなか、「雪」の記事をMy-Skip次号2月号の特集に書いていて昨日校了。その昨日の日曜日は(テレビドラマを見たとか書いていると呑気な休日風に見えるけれど)校正作業のほか矢継ぎ早にあれこれ。
さて下の画像は一昨日の群馬出張の際の途中に寄った塩沢石打サービスエリア。冬の将軍はどこへといった如く、湯沢でも雪がほとんど無い。
14-042.jpg
14-043.jpg

チャンネルはそのまま

何とはなしに知人のblogを覗いたところ、正月に出身地の北海道に帰省したときのことが記されていた。
いつも氏が記すマニアックな建築の話ではなく、書かれていたのはテレビドラマのこと。 北海道のローカルテレビ局を舞台にしたドタバタコメディチャンネルはそのまま!」の実写版ドラマがあり、「開局50周年ドラマ」とか「2019年日本民間放送連盟賞テレビ部門グランプリ受賞」とか大々的に謳って、モデルとなったその北海道テレビ放送(HTB)で放送されていたという話。正確には当該テレビ局では昨年3月に5夜連続放送されていて、受賞記念なのだろうか年末年始特番的な再放送だったよう。

原作はマンガで佐々木倫子作。
佐々木倫子は好きな作家で、古くはおたんこナースやHeaven?、近年では綾辻行人とコラボレーションしたミステリーを読んでいるが、この「チャンネルはそのまま!」は佐々木の著作として知ってはいたものの未読である。読んでなかったこともあいまって、へぇ~なんて思いながらちょっとした興味でその北海道テレビのウエブサイトを見てみたら、当地の新潟テレビ21でも放送が本日あるではないか。なんとも急だったけれどギリギリ間に合い、その放送を見たという次第。ただ全5話のなか今日はもう第5話になっていて、「いきなり最終回」だったけれど。

なかなか面白かったから未読の原作マンガのほうを読んでみようと思う。マンガ→実写ドラマについては、たいてい先にマンガを読んでいて(そのマンガが好きで)後からドラマを見るパターンだったが、その逆パターンになる。マンガでのイメージに実写が合わなくてぜんぜん面白くない、というのはひじょうによくある例だけれど、さて今回の逆パターンはどうなりますやら。

      

お目当ては温泉ではなく/炉辺閑話=温故◯◯◯

昨日は群馬県まで。渋川市。
渋川といえば伊香保温泉で駅前にはその看板もあるが、お目当ては温泉ではなく当地にある「コンセプトスペース」なるギャラリー。渋川駅から徒歩圏内にある。

14-041.jpg
14-039a.jpg14-040a.jpg

画像は外観一角だけだが長屋を使ってのスペース。展示は
「炉辺閑話=温故◯◯◯」第一話 尾形光琳 (CONCEPT SPACE/R2)、
「炉辺閑話=温故◯◯◯」第二話 5人展 (CONCEPT SPACE)

14-037aaa.jpg14-036aaa.jpg
14-038.jpg

渋川にはハラ・ミュージアムアークなどで来たことはあるが、駅自体は初めてだった。

別のものにひかれて

来月展示する作品が今朝宅急便にて届き、開梱と内容確認。および自分自身の作品も展示用のセレクトが必要だったので、今日はそちらもあわせて。
お昼にラーメンでもと思ってラーメン店に行ったら、別のものにひかれてオーダーは豚肉丼になった。

  

用途の無さそうな物体とNHKスペシャル

14-028_20200116164213e13.jpg
長岡市内、国道沿いに立つビル。外壁修繕工事らしく長らくシートで包まれていた建物だったが、通りがかりに気づいてみればなにやら遠目には角材風の、特に用途の無さそうな物体が取り付けられていた。配置の仕方はともかくも、発想や感覚としたら以前野外展でおこなった私の作品に近くて、ちょっと驚いた。

さて、「認知症の第一人者が認知症になった」という表題のNHKスペシャルを昨夜見た。11日に放送されたものが15日の深夜に再放送されていて、なかなか決まった時間に見れないから録画していた。
タイトル通りである。認知症の研究者である医師が認知症になりそれを追ったドキュメンタリー。かつての先輩医師の「君自身が認知症になって初めて君の研究は完成する」という言葉が示され、きわめて示唆に富む内容。タイトルから、ちょうど正月に記していたFlowers for Algernon(アルジャーノンに花束を)の主人公チャーリイを思い起こして見始めたが、この医師も症状やその時の気持ちを自ら記した日記を残していて、それらも紹介される。


検索してみたら医療関係者向けのサイトに、この医師へのインタビュー記事が出ていた。
認知症になっても 安心して暮らせる社会を(長谷川 和夫 先生)/メディカルレビュー社「M-Review
前編:https://med.m-review.co.jp/drinterview_detail?dr_interview_id=9
後編:https://med.m-review.co.jp/drinterview_detail?dr_interview_id=10
テレビのドキュメンタリーは1年以上取材したもので、1年のあいだの症状の進行具合といった「時間軸」も入り込むから、このインタビューの文字情報と映像とで少し異なる印象のところもあり、逆にその時間軸を浮き彫りにしているかのようで興味深かった。具体的には(テレビ見られたかたはわかるだろうが)デイサービス利用のところ。

矢尾板克則展と喫茶室の高木秀俊・蓑輪朋和作品

昨日15日の小正月は陶芸作家・矢尾板克則さんの個展に。
「usefulとuseless」とタイトルが付けられていて、その意味については会場「maison de たびのそら屋」の久保田さんがマイスキップ紙に寄稿しているのでそちらを参照。

14-031b.jpg

↑  太陽の間    

14-030b.jpg

↑  月の間    


喫茶室のほうは(矢尾板さんの作品展にフィットするという判断があり)赤の壁面には高木秀俊さんの絵画「架空の果実」シリーズから4点、棚上には蓑輪朋和さんの小品2点が飾られている。いずれも購入可。
14-029b.jpg
  14-032.jpg
  14-033.jpg


矢尾板克則展 -usefulとuseless-
会期:1月13日(月)~26日(日)/16日(木)と22日(水)は休廊、11:00~17:00(最終日は16時まで)、 会場:maison de たびのそら屋(長岡市呉服町2-1-5)
14-025b.jpg

閉じられたシャッターとマイスキップ原稿の入稿

      

地域情報紙マイスキップの次号2月号の編集制作に入っており、制作を担当するデザイナーWさんに連載コラムの原稿を今朝ようやくメール送信した。
締め切りに追われるように昨夜書いていて、もうこれでいいかなと思ったから寝る前にそのまま送っちゃえと一瞬考えたが、外山滋比古のエッセイに出ていた「前の晩に仕上げた文章を、一夜明けてさっぱりした頭で読み返してみる」が頭をよぎって、一晩寝かせることにした。案の定、早起きして読み直すと修正も出てくるもの。

その連載コラムは編集部事情でここ2か月お休みにしていて書くのは3か月ぶり。2月号はプラスして企画特集面の執筆もあったから、気分としては一気に増えた感。画像は街で見つけた閉じられた、錆び付いたシャッター。

(2020.01.16 am9:30)  

立ち寄ったショッピングモール

14-026.jpg
昨日は打ち合わせ続きで朝から三か所。全部終えての夕刻、帰り道にショッピングモールに立ち寄る。長岡では「アピタ」というひとと「リバセン」(リバーサイド千秋の略)と呼ぶひとと分かれるようだ。

My-Skip新春号と矢尾板克則展

My-Skip新春号のイベントインフォーメーション欄を以下転載。

デイジーでの焼き物展、和島トゥー・ル・モンドで開催中の三上喜貴賀状版画作品展のほかギャラリー主宰者から短文の寄稿をいただき「矢尾板克則展 -usefulとuseless-」の案内を右側に入れています。
その矢尾板克則展は「maison de たびのそら屋」が会場で本日のスタート。先月のエックス展と同様、「太陽の間」と「月の間」の両展示室・全館を使った展示です。また(記事には入ってませんが)喫茶室のほうは、高木秀俊さんが昨年制作し長岡小嶋屋“蕎麦×アート”企画で展示した絵画「架空の果実」シリーズが数点飾られ、矢尾板さんの陶作品とコラボレートされます。(喫茶室の高木作品:アトリエZen協力)

(↑ クリックすると大きくなります)

 | ホーム |  »

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR