アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

06<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>08

アトリエZen 展覧会案内
infomation

どうぶつアート展併設の喫茶室で同時開催/野坂衣織展
6月24日(水)~7月5日(日)/於:maison de たびのそら屋
https://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-
category-1.htm
l


長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~6月14日まで:三上喜貴 〓終了しました〓
現在/6月15日~8月23日:髙橋ノリユキ(写真) 〓展示中〓/ウィルス対策で営業時間の変更があります。長岡小嶋屋のホームページ等最新情報を確認ください


銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
vol.35/5月14日~7月31日舟見倹二+外山文彦
展示案内
展示作品リスト・展示風景



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


24日からのどうぶつアート展/出展作家プロフィール一覧

どうぶつアート展(&喫茶室同時開催:野坂衣織展「自然回帰線」)、
明日24日開幕です。

喫茶室の野坂衣織展は先の土曜の作業で展示完了していますが、どうぶつアート展のほうは若干残しており本日はその作業と最終調整です。展示風景はまだきちんと撮っておらず画像は入口の看板部分を。背後の作品は吉村浩美(乾漆作品)のレリーフ。
先にギャラリーのサイトに載せてもらいましたが、会場掲示用に作家プロフィール一覧を作成しましたので、画像化して貼りました。

(2020.06.23 am7:00)


15-159b700.jpg


どうぶつアート展&野坂衣織展の新型コロナ対策について

 15-144a 15-128s-上余白無し

6月24日~「どうぶつアート展」「野坂衣織展」を開催します。
開催にあたっては出展作家の約半数が県外在住ということもあり、「遠方からの(いわゆる県をまたいでの)来場」についての問い合わせをいくつか受けました。そのあたりの考えや展覧会の新型コロナ対策について、ギャラリーのサイトにてアップされましたので以下リンクを。
 ご来場について
http://tabinosoraya2.blogspot.com/2020/06/6_9.html


2020年 6月24日(水)~7月5日(日)/休廊:7月1日(水)/maison de たびのそら屋
 どうぶつアート展 https://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-5506.html
 同時開催(ギャラリー併設の喫茶室内)野坂衣織展「自然回帰線」
    https://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-5505.html

アトリエZen企画/どうぶつアート展

◆ アトリエZen 企画展   https://atelier-zen.jp/
15-116b800.jpg
県内外10人のアーティストが、それぞれの技法と素材でさまざまに「動物」を表現した作品を展示します。出展は、絵本作家として活躍する松岡達英や書家の若林溪竹らから、若手作家まで多彩な面々。 (作品は販売対応可)

15-128s_20200601122841969.jpg

どうぶつアート展
2020年 6月24日(水)~7月5日(日)/休廊:7月1日(水)
11:00~17:00(最終日は16:00まで)
会場maison de たびのそら屋
新潟県長岡市呉服町2-1-5 Tel. 0258-77-2981
JR長岡駅より徒歩10分。ギャラリー斜向かいに駐車場有
出展: いかけやまかな(ぬいぐるみアート) さき(絵画)
高木秀俊 (テキスタイルデザイン) 中島尚子 (木口木版画)
中村信 (絵画・クラフト) 野波実 (陶) 蒔田圭 (絵画)
松岡達英 (絵画・オブジェ) 吉村浩美 (乾漆彫刻) 若林溪竹 (書)
企画:アトリエZen
コーディネーター:外山文彦

出展作家のプロフィール/(ギャラリーのウェブサイト)
http://tabinosoraya2.blogspot.com/2020/06/blog-post_18.html

●地域情報紙My-Skipでの紹介記事/(紙面連載版アート日和)
https://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-5510.html

15-117b800.jpg  ←地図:クリックすると大きくなります
グーグルマップでの確認はこちら

同時開催: 野坂衣織展「自然回帰線」/maison de たびのそら屋 喫茶室
展示室隣接の喫茶室を使ってのミニ個展です


[6月18日追記]
いかけやまかなさんは事情により不参加となりました。楽しみにしてくださっていた方々には申し訳ありませんが、ご了承ください。

ギャラリー喫茶室での展示/野坂衣織展「自然回帰線」

15-128.jpg


長岡「maison de たびのそら屋」で6月24日から「どうぶつアート展」(県内外10作家出展)を開催しますが、そのどうぶつアート展と同時開催。同ギャラリー内の喫茶室“赤い”壁面を使ってのミニ個展となります。(絵画とミクストメディア)
15-114bs.jpg
野坂衣織展「自然回帰線」
会期:2020年6月24日(水)~7月5日(日)、休廊:7月1日(水)
11:00~17:00(最終日は16:00まで)
会場:maison de たびのそら屋 喫茶室
新潟県長岡市呉服町2-1-5 Tel. 0258-77-2981
JR長岡駅より徒歩10分。ギャラリー斜向かいに駐車場有
企画:アトリエZen
15-117b800.jpg  ←地図:クリックすると大きくなります
グーグルマップ

野坂衣織
新潟県糸魚川市出身。 多摩美術大学油画専攻卒業。 アトリエZenの企画では2014~2016年「エックス展-若きクリエイターたちの自由表現」参加、2015年さいとうようことの二人展「カラフルスプリング」(art Truth/横浜)出展。
近年は2018年GALLERY ART POINT.bis(銀座)にて個展、2019年第25回現代美術韓日展など。長野県在住。

次回企画展

DMの配布が云々と少々予告的なことも先日記しましたが、アトリエZenの企画展が来月あります。
近日詳細をアップしますが、とりいそぎ日程だけ先に記しておきます。来月といっても下旬24日~なので約1か月後です。お楽しみに。



   どうぶつアート展/6月24日~7月5日、ただし7月1日(水)は休廊
   県内外10作家出展
   会場:maison de たびのそら屋/新潟県長岡市
・同時開催(ギャラリー喫茶室でのミニ個展): 野坂衣織展
15-127.jpg
   モエダン風に撮る

エックス展 Ⅹ -若きクリエイターたちの自由表現-

アトリエZen企画
予告をしておりましたとおり、エックス展を昨年に引き続き長岡で、maison de たびのそら屋の二つの展示室を使っておこないます(=奥の展示室も使用)。第10回展となりました。
前回2018年展の展示風景→http://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-4813.html
13-688b400.jpg


エックス展 Ⅹ -若きクリエイターたちの自由表現-

会期:2019年12月12日(木)~12月22日(日)/18日(水)は休廊
11:00~17:00(最終日16:00まで)
会場:maison de たびのそら屋
新潟県長岡市呉服町2‐1‐5/tel. 0258-77-2981
アーティスト・トーク: 12月15日(日) pm2:00~

若い世代の織りなす表現から未知数の可能性(=エックス)を探りたい、そうした意図のもと始めた企画は今年第10回展となりました。今回はシリーズ初参加となる7名を含む16名が出展します。いずれも新潟県在住または県出身のクリエイター。それぞれの手法や感性で表現される多様な作品群をどうぞお楽しみください。
企画:アトリエZen

出展/
安立貴美枝【版画・ミクストメディア】
家﨑 萌     【彫刻】
大橋絵里奈【イラストレーション】
海津千並   【写真】
加治聖哉   【廃材による立体作品】
河治明恵美【平面(木版画)】
河田ゆき   【イラストレーション】
角屋 幸     【書】
高木秀俊   【絵画】
鶴水亜里沙【きり絵】
なぎまいこ【現代アート】
naomi hirose 【絵画】
新田紘平   【現代アート】
nezi【イラストレーション】
望月千暁   【絵画】
ん【ペン画】
・[展示作品リスト(2019.12.12記)]

出展作家のプロフィール:http://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-5247.html
12-781b1200.jpg
会場地図/グーグルマップ

13-664-b800.jpg

三上喜貴 賀状版画作品展 (at WASHIMA TOUT LE MONDE)

1か月くらい前でしょうか「今年はもうひとつ展示予定が、私自身初めて使う会場である」と書いていたところ、どこでやるのか?とけっこう聞かれました。その展示案内が以下になります。
長岡市内の和島地域にあった旧島田小学校・木造校舎がリノベーションされたことを以前マイスキップでも特集を組んでいましたが、今回の展示会場はその「和島トゥー・ル・モンド」館内、2階にあるかつての教室を使います。

※ 和島トゥー・ル・モンドには1階にレストラン、別棟にはベーカリーショップ(&イート・イン)があります。レストランご利用の際は事前予約がおすすめされていますので、直接お問い合わせのほど。

    

三上喜貴 賀状版画作品展
at WASHIMA TOUT LE MONDE

会     期:11月1日(金)~2020年1月26日(日)
休 館 日:毎週水曜と木曜(ただし12月25日は開館)。ほか11月10日(日)、12月1日(日)、年末年始の12月30日(月)~2020年1月4日(土)、1月21日(火)が休館となります
開催時間:10:00~16:00(館内のレストラン「バーグ」にてdinnerご利用時はこの時間外でも閲覧いただけます。お食事の前後にどうぞお楽しみください)/入場無料
会     場和島トゥー・ル・モンド 2階ギャラリーセミナールーム (旧教室)
長岡市和島中沢乙64-1 tel.0258-74-3002
企画協力アトリエZen
(作品頒布はご希望によりアトリエZenにて対応します。お問い合わせください)
問い合わせはこちら
木版単色の賀状版画。1970年から約50年のなかから自選しての10点を展示します

展示作品リスト(2019.11.03記)】【作品&短文集(2015年制作)の販売について

三上 喜貴 MIKAMI,Yoshiki/プロフィール
東京都出身。1970年高校生の時に初めて寺社仏閣を主題とした賀状版画を彫って以降、毎年一枚ずつ同主題での木版単色の賀状版画の制作を続ける。2014年長岡小嶋屋CoCoLo長岡店、2015年ギャラリーart Truth(横浜)にて個展展示。
2015年の個展時に、それまでの45年の作品にコメントを添えて編集した小冊子「木版画にまつわる思い出」を制作。(編集:アトリエZen、発行:書房 沙羅の樹)
※ この小冊子は郵送での販売を今回おこなう予定です(詳細)。


13-648.jpg
13-649.jpg
和島トゥー・ル・モンド 外観        

2019年後半期の展示企画 -第10回を数える2展-

私自身がコーディネーターとしてたずさわる展覧会が今年後半に2つあります。詳細案内は後日ということにして、まずは簡単に以下記しておきます。弥彦・野外アート展とエックス展です。
シリーズ的に何度もおこなっている展覧会ですので、ご存知だったり、実際に足を運ばれた方も多いかと思います。一方はビエンナーレで、もう一方は毎年開催。ですのでスタートした年は大きく違うわけですが、両展とも今回「第10回展」と奇しくもなりました。10つながりです。いま書きながら気づいたことですが。


● 弥彦・野外アート展2019-ファイナル・ステージ
会期:2019年10月6日(日)~10月20日(日)
初日10:00オープン、最終日14:00終了/入場無料
会場:弥彦村総合文化会館前・階段広場及び周辺緑地/出展:県内外20作家
参考:前回展会場風景 http://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-4211.html
● エックス展 Ⅹ -若きクリエイターたちの自由表現-
会期:2019年12月12日(木)~12月22日(日)/水曜休廊/入場無料
会場:maison de たびのそら屋/長岡市呉服町2丁目1-5/出展:県内外16作家
参考:前回展記事index http://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-4813.html


この2展のほか今年はもうひとつ展示予定があり、現在調整中です(ちなみにこちらは私自身初めて使う会場)。画像は「弥彦・野外アート展」から。前々回となる2015年の、第8回展のもの。
13-500b-s.jpg
↑ この角度での撮影はなかなか異例。作品の置かれた階段部を、離れた小高い道路脇のヤブから見下ろすように撮っている。
13-501b.jpg

※ 「弥彦・野外アート展」は「アトリエZen企画」というわけではありませんが、ここでは便宜上blogでのカテゴリー分けはアトリエZenのところに組み入れました。

信田俊郎展「光の場所」

ギャラリーみつけでの企画展。 “series 現代の表現者たち”と題した企画シリーズの、一昨年夏に開催した舟見倹二展に続くvol.2としての開催です。200平方メートルを超える2階フロアのギャラリースペースを、 大作の油彩画新作で構成します。

13-175b.jpeg

Series“現代の表現者たち”vol.2
信田俊郎展 光の場所

会期:2019年4月20日(土)~5月19日(日)
休館日:4月22日(月)、5月7日(火)・8日(水)、13日(月)
※今年のGW10連休化にともない、休館日が変則です
10:00~22:00(入場受付は21:30まで)
会場:ギャラリーみつけ 2階フロア
〒954-0059 新潟県見附市昭和町2-4-1
13-178b-1050.jpeg

(↑ クリックすると大きくなります)


作家プロフィール
1953年佐渡市(旧赤泊村)生まれ。1978年新潟大学教育学部美術科卒業。
1979年から個展発表をおこない、羊画廊(新潟市)、真木画廊(東京)、アート・エクスチェンジ・センター(ニューヨーク)、創庫美術館(新潟市)、今井美術館(見附市)、新潟絵屋(新潟市)などで多数。 参加した主な企画展に、新潟現代美術32人展(長岡現代美術館跡地/1987)、新潟の美術「新潟の作家100人」展(新潟県立万代島美術館/2004、2006)、多極の視点(今井美術館/2009、企画:アトリエZen)、二人展「グリッドから」(砂丘館/2018)など。新潟市美術館に作品収蔵。
現在新潟市在住。

ギャラリーみつけ 同時期開催の企画展/あわせてご覧ください
1階/展示室1
・4月20日(土)~5月12日(日) 版画作家「4人の手法」
出展:小田沙馥枝(リトグラフ・他/東京都)、中島尚子(木口木版画/神奈川県横浜市)、糸井千恵美(銅版画/群馬県前橋市)、安立貴美枝(木版画・他/長岡市)
1階/展示室2
・4月17日(水)~5月6日(月・祝)ヤマクラコウジ写真展-ten years-
・5月11日(土)~5月19日(日) 見附の作家たち展2019-vol.1
出展:河内雄司(洋画)、小坂井栄一(洋画)、小沼智恵利(版画)


13-179b.jpg



【カテゴリー分類における注記/2019.10.30】
本展はアトリエZen主宰者がキュレーターとして展覧会企画に全面的にたずさわっていることから、本blog上でのカテゴリー分けを「アトリエZen企画展」に変更しました。 施設上の理由からアトリエZenとしては名前を(展覧会の中で)出せていませんが、その企画内容を鑑みての判断です。

版画作家「4人の手法」 (ギャラリーみつけでの企画展)

ギャラリーみつけ、4月の企画展の案内です。
県内外の4人の女性版画家が、木口木版、銅版画などそれぞれの手法で表現した作品を紹介します。出展は昨年のfaces展出展の小田沙馥枝(東京都)、一昨年のflowers展の他アトリエZen企画にも何度か参加している中島尚子(横浜市)の2作家に、ギャラリーみつけ初登場となる糸井千恵美(前橋市)と安立貴美枝(長岡市)。アトリエZen主宰が展覧会企画にたずさわっています。(ですのでカテゴリーは便宜上アトリエZen絡みに分けました)

版画作家・4人の手法
会期:2019年4月20日(土)~5月12日(日)
休館日:4月22日(月)、5月7日(火)・8日(水) ※GWの10連休化にともない休館日が通常と異なります
10:00~22:00(入場受付は21:30まで。最終日15:00終了)
会場:ギャラリーみつけ 展示室1
〒954-0059新潟県見附市昭和町2-4-1 tel. 0258-84-7755
入場無料、駐車場完備
■ 出展作家略歴
13-151b1050.jpg

(↑ クリックすると大きくなります)



会期中のワークショツプもあります
13-152b1050.jpg

エックス展Ⅸ-若きクリエイターたちの自由表現- [at 長岡]

エックス展 Ⅸ -若きクリエイターたちの自由表現-
12-776b525.jpg
会期:2018年12月13日(木)~23日(日)/12月20日(木)は休廊
11:00~17:00(最終日16:00まで)
会場:maison de たびのそら屋
新潟県長岡市呉服町2‐1‐5/tel. 0258-77-2981
アーティスト・トーク: 12月16日(日)pm2:00~

若い世代の織りなす表現から未知数の可能性(=エックス)を探りたい、本企画はそうした興味と意図のもと2010年新潟市内でスタートしました。第9回となる今年は初の長岡市開催で、新潟にゆかりのあるクリエイター18名が出展します。それぞれの手法や感性で表現される多様な作品群をどうぞお楽しみください。

出展/【出展者プロフィール】 【出品作品リスト
相川恵子/板垣良和/ 江原正美/ 大橋絵里奈/ 海津千並/ 鹿島ヤスヒロ/ 川合里奈/ 河田ゆき/ 山本 都/ 坂井友美/ 鈴木明恵美/ 高木秀俊/ 高橋佐紀/ 鶴水亜里沙/ 頓所康則/ nezi/ 吹越麻生子/ 結花/
企画:アトリエZen

12-781b1200.jpg

12-773b.jpg


12-775b750.jpg


野田英世展/越佐かいわい16景の作品集




あさって9月30日(日)から、野田英世展-歩いて描いた新潟スケッチ-(横浜市・CoZAの間)がスタートします。
予告情報をひとつ挙げておきますと、ギャラリー内には今回個展用に制作された「越佐かいわい16景」と題したポストカードブック作品集(↑)が置かれます。希望のかたにはこちらも勿論販売対応。(上の画像は作者の野田さん提供です)


野田英世展 -歩いて描いた新潟スケッチ-
会期:2018年9月30日(日)~10月7日(日)、会期中無休/11:00~18:00
会場:CoZAの間(コザノマ)
http://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-4640.html

 | ホーム |  »

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR