アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

06<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>08

アトリエZen 展覧会案内
infomation

どうぶつアート展併設の喫茶室で同時開催/野坂衣織展
6月24日(水)~7月5日(日)/於:maison de たびのそら屋
https://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-
category-1.htm
l


長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~6月14日まで:三上喜貴 〓終了しました〓
現在/6月15日~8月23日:髙橋ノリユキ(写真) 〓展示中〓/ウィルス対策で営業時間の変更があります。長岡小嶋屋のホームページ等最新情報を確認ください


銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
vol.35/5月14日~7月31日舟見倹二+外山文彦
展示案内
展示作品リスト・展示風景



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


次号連載コラムの原稿とギャラリープロムナードの入口

次号7月号の情報紙の連載コラムの原稿は、冒頭「昭和のある時代の長岡の画廊を調べている」と書き出していて、なんだか格好つけた宣言風文言からまとめた。編集Wさんからの校正ゲラが昨夜あがってきて、いま校正確認中。

昔の長岡の画廊を調べているなんて言ったはいいものの、実際にそのあと続けて書いたのは少々違う内容。調べる過程で知人画家のアルバムから見つけた写真に、本来の目的とは違うことで興味をそそられ、そそられついでにそっちをテーマのコラムにしたわけだ。何にそそられたかと言えば、大雑把には、長岡の“街の風景”の記録的写真といったところか。現時点では予告となるが、発行されたら今月と同様blogにも転載したいとは思っている。

さて「昔の長岡の画廊」ということでは、地域情報紙マイスキップの2005年4月号で「長岡個人ギャラリーの20年」と題し、その前年に20周年を迎えたギャラリープロムナードの20年の歩みを取り上げている。もう15年も前。私自身のマイスキップ紙における初の企画面執筆である。
その記事中に使った(ギャラリープロムナードではない)周辺他画廊の画像が、自分で撮ったものなのに手元にデーターとして残ってないことが、いくつか調べていたときに気付いて気にかかっていた。だからこの際、当時編集したデザイナーYさんに「(15年前と古いものだが)記事の“左隅”に入れた画像、取り出せるだろうか?」と聞いてみた。 すると最初間違ったらしく、「左」ではなく「右隅」のほうに入れた違う画像が送られてきた。
それが上の画像で、まぁ間違いというのも何かの縁だしこちらは思い入れのある写真だからと、アップしてみた次第。 以前紙媒体コラムのほうにも(羽賀善蔵氏との絡みで)書いたことがあるけれど、ギャラリープロムナードでの私の初個展のときの一枚である。画廊のロゴが写り込んでいるからと特集記事に小さく入れてもらっていたのだった。

鉄のオブジェが真ん中に、奥の幾何学的抽象60号の油彩画はコンクリートブロック上に置かれる。左の小さな袖壁には展覧会の導入部だからと理由をつけ(こういう絵も描けるんだぞとよせばいいのに)アカデミックなデッサン小品を並べた記憶はあるけれど、画廊ロゴのシートに隠れて、もう見えない。

十年前の七種展 - 店は臨時休業中ということで -

長岡小嶋屋CoCoLo長岡店ではアトリエZenコーディネートで店内に絵を定期的に入れ替えながら飾っていますが、ウィルス感染拡大防止のため現在臨時休業中です。「5月6日まで」休業の予定と先般記していましたが昨日2日付で「当面のあいだ」と変更になっています。最新情報は長岡小嶋屋のホームページをご確認ください。


さてその“蕎麦×アート”と題した同店での展示企画が10周年を迎えたことを、ちょうど1か月前くらいのときに書いていた。初年度には同店で唯一のグループ展示をおこなっていると長岡造形大生7人展「七種」展の案内ハガキを載せているが、いま店は臨時休業中ということで、その10年前の唯一たるグループ展の展示写真のほうも取り出してきて1枚載せてみようと思った次第。当時blogは違うメーカーのものを使っていて(画像が大きく載せられない仕様だったこともあり)web記録はそう多くない。

展示は1人1点ずつ7人7点で、加えて作品は30cm角のジャケットサイズのパネルを支持体にするという統一条件。当然新作になる。その構想はたしか最初学生のほうからの提案で、専攻とか作風がさまざまな分、条件をシンプルにして呈示したわけだ。
出展7名のうち2人はその年に始まった「エックス展-若きクリエイターたちの自由表現」に(当時2年生ながら)出展していて、その2人をキーパーソンに出来たから学生とのグループ展企画になったといえる。 過去のその別メーカーblog久々に開けたら、My-Skip紙の紹介記事がアップされていたから、そちらも再掲する。

15-002.jpg
15-054原本

(↑ クリックすると大きくなります)



余談だが、この翌年の2011年に、My-Skipでの「造形する風-造形大生紙上ギャラリー」の連載が始まる。その連載の第1回スタートには上に記した「エックス展第1回出展」者である石橋さんに原稿を書いてもらっているから、私的に振り返るといろいろつながってるもの。同連載も今年10年目に突入している。

そして、旅を続けよう

blogをやっているかたには先刻ご承知のことなのだが、blogには「下書き」というフォルダがあって、途中まで書いた段階でアップしないまま保存しておくことが出来る。そのなかには「書いたけれど公開してない」というパターンもあるにはあって、今なにげなく見たら、昨日書いた「Laughi'n the nude」展に関して、カタログ(いわゆる記録集)の巻頭言をわざわざ書き写したものが、公開されないまま残っていた。数年以上も前のもので、アップしなかった理由ももうわからず、だから同展を紹介した契機に下にあげておきたい。
五十嵐祥一さんの文章は学生時代からとても好きで、大学のゼミ誌に書いたものから展覧会レビュー、作品に対する文章まで手元にかなり所有していたから、氏が若くして急逝したときにそれらをまとめた。blogにもかつて時折転載したことがあるが、たぶんそうしたことの流れに何かキーワードがあって書き写したんだろう。



そして、旅を続けよう
ノプラマ・アート「Laughi'n the nude」を終えて

五十嵐 祥一   


その当日が終わるまでの焦りと集中したことのせいか、ひどく虚脱な状態になる。夢から醒めた朝遅く、街を歩くときの感じとよく似ている。たくさんの人々に集まってもらい、楽しかった。展覧会は終わり、ぼくたちは再び大洋へと出航する船のように、束の間の停泊を終え、それぞれが旅を続ける。また或る日に何処かの港で出会い、裸で笑いたいと思う。
旅は自己形成の作為であり、なにももたないぼくたちにとって武器である。気持ちよく笑うためには、日々のなかでぼくたちを去勢しようとする商業主義や情報操作と戦わなければ果たし得ないだろう。川瀬君がパンフレットで「連帯」について書いているように、この作業には仲間が大切であり、それはまた一人一人が「自由」を志向するなかでしか実現されない、はかなくも強靭な花のようだ。
このカタログでは、当日のパンフレットに作品写真をまとめてみました。○○氏から頂いたお祝い金を充てさせていただきました。ありがとうございました。
みなさん、御苦労さまでした。また当日の混乱のなかでお手伝いくださった方々にこの場をかりて感謝いたします。それではお元気でいてください。次の港でまた騒ぎましょう。
では、また。

ノプラマ・アート「Laughi'n the nude」展・カタログ 巻頭言 



※ 関係者向けに配布されたカタログということで文中の○○氏は冊子内では実名で記されていますが、ここでは伏字としました。

LAUGHIN' THE NUDE展/現存しないポスターと現存しないホール

      13-540_201911171238354b0.jpg


読者的に意味があるわけでもないけれど、少し昔の作品というか、手掛けたポスターを。

ひと昔以上前、原宿駅前のビルの地下にあった「THE GROUND」というホールでのグループ展に参加したが、A1くらいの大きさで制作した店頭ポスターは開幕前夜に(わたしが)即興でやっている。材料は色紙とハサミと糊のみで、マティス風・切り紙絵スタイル。展覧会主宰の五十嵐祥一さんから「あ、店頭に貼るポスターなかったわ、ちょっと作って」といきなり指名がかかり、しょうがないからそのころ(いまもそうだが)好きだったマティスの作品を思い浮かべながら、ノープランで紙を切り出したというアナログなシロモノである。
即興でのこうした制作はいまは割とやっちゃうけれど以前はまったく得意だとも思わず、このときが初めて。なにせ初ものだし出来も(記憶によれば)そこそこ面白かったから、ポスター作品として現存してればよかったのだけどね。アクリル板の反射で絵柄がよく見えない上の写真が手元に残るだけである。ちなみに会場のほうも、いちおうグーグルマップ見てみたけれどもやっぱり現存せず。
13-541b_2019111712383221d.jpg
ノプラマ・アート「LAUGHIN' THE NUDE」/THE GROUND、東京・原宿
入口正面の青い作品は私の制作。油絵である。

10年前の弥彦温泉宿泊

 2019 弥彦・野外アート展 〓開催中〓 13-546mini.jpg 
http://nart.nomaki.jp/2019yahiko.htm 



昨日のblogに書いていた、弥彦に新しく出来た“おもてなし広場”の場所は、かつて半世紀に渡りここにあった「弥彦グランドホテル」の跡地にあたる。おもてなし広場に初めて立ち寄りながらそんなことを思ったのは、ここのグランドホテルで弥彦野外アート展の初期のころ出展作家や関係者で宿泊宴会をしたことがあり、いいホテルだったという記憶があったからでblog上にそんな記録を残してもいた。宿泊は2009年だからもう10年も前の話。

2-099-p.jpg

画像はその10年前の、「歓迎 弥彦・野外アート展御一行様」と掲げられた看板。

長岡駅近辺10年前

13-360.jpg


10年前の長岡の写真を小冊子にまとめていたYさんから、オンデマンド印刷で製本されたばかりの一冊を見せてもらった。
それに感化されたかのように、自分もパソコンの古いデーターから10年程前に撮った写真を取り出して眺めてみる。その中から上はすずらん通り、下は長岡駅前。一見ではそう大きな変化はないように見えたけれど、駅前の“いわゆるペデストリアンデッキ”が出来るのはこのあとだから、やっぱり街は10年も経つと変わるもの。

10年目のばかうけ

13-068b.jpg

本日の写真から。
下は朱鷺メッセ展望台の“ばかうけは健在だったという図。調べたら2009年の12月1日から(ネーミングライツで)「Befcoばかうけ展望室」となっているから、もう10年目なんですね。

30年前の私立現代美術館

20代の女性作家と話していて、たしか30年前くらいに活動していた「創庫美術館」の話になった。 新潟の印刷会社が印刷製本した「作家カタログ(作品集)」を見せてもらっていたのだけれど、ふと思い立って「この印刷会社は昔、現代美術館を運営してたんだよね」と言ってみたら、意外なことに見事ヒットしたのだった。
意外にと思ったのは、20代であればその活動期に生まれてもないし、そもそも近年その名前に触れることもほぼ無くなっているから。せいぜい作家が掲げる発表歴のなかの一行にその館名を見るか、同美術館企画の若手作家展に出ていたYさんに「そういえば同期生だったねぇ」なんて言う程度。だから驚きがあったけれど、海苔屋の倉庫を使ったそうした美術館が新潟市にかつてあったことを彼女は知っていて、しかも興味あってネットで調べたことまであるそうだ。でもやはりというべきか、見たかったという画像らしきものは何も出てこなかったらしいけれど。
当時は写真もデジタルではなくインターネットもないから、意図的に後からアーカイブされてない限りまぁ出ないところなのだろう。と書いたところで、何枚か創庫美術館の画像を。

約10年前に「閉館20年のイベント」が開催されたとき、テレビ局から私は取材を受けていて、マイスキップの連載コラムでもそのころ創庫美術館について書いたことがある。画像はそのときスキャンしたものだと思われる。
12-800.jpg12-801.jpg

ウォーリーをさがせ!展とCheap Hippies

誕生30周年記念でウォーリーをさがせ!展なるものを松屋銀座で開催中らしい。
http://wally30.jp/

手元に届いたばかりのARTcollectors'5月号を読んでいたらそんな案内記事も出ていて、もう生誕30年にもなるのかと、その30という数字に興味をひかれた次第。
正確には1987年生まれのようだ。当時買い求めて楽しんでいたからその頃のウォーリー本はどこか家の中にあるはずだけれど、倉庫の奥なのかどうか、もうすっかり行方知らずでいる。

そういえば、みずすまし亭さんがレベッカのCHEAP HIPPIES(と山崎ハコ)をこのGW中blogに挙げていた。チープ・ヒッピーズはレベッカのなかでも好きな曲で、時代はウォーリーと同じ、約30年前の1986年の発表。詩がいいよね。夜、久々にユーチューブで聴いていた。
https://www.youtube.com/watch?v=ygAmfr5lXNw

(2018.5.6 pm22:00)

10年前の今日も雪

  12-225.jpg

12-226.jpg

昔のことのちょっとした調べものがあり、かつて書いていたアメーバー版のblogを久々にあたることになった。アメブロって使ってたのはもう10年も前になるのかぁと思いながら、10年前の今日は何をしていたかなんてこともつい見てしまう。
連日の大雪でここ数日は雪の写真しか載せていないから、はて10年前はどうだったろうなんて思ったからだったけれど、10年前の今日も「雪」であった。「越後妻有・雪アートプロジェクト」に参加していて、その展示(制作)作業中で、 2月11日はテレビ新潟(TeNY) 夕方のニュース(夕方ワイド新潟一番)でも大きく取り上げられていたのだった。上はそのときの、つまり10年前の作業風景。左下はおそらくテレビ取材でインタビューを受けているところと思われる。
当時のアメブロの仕様だったのかどうか、それはもう覚えてないが、今となってはとにかく画像が粗い。ちなみに左上の画像はその粗さに加え遠方だからさっぱりわからないが、前山忠さんの雪アート作品である。

ギャルリ・ド・カフェ伝と20年前の手ブレ写真


「20年前のカフェギャラリー」と題し、世田谷・経堂にあったギャルリ伝の写真を3年ほど前、2014年に載せていた。1994年の店内風景である。 そのころはいまみたいにネットやらSNSやら発達してないし、そもそもカメラもデジタルではなく、web上に写真はなかなか見当たらない。
かつて個展もさせてもらい、とても好きな空間だった(が、今はもうなくなってる)と、だから写真をアップしたわけだが、懐かしく思うのは私だけではないようで、当時を偲んでこの記事を探し出したひとが居られ、廻り回って、連絡先を知らないでいた当のギャラリー関係者のおひとりにも伝わり、御礼のメールをいただいた。……

というのは、実は半年くらい前の話。せっかくだから手持ちの写真をスキャンして追加画像を…なんて思いながら、かつ、そのときにある程度まとめてもいながら、アップ迄していなかったよう。たまたま別の資料を探していてそういえばと思い出した。一番上の画像は夜間の長時間露光で、三脚使わずに手持ち撮影なものだから当然のようにブレていて、でも長い時間経てみるとこうしたものが案外と気に入るのである。
いまだとデジカメ撮影で、便利で簡単に沢山撮れる分、ブレた画像なぞはすぐ消してしまうのだけれど、当時のプリント写真は(「ブレた」と思ってもカメラ屋からプリントされてくるので)ずっと手元に残っていたのだった。

11-403--a400.jpg11-404-a400.jpg
11-405-a250.jpg
急な階段は、むしろ梯子のようで、登ると2階はワンフロアのギャラリースペース( ↓)。
Gallery FLOOR2と名付けられていた。
11-406-a.jpg

酒屋の10年前のティーギャラリー

調べものがあった。だから以前書いたblogのバックナンバーをあたっていたのだが、本来の目的ではない記事に立ち止まる。ちょうど10年前のマイスキップに弥彦野外アート展の特集記事を書いていて、そういえばそうだったなどと、そこに目が止まったのである。
http://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-2017.html

新潟市で酒屋の2階を画廊喫茶に仕立てたエスクィントのギャラリーの、運営を担当していたのも10年前だったと、多忙だと頭から抜け落ちてしまいがちなそうしたことにも気づいたけれど、要は十年ひと昔である。

 | ホーム |  »

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR