アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

04<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>06


外山文彦作品記録集(2020年編集版)_2020年10月発行/
郵送にて販売中です
詳細↓
https://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-5768.html

アトリエZen 展覧会案内
infomation




長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
3月1日~5月9日:頓所康則展(ペン画)〓終了しました〓
5月10日~7月11日:山本都(絵画)〓展示中〓
/ウィルス対策で営業時間の変更がなされる場合もあります。長岡小嶋屋のホームページ等最新情報を確認ください


銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
vol.40/5月13日~7月18日:
小山まさえ 展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


今となっては逆接的どんでん返し



最近古書店で買い求めた文庫本「どんでん返し」。笹沢左保である。
1981年刊行だからもう絶版なのかもしれないし、中町信の復刊フェアがいまなされるように書店でも置かれてるのかどうか知らないけれど、タイトルが単刀直入で、いや、ネットには“どんでん返しミステリー小説ベスト100”とかとランキングサイトが溢れている現況からすれば、あまりにも単刀直入に過ぎる表題である。
推理小説をよく貸してくれるKさんはいわゆる「どんでん返し」ものが好きだからと、たまたま古本で見かけた直截すぎるタイトルに面白がりたまにはさしあげようかなんて買ってみたわけだ。まぁ正確に言うならば、どんでん返しよりも、私としては帯に書かれている「全編会話文のみ」という構成のほうに魅かれたことが大きい。全6話収録の短編集という形態で、2人の会話文だけで(他の描写文は入らずに)すすむ。

ネットにいま出てくる「どんでん返し」ものは、たいてい綾辻行人の「十角館の殺人」を代表作に挙げるように、叙述トリックの場合が多い。綾辻行人が同書でデビューしたのが80年代後半で、推理小説の分野で「新本格」という言葉が出るのもその頃以降だから、1981年刊行の本書の「どんでん返し」ぶりは相当に異なるもの。だからタイトル自体が今となっては逆接的どんでん返しになってしまっていて、どんでん返しと謳っているのに(今の感覚の)どんでん返しにはとうてい至ってなく、そこにどんでん返しをくらうわけだ。
話としては、中には小学生が出すなぞなぞのようなオチで終わった作品(皮肉紳士)もあるにはあるが、ある程度まとまっていて、軽く読めるのはいい点。会話文のみというのはどんなものかと思ってたが、さすがうまいもので意外なほど読みやすい。なのでタイトルに一切期待を寄せずに読むというのが正解である。
16-352.jpg
それでいうなら、帯の「圧倒的に騙される」というのも逆接ひっかけで、ここまで連呼してしまうと、13個も「騙される」と謳った帯に逆に騙されるという寸法になろうか。

初日なのに先にチキン南蛮


店内展示作品を本日入れ替えた長岡小嶋屋CoCoLo長岡店から。
前回(頓所康則展のときの)展示入れ替え時に、「旬の一品料理」のヒレかつ盛りのpopが目に入ったと記していましたが、今回の一品料理はチキン南蛮。

展覧会初日なのにまず食事をアップする変な癖がまた出た…ということでもないのですが、今回は先に「旬の一品料理」を。
16-338b.jpg

 ● 店内展示(山本都作品)のご案内

https://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-5956.html

鳥瞰的に見ること

旧大和デパートの解体工事がすすめられていた昨秋、向かい側の安達ビルも除却されたが、そちらには分譲マンションが建つようだ。駅前のマンションを買う計画がいまあるわけではないけれど、その折り込み広告が目についた。

>16-335sa.jpg     

目をひいたのはアルファステイツ大手通りという名称ではなくて、そこに大きく掲載されていた、長岡駅から当該マンションまでを写した航空写真。つまり旧大和デパートあたりまでの大手通り沿い一帯で、このあたりを鳥瞰的に見ることも珍しいからとしばし眺めていた。 2020年10月撮影というその写真には、解体が完了していない旧大和や旧長岡現代美術館の建物もまだ見られる。
16-334b-p.jpg

長生橋や長岡花火がモチーフに

今月は展示入れ替えが早々からいくつかあり、笹川眼科待合室の作品入替は1日に済ませたけれど、他、GW開けに長岡小嶋屋、ボントーンと続くことになってます。本日はその中の長岡小嶋屋に飾る作品が手元に届きました。
その作品は長岡出身の若手イラストレーター山本都さんのミクストメディアによる絵画で、故郷長岡をテーマに制作した5点です。その一部分を載せてみましたが、見て(長岡のひとであればすぐ)わかる通り、長生橋や花火がモチーフに登場しています。

(2021.05.03 pm16:00)

16-315b.jpg

ふたつのお医者さん


GWに読もうと新たに買ってきたわけでもなく、特に意味が深くあるわけでもなく、書棚からふと取り出してきた手持ちマンガ2冊。「お医者さん」つながりである。動物と国宝。

前者は(作品としてけっこう知られているだけでなく)言葉としてイメージしやすいけれど、後者の国宝は文化財修復師のこと。
 

赤い絵

16-306a.jpg

ここのところいくつか試していた(制作していた)“赤い絵”。新しいシリーズになるかどうか。漱石風に言えば名前はまだ無いけれど、昨日a.p.(artist's proof)と書き入れた。

禁止事項


とある店の入口ドア。並ぶ禁止事項のステッカーに店内喫煙不可や飲み物厳禁はわかるけれど、右の絵はなんだかウマに見える。ウマヅラだし。馬に乗っての入店NG(馬は外に繋いでてね)とは勿論思わないけれど、つい写真には撮る。

雪が残っていて

16-299.jpg

この土曜・日曜は2日間とも市外に出ていて、昨日は十日町市。 地元のひとにはこの時期に当たり前の光景なのだろうが、山あいには雪が残っていて目についた。なんだかベタな構図だけれども、流れる川を下に入れて撮ってみる。

長岡造形大に

16-295b.jpg
長岡造形大に行く。約束の時間にはまだ少し間があったものだからと、駐車場から写真におさめてみる。

16-296.jpg  

偶然の殺意と二つの罠

久々に書店に立ち寄ると面白い発見もあるもので、ミニフェア的に中町信が並べられているのを見つけた。著作はほとんど絶版となっていた物故作家だが、どうやら徳間文庫で何冊か復刊になったらしい。数年前に創元推理文庫が「模倣の殺意」と改題して復刊したら40万部近くを売り上げる大ヒットとなったから、傍目にみると二匹目の泥鰌はいるんやろかといったところになるのだろうか。


さてその徳間文庫で復刊の「偶然の殺意」でちょっと驚いたのは、帯にネタバレ的な一言がキャッチコピーのように書かれていたこと。「プロローグの独白すらも罠」とあって、買う前にこれ知らせていいわけないよねと咄嗟に思ってしまうレベルである。徳間書店のサイトにも(この作家は)叙述トリックの名手とあり、叙述トリックが多いことを知っていたから、はは~ん、冒頭のプロローグで「私は…」と独白してても読者が思う“私”は著者の意図する“私”とは違うんだなと、そこにトリックがあるんだなと、まぁ頭に浮かぶわけである。 この一言でお里が知れた気がして、たまには衝動買いの文庫本というのもいいかなとなっていた気分は、その瞬間まったく失せるにいたった。

だから、帯見ただけで読んではない。読んでないことを書くってのもねぇと思いつつちょっと検索してみたら、同書を140字書評していた「緑」さんのTweetが、その帯の写真入りで出てきた。
https://twitter.com/st0_vu/status/1267338299657478146
それによると叙述トリックではないらしく私の読みはすっかり外れていたけれど、「模倣の殺意が好きな人を狙った徳間文庫の罠」だとする一文を面白くみた。なるほど。模倣の殺意は好きであるが、その罠には嵌らなかったのである。

ドイツ菓子店の閉店

長岡にある「ブルグ」というドイツ菓子店の存在は、前面の道路をルート上よく使うことから知っていて、ドイツ菓子と掲げた店は珍しいし、チーズケーキとかも美味しいんだという話も情報誌で見るなどで知ってはいたが、ふとしたはずみに来月閉店だと知った。
ということで、興味を持ち着目していながらなかなか入れなかった同店に。

来月閉店については店頭にそれらしい告知はまだ見えなかったものの、テレビの取材で同店社長自身が語っていたということだから、既に公開されてる話のよう。中旬くらいの閉店となるようだ。
16-269.jpg
16-270a275.jpg
画像の店舗外観は向かって右からではなく左側からがよかったよなと、後から思ったこと。

 | ホーム |  »

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

amazone入口


アフィリエイト実施中。アマゾンご利用の際は↑からお入りください。(アトリエZen)

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR