アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

06<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>08

アトリエZen 展覧会案内
infomation

どうぶつアート展併設の喫茶室で同時開催/野坂衣織展
6月24日(水)~7月5日(日)/於:maison de たびのそら屋
https://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-
category-1.htm
l


長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~6月14日まで:三上喜貴 〓終了しました〓
現在/6月15日~8月23日:髙橋ノリユキ(写真) 〓展示中〓/ウィルス対策で営業時間の変更があります。長岡小嶋屋のホームページ等最新情報を確認ください


銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
vol.35/5月14日~7月31日舟見倹二+外山文彦
展示案内
展示作品リスト・展示風景



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


休廊日が開けて後半突入

あるかたから現代美術系の展覧会開催計画について話を聞いてほしいとあり、昨日はそちらに。企画書もまだ草案段階で意見を求められたから、意見とともに考え方を伝えた。その前日、つまり一昨日は、また別の案件となるがあるスペースの活用計画について客先説明に行っていた。 そうした訪問が連日続いて今週はどうぶつアート展の在廊が出来ずにいたのだが、展覧会は昨日の“会期中唯一の休廊日”が開けて後半突入、そうこうしているうちにもう終盤である。

どうぶつアート展(喫茶室併催:野坂衣織展)の私自身の在廊は、土曜・日曜は午後予定と考えていて、今日(木曜)明日(金曜)は時間帯により会場に居ます。この平日両日は私自身出たり入ったりがありますが、希望があれば来廊に時間を合わせられますので、お知らせください。

15-187.jpg
さて画像は昨日の移動中のもの。長岡駅前「旧イトーヨーカドー丸大」の正面外壁に足場が組まれていたのを見つけていた。看板取付工事だらうか。

(2020.07.02 am9:00)  

どうぶつアート展&野坂衣織展 オンラインショップ

「どうぶつアート展」「野坂衣織展」の出展作品の一部が、会場のmaison de たびのそら屋のウェブサイトにて本日からオンライン販売の対応がなされました。(販売対応は展覧会の会期終了会期終了前日まで。オンライン販売していない作家もおります)

どうぶつアート展:
http://tabinosoraya2.blogspot.com/2020/06/blog-post_54.html
野坂衣織展:
http://tabinosoraya2.blogspot.com/2020/06/blog-post_77.html

鷲尾圭介展とパドカな街

東京・代田橋の「納戸/gallery DEN5」。恒例のナンドナーレにも今年は出展できず、このウィルス禍で東京にもなかなか行けずお店のほうはどうなってるかと気にしてたところだったが、展覧会案内が2展分本日届いた。ということで、スキャンして掲げてみる。

15-167.jpg

右:トツカアヤ パドカな街 6月26日(金)~7月12日(日)
左:鷲尾圭介展 layers 7月17日(金)~7月28日(火)
※いずれも水曜定休、営業時間等はこちらを参照

パドカな街って、ちょっと行ってみたい見てみたい。

へぎそばをリクエストの話

たしか2年前だったか。私の企画に参加した県外作家がそのとき初めて長岡に来られ、夕食のお誘いをしようと思ったら当の作家のほうから「へぎそばを。小嶋屋で」とリクエストされたことがあった。新潟をよく知る友人作家がおられて長岡に行ったらへぎそばだぞと事前に教わっていたらしい。
と、そんなことを思い出してみたのは、今回の「どうぶつアート展でも県外からの出展作家が多く、来訪したときの食事のお薦めを聞かれたから。なるほどと長岡小嶋屋の名前をまずあげてみたわけだ。いい店はいろいろあるのだろうけど、どうぶつアート展の行き来からは駅ビルにあって便利だし、布海苔をつなぎに使ってのへぎ蕎麦は新潟名物で外れないところ。

15-144a修正 15-121b800.jpg

長岡小嶋屋は市内に2店舗あり、駅ビルのCoCoLo長岡店では現在(アトリエZenコーディネートで)髙橋ノリユキさんの写真作品を飾っています。新幹線(電車)での来訪時は、髙橋ノリユキさんの作品(に囲まれながらの蕎麦)を楽しんで→どうぶつアート展というルートもよさそうですね。

15-159_2020062316570313d.jpg   

今日は至極簡潔に

15-154_20200621070934fd6.jpg
昨日はmaison de たびのそら屋で下記企画展の展示作業。昨日分の作業はとりあえずスムーズに終え、週明けに最終調整して展覧会開幕を迎えるはこびです。とりあえず掲げてみた画像は展示作業前の一枚。
朝のウォーミングアップblogというのは同じですが、長文になった昨日とは違って今日は至極簡潔に。

(2020.06.21 am7:00)



15-128s-上余白無し
2020年 6月24日(水)~7月5日(日)/休廊:7月1日(水)/会場:maison de たびのそら屋
 どうぶつアート展 https://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-5506.html
 同時開催(ギャラリー併設の喫茶室内)野坂衣織展「自然回帰線」
    https://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-5505.html

なんだか昭和的なフレーズと

15-153.jpg
金曜ロードショーで3週連続放送される「バック・トゥ・ザ・フューチャー」。昨夜はパート2だったけれど、翌日(すなわち今日)に企画展の展示作業を控えていて、呑気に前夜映画を見るなんてことは出来るわけもない。だからスルーしたけれど、新聞テレビ欄にはその前のプロ野球中継の延長具合で時間が繰り下がるという、近年見ることが激減したなんだか昭和的なフレーズがあって目についていた。プロ野球のテレビ放送は相変わらずで、肝心のスポーツ中継よりも有名タレントが云々、亀梨とリモート観戦する企画だとか井森ノンスタ井上が応援だとか、別のほうが熱心に見えて興醒めする。プロ野球ファンのひとたちは「わ、和牛もらえてうれしいな」となるのかどうか知らないけれど、テレビ局そのものがスポーツのコンテンツとしての面白さを信じてないことの裏返しに見えるわけだ。

さてバック・トゥ・ザ・フューチャー先週のpart1は(これまで何回も観ていたこともあり)最初からではなく仕事を終えた途中から見出したから、冒頭の「時計が並ぶ」シーンがカットされていたらしいことは後からネット情報で知った。
日本テレビの今回版はオリジナル版から20分以上も短縮されていたらしいが、それにしてもオープニングのシーンをカットするってのはいささか乱暴である。意味があるだけでなく、あまり知られてないかもしれず見過ごしてしまいそうなところでは“時計の針にぶら下がる人形”が映り込んでいて、物語のラストをも暗示する“重要シーン”なのにね。

●You Tube/オープニングの時計の針にぶら下がるドク人形
https://www.youtube.com/watch?v=WnDekQlibq8


朝のウォーミングアップを兼ねたblogのつもりが予定以上に長くなってしまった。このあと急いで支度して「どうぶつアート展」「野坂衣織展」の展示作業に向かいます。2展示分、並行しての作業となります。

(2020.06.20 am8:30)

どうぶつアート展 出展作家のプロフィール

24日(水)からスタートするどうぶつアート展の、出展作家のプロフィールがギャラリーのウェブサイトにアップされました。
http://tabinosoraya2.blogspot.com/2020/06/blog-post_18.html

同時開催:野坂衣織展

どうぶつアート展の作品搬入がスタート

どうぶつアート展、および併設喫茶室にて同時開催の野坂衣織展。開幕の24日(水)が近づき作品の搬入・展示作業はこの週末に本格化しますが、先だって昨日はまず1作家の作品が搬入されました。画像は搬入される前の画廊空間。

また「どうぶつアート展」は10作家出展と案内していましたが、いかけやまかなさんは事情により不参加となりました。楽しみにしてくださっていた方々には申し訳ありませんが、ご了承ください。

北海道というのが

お昼ご飯が菓子パンというのもなんだかなぁという気がするけれど、パソコン前で仕事しながらでも簡単に食べれるからと北海道チーズパン。今日はだいぶたてこんでいて食事時間が限られいたしかたなかったが、北海道というのはミソなのだった。味噌ではなくてチーズ味だけれど。

(2020.06.16 pm17:00)

冥王星から来た宇宙人はピンとこず

昨夜は金曜ロードショーの「バック・トゥ・ザ・フューチャー」を。視聴者リクエスト企画第2弾として3週連続で放送されるよう。

同映画はもう何度も見ているし、何度見ても楽しんでいるが、昨夜はブラウン博士の声の吹き替えに違和感があった。声優が違うんだなと、だからウィキペディア見てみたら、あまり気にしてなかったが日本語吹替は何パターンもあったんですね。
ウィキペディアは簡単にわかって便利な一方、例えばクリステイの小説「アクロイド殺し」なんてひくと冒頭に「犯人の名前」が書いてあって(未読のひとはそれで)興醒めするから、未見の映画だと見るのを躊躇する。でも今回はそれにあたらず、せっかくウィキ出したからと他のところもみてみたら、映画会社の社長から映画タイトルの変更要求があったなんて知らなかった逸話が出ていて面白くはある。
改題案だったらしい「Spaceman from Pluto(冥王星から来た宇宙人)」は聞いてもピンとこず、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」という反転を効かせたタイトルが実にいいのにねと笑いながら読んだ。

さて週明けに長岡小嶋屋CoCoLo長岡店の展示入れ替えを控え、キャプションボードの作成をしていた。次の展示は髙橋ノリユキさんの写真作品。……beachというキャプションのタイトルからも想像される通りだが、海をモチーフとした作品群。


6月24日~の野坂衣織展の「展名&プロフィール」のパネルもあわせて作成。
15-146.jpg

先日のクリスト逝去のニュース

クリムトと昨夜書いたからクリストと、そんな下手な駄洒落を気取ってるわけではないのだけれど、先日のクリストの逝去のニュース。
https://bijutsutecho.com/magazine/news/headline/22045
5月31日のことだった。6月に入って展覧会も控え、忙しさよりも特に今回は(コロナだなんだとイレギュラーなことがあることを差し引いても)慌ただしくなっているから、もう先月の話だという感覚が咄嗟に無くて、あまりタイムリーではないリンクを貼ったのだった。

クリストについては、例えば「なぜ包むのか」について、共産圏出身の作家だから燃やすとか壊すが出来ないという観点から説明すると(一般読者に食いつきが)よさそうだというネタはあったから、前にデュシャンとかカンディンスキーを取り上げたように紙面連載のコラムで書いておけばよかったところ。そんなことを思っていた。ザっとした記憶だと、6年間の長い休載を経ていきなり「梱包」について書いたこの回で、ちょっと触れたくらいしかないようだ。

大手通り2丁目再開発予定区域とクリムトの画集と作品の搬出


会議があって通りがかった云々と書いていた先週、ちょうど一週間前の画像から。
その日こちらも通って撮っていた、当該再開発区域の大手通り西端。除却工事仮囲い用のための計測なのか、建設会社のひとがアーケード柱間を測っていたときだった。


さて知人画家宅に所用で伺う。先日お借りした写真資料のその後の報告で伺ったところ、帰り際にクリムトの画集を「よければ読まないか」と勧められた。東京都美術館と豊田市美術館とで昨年開催された「クリムト展-ウィーンと日本1900」の図録。他から借りていたクリスティがようやく読了したばかりだし、夜の空き時間に読んでみようと思う。

15-142.jpg


本日は長岡小嶋屋の本店2階に飾っていた3作品の搬出に。3か月以上飾っていたもののコロナ禍でちょうど宴会自粛が叫ばれていたときだったから、2階の広間で見たひともそういないと思いきや、ここにきて何人かのかたから「見たよ」という声が入ってきた。記録としてMy-Skipのコラムに写真入りでちょうど記せたのは、まぁよかったところ。

(2020.06.10 pm19:00)

 | ホーム |  »

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR