アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

05<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>07


外山文彦作品記録集(2020年編集版)_2020年10月発行/
郵送にて販売中です
詳細↓
https://atelier-zen.jp/toyamasassi.html

アトリエZen 展覧会案内
infomation




長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
3月13日~5月14日:板垣良和

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
vol.49/2023年1月4日~3月5日:中川采花 展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
https://atelier-zen.jp/


せいこうビルのこと

画廊喫茶“ウィリアムモリス”での30周年記念展「195人の作家から届いた、手がみ展」の案内を先日記した際、店の場所をグーグルマップで貼っていた。
グーグルマップは住所検索で違う場所を示すことが稀にあるけれど、「渋谷区渋谷1-…」の住所検索で宮益坂上の行き慣れた場所を示していた(から間違ってない)と、そのリンクを貼ったもの。出てきた「せいこうビル」なる建物名称は違うもので、ビル名が変わったのかな程度に最初思ったものの、でもよくよく見たら隣のビルだったと気付いた。せいこうビルの記述にはウィリアムモリスもテナントに入ってると(間違えて)あるし、隣だしそもそも間違いやすいのかもしれない。
でもここまで辿り着ければ、caféと書かれた赤い垂れ幕もビル入口に(こんな感じで)出てるのが見えるし迷うことはないだろうけれど。

「195人の作家から届いた、手がみ展」、本日スタートのもよう。

カステラではなくカステーラ

展示が終了した後の作品返却がこの土曜・日曜で2件連続してあり、昨日の日曜日の返却は舟見倹二作品で上越市高田のご遺族宅まで。
かつて学校の遠足で先生は「家に着くまでが遠足だ」と言い学校から家に帰るまでの注意を促すことが定例のようによくあったけれど、美術の教師も(生徒が展覧会に出展したときには)「作品が返却される(自宅に持ち帰ってくる)までが展覧会だ」と言っていたらしい。 元教員の知人が嘗てそんなこと言ってたなるSNSをちょうど見たから引用したのだが、 その伝でいえば、展示準備から展覧会期間中含めて5月ずっとかかりっきりだった感のある「print works― 舟見倹二+外山文彦展」もここでようやく完了というところだろうか。

高田の街には、小さいながらも“美味しい”店がけっこうあると好印象を持っているが、下の画像は本町通りにある「竹内泰祥堂」のカステーラ。地元のかたから美味しいカステラだと聞いた。ちなみに正式名はカステラではなく「カステーラ」で「長崎カステーラを焼き続けて50年」とある。
19-232b.jpg

展示作業時の断面/print works― 舟見倹二+外山文彦展

print works― 舟見倹二+外山文彦展」の画像などをここ2日間連日でアップしていましたが、あげられていなかった1階の展示作業(5月12日)時の画像をもうひとつおまけのように、以下。 作業の一断面です。
19-228b.jpg
19-227a.jpg19-226a.jpg
19-229b.jpg

とある定点観測

先般のprint works― 舟見倹二+外山文彦展。 今回会期中の16日(火)と19日(金)、20日(土)の3日間は車ではなく駅から徒歩でギャラリーに向かっていて、その際の、まぁあまり意味のないものだけれど定点観測の話。
旧イトーヨーカドービル1階のドラッグストアが(その前夜に)閉店したと16日(火)に知ってblogに載せていたけれど、ギャラリー(展覧会)の休みが17日(水)18日(木)で私の気分としては3日連続徒歩通勤(&駅前カメラ散策)だったから、帰宅時にはそのドラッグストアを連日撮っていた。
最初の日はまだ商品もまだ残る店内を極少数のスタッフが静かに片づけていたけれど、結局休みが2日間入ってしまっているから次の19日(金)はもう什器が残るくらいになっていて、定点観測っていっても面白味はない。

 5月16日(火)     

19-205.jpg

 5月19日(金)     
19-206.jpg

 5月20日(土)     
19-207.jpg


同展が終わり記事のアーカイブをまとめたく思ってますが、だいぶ仕事が溜まっていたり急な用事を片付けたりで、先週はなかなかすすめられず。だったらば、こんな、どうでもいいような定点観測なんて書かなければいいんですが。
アーカイブのほうはこのあと次のエントリーにしようと思いますが、はて、今夜に出来るかどうか。下の画像は、こちらも在廊の徒歩通勤時の写真で、旧大和デパートビル解体後跡地に建設中の“ミライエ”ビル。夕刻。まだ完成してはいない。

19-203.jpg

最終日に外山作品ゾーン

print works― 舟見倹二+外山文彦展から。


blogに画像をあげていたのは2階併設展の油彩を含めて舟見作品が中心だったからと、最終日に外山作品ゾーンの光景をあげてみます。一番右側に写る1点以外は外山作品。


同展の主要な過去記事はこちら→◇舟見倹二+外山文彦展 2023

在廊中の別のお仕事


本日もギャラリー沙蔵(print works― 舟見倹二+外山文彦展)に終日在廊。
開館直後はたまたま来館がなく、2階の喫茶も(お客さんはカウンター席だけで)テーブル席が空いていた。店主からも了解がとれたので、1席使わせてもらって「ラ・ボントーン」の次回展示作品の準備作業を少々。先週作品は届いていたものの、ここのところのタイトさに私の作業が少し残っていた。

(2023.05.22 pm20:00)

最初にカラスを撮った

19-173a.jpg
19-174a.jpg19-177a.jpg
19-175b.jpg
在廊する昨日のギャラリー沙蔵には駅から徒歩で向かった。カメラ片手に散策気分でと行く前は考えていたが、歩くには暑かったりなんだり。うまいふうにはそう撮れない。

最初にカラスを撮った。3枚目の野外彫刻“マイマイ姫”は車運転中の車中から(信号待ち時に)撮ることはあるが、ここは徒歩でないと絶対狙えない角度から。駅前の旧イトーヨーカドービルの1階に入ったドラッグストアが閉店するらしいと耳にはしていたが、閉店日時が15日午後9時とは知らないでいた。だから入口のまだ残る大きな看板見ながら入ってみたけど、前夜に閉店したばかり。網状のもので囲われていたのがなんだか生々しい。


さて開催中の「print works― 舟見倹二+外山文彦 展。本日水曜と木曜は中休みの休廊日(連休)で、19日(金)からまたスタートします。

展覧会の準備中

13日(土)からの「print works― 舟見倹二+外山文彦展。絶賛準備中。

解説的なパネルとか“書き物”がある(ので朝早くから作業している)と昨日は記していたが、根詰めた成果もあったようで上の画像は会場掲示用のパネル類。書き物もほぼほぼ出来た昨日夕方段階のもので、更に今日はそこに2つ加わった。ちなみに右下のほうに写っているキャプションボードや案内板は15日(月)からの長岡小嶋屋(田中あかり展)のもので、こちらも一緒にボード切りの作業をしていた。

下の画像も昨日の作業からで、舟見倹二油彩作品の裏側、取付金具を調整中のところ。

(2023.05.11 pm18:40)
19-150.jpg



print works― 舟見倹二+外山文彦 展 website:
https://atelier-zen.jp/funatoya2023.html

とてもいま見れない


昨日記していたように、昨夜は5月13日(土)からの「print works― 舟見倹二+外山文彦展の展示作業をしていた。
次の作業日の金曜まで2日間あるから(その間にいろいろ用意も出来る)と思っていたが、2階の展示で作業中にちょっと浮かんだ発想があり、なぜこういう展示方法なのか解説的なパネルが欲しいと思ったり、他にも説明を加えておきたいなと思う箇所が出てきた。2日間といってもそれに使える時間は限られているし書くのには相当タイトだよねぇと、朝は未明からそんなかんなの執筆作業に入っていた。ちょうどこの未明からはすごく楽しみにしていた「『アストリッドとラファエル』シーズン1の再放送」が始まっていたけれど、録画はしているもののとてもいま見れない。

画像は昨夜のギャラリー沙蔵の前。この日の作業を終えての帰り間際。
19-147b.jpg

本日から会場内準備


ギャラリー沙蔵で5月13日(土)から始まる「print works― 舟見倹二+外山文彦展は、本日から会場内準備作業となる。
同ギャラリーは水曜・木曜と連休だから、本日火曜の営業終了後(夕方~夜)と金曜日の一日を展示作業に充てさせてもらうことにしており、今夜はまず2階の舟見倹二油彩部分から。

上の画像はアトリエ内一角にまとめていたプリント作品(舟見+外山2作家分)で、あわせてこちらも午前中に車に積み込んだ。 ということで、このあとギャラリーに運びます。

(2023.05.09 pm15:00)

さらに輪を掛け


GWといっても今年は明けたらすぐ企画展「print works-舟見倹二+外山文彦展の会場内準備も始まるから、例年GWを休むという感覚はそれほどないが今年はさらに輪を掛けているようだ。

さて画像は昨日の額装作業から。版画や水彩など紙作品の場合、通常は紙マットを挟み込んだ額装になるがここでは方式を違え、カットしたシナベニヤに少し浮かせて直接貼り込んでいる。このままだとちょっとよくわからない状態だけれど、このあと別途組まれた額の中に入れて出来上がり。

 | ホーム |  »

カレンダー

05 | 2023/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

amazone入口


アフィリエイト実施中。アマゾンご利用の際は↑からお入りください。(アトリエZen)

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR