アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

08<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>10

アトリエZen 展覧会案内
infomation

アトリエZen in TWOOL GALLERY vol.01
外山文彦展

2020年10月2日~17日、金・土・日曜のみの開館/12:00~18:00
会場:TWOOL GALLERY
展覧会案内



長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~6月14日まで:三上喜貴
6月15日~8月23日:髙橋ノリユキ
8月24日~10月25日:鶴水亜里沙(ミクストメディア) 〓展示中〓 /ウィルス対策で営業時間の変更がなされる場合もあります。長岡小嶋屋のホームページ等最新情報を確認ください


銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
vol.36/8月6日~10月11日:新田紘平
展示案内
展示作品リスト・展示風景



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


案内ハガキの全貌の前に



今週は展覧会の案内ハガキが1件刷り上がってきました。展覧会の具体的案内(および案内ハガキの全貌)を近日アップしますが、断片的に撮ってみた1枚をその前に。
アトリエZen in TWOOL GALLERY、霜鳥健二展。先に記した“青葉台のTWOOL GALLERYでおこなうシリーズ”の第2弾。

コイズミアヤ展

15-566b.jpg
昨日は新潟市に。医学町画廊でのコイズミアヤ展「結び目のはなし」(楓画廊企画)。最終日にギリギリ間に合う。

TWOOL GALLERY


ドシャ降りになるなか今日は青葉台のTWOOL GALLERYに。
来月アトリエZenでの展覧会を2展開催することになっていてその打合せ。雨がちょっと弱まった間隙をつき、建物外観をおさめてみる。
15-565.jpg
シリーズ企画「アトリエZen in TWOOL GALLERY」
vol.01/外山文彦展 2020年10月2日(金)~10月17日(土)、金曜・土曜・日曜のみ開催
詳細:https://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-5626.html
vol.02/霜鳥健二展 2020年10月24日(土)~11月15日(日)、金曜・土曜・日曜のみ開催
15-564.jpg

耳に響く秋

20代のひとはいまどんな音楽を聴くのだろうと、雑談の中でついKさんに聞いてみた。
便利なものでいまはスマフォからいろいろ出てくるようで、それら“おすすめ”を聴かせてもらっていたら、曲調とか声質がデビュー初期くらいのスザンヌ・ヴェガに似てるねなんて口に出る。調子に乗って、「スザンヌ・ヴェガって知らないよね」云々とよせばいいのに喋っていたら、聞いたはずの当該シンガーの名前は上書きされちゃったようですっかり記憶に留められていなかった。

しょうがないから(ということもないのだけど)、移動中の車のBGMを久々にスザンヌ・ヴェガにしてみた。
15-561b.jpg
CDはいくつか持っているが、この日セレクトしたのは1997年の来日公演記念として作られたライブ盤。帯に「耳に響く秋である」と書かれているのを見るまでもなく、なるほど、アコースティックな響きが耳に実によいのである。そういえばと暦の上ではもう秋なのだと思ってみるけれど、まだまだ暑すぎて、“秋”がなるほどとはなかなかならない。

ヨーグルトクリームのコッペと展示中の新田紘平作品

15-527.jpg

外出した際お昼時分だったからとボントーンに立ち寄り、この日の昼食のパンを。暑さもあってか、自分にしては珍しくヨーグルトクリームとフルーツとがサンドされたパンを買い求めた。ポップに書かれたネーミングは覚えてなかったが、同店のサイトを見たら「ヨーグルトクリームのコッペ」と紹介されていた

右の画像は、店内にいま飾っている新田紘平作品。

展示案内https://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-5588.html
展示作品リストhttps://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-5592.html

大手通りから長岡新天街(商店街)方面


1か月くらい前撮影のストック写真。大手通りのアーケードの端部にある高さ調整用の“垂れ壁”越しに、長岡新天街方面を撮ったものである。この“垂れ壁”は、こうなってしまうとまことに意味不明。
右側列建物の並び、数軒奥が、今月のマイスキップのコラムに書いている「ギャラリー・ティ トーク」がかつてあったビルとなる。そのギャラリーはビルの2階。でもこの画像だと角度的に見えないから言葉だけの説明になるねぇ…なんて思いながらいたら、1か月前にアップした記事の画像にちゃっかり写り込んでいた

解体マニアということではないけれど

15-541.jpg
15-542.jpg
解体マニアということでは別にないけれど、長岡市内を車で移動中に見つけた解体中物件。
上は交差点の多量看板群の裏に建つ4階建鉄筋コンクリート造。下は旧立川病院

39℃の青空とまえがきの執筆

15-540b.jpg      

20ページくらいの小冊子で自作品の記録集を作ろうと作業していると、数日前に書いていた。

台割表も作成し、つまりページ建ても終わったが、「まえがき」部分が手つかずで残っていた。まえがきなど不要だというひともいるのだろうが、清水義範がかつて「序文」というパスティーシュ小説の傑作を書いたように、とかく理系のひとは序文とかまえがきの類が大好きなのである。
要は「なぜこの冊子を作るか」ということを最初に明確に記したいわけで、前回のblogに書いた「2012年作成の冊子(作品写真&批評集)の増補改訂版を作りたいことから発展した」ことを理由添えてただ書けばいいだけなのだが、まぁ一口にいえば遅筆ゆえの面倒くささで、つい後回しにしていた。しょうがないから今朝早起きしてとりあえず下原稿を書き、今日は午前中に家族の病院通院の付き添いをしなくてはならないことをいいことに、病院滞在の待合室での1時間を校正チェックに充てていたわけである。
15-539b.jpg
だいぶ赤が入ったがこれくらいはいつものこと。今週印刷に回せればという目標にちょっと近づいた。面倒くさいだなんだといいながら、書き始めると筆が乗るようで結局2000字の長文となり、空けていた1ページにギリギリである。

しかしそれにしても今日は暑い。39℃である。外は熱風が吹いていると書いたことがあったけれど今日の風はそれ以上だ。一番上の画像は、その39℃の青空。

(2020.09.03 pm14:00)    

作品記録集の目次


20ページくらいの小冊子で自作品の記録集を作ろうと考え、作業中である。
2012年に作成した冊子(作品写真&批評集)の増補改訂版を作りたいとずっと思っていたことが発端にあるが、構成をいろいろ考えていたらここは増補とか改訂ではなく、前回作成時以降(2015~2020年)の活動を中心に添えたほうがいいと新しく編集することにした。

日中は他仕事もあるから(かつ、この場合クライアントは自分自身でデザイン編集費は無いから)勿体無くて使わず、編集作業はもっぱら夜遅い時間を活用している。元来典型的な朝型人間(夜はまったくもって弱い)なはずが、編集ものはもともと好きなのでやり始めると面白くなり、ここのところ夜の時間はそれに充てて熱中していた。数日前に文字原稿は出来ていた「目次」に背景が何もないからと、夜の活用なんて言いながら今朝は早起きしたのをいいことに、朝イチでその背景画像を作っていた。
10年前、2010年の野外展のときの作品風景を加工。一手間入れている。20ページだと目次は無くても成り立つところだが、項目立てしたいことからの作成である。


※冊子は10月の個展で会場に置く(希望者には販売)予定ですすめています
問い合わせ (メールフォーム)

値下げしたのは

   

猛烈に暑い一日。昨日はエアコン効かせた室内で終日作業するはずが、連絡がきて印刷物を受け取りに行ったり、なんだかんだと用事は出るもので結局相当時間外出。車についている外気温計は36℃を表示していたが、フェーン現象ゆえ体感温度はそれ以上か。外は熱風が吹いていた。
自動販売機の写真はストック画像から。「値下げしました」の幟は暑さの中に目が付く自販機の脇にあるけれど、隣の時間貸し駐車場のほうを指している。

(2020.08.28 am9:30)  

ヨコハマトリエンナーレ2020

ヨコハマトリエンナーレ2020が「AFTERGLOW-光の破片をつかまえる」をタイトルに開幕した、というのはもう先月の話。10月11日まで開催中だ。

前回の、もう3年前になる「ヨコハマトリエンナーレ」は観に行っているが、今回はちょっと行けなさそうか。次の(30日の)NHK日曜美術館で特集されるから、まずそちらを観ることにした。

前回展では横浜美術館の建物ファサードに救命胴衣とボートを括り付ける作品(アイ・ウェイウェイ)があったけれど今回もまた建物を作品化した作家(イヴァナ・フランケ)がいて、プリントカーテンによって包まれているらしい。梱包マニアだからってこともないが、「改修工事がおこなわれているわけではなくこれも作品」なんて紹介されるとやはり注目する。一見して特別にそう面白く感じはしなかったけれど、写真だと実際よくわからないところだから、逆に言えば興味をひくのである。

(2020.08.27 pm22:30)

 | ホーム |  »

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR