アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

03<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>05


外山文彦作品記録集(2020年編集版)_2020年10月発行/
郵送にて販売中です
詳細↓
https://atelier-zen.jp/toyamasassi.html

アトリエZen 展覧会案内
infomation




長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~2024年1月8日まで:舟見里留

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
vol.53/~2023年12月17日まで:中川采花 展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
https://atelier-zen.jp/


熱風が吹いていた

21-165a300.jpg

4月もまだ中旬なのに31℃を表示する気温計。フェーン現象らしい。外は熱風が吹いていた。

(2024.04.15 pm15:00)

長岡アートコレクティブ模様緊急企画展「眼差し」

21-163b.jpg
昨秋長岡に新しく開設されたスペースで緊急企画展なるものが開かれてたので行ってみた。

近藤ビルと大きく表示された雑居ビルの2階が会場。オルタナティブスペースと捉えられそうだが、名称にはアートコレクティブとある。COLLECTIVEは「集団的」「協同体」の意味があり、アーティスト集団であることを前面に出しての運営のようだ。長岡造形大の近年の卒業生がメンバーで、「眼差し」と題した今回の展示のディレクションは若手工芸作家の渡邉葉月さん。

長岡アートコレクティブ模様緊急企画展 「眼差し」
会期:2月24日(土)~4月20日(土)/土曜・日曜のみの開館、 10:00~16:00
会場:長岡アートコレクティブ模様/新潟県長岡市殿町1丁目1-5 近藤ビル2階
出展: 遠藤良太郎/岡谷敦魚/倉持至宏/コイズミアヤ/さかいともみ/さとうゆか/藤井真梨子/堀内彩香/渡邉葉月/ Kanicco Ceramics


上の画像で2階に大きな窓が連続してあるのが見えるがそこが展示スペース。この一連に並ぶ広々した窓の存在がなかなかよくて、これを活かそうと意図した(と思われる)展示もさりげなくなされていた。 ちなみに企画者の渡邉葉月さんは、在学中の展覧会などで本blogに記している。特に彼女の作品について書いてたわけではないけれど、そのindexを。
2013-04-17 青い芝展(4人展) /2015-12-01 out viewingの渡邉葉月展

ビルの入口には大きなポスターが置かれるが、写真にするとアクリルガラスの反射で、よく見えない(↓)。
21-164s-b.jpg

見ての通りの佇まいだから

東京駅(の南端)と有楽町駅とはそれほど離れておらず、東京駅で京葉線に乗るには有楽町駅からが近いことは知識として知ってたものの、実際に使う場面はなかった。で、たまたまヤフーニュースに流れてきたのが「マニアックひとり旅ライター」と称するかたがその点について書いた、「東京⇔有楽町間乗り換えルート」記事。
https://news.yahoo.co.jp/expert/articles/e2a02…166

面白く読んだついでにその記事に出てくる東京駅最南端らしい2番出口ってどのあたりかななんて程度の感覚で、何気にグーグルマップ開いてみた。
かなり近い。かつて銀座にあった長岡小嶋屋の仕事で絵画作品を定期的に(車で)運び展示していたときは有楽町駅前の東京国際フォーラムの駐車場も利用していたが、有楽町駅前を銀座側から国際フォーラム側への迂回時にその「東京駅2番出口」の前を通っていたことも知る。なんだその前を何度も通ってたのかとわかっても、そもそもが有楽町駅周囲という感覚。グーグルストリートビューの画像のリンクを貼ってみるが、見ての通りの佇まいだから東京駅だとは気付かないよね。
(画像中、左側の歩道に面し黄色の鉄骨梁の下にポツネンとある)

新潟駅万代口バスターミナル

“国内の様々な建築について徒然に記した”と簡潔な自己紹介がなされる「日本の佇まい」というwebsiteは、都内で開催していた外山文彦展のレビューがなされていた際に少し記していた (3月5日)。この4月6日には、先日本欄にも記した、3月30日でその役目を終えたスイッチバック式の「新潟駅万代口バスターミナル」への言及があったので、リンクを貼っておきたい。

2024.04.06 新潟駅万代口バスターミナル (日本の佇まい「建築外構造物」より)
http://tatazumai.c.ooco.jp/n_arc/n_arc_507.html

おおよそ1600字、原稿用紙4枚ほどの長文であるが、スイッチバック式の例として嘗ての長岡駅大手口広場バスターミナルの俯瞰画像もあるなど、愉しく拝読した。
新潟駅の「旧」となったバスターミナルの意匠デザインに最後言い及び、「スイッチバック式であるがゆえに編み出された形態」「機能的要請を直截に形に置換しただけの上屋」と特徴を挙げ、「与条件に対する合理的な解法のみで成立した意匠不在のその姿が、しかし却って意匠としての固有性を成す」と結んでいる。意匠不在が却って意匠としての固有性を成すという視点に、さすがなるほどと思った次第。
また欄外に掲げられた注釈では新しく運用が開始された新バスターミナルにも触れ、上屋の構造体は樹形を想わせるとその意匠性が記される。「新旧それぞれの意匠性の有無が、都市施設に対する価値観の変容を物語る」として、こちらの観点も興味深いものだった。

ちなみに旧バスターミナルを構造物として撮る場合、「日本の佇まい」氏が載せているように片持ち梁の大屋根に焦点を合わせ(手前の待合ゾーンと対比させ)て撮るのがいいが、私が前に載せてた2015年当時は、そうしたところにさほど興味がいってなかったようだ。当時の写真データーから未掲載画像を載せてみるが、あるのは遠方からのこんな感じのもの。
21-160b.jpg
21-161b.jpg
21-159b.jpg

天下の廻りもの

そういえばエックス展vol.13の会場在館中、路上観察学会本を持ち込んで読んでいたと書いた日があった。その本は↑の「奥の細道 俳句でてくてく」で、2002年第一刷発行、著者:路上観察学会(赤瀬川原平ほか)。
上のリンク先に書いたことだが、20年以上も前のいささか古い本を持ち込み再読しようと思ったのは、エックス展出展の松元さんの写真とテキストによる作品が赤瀬川原平のような面白さだったことが因。 ゲスト作家のサトウさんも交えて赤瀬川原平が云々、センスを彷彿させるよねと話をしていたら、当の彼女はピンときておらず、世代的にという言い方は適当かどうかはわからないけれど、いまは赤瀬川でなくソール・ライターとかブレッソンになるみたい。そんなやりとりも面白く感じていた。
この本はもともと会場下階(1階)の中央図書館の除籍本で、知人が貰ってきたものを私が(赤瀬川好きということで)いただいていたもの。松元さんが興味津々だったからこの機会にと彼女に廻した。本は天下の廻りものなのである。


さて天下の廻りものということでは、先の大森での外山文彦展のときにはギャラリーのオーナーに「デザインのひきだし」なる本(いわゆる季刊誌)を1冊さしあげていた。

21-155.jpg

オーナーと画廊常連の若い作家と3人で話してた際「紙が好きだ」といった話が出たことがきっかけで、年に数回発行される同誌が時々紙特集もやるしお薦めと発言したものの、さすがにマニアックすぎるし、説明はしてもそもそも百聞は一見に如かずを体現したような本。何年か前の紙特集の号が手元にあって、もう読まないだろうからと次の在廊日に持って行くことにしたのである。
手元には紙好きな女性を主人公としたマンガ「いぬにほん印刷製版部」もあったけれど、紙好きと言ってもまぁ廻すに適さないよね。

(2024.04.07 pm20:00)

でも一方美術の視点として

リチャード・セラが85歳で(3月26日に)逝去と美術手帖のニュースが流してきた。
そのページにリンクが貼ってあった、日本では約20年ぶりの個展となる2020年の、日本の美学から影響を受けたドローイングシリーズ「オリエント」が展示された「リチャード・セラ:ドローイング」を観ていなかったことがとても残念。

さて。リチャード・セラについて嘗て何か書いてたかなと検索して出てきたのは、1970年東京ビエンナーレのセラ作品が捨てられるところを(1978年に)多摩美の学生が拾ってきた、というもの。そこにリンクされた、ちょうど15年前に美術家大村益三氏が記した「セラの環」という記事を面白く再読した。
訃報を伝える時事通信社の記事は、「70年、東京・上野公園内にある東京都美術館で開催された日本国際美術展(通称「東京ビエンナーレ」)に、公園内の地面に埋めた円環状の作品を出展。同作品は現在、多摩美術大八王子キャンパス内に展示されている」と簡潔にまとめている。時事の通信らしく要点を得たものではあるけれど、でも一方美術の視点としては、面白さのキーは(一般には記されることのない)「公園内の地面」→「多摩美キャンパス内」への移設の過程。

(2024.03.29 am8:00)

そこでの営業が終わる前に

新しくしている新潟駅の高架下には新しいバスターミナルが出来、3月31日(日)に開業するというニュースを前に見ていたけれど、特にフォローもしていない。
新しいバスターミナルが開業すればこれまでのターミナルは無くなるということで、古いものがいいとか、昭和的懐かしさが勿体無いとかそんな感傷は無いのだけれど、現ターミナルの写真を嘗て撮っているので(そこでの営業が終わる前に)indexを入れてみた。
もう10年近くも前。新潟駅ビルに入っている長岡小嶋屋の仕事で高速バスを使い新潟駅まで行き来してた際の撮影と思われる。

2015-01-29: 新潟駅バス乗り場の佇まい
2015-02-14: スイッチバックのバスターミナル

[おまけ] 2021-07-18: 新潟駅大改造工事の一風景(新潟駅の梱包)

昨日の夕食にはサンドパン

21-113b.jpg

エックス展vol.13(&特別企画:サトウアキヒサ展)。昨日閉幕しました。

今年は急に大森での企画展示が2月に入り込んだこともあり、またそれが好評で(嬉しい話なのだが)追加の制作依頼も複数出る等々の対応で1月からずっとタイトなスケジュール。エックス展の直前に締め切りを迎えた確定申告の提出も地味に効いてました。 だからこれ以上あまりハードにはせず、昨日記したように、まだ掲載してない画像や展覧会のまとめ的な記事は2~3日残務整理なりをしてからの後日にアップしたいと思います。

画像のサンドパンは昨日エックス展会場で上越市から来られたかたから差し入れでいただいたもの。上越市高田の小竹製菓謹製、地元で評判らしい。昨日は11時半から身体表現のパフォーマンス、ギャラリートーク、作品搬出・片付けと立て続いていたため昼食は取らず、サンドパンは夕食のひとつにとなりました。

ところでこの「サンドパン」。割と見かける形態だから意外に思ったのですが、新潟で見られる特有のもので他県には無いらしい。そう記した上越タウンジャーナルの記事を見つけました。
https://www.joetsutj.com/articles/744001295
今回のエックス展では「新潟にある特有なもの」「(そこで暮らす市民は気付いてないが)新潟だけで見られるもの」を取り上げた作家がいて、そんな偶然の符合をも面白がりながらなるほどと、展覧会最終日の夜にサンドパンを食した次第です。

(2024.03.25 am11:00)

帰りはまた雪交じり


21-102b.jpg
季節外れとまでは言わないのかもしれないけれど、昨日はそう言いたいような雪交じりの天気。早朝はみぞれで、でも日中は“くもり”だったり晴れ間も見えたけれど、変動は激しかったようで(エックス展からの)帰りはまた雪交じり。昨日の在館終了後、会場を出て駐車場までの際に撮影。

(2024.03.22 am7:00)

エックス展vol.13/踊れや踊れとリハーサル

エックス展vol.13。17日(日)am10:00開幕です。

初日17日(日)は展覧会timeを10:00~17:00としていて、そのあと17:00~、コンテンポラリーダンサー田中詩穂さんと渡邉蓮さんによる「身体表現によるパフォーマンス」をおこなうことになっています。本日は全体の設営作業を終えてから、リハーサル兼ねて振付の確認とチェックをおこなっておりました。
同パフォーマンスは17日(日)と24日(日)におこないますが、17日(日)は展覧会の時間外におこなうため照明もダウンライト以外は消し、通常の展示空間とはライティングが異なる中での演技となります。今日はその暗くしたライティングのなかでのリハーサル。

エックス展vol.13 websitehttps://atelier-zen.jp/x13.html

21-081b.jpg
一緒に踊ってるかのように写りこんでいる作品は杉崎那朗さんの彫刻「こんな時代に踊れや踊れ」。


下は本日の作品設営作業から。 21-082b.jpg

エックス展vol.13/3月17日(日)開幕です

エックス展vol.13。17日(日)からの開催で、明日15日(金)からは会場入りし現地での作業がスタートします。

(2024.03.14 pm19:00)

 | ホーム |  »

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

amazone入口


アフィリエイト実施中。アマゾンご利用の際は↑からお入りください。(アトリエZen)

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR