アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

11<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>01

アトリエZen 展覧会案内
infomation

アトリエZen in TWOOL GALLERY vol.01
外山文彦展
〓終了しました〓
2020年10月2日~17日、金・土・日曜のみの開館/12:00~18:00
会場:TWOOL GALLERY
展覧会案内】 【記事index
vol.02
-壁面の鉄-霜鳥健二展

10月24日(土)~11月15日(日)の金・土・日曜のみ開催
会場:TWOOL GALLERY
展覧会案内



長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~6月14日まで:三上喜貴
6月15日~8月23日:髙橋ノリユキ
8月24日~10月25日:鶴水亜里沙 〓終了しました〓
10月26日~12月27日:
品田朋香〓展示中〓
/ウィルス対策で営業時間の変更がなされる場合もあります。長岡小嶋屋のホームページ等最新情報を確認ください


銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
vol.37/10月15日~12月13日:小野澤七星
展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


午後からは小雨模様


好天が午後からは小雨模様となったが、駅近辺に用事があり外出。
そんなさ中に撮った画像は長岡駅東口方面、旧栃尾鉄道廃線跡付近。

(2020.12.03 pm18:30)

マイスキップ最終号

今日は朝イチで、「(この月初めの時期はいつもだと置いてある)マイスキップの新号が街中に見当たらないが…」と電話での問い合わせがあった。最終号だからひょっとしたらもう売り切れてしまったのかしらと心配されたらしい。
blog上では通常月よりも発行が遅れるとか、1週間前に新潟日報に休刊がとりあげられたときも「発行は来週になる」と記してはいたが、全世代的にみればネット環境にないかたも多いだろうし、市内見渡しても見つからないからと電話されたようだ。最終号だから絶対に読みたいと言われていた。

30日(月)に刷り上がる予定をあらかじめ聞いていて、だから1週間前の記事は週初に早々刷り上がる見込みで書いていたが、でも予定は遅れ昨日の刷り上がりとなったよう。今日あたりから市内配布が本格化するので、店舗や図書館などの設置先に並ぶのは(早いところはもう置かれているだろうが)もう2~3日お待ちくださいといったところだろうか。ルート配送はSさんがひとりで担っていて、いくらパワフルであっても時間も要るのである。と、そんな配布予定を電話口で答えた。

(2020.12.03 pm13:30)

応援したいから、応援にいかない。

来年年1月2日3日の第97回箱根駅伝のポスターが完成したということで、ニュースに流れてきた。「応援したいから、応援にいかない。」というキャッチコピーがついている。
https://www.rikujyokyogi.co.jp/archives/18423(陸上競技社のサイト)

「応援したいから、応援にいかない。」というキャッチはいい言葉と思うけれど、例えば助詞の「に」は無いほうがよくて、「応援したいから応援いかない」にすればちょうど17字でよりいいんじゃないかと思ってみる。夏井いつきさんの俳句講座の聞きかじりで反射的に思ったことだけれど。
そういえば今年の正月には箱根駅伝について「沿道まで観戦に行ったこともかつてあったが、一地点でのいわゆる「点」として視るのではなくスポーツ競技の「線」で見たいから、テレビに落ち着く」と書いていた。駅伝を陸上競技として堪能するならポスターでお願いされるまでもなくテレビなのだが、世の中、陸上マニアだけではないからさてどうなることだろうか。でも沿道観戦はたしかに臨場感はあるものの(実際やるとわかるけれど特に往路の場合は)一瞬で通り過ぎる感じだから、人によってはあっけないと思うはず。逆に復路の場合は走者間の間隔が空くから、1地点で見てると次の走者がなかなか来なくて延々待つ状況になる。陸上好きは「待つ」のも想像の契機で楽しみとしても、一般のひとだとどうなのだろう。沿道観戦は数年後に落ち着いてからやればいいと思うところだ。

ところでいま沿道観戦と書いたところ、観戦の文字が「感染」と最初誤変換されてしまい、「沿道感染」となった。偶然のことだけれど、洒落にならないよね。

静物画の窓枠


訪問先のデザイン事務所での一枚。まるで静物画のように窓枠に置かれていた。

旧大和長岡店

昨日は大手通りに行ったので久々に旧大和長岡店の解体工事現場を撮ってみる。 パネルで完全に囲われての作業だから外目には一見変化がなさそうに見えるけれど、2か月に載せていた画像を見直すとやはり少々違う。

15-749a.jpg15-750a.jpg

右下の画像は大和長岡店とは関係なく撮った、アーケードの段差。

第23回長岡デッサン会作品展


第23回長岡デッサン会作品展に。
昨年の第22回展は「アート四季」での開催だったが、今回は新しく出来たスペースの「アート○(art maru)」が会場。DMには“絵を描くのが好きでたまらない仲間の会”の作品展だと謳われていて、ギャラリー第一番目の展示となるようだ。

15-746pa425.jpg
会場のギャラリーは丸岡医院に隣接して建てられたもので、同医院の看板にも小さく記されていた。内部空間とか作品とかは撮れないので画像は建物入口とか看板になってしまう。

第四銀行と北越銀行

15-744s_202011241044015a5.jpg 合併前の、第四銀行と北越銀行。

すなわち25%増し

印刷物の制作が2件あり、この3連休は合間みてそうしたデザイン作業をしていた。比較的急ぎの1件はこのあと今日にも印刷に回し、もう1件もほぼほぼまとまってはいるが、こちらは少し寝かせてから仕上げたいと思う。

先週の日曜日に、地域情報紙マイスキップに掲載するコラムに関して、「次号12月号、すなわち最終号の分の入稿はすでに終わっている」と書いていた。その後の1週間で紙面全体の校正も完了し、こちらも連休明けの本日印刷に回る見込み。
最終号ということで今回増ページになっていて、編集作業に時間かかったほかに、印刷所の作業にもいつもより数日程度時間を要することになっている。3~4日程度と思われるが、通常月よりも発行が若干遅れるということでお含みください。
増ページと言っても増えたのは2ページで、でも通常8ページが10ページになるので割合で言えば大きくて、すなわち25%増し。

まずはゼロから

15-742.jpg


発行されたと同時くらいに買っていたNewtonの12月号を、ようやく読み始めている。書店でパラパラと見たときは「土はそもそも何か?」という8ページの記事にも興味をひかれたけども、お目当ては特集の微積分。

表紙には「ゼロからわかる」と書かれていて、通常使われる「一からわかる」ではなく「ゼロから」なのはミソだろうか。
例えばゼロ除算(0で割る割り算)は数学的には成立しないが、微分積分を「(そうした一見答えが出そうもない)0(ゼロ)についての計算を追求していくなかで生まれた数学」と捉え、特集はゼロを考えることから始まっている。

Newton 2020年 12 月号

本日の天気ではなく

15-736a.jpg
今朝のblogに記していたが本日午前中はTWOOL GALLERY霜鳥健二展の作品搬出&片付け作業。終了後お昼ご飯は(作品搬入時に行って美味しかったからと)同じ店に。この日はマーボー飯にした。前回のときはメニューになかったから、システムをよく把握してないが時折日替わり的に加わるのかもしれない。

画像中の「HARE」は本日の天気では勿論なく。

(2020.11.16 pm19:00)


TWOOL GALLERY 霜鳥健二展、終了しました

TWOOL GALLERY(霜鳥健二展)での昨日の撮影。看板には「開催中」とありますが、展覧会は昨日終了。今日このあと午前中に作品搬出作業です。

(2020.11.16 am7:30)


15-731a.jpg
15-732a.jpg15-733a.jpg
15-734.jpg

 | ホーム |  »

カレンダー

11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR