アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

08<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>10

アトリエZen 展覧会案内
infomation

アトリエZen in TWOOL GALLERY vol.01
外山文彦展

2020年10月2日~17日、金・土・日曜のみの開館/12:00~18:00
会場:TWOOL GALLERY
展覧会案内



長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~6月14日まで:三上喜貴
6月15日~8月23日:髙橋ノリユキ
8月24日~10月25日:鶴水亜里沙(ミクストメディア) 〓展示中〓 /ウィルス対策で営業時間の変更がなされる場合もあります。長岡小嶋屋のホームページ等最新情報を確認ください


銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
vol.36/8月6日~10月11日:新田紘平
展示案内
展示作品リスト・展示風景



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


紙媒体版アート日和第83回-月刊My-Skip9月号

昨夜に引き続き、地域情報紙「マイスキップ」の9月号から。 連載コラムの「アート日和」である。昨日の「建物の記憶」と同様こちらも予告めいたことを記していたから繰り返しになるが、7月号の冒頭で「昭和のある時代の長岡の画廊を調べている」と書いたことについて補足しながら。なんだかんだと着地は「個展つながり」にした。



●外山文彦展:https://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-5626.html

建物の記憶と日の目をみた写真



地域情報紙「マイスキップ」の9月号から。
前に予告っぽいこと書いてたなと思って過去記事見てみたらもう1か月も前のことだったけれど、まぁそこに書いてたように、今回は建築技術者Kさんの「建物の記憶」と題したコラムが入っています。表題が画像中に見えますが、今回のテーマはいま建物解体工事中の「旧大和長岡店」について。

記事には写真を2枚入れています。旧大和デパートは1986年に大改装をおこなっていて、外観がそこで大きく変わりましたが、1枚は大改装前となる(要は初期建築状態の)1981年のもの。↓の左側の画像で、地元在住のかたから写真提供を受けました。
15-538.jpg
もう1枚の、↑でははっきり見えない右側は昨年秋の撮影で、向かいの古いビルで長岡造形大学のイベント「芸術工事中」が開かれていて、屋上でも作品が展示されていて作品観覧にかこつけて入れたから(この角度は珍しいし、もう撮れない公算が高いと)、思わずシャッターをきったものです。ということでこちらは私自身の撮影。

撮ったはいいがほとんど趣味のようなものでどこにも使う場面なぞないと思っていたが、Kさんに記事執筆依頼時、その参考にと旧大和の現況写真も何枚か送ったなかに1枚(珍しい角度はふだん見えない搭屋がわかったりして面白いからと)紛れ込ませたら、予想以上に反応してもらい、この写真のコメントを文中に書き入れたい(から紙面掲載してほしい)とまでなった。そんなリクエストがあり、それで日の目をみたわけである。

届いた来月の原稿とスタートした星奈緒展と

地域情報紙マイスキップは8月号が先週発行になったばかりだが、次の9月号用に頼んでいた原稿が2つ、ほぼ同時に届いた。 ひとつはいつもの「造形する風」と題した長岡造形大生の月替わり学生原稿。次は美術専攻の学生となり、届いた原稿もなかなか“美術”的。もうひとつは久々に入る建築技術者Kさんの寄稿コラムで、氏の原稿は2018年12月号以来となる。

下はいま発行中の8月号から、イベントガイド欄。 記載した星と森の詩美術館での星奈緒さんの個展は、一昨日から始まっている。

紙媒体版アート日和第81回-垂れ幕で見た建物史

地域情報紙「マイスキップ」で連載している(紙媒体版コラムの)アート日和、7月号分を転載します。
1か月前のまだ編集制作・校正段階のときに「昔の長岡の画廊を調べていると(冒頭に)言いつつ、調べる過程で知人画家のアルバムから見つけた写真に興味をそそられた(そちらのほうをコラムにした)」なんて書いていましたが、タネを明かせば、約10年前に解体された旧丸専デパートの外観写真のこと。
外観といっても狙いは単なるファサードではなく、昭和50年代にSさんが外壁に掲げられた「美術展案内の垂れ幕」を撮っていたもの。毎年のように丸専で開催したグループ展の当事者として連年記録撮影されていたのだが、しかしそれが、見る側の興味や視点が変わることでまた違うもの(この場合は増改築の繰り返された建物の歴史)が見えてきたという話。視点の変換というのは斯様に面白いですね。

ところで昔の展覧会案内物には年号が書いてないものがよくあり、垂れ幕や印刷物が●月■日という会期だけだとそれが何年だったのか後からわからない。紙面に掲載した画像では真ん中がそのタイプで、アルバムに貼られた順序の前後関係から「昭和55年か56年」と最初推測をたてたら、本文に出てくる木村さんからそれならおそらく昭和55年だろうとあった。写り込んだ他の垂れ幕が根拠で、なるほど“輝け!ナツコSUN”なるキャッチコピーは資生堂のヒットCMであったなと時代考証のよう。御婚礼家具大展示中とか今だとお目にかかれないようなフレーズもあって、時代の風俗といった見方も面白そうだ。

15-204b-800.jpg

記録された'64東京オリンピック

15-186.jpg
先に続けてMy-Skip7月号の話題をもうひとつ。“記録された'64…”なる企画特集面は佐藤秀治さんが執筆。蒐集品から見た'64東京オリンピックの論考です。

(2020.07.01 am00:00)  


15-184b.jpg
15-183b.jpg

柿川のほとり、ハゼノキの下で

長岡市呉服町maison de たびのそら屋にて、アトリエZen企画どうぶつアート展野坂衣織展開催中。7月5日(日)まで。ただし明日の7月1日(水)は休廊です。


さて地域情報紙「マイスキップ」の7月号が発行になっていますが、今回号ではmaison de たびのそら屋の久保田さんから「柿川のほとり、ハゼノキの下で」と題した一文を寄稿してもらっています。当該号はギャラリーにも置いてありますので、どうぶつアート展にお越しの際はどうぞお持ちください。
ちなみに書けば、その「柿川のほとり、ハゼノキの下で」の標題のすぐ上、写真が3枚載っているところは私の連載しているコラム欄。2週間前に昔の長岡の画廊を調べているなんて言いいながらそれとはちょっと違う内容を書いたと予告めいたことを記していたのですが、そちらのほうの詳しくはまた後日。
15-181b.jpg

紙媒体連載版アート日和第80回 -どうぶつアート展

15-134b.jpg
長岡地域情報紙「My-Skip」6月号から。 連載のコラム「アート日和」欄。
今月は、maison de たびのそら屋で24日からおこなう私の企画について。入稿時の余談で先のblogにもあったように、換気を施して開催するとか云々のことを中段10行に渡って書き連ねています。文中には詳細は「下欄のイベントガイド欄を」とありますが、ここでは下のリンクで参照ください。

15-128s_20200601122841969.jpg

2020年 6月24日(水)~7月5日(日)/休廊:7月1日(水)/maison de たびのそら屋
 どうぶつアート展 https://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-5506.html
 同時開催(ギャラリー併設の喫茶室内)/野坂衣織展「自然回帰線」
    https://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-5505.html




アート日和 vol.80 (地域情報紙「マイスキップ」2020年6月号掲載)
どうぶつアート展
15-133b850.jpg

(画像をクリックすると大きくなります)  


紙媒体版アート日和第78回-今日の旧長岡現代美術館

長岡地域情報紙「My-Skip」4月号から。
連載しているコラムでは先月号に続いて旧長岡現代美術館絡み。blogにも先般記している「五・十の市」との最後の光景を載せた。下に転載する。

さて文中には「(特徴的な)外壁レリーフはすでに取り外されていることだろう」と記しているけれど、紙面発行の先週段階で未着手である。「だろう」という推定表現だからおかしくはないとも言えるが、ちょっとフライングっぽさはある。3月に取り外すと聞いていたから紙面発行の頃にはもう工事がなされていると(執筆時は)思っていた。「…取り外されているかもしれない」くらいにしておこうかとちょっと迷ってはいたのだけれど。



アート日和 vol.78 (地域情報紙「マイスキップ」2020年4月号掲載)
今日の旧長岡現代美術館
14-235b650_2020032913142502d.jpg

(画像をクリックすると大きくなります)  

My-Skip4月号イベントガイド欄と本日からのizumi展

地域情報紙「My-Skip」4月号が刷り上がり、配布が始まっています。まず7面のイベントガイド欄を紹介しておくと、ラ・ボントーンに作品をいま飾っているヘロシナキャメラさんの案内のほか、デイジーでの販売会、および今日から「maison de たびのそら屋」でスタートするizumi展を掲載しています。
14-237b800.jpg


「2020 spring exhibition」と謳われたizumi展はその名の通り画廊春の企画展で、5人展の形態。アトリエZenの企画に参加された作家も3名ほど。

14-239.jpg    

My-Skip3月号イベントガイド欄と4分の3

“文学と美術のライブラリー”游文舎から「22日からの“たかはし藤水植物インスタレーション展”は新型コロナウイルス感染症の影響により延期する」と連絡があった。つい先日のこと。 美術展は、例えばフェルメールとか圧倒的人口密度の春画展のような行列をつくるものは感染リスク高すぎの論外だけれど、ギャラリーでの一般的な美術展は感染リスクは低いとされるから最初聞いてちょっと意外だった。でも図書室併設などの施設形態からしたら延期もまぁわからなくもない。

My-Skip3月号のEVENT GUIDEの欄には下記のように今回4つ記載しているが、これで外山文彦展以外の3つが記載会期での中止あるいは休止になったことになる。4分の3。休止中は3月16日(月)まで臨時休館とアナウンスされる新潟県立近代美術館「1964年東京-新潟」展だけど、でも17日から再開するか難しくはみえる。近くから行くならともかく遠方から目的のイベントがあるときは、いまはいちいち確認が必要のようだ。



唯一開催中の長岡小嶋屋CoCoLo長岡店「外山文彦展CoCoLo長岡のサイトにはいちおう「状況により営業時間の変更や休館となる可能性がございます」とはある。休館なんてなったらそれこそたいへんだけれど、15日迄と期間をきって営業時間を1時間程度短縮している店舗は何軒かあるようだ。

雪の現代美術館/紙媒体版アート日和第77回(My-Skip3月号)

地域情報紙My-Skipの3月号が発行されています。
先月の編集時にそういえば「載せる」と予告的に記してもいたのですが、今号の連載コラムでは旧長岡現代美術館と雪との風景を掲載しています。雪は降ってないから先月号同様に画像は数年前のもので、今回は2013年からの4枚(↓)。


アート日和vol.77 雪の現代美術館
先月号では2年前の大雪の写真を特集ページに載せた。執筆時にこれほどの暖冬になるとは勿論わからなかったけれど、街に雪が無いなかの大雪特集は「反転」が効いて逆によかったよう。本稿を書いている1月末も雪は周辺に皆無だが、今号もまた雪にし、今春とうとう解体になる旧長岡現代美術館との光景を載せてみる。
現時点は建物にそのまま遺る斎藤義重のパブリックアート。その外壁レリーフや前庭と「雪との関係」とを視たくて以前の冬はよく写真を撮りに行っていて、いずれも2013年の撮影である。
斎藤義重作品は建物除却後も移設されることになってはいる。だが、移設後の意味は確実に一変するし、空間を意識したオリジナルの状態というならもう最期だろう。県外から美術関係の友人が来ると決まって案内したものが駅前で3つあって、この斎藤義重と、大光銀行本店の旧建物外壁にかつてあった多田美波のパブリックアートは共に驚嘆されたもの。「日本有数の作家のこの規模の作品がなぜ、長岡にあるのか?」と当然尋ねてくるから、日本初の現代美術館といった歴史の話にとつながるわけだ。
さてその3つの最後のひとつはというと、意味は異なるが寿屋旅館の建物。除却され、こちらも街の風景からなくなっている。

(月刊マイスキップ 2020年3月号) 

14-181a.jpg

 | ホーム |  »

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR