アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

08<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>10

アトリエZen 展覧会案内
infomation

アトリエZen in TWOOL GALLERY vol.01
外山文彦展

2020年10月2日~17日、金・土・日曜のみの開館/12:00~18:00
会場:TWOOL GALLERY
展覧会案内



長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~6月14日まで:三上喜貴
6月15日~8月23日:髙橋ノリユキ
8月24日~10月25日:鶴水亜里沙(ミクストメディア) 〓展示中〓 /ウィルス対策で営業時間の変更がなされる場合もあります。長岡小嶋屋のホームページ等最新情報を確認ください


銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
vol.36/8月6日~10月11日:新田紘平
展示案内
展示作品リスト・展示風景



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


リバーサイド千秋の梱包

連休中は混むから避けるべく昨日リバーサイド千秋に行ったところ、外壁塗装工事のようで建物の“梱包”作業がなされていた。建物が大きく壮観。


15-236b475.jpg

ウオロクの入口


ツインタワーのように仮設シートが張られたウオロクの入口。

同じように先週の翌日

先週、仕事帰りに立ち寄った某SCの看板ライトアップ画像を載せていたけれど、その翌日も同じく打ち合わせが遅くなり、帰り道に寄ったお店で同じように「透けた“梱包”ライトアップ写真」を撮っていたのだった。blogに記す時間がなく週遅れとなったが、同じようにスケルトンタイプの“梱包”は偶然。
市内某スーパー。「某」と言ってもまぁ一目瞭然のようだけれど。

13-651a.jpg  
13-652b350.jpg  



全景はこんな感じ。ズームアップして部分的に撮ったほうがよさそうか。

13-653.jpg

昨夜の梱包

昨夜の写真。仕事帰りに立ち寄った某SCにて。 「コメリ」の看板はシートを一部かけずにライトアップされ、いい“梱包”具合。

青空と青い梱包

 2019 弥彦・野外アート展 〓開催中〓 13-546mini.jpg 
http://nart.nomaki.jp/2019yahiko.htm 





  
余計なことはアップしないと数日前に書いたはいいが、つい、やっぱりこうした画像をあげてしまう。青空と青い梱包。市内スーパーの外壁修繕工事中&営業中。

黒埼パーキングエリア



13-381.jpg
新潟市内、北陸自動車道黒埼PA

球形の梱包-02

先週載せた円柱状の足場組みが当日夜の震度5地震でどうなったかを別に見に行ったわけではなく、ちょうど仕事ルート上の通りがかり。白いパネルが取り付けられる進捗状況を目にするのだった。数日前のこと。橋上からは撮れず、あいもかわらず土手上から。

13-365.jpg
13-366.jpg

球形の梱包

長岡・蔵王橋のふもと。二つ並ぶガスタンクのうちのひとつに何やら足場が組まれていた。 18日、震度5の地震が夜に当地で起きる前、その日の午後の撮影である。
橋上からの光景がとてもよかったのだけれど駐停車禁止でいたしかたなく、土手上に停めて違う角度から。 球形に対し足場は(当たり前だが)円柱状に組む。

13-363s_201906210738074ad.jpg

サービスエリア展望台付近の長い梱包

大和由佳展など群馬まで行った土曜日、その帰路に立ち寄った越後川口サービスエリア。
少し高台になって信濃川を見下ろす展望台があるけれど、展望台とその信濃川のあいだのゾーンに(あらたな歩行路なのか何なのかわからないが)なにやら工事が進行中。オレンジ色のフェンスが延々と細いゾーンを囲むようにたてられていた。

13-297.jpg

ふだん立ち寄っても展望しての川の写真をそうそう撮らないくせに、オレンジ色の長い“梱包”に興味をとてもそそられ、写真におさめたというわけだ。


13-295b.jpg
13-296.jpg

弐萬圓の半分の梱包


右半分が“梱包”された弐萬圓堂を見つけた。
弐萬圓の半分で一万円の梱包だなんて言うつもりは全くないけれど、かつて「眼鏡が二万円で買える」と大々的に打ち出したキャッチフレーズは今もそうなのだろうかとちょっと思ってみた。だからウエブサイトを見たら、とうに変わっているみたい。弐萬圓堂に行くことはふだん無いから知らなかったが、「『新しい顧客満足のカタチ』を料金体系にした『選べるプライス 選べるプラン』」とあった。オール弐萬圓ではないのですね。

橫濱媽祖廟の梱包

12-715b.jpg
12-714_20181017232527e84.jpg 12-716_20181017232528d81.jpg
 


art Truthすぐ近くにある「橫濱媽祖廟」。
今年5月、通りがかりに外側の門の改修工事(梱包風景)を撮ってblogに載せていたけれど、今回の“通りがかり”では内部のほうを。

 | ホーム |  »

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR