アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

08<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>10

アトリエZen 展覧会案内
infomation

アトリエZen in TWOOL GALLERY vol.01
外山文彦展

2020年10月2日~17日、金・土・日曜のみの開館/12:00~18:00
会場:TWOOL GALLERY
展覧会案内



長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~6月14日まで:三上喜貴
6月15日~8月23日:髙橋ノリユキ
8月24日~10月25日:鶴水亜里沙(ミクストメディア) 〓展示中〓 /ウィルス対策で営業時間の変更がなされる場合もあります。長岡小嶋屋のホームページ等最新情報を確認ください


銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
vol.36/8月6日~10月11日:新田紘平
展示案内
展示作品リスト・展示風景



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


Real Peacefulness/本園師芳展

ギャラリー湯山企画展
15-551b526.jpg

Real Peacefulness 本園師芳展
会期:9月12日(土)~11月3日(火・祝)の土曜・日曜・祝日のみ開催/10:00~16:00
会場:ギャラリー湯山/十日町市湯山446
入場料:一般300円、小中学生150円

増殖と破壊のはざまで

未曽有の新型コロナウイルス禍の渦中にあって、これまでの社会・政治・経済を初め生活まで大き な修正・変更を余儀なくされている。アーティストの表現や想像力さえも無関係に存在することはありえない状況下に、作家の立ち位置と表現にこだわるという趣旨で企画された展覧会。

参加打診は受けたものの私自身の出展はありません。上記案内文は、打診時に受け取った企画者(前山忠さん)による趣旨書から(私のほうで)抜粋要約したものになります。
15-226.jpg

ギャラリー湯山企画展 vol.22
増殖と破壊のはざまで -パンデミックに己をどう封印するか-
会期:8月8日~16日の間は無休、および17日~30日の間の土曜・日曜。
会場:ギャラリー湯山/新潟県十日町市湯山446
入場料:300円、小・中生 150円

初日の8日はオープニングイベント(ギャラリートーク、パーティ等)が13:30から開催されます。イベント開催中は作品観覧に実質的な制限もあろうと思われますので、純粋に作品閲覧のみ目的のかたはご注意のほど。
※ 会場のギャラリー湯山については「“大地の芸術祭”から生まれた古民家再生ギャラリー」の活動の記録として2017年4月号のマイスキップの企画特集記事で取り上げ、書いたことがあります。

新世代への視点2020

銀座の画廊から案内が届いたので掲げてみる。
8画廊が推薦する40歳以下の新鋭作家による個展が各会場にて開催。主催は東京現代美術画廊会議。

画廊からの発言 新世代への視点2020
7月27日(月)~8月8日(土)/日曜休廊
15-232b525.jpg
15-218white.jpg
15-233b800.jpg

星奈緒 パステル画展-わたしたちの粒子-

 15-219b800.jpg


星奈緒さんの展覧会はつい最近も新潟市内で開催されていたばかりだが、7月31日からのこちらは展示意図が異なり「これまでの10年の活動の軌跡」に焦点をあてたもの。これまでの作品から作家自ら思い入れの深い作品などセレクトし、新作を交えて計約50点を展示。


星奈緒 パステル画展 -わたしたちの粒子-
会期:7月31日(金)~9月27日(日)/火曜日および9月23日(水)は休館(ただし9月22日(火)は開館)、9:30~17:00(入館は16:30まで)
会場:星と森の詩美術館   十日町市稲葉1099-1
入館料:一般500円、小・中学生200円

夏の庭


15-218white.jpg
15-217b1300.jpg

↑ 画像をクリックすると大きくなります  


游文舎企画展 野外編
夏の庭
会期:8月1日(土)~16日(日)
会場:霜田邸庭園 【柏崎市】
企画:文学と美術のライブラリー 游文舎  http://youbun.net/
※野外作品の観覧時間は10:00~17:00(最終日は15:00まで)/イベント開催時はイベントに合わせ延長

Flowers-瀧ケ崎千鶴日本画展-とdaisyでの九州やきもの展

新潟での展覧会にも3年前に(拙企画flowers展で)参加してもらった都内在住日本画家、瀧ケ崎千鶴さんの個展が横浜art Truthで開催される。こちらもタイトルにflowers。行きたいと思ったものの、いまなかなか動きがとれない。
15-088a_20200525095533ec8.jpg
     瀧ケ崎千鶴日本画展・Flowers
     会期:5月28日(木)~6月7日(日)/火曜定休
     会場:art Truth 【横浜市】


今日の午後は届け物があってカフェdaisyに。店内ではちょうど「九州のやきもの展」が始まっていた。

15-126a350.jpg

この展示会についてはMy-Skipの次号6月号にも案内を入れている。原稿執筆時に同店は新型コロナ対策で(通常22時迄営業のところ)20時迄に短縮営業されていたので、紙面にはそうした注釈を付けた。いまのご時世、特に飲食店だと営業時間の変動もありうると含んで受け取るのが無難です。

代田橋ナンドナーレⅢ

代田橋ナンドナーレ。私は今回出展しておらず。

14-249b.jpg14-250b1050s_2020040118511357a.jpg


1st.代田橋ナンドナーレ(2017)

中島尚子展「きょうの観察」ときょうのカテゴリー

アトリエZenの企画展にもたびたび出展している(※今年も長岡での企画に出展予定!の)、横浜市在住版画家・中島尚子さんの新作個展が横浜のギャラリーart Truthで開催される。
彼女らしいきょうの観察っていうタイトルは、わたし的にもかなりのツボ。
14-148b.jpg
中島尚子個展「きょうの観察」/3月5日~15日、10日休廊/art Truth[横浜市中区]


さてきょうの観察に感化されたわけではないけれど、昨日一昨日と連続して旧長岡現代美術館の画像を載せたからと、今日の旧長岡現代美術館」というカテゴリーをきょう新しく作ってみた。「今日の」とはつまり“いま”のことで、だからそのあと「旧…」とつなぐのは逆接的だけれど、ここはけっこう意図的。

霜鳥健二展-移り行く面-

       14-075_20200214121609e11.jpg

霜鳥健二展 -移り行く面-
会期:2月19日(水)~3月1日(日)/2月25日休廊
会場:アートギャラリー万代島 【新潟市】


氏は「新潟現代美術」というサイトの運営もされていますが、その展覧会情報欄には今回上記個展とあわせ、長岡小嶋屋での現在の展示案内(外山文彦展)も入っています。
http://nart.nomaki.jp/2020.htm

      14-114a250.jpg 14-116.jpg

2020におこなう1964の展覧会


1964年はマイブームだとその50年後となる2014年に記していたけれど、その1964をテーマにした「1964年 東京-新潟」なる展覧会が新潟県立近代美術館で近く開催される。街なかのアーケードに面した店頭にポスターが貼ってあった。
  14-014.jpg

矢尾板克則展と喫茶室の高木秀俊・蓑輪朋和作品

昨日15日の小正月は陶芸作家・矢尾板克則さんの個展に。
「usefulとuseless」とタイトルが付けられていて、その意味については会場「maison de たびのそら屋」の久保田さんがマイスキップ紙に寄稿しているのでそちらを参照。

14-031b.jpg

↑  太陽の間    

14-030b.jpg

↑  月の間    


喫茶室のほうは(矢尾板さんの作品展にフィットするという判断があり)赤の壁面には高木秀俊さんの絵画「架空の果実」シリーズから4点、棚上には蓑輪朋和さんの小品2点が飾られている。いずれも購入可。
14-029b.jpg
  14-032.jpg
  14-033.jpg


矢尾板克則展 -usefulとuseless-
会期:1月13日(月)~26日(日)/16日(木)と22日(水)は休廊、11:00~17:00(最終日は16時まで)、 会場:maison de たびのそら屋(長岡市呉服町2-1-5)
14-025b.jpg

 | ホーム |  »

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR