アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

07<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>09

アトリエZen 展覧会案内
infomation



長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~6月14日まで:三上喜貴 〓終了しました〓
現在/6月15日~8月23日:髙橋ノリユキ(写真) 〓展示中〓/ウィルス対策で営業時間の変更があります。長岡小嶋屋のホームページ等最新情報を確認ください


銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
vol.36/8月6日~10月11日:新田紘平
展示案内
展示作品リスト・展示風景



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


今でしか撮れないものだからと

15-272.jpg

夕方からの打合せに長岡駅から歩いて向かう。今週の木曜日のこと。
道中、解体用の足場が組まれ出した旧大和と旧長岡現代美術館のゾーンを通るからと、また今この場でしか撮れないものだからと、しばしカメラにおさめていた。そういうときに徒歩移動というのはいい。夕方でも30℃越えの暑い日はうんざりだったけれど。

画像はまず大和のほう。数日前の画像と間違い探し的に違いを見るなら、80年代大改装時に設置されたアスロックみたいな外装材に開口が作られている。また大手通り挟んで反対側のビルも解体されるようだ。古いアーケードもそれに合わせて途中で切断されている。

15-273.jpg
15-275.jpg
15-276.jpg

旧病院と旧々病院の建物

15-053b.jpg
立川総合病院が神田にあったときの旧建物。解体工事が始まリ出したよう。
なんて写真を載せると、緊急事態宣言で不急の外出自粛が求められてるのにと言われそうだけれど、(だから書き添えれば)街をふらふら散策してたわけでなく仕事の移動中にたまたま見つけたもの。

長岡はいま大きな病院は皆が皆、バイパス沿いの、車で行くのには便利な場所に、逆に言うと車が無いと行きづらいところに移転してしまったが、日赤病院、中央病院、立川病院と嘗て長岡駅近辺にあった。3院のなかで最初に「駅から離れた」ところに移転したのは互尊文庫近くにあった立川病院で、駅から離れたと当時は見えてもまだ近かった神田の地から、さらに離れて近年移転したというわけだ。ひとつくらい駅から徒歩圏内に残してもらえるとよかったのだけどね。
まぁそんなことはさておいて、互尊文庫近くのその旧々立川病院は円柱状の建物だったと、上を書いてたら思い出した。思い出したと言っても幼少のころに見たはずのごく微かな記憶程度のもので、実はほとんど知らない。昔のものだからwebにも出てないと思い込んでいたが、何気に検索したらどなたかがアップしてた外観画像が出た。貴重写真で驚いたものの、でもそれ見ても、微かな記憶はやっぱり曖昧なもの。

教会の解体工事と偶然の符合

長岡市内、表町にあるカトリック教会の建物が解体工事中であった。先日、エックス展Xのため在廊していたギャラリーから別仕事の打ち合わせで駅近くの喫茶店まで徒歩で向かったのだが、その際に見つけている。打ち合わせの指定時間には少し間もあったものだから、しばし外観の見学。

13-846a.jpg13-845a.jpg


長岡には「長岡駅をはさんで東側と西側に二つのカトリック教会があり、東側が福住教会で1929年の献堂、西側は表町教会で1963年の献堂」と“司教の日記”というblogに書かれていた。そこから続けて引用すると「この二つの教会、福住教会と表町教会は距離にして1キロ強。(2014年)1月1日をもって一つの小教区として合併することになり、聖堂は西側の表町教会」となったよう。
一方の福住教会のほうは併設の聖母幼稚園とともにその後建物は除却されている。歴史的なことは知らなかったが個人的に思い入れがあったことから、その建物除却についてそのときblogに記していた。今回、偶然の符合なのかエックス展会場に来られたかたが事情通でその「聖母幼稚園とカトリック教会(福住教会)」の話をちょうどしていて、その矢先に「表町教会」解体現場を目の当たりにしたのだった。こういう偶然の符合は意外とあるものと最近感じている。
私の場合どうしても建築物のほうに意識がいく。歴史的なことは知らなかったと書いたけれどそのとき福住教会の建物の由来について伺い、その貴重性は除却前にぜひ写真を撮らせてもらうべきだったと思っていた。その福住教会の跡地はいま(マンションらしきものが)建設中でもう様相を異にしているけれど、表町教会のほうは建て替えのための解体ということなのだろうか。

13-848.jpg     
13-847.jpg     

 | ホーム | 

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR