アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

12<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>02

アトリエZen 展覧会案内
infomation

アトリエZen企画展
エックス展 Ⅹ -若きクリエイターたちの自由表現-
[記事index]
会期:2019年12月12日~22日/〓終了しました〓

三上喜貴 賀状版画作品展(at WASHIMA TOUT LE MONDE)
http://atelierzen.blog.fc2.com/
blog-entry-5189.html

会期:11月1日~2020年1月26日、休館日にご注意ください/会場:和島トゥー・ル・モンド 2階



長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~2019年1月6日まで: 後藤裕子〓終了しました〓
1月7日~3月10日まで:
信田俊郎〓終了しました〓
3月11日~5月19日まで:
海津千並〓終了しました〓
5月20日~7月21日まで:
安立貴美枝〓終了しました〓
7月22日~9月23日まで:
長谷川恭子〓終了しました〓
9月24日~12月1日まで:
高木秀俊〓終了しました〓
12月2日~2020年2月2日まで:
角屋 幸〓展示中〓

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
現在の展示宮島朋明(鉛筆画)
展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


三上喜貴 賀状版画作品展 -会場風景03

[アトリエZen企画]
会場風景の“02”を前回アップしてから約1か月が経ちました。和島トゥー・ル・モンド2階での三上喜貴賀状版画作品展はロングラン開催中です。
“教室”内のほか、手前の(階段あがり口の)談話コーナーに計10点を展示。

13-873a.jpg13-874a.jpg
13-877b.jpg

展示案内http://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-5189.html

展示作品リスト・会場風景:http://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-5210.html
マイスキップ紙での紹介:http://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-5214.html
作品&短文集「木版画にまつわる思い出」について:
http://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-5219.html

13-872b.jpg

入口外観。
施設名を記す看板の前にある落ち葉で形づくられたハートマークは、和島トゥー・ル・モンドのスタッフが制作。

エックス展 X 会場風景-03

[アトリエZen企画]エックス展X
 長岡市  maison de たびのそら屋にて22日(日)まで開催中。


展覧会案内】【作品配置図・展示作品リスト
13-852.jpg
      ↑ 「月の間」左側作品:なぎまいこ、右側:naomi hirose
13-853.jpg
      ↑ 「太陽の間」左側の壁:nezi、河田ゆき、右側の壁:河治明恵美

      ↑ 会場ギャラリー特有の大きな窓ガラスと借景を活かし、屋外に小さな鍛金作品を、
          透明アクリルガラスに挟んだ切り絵作品を内側に掛けた鶴水亜里沙さんの
          インスタレーション。鶴水さんは昨年展に続けて画廊特性を取り込む作品。
13-856a.jpg
      ↑ 隣接する喫茶室の赤い壁では「cafe-X」と題し、関連企画として
          エックス展に関係する作家4人のミニ展示
というスタイルにしています。

18日(水)はお休みです

エックス展X~若きクリエイターたちの自由表現~
本日18日(水)は画廊休廊日につきお休みです。残る会期は19日(木)~22日(日)の4日間となります。

       エックス展X 会場から

naomi hirose展と角屋幸展

エックス展X、maison de たびのそら屋にて開催中。

今回のエックス展出展作家のうちお二人は、長岡市内の他の店舗でも現在作品を飾っております。いずれもアトリエZen企画として。
ラ・ボントーンと長岡小嶋屋。両店とも「たびのそら屋」からほど近いところに位置しています。店舗内の展示ではパンを買ったり蕎麦を食べたりあるいはコーヒーを飲んだり(※小嶋屋はコーヒーや甘味も有)とありますが、いずれも長岡の名店ですのでそうしたところをあわせて楽しみたい向きにはとてもいいかと思います。

ベーカリーショップの「ラ・ボントーン」はnaomi hiroseさんの絵画4点、駅ビル内蕎麦店の「長岡小嶋屋CoCoLo長岡店」では角屋幸さんの色紙サイズの書作品5点を飾っています。


長岡小嶋屋CoCoLo長岡店角屋幸作品展示
  ・展示案内:http://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-5238.html
  ・展示作品リスト:http://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-5252.html
ラ・ボントーンnaomi hirose作品展示
  ・展示案内:http://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-5268.html

13-836b.jpg

↑ 角屋幸作品展示中/長岡小嶋屋CoCoLo長岡店  

13-837b.jpg

↑ naomi hirose作品展示中/ラ・ボントーン  




さて今朝のblogでは、「昨日のアーティストトークの写真は(進行役だから)撮れてない」と書いていましたが参加作家のおひとりがトークのもようを撮っていましたので、そちらから拝借しての一枚を。追加で。

13-838.jpg  

昨日の光景

エックス展X。昨日の日曜日はアーティストトークをおこないました。大勢の来場があり、5人の作家のトークもそれぞれの観点で語ったもので興味をひくものでした。たくさんの方々からお越しいただきありがとうございました。

私は進行役でアーティストトークの最中には写真が撮れませんでしたので、下の画像は(トークの時間帯以外の)昨日の会場光景となります。会期中の初の日曜日、天候も落ち着いたせいか多くのかたの来場があり、賑わいました。

(2019.12.16 am7:00)   


13-833a.jpg

13-834a.jpg

エックス展X 会場風景-01

エックス展X-若きクリエイターたちの自由表現、開催中。

昨年同様に「太陽の間」「月の間」の二部屋での展示となっていますが、画像はまず「太陽の間」のほう。
13-821b.jpg

13-822b.jpg
作品配置図・展示作品リスト
喫茶室内でのCafe-X展

エックス展Xの開幕と喫茶室のCafe-X

エックス展X-若きクリエイターたちの自由表現
本日12日(木)、11時スタートしました。

昨日紙面掲載された新潟日報への寄稿原稿は、新聞社デスクから与えられた「エックス展に寄せて」なる標題のもと(自分のやってきたことも回顧し)淡々と記そうと取り組んだものだが、記事を読んで「Xを感じた」とか、活動を評価する感想メールをいただいたりして、反響があるように感じている。この原稿の著作権は私にあるので、後日blogにも転載しようとは考えてます。

エックス展X-若きクリエイターたちの自由表現
展覧会案内http://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-5200.html
出展者紹介http://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-5247.html



「エックス展X開幕」の景気づけに会場風景を朝イチで載せられればよかったのですが、先日の展示作業時は最後に撮るエネルギーがなく、適当な画像が手元にまだ無い状態。今日も(せっかく終日在廊していたのに)なんだかんだと写真を撮れず終いで、なので会場写真のアップは明日以降、おいおいとしていきたいと思います。

さて今回のエックス展では、昨年同様、手前の「太陽の間」と奥の「月の間」と両部屋での展観となっていますが、昨年と違うことを挙げれば、喫茶室内の展示スペースの使い方。展覧会の案内リーフレットには記載されていないそちらのほうを、まずご紹介。
喫茶室の特徴的な「赤い壁」は昨年展では画廊常設展として使っていましたが、今回は「エックス展X関連企画」として、Cafe-Xと題し “アトリエZenで保管する(エックス展に関係する作家の)作品” をセレクトし常設展示的に飾ることにしました。プラス、neziグッズがそこに加わっています。 壁面作品は3人で、大瀧洋平の建物シリーズ(2015年長岡小嶋屋出展)、高木秀俊「架空の果実」を描いたシリーズ(今年の長岡小嶋屋出展)、外山文彦の麻布のシリーズ(2018年art Truth出展)からの計7作品。いずれも販売対応しています。

(2019.12.12 pm18:30)

13-815.jpg

13-816b.jpg
13-814b.jpg
13-813b.jpg
台に置かれたneziグッズ (右はクリスマス特製のneziアイシングクッキー)

三上喜貴 賀状版画作品展 -会場風景02

アトリエZen企画
和島トゥー・ル・モンドで開催中の三上喜貴賀状版画作品展から。かつての小学校の、その佇まいの残る「教室」を中心に計10作品展示しています。
13-764b.jpg

展示案内http://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-5189.html

展示作品リスト・会場風景:http://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-5210.html
マイスキップ紙での紹介:http://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-5214.html
作品&短文集「木版画にまつわる思い出」について:
http://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-5219.html
準備の光景(10月28日 キャプションボード制作)
13-762b.jpg
13-698b.jpg

↑ この1枚は開幕日の11月1日に掲載分からの再掲

13-765s.jpg13-766.jpg
13-760b.jpg
13-761b.jpg
教室の黒板の日付は、いわゆる「日直」の生徒がかつて書くようにその日の日付が入れられていた。11月1日は展覧会オープンの日でイコール撮影日。

作品&短文集「木版画にまつわる思い出」/三上喜貴展

アトリエZenで企画にたずさわる「三上喜貴賀状版画作品展」、和島トゥー・ル・モンドの2階、小学校の旧教室等を使って開催中です。
13-737b.jpg
展覧会案内http://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-5189.html
展示作品リストhttp://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-5210.html


今回の展示では、2015年の横浜個展時に制作した三上さんの「作品&短文集(小冊子)」の販売を、郵送でおこなっています。(施設との取り決めにより会場内での直接販売はしておらず、郵送での対応のみとなります。希望される方はお問い合わせください。※版画作品のほうも販売対応可です)
13-739b.jpg
13-738b.jpg
会場内閲覧用として置いてあります(↑)ので自由にご覧下さい。
お求めになりたいかたは(郵送料がかかりすみませんが)、頒布価格は冊子1冊300円に郵送料200円をご負担いただき、計500円(税込み)となります。お申込み、問い合わせは下記にお願いいたします。(配達記録付きの郵便でお送りします)
問い合わせ先:アトリエZen

13-735b.jpeg
三上喜貴賀状版画 1970-2015
木版画にまつわる思い出

A5版・全20ページ(モノクロ印刷、無線綴じ製本)
1970年の第1作から2015年までの全36作品を、作者自身がその制作背景を綴ったコメントとともに収録
編集:アトリエZen/2015年3月18日発行
9-332.jpg
9-330.jpg

13-736b1050.jpeg

↑ p.1 (クリックすると大きくなります) 

三上喜貴展(at WASHIMA TOUT LE MONDE) /展示作品リスト

13-708b.jpg

和島トゥー・ル・モンド 入口   


今月1日にスタートした、和島トゥー・ル・モンド「三上喜貴賀状版画作品展」について、展示作品のリストを以下掲載します。
寺社仏閣を彫ったハガキサイズの賀状版画、全10作品。 施設2階にある旧教室の一部屋とその手前にある談話コーナー・廊下のミニ展示壁を、展示場所として活用しています。
 展覧会案内:http://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-5189.html


■ 展示作品リスト/三上喜貴賀状版画作品展
 展示場所
 作品
 no.

 作 品 名/所 在 地
 発表年 (賀状
 としての年)

 1
 3年生の教室
 1
 清水寺舞台/京都府  1970年
 
 2
 亀 戸 天 神/東京都江東区  1975年
 
 3
 鎌倉杉本寺/神奈川県鎌倉市  1976年
 
 4
 當麻寺東塔/奈良県  1977年
 
 5
 箱 根 神 社/神奈川県足柄下郡箱根町  1981年
 
 6
 湯 島 天 神/東京都文京区  1992年
 2
 階段上部
 談話コーナー

 7
 佐渡長谷寺五智堂/新潟県佐渡  1993年
 
 8
 法  隆  寺 /奈良県斑鳩町  1999年
 3
 廊 下
 9
 本  成  寺 /新潟県三条市  2007年
 
 10
 薬師寺遠望/奈良県奈良市西ノ京町  2008年

13-705b.jpg
13-706b.jpg

和島トゥー・ル・モンドでの三上喜貴版画展、始まりました

13-698b.jpg
和島トゥー・ル・モンドでの「三上喜貴賀状版画作品展」、本日始まりました。約3か月間のロングラン展示ですが、休館日が割と多めにありますのでご注意(下記リンクを参照、確認)ください。「3年」の“教室”を中心に計10作品を展示しています。
展示案内http://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-5189.html


今朝は展示の最終調整のため現地まで行っておりいまほど戻ってきました。追加で写真も撮ってきたので、展示風景の画像等まとめてから後程(後日になると思いますが)アップします。

(2019.11.01 am11:30)

版画作家「4人の手法」/開催中

13-277b.jpg
開催中の「版画作家・4人の手法」展。ロングランで開催していますが会期も残り少なく、12日(日)迄のあと4日間となりました。最終日12日(日)は午後3時に終了しますのでご注意のほど。

県内外4人の版画家の、計約40作品を展示しています。あわせて、ポストカード、懐紙、マグネットなどの作家オリジナルグッズも販売中。(展示室中央に置いた平台の上↑。一部は完売したり残り少なくなってます)

版画作家・4人の手法 /ギャラリーみつけ 展示室1
展覧会案内:http://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-4917.html
展示作品リスト:http://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-4955.html
会場風景-01:http://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-4957.html



13-273a450.jpg
    ↑ 安立貴美枝/新潟県長岡市
13-276a450.jpg
    ↑ 糸井千恵美/群馬県前橋市
13-274a450.jpg
    ↑ 小田沙馥枝/東京都
13-275a450.jpg
    ↑ 中島尚子/神奈川県横浜市

13-271b.jpg
  

 | ホーム |  »

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR