アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

11<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>01

アトリエZen 展覧会案内
infomation

アトリエZen in TWOOL GALLERY vol.01
外山文彦展
〓終了しました〓
2020年10月2日~17日、金・土・日曜のみの開館/12:00~18:00
会場:TWOOL GALLERY
展覧会案内】 【記事index
vol.02
-壁面の鉄-霜鳥健二展

10月24日(土)~11月15日(日)の金・土・日曜のみ開催
会場:TWOOL GALLERY
展覧会案内



長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~6月14日まで:三上喜貴
6月15日~8月23日:髙橋ノリユキ
8月24日~10月25日:鶴水亜里沙 〓終了しました〓
10月26日~12月27日:
品田朋香〓展示中〓
/ウィルス対策で営業時間の変更がなされる場合もあります。長岡小嶋屋のホームページ等最新情報を確認ください


銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
vol.37/10月15日~12月13日:小野澤七星
展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


ホワイトボックスの梱包

15-568a376.jpg15-569s-a.jpg
郵便局に行ったついでに、旧大和~旧長岡現代美術館の再開発(建物解体)工事現場に立ち寄った。
白いパネルですっかり覆われている。中でどう進捗しているか見えないのはブラックボックスみたいで、さしづめホワイトボックスである。

20日ほど前に手前の住宅新築工事とを対比させて載せていたが、そちらの現況(↑)。解体も新築もそれぞれすすみ、いい感じの対比具合をつい撮ってしまうわけだ。

週初のものを週末に-03

15-557.jpg

旧長岡現代美術館建物の解体工事現場は、周辺も大きな工事をしていて近くに車も停められなかったりするから、ここのところは撮りに行くにしても工事休みの日曜日となることが多い。
で、すぐ日曜の夜に画像データー整理してアップするなんてことはなかなかやれないから、のんびりと「週初のものを週末に」くらいがいいかとなんだかシリーズみたくなるわけだ。でもそう言いながら先週の「週末アップ」は(多少の変貌を写真におさめたなんて事前に書いておきながら)やっぱりお休みにしていて、2週ぶり。白いパネルで包まれ出しているのは先の日曜6日の光景。
15-558.jpg

週初のものを週末に-02

8月23日の撮影。先日の「週初のものを週末にアップ する」と同様に土曜日にアップしようと思っていたのだが、1日遅れになった。
1日遅れはすなわち1週間前の写真。1週経つと工事も進捗しているだろうと気になったわけでもないけれど、今日は作品を届けに行ったりいくつか用事があって外出してたので、その帰路に立ち寄ってみた。多少の変貌を写真に収めたが、アップするのはまたまた遅れ、載せるにしても結局次も「週初のものを週末」になりそうか。

15-532.jpg15-534.jpg

いちおう説明を入れておくことにすると、除却工事中の旧長岡現代美術館(旧長岡文化会館ビル)の手前で住宅の新築工事をしていて、スリーブなのかデザインなのか穴の開いた黒い鉄骨柱が立ちあがっていたものだから、「解体」との対比で撮ってみたのが上の一枚。

(2020.08.30 pm22:30)

週初のものを週末に


15-298b.jpg
先日の柏崎野外展搬出の帰路16日夕刻に撮ったもの。週の始まりを日曜日とするなら今週頭の撮影ということで、週初のものを週末にアップ するかたちになったが別段理由はない。今週はblogもなかなか書けなかったから、要は半分失念していた。
“敬意”を表して、かつその歴史的な“経緯”を鑑みて、旧長岡現代美術館(の建物)と呼ぶようにしていたが、特徴づけていた斎藤義重作品は前にも書いたように既に痕跡さえ消えている。旧長岡商工会議所とかそのまた前の旧長岡文化会館とか、そんな呼称が頭をよぎる。

15-297.jpg

前と後


15-284.jpg


同じような角度で撮った写真があったので、昨日のエントリーの補足で。
ビフォーアフター的に下は“パネルで塞がれた”2日後のもの。

これで最終回ということもないけれど

先週末に旧大和デパートの解体に向けた建物梱包(途上)の風景を載せていた。「まず大和のほう」と記したのは、よく知る読者は容易に想像されたかもしれないけれど旧長岡現代美術館のほうはあとからと思っていて、その6日(木)撮影分を遅ればせ乍らアップしてみる。
15-290.jpg
15-288.jpg
15-289a375.jpg

さてと、ということで注釈を加えるなら、ここで組まれていた足場には先週末8日の時点でパネルが貼られ、既に塞がれたから、この画像の光景はもはや無い。ここにきて予想よりも早い動きだったが、つまり「斎藤義重作品のレリーフ痕」も視界から消え去り、現代美術館を直接伝えるものはこれで完全に見えなくなったといえる。このあとはパネルやシートで隠されながら解体されるだけである。一般にはいささかマニアックな見方となるのだろうが、(最後に訪れるだろう)レリーフ痕&建物と鉄管パイプとの光景はラストの見所と思っていたから、たまたま近くで打合せがあったのも何かの縁。この6日に見納めが出来たというわけだ。

見納めになるかもしれないということは、どちらにしろそう長く無いのは当然だから頭の隅には入っていて、この日はゆっくり写真におさめていた。その際、70歳台くらいだろうか高齢の男性がその娘さんらしい女性と歩いていて、3秒ほど立ち止まり「たいこうそうごうの美術館だ」と静かに話したのが聞こえていた。久々に耳にしたこともあるのか今となっては逆に新鮮に響くが、世代によっては今でも大光相互の…となるのだろう。当日のそんなことを思い出した。

2月から今日の旧長岡現代美術館」とカテゴリーを設け、日々ウォッチャーしていたわけでも別段ないが時おり写真を載せていた。最終回ということもないけれど、「今日の存在」としてはこれでなくなったかなと捉えている。

解体されたアーケード

旧長岡現代美術館(前長岡商工会議所)、昨日2日の光景。特徴的だったアーケードは除却が終わっていた。
15-256s_20200803142242cd4.jpg

ここのアーケードは建築構造としても建物一体型だったし、無いとデザイン的に格好がつかないのがよくわかる。
15-254.jpg

まずはアーケードから

昨日の柏崎からの帰路に撮影した旧長岡現代美術館。解体工事も進捗しているようで、(建物躯体と一体化されていた)アーケード部分から取り掛かっているようだ。シートに包れて視界からはすでに消えている。


15-246.jpg
15-245別

遠くアーケード越しに

軽い口内炎の症状…なんてのは書いたそばからすぐ自然治癒したが、その前後なかなか時間取れずにいて、旧大和や現代美術館がある街区の再開発(建物解体)ゾーンにずっと行けないでいた。ようやく昨日、駅近辺まで用事があったことをいいことに、足をのばして回ってみた。
旧現代美術館前の道路には、解体のためと思われるフェンスが、旧現代美術館とは反対側の歩道のほうに設置されていた。

15-208.jpg
15-211.jpg
現代美術館の前庭は「手摺」も一部を残して既に外されている。「関係者以外立入禁止」の表示は前に来たときは無かったもの。 建物の裏側を見上げると(↓)、解体用の足場が組まれていた。
15-209.jpg
15-210.jpg
遠く大手通りアーケード越しに。

6月に入った旧長岡現代美術館

旧長岡現代美術館、6月1日の光景。
おそらくこのあと解体に向けて仮囲いもされるだろうが、現状は、まるで何事も無かったかのように止まった状態。昨日夕方はこの近くで会議があったから通りがかってみたが、変化は特になし。遺されている石の写真を撮った。

15-129b.jpg
15-131.jpg
別に自転車に乗って行ったわけでなく、どなたかの自転車が堂々と停め置かれていて、この不思議な堂々ぶりを見ながらそんなさまを入れる。

痕跡は手の指のように

15-061b510.jpg

これまで個人的には「旧長岡現代美術館」という呼称を使うようにしていて、でも紙媒体などに書くときはそれだとわからないから「現長岡商工会議所」と入れていた。けれど同商議所は引っ越し(移転)が完了し、建物は既にシャッターで閉ざされている。「旧」長岡商工会議所となったわけですね。


15-062p-425.jpg

外壁レリーフは取り外し時に、のちの保存のために壁面に位置を記していて、その痕跡が手の指のように見えた。



【「その痕跡が手の指のように見えた」件について5月6日追記】
かつての講義録の手始めに手を描くということ

 | ホーム |  »

カレンダー

11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR