アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

06<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>08

アトリエZen 展覧会案内
infomation

どうぶつアート展併設の喫茶室で同時開催/野坂衣織展
6月24日(水)~7月5日(日)/於:maison de たびのそら屋
https://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-
category-1.htm
l


長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~6月14日まで:三上喜貴 〓終了しました〓
現在/6月15日~8月23日:髙橋ノリユキ(写真) 〓展示中〓/ウィルス対策で営業時間の変更があります。長岡小嶋屋のホームページ等最新情報を確認ください


銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
vol.35/5月14日~7月31日舟見倹二+外山文彦
展示案内
展示作品リスト・展示風景



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


6月に入った旧長岡現代美術館

旧長岡現代美術館、6月1日の光景。
おそらくこのあと解体に向けて仮囲いもされるだろうが、現状は、まるで何事も無かったかのように止まった状態。昨日夕方はこの近くで会議があったから通りがかってみたが、変化は特になし。遺されている石の写真を撮った。

15-129b.jpg
15-131.jpg
別に自転車に乗って行ったわけでなく、どなたかの自転車が堂々と停め置かれていて、この不思議な堂々ぶりを見ながらそんなさまを入れる。

痕跡は手の指のように

15-061b510.jpg

これまで個人的には「旧長岡現代美術館」という呼称を使うようにしていて、でも紙媒体などに書くときはそれだとわからないから「現長岡商工会議所」と入れていた。けれど同商議所は引っ越し(移転)が完了し、建物は既にシャッターで閉ざされている。「旧」長岡商工会議所となったわけですね。


15-062p-425.jpg

外壁レリーフは取り外し時に、のちの保存のために壁面に位置を記していて、その痕跡が手の指のように見えた。



【「その痕跡が手の指のように見えた」件について5月6日追記】
かつての講義録の手始めに手を描くということ

取り外しの完了と作業風景

なんだかしつこく載せているように思うけれど、まぁこれで最後になる気もするからと「今日の旧長岡現代美術館」。正確に書けば“昨日”夕方の光景。外壁レリーフの取り外しは今週完了したもよう。


下はその数日前、最後の1スパンの作業中の光景。こうした作業を注視するひともそういないと思っていたが、マイスキップにも寄稿していた知人のIさんも、外回りの仕事中によく見られていたようだ。氏に昨日たまたま会ったらそんな話を聞いた。

15-049.jpg
15-047.jpg

レリーフ取り外し作業中

郵便局に用事があり、近くだからとついでのように旧長岡現代美術館の前まで。昨日の話。
レリーフ取り外し作業もだいぶすすんでいる。今日あたりで全部外れるのではないか。

15-040.jpg

全4スパンのうち半分

旧長岡現代美術館、外壁レリーフ取り外し工事現場。
全4スパンのうち左から2スパン、すなわち半分が取り外されたよう。

15-031b.jpg
搬出トラックの進入部分、手摺も一部取り外されている。言わずもがなだが前庭もトラック運搬仕様にと固められ、黒い大きな石は所在無さげにいる。そんな光景に触れ、前庭も手摺も斎藤義重作品の重要な要素であったと改めて思う。
15-028.jpg
15-029.jpg

今日から始まったみたい

My-Skipの今月号(4月号)に書いたコラムには旧長岡現代美術館に関し「(特徴的な)外壁レリーフはすでに取り外されていることだろう」と記していて、でも紙面発行時点では取り外されてなかったから、「だろう」という推定表現だからおかしくはない云々言い訳をあとからblogに書くはめになってたけれど、その取り外し工事は今日から始まったみたい。
仕事帰りの夕方、帰り道にその前を通ってみたら気づいた。
15-017b.jpg
15-018.jpg
15-019.jpg
ひとつの時代の終わりなのか、それとも始まりなのか。

帰路はちょうど通り道

今日は客先での打ち合わせを夕方から。
帰路はちょうど通り道になるのをいいことに、旧長岡現代美術館の前に。外壁レリーフは今月取り外されるらしいけれど、今日のところはまだそのまま。

(2020.03.23 pm20:30)    

14-226-02.jpg
14-225.jpg

支える細い柱と雨樋のラインが

昨日の日曜日、15日の光景。
旧長岡現代美術館の前を通ってその隣、こちらも解体が近づく旧大和付近。

上の画像は、築もう何十年になるのかわからないくらいの古いアーケード。支える細い柱と雨樋のラインが天井面に反射しているさまが面白く、「今日の画像」は現代美術館ではなくこちらになった。

  14-209.jpg
  14-210.jpg
  14-208.jpg

旧大和。解体を控え、若手デザイナーらのペイントがなされている。

今日の旧現代美術館と昨日のマラソン

14-188b.jpg
14-193bモノクロ

今日の旧長岡現代美術館、と新しくカテゴリー分けしたが、厳密さはなくて必ず「本日の」というわけではない。だから画像は今日の数日前、先週末金曜日くらいのものになるだろうか。特に外観的な変化がなかったからか、この日は庭の石が妙に気になって写真はほぼそちら。カラー写真をモノクロ変換している。

新型コロナウィルス。予定にあった上京をとりやめたりしたので、その分自宅での時間が増え、作業もすすむはずが、見直すと意外にすすんでいない。打ち合わせだなんだで人と会うためにはこのご時世、自身のちょっとした体調の変化にも神経質にならざるをえず、免疫機能の駆使には睡眠時間確保だとか何とかと気にしていたら、仕事のペースを先週はちょっと落としすぎていたようだ。だからこの週末は溜まりつつあった事務仕事とかを順次。

そんななか昨日はテレビのNHK教育放送では男子の「琵琶湖」民放では女子の「名古屋」、二つのマラソンがほぼ同時刻に放送されていた。ふだんだと生放送2時間強観戦しそうなところだけれど、上述のように仕事を優先。パソコンに向かっていたわけだ。
でもテレビは女子のほうをとりあえずつけていた。見もせずに、聞かないBGMの如く仕事の脇でただついていただけで、ふと気づいたらもう30キロ過ぎ。 一山麻緒選手が独走する映像が流れていて、走るフォームが実に綺麗な選手だと思ったらテレビは「オリンピックに行ける(記録が出る)」と連呼するから、ここで少し手を休めてテレビ観戦にとなったわけである。
何気なくいま見たヤフーニュースで「(30km手前の時点では)1月の大阪国際女子マラソン松田瑞生選手の記録を越えていなかった」とあり、なるほど30km以降のスパートが驚異的だったのねとわかったが、逆にいうなら途中までの「オリンピック出場への記録が出るかどうか」瀬戸際的絶妙さも、(最初からテレビ観戦して)堪能したかったところ。

そのヤフーのコメント欄には、何故かマスコミが報じず一般にも認知されてないこととして「(女子マラソンは)男女混合と女子単独とで記録を分けてランキングされている」との指摘があった。本当かどうかの知見はないが、たしかに男女混合レースだと男子選手のサポートのもと記録が狙えるわけで、これまでの記録もそのケースが上位を占めるよう。今回の日本歴代4位という記録を女子単独レースでみるとするなら、野口みづき選手の記録を抜いて日本新となるようだ。

ガトウ専科から旧大和のビルを

14-174a.jpg

大手通り。ガトウ専科から旧大和のビルをアーケード越しに。およびその逆。


ついでもあったから昨日は「今日の旧長岡現代美術館」を見に行っていて、3月は大きな動きがあるが今のところはまだそのままだったからとカメラはその近くのガトウ専科へと向いたわけである。車両通行止めの市道では廃棄物運搬車が何台か動いていた。
14-175a.jpg

ニイガタIDSデザインコンペティション2020と車両通行止め

14-143b500.jpg
14-142a450.jpg

弥彦・野外アート展エックス展にもかつて出展経験のあるクリエイターが「ニイガタIDSデザインコンペティション2020」で受賞したと聞き、昨日は(少し予定を変更して)アオーレ長岡まで。NICO FORUM 2020。

アオーレまで行ったからにはと(もう少しだけ予定を変更することにし)、「この日から車両通行止めになる」旧長岡現代美術館前市道まで足を伸ばした。昨日の青空市とは一転し、工事関係者らしきひとも集まっていてちょっとものものしい感じ。

14-145.jpg
14-146.jpg

五十の市との最後のコラボレーション

本日から車両通行止めになるし、来月には外壁レリーフ自体も取り外されるからこの光景は最後になるだろうと、昨日20日は五十の市に。旧長岡現代美術館斎藤義重作品とその前の市道での定期露店市場「五十の市」との、コラボレーション的な光景。


14-135.jpg
14-138.jpg
    ↑ 前庭側から。
14-136.jpg

 | ホーム | 

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR