アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

04<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>06


外山文彦作品記録集(2020年編集版)_2020年10月発行/
郵送にて販売中です
詳細↓
https://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-5768.html

アトリエZen 展覧会案内
infomation




長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
3月1日~5月9日:頓所康則展(ペン画)〓終了しました〓
5月10日~7月11日:山本都(絵画)〓展示中〓
/ウィルス対策で営業時間の変更がなされる場合もあります。長岡小嶋屋のホームページ等最新情報を確認ください


銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
vol.40/5月13日~7月18日:
小山まさえ 展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


“にいがたどまんな館” 看板の描画

このGW、屋外作業をひとつ頼まれていた。
天候が悪かったり等でなかなか進められなかったが、あまり芳しくない天気予報を睨み乍ら本日午前に決行。にいがたどまんな館の看板制作である。

描画は、エックス展にも参加しているnaomi hiroseさん。3月に開催した今年のエックス展のあと、“最近は花をテーマにして(花を抽象化して)描いている”と聞きその作品をみたら面白かったから、ちょうど頼まれていた看板にいいと、“お花畑の明るいイメージ”で描いてもらうことになったのである。
当初は絵をnaomiさん、文字はスペース見ながら私が入れるという合作案が頭にあったけれど、実際やりすすめながら、文字も彼女に入れてもらうことにした。私は終始サポート役に徹し、直接やったのは結局地塗りくらいなもの。

naomi hiroseさんの“作品”にもなったからと、さりげなくはあるが最後画面左下にサインを入れてもらっている。
16-327b.jpg


看板は↓のところに掲げるものと聞いていたが、社長氏の判断で建物外壁のほうに取り付けられている。出来上がりをたいそう気に入られたよう。取り付け後の外観写真はまた後日とするが、描画の途中経過を部分的に2枚ほど。
16-326p-b525.jpg
16-324a.jpg16-325a.jpg



にいがたどまんな館では現在、ブナ額縁に入れての野田英世スケッチ画展を開催中です。
https://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-5941.html
展示案内(会場地図)

にいがたどまんな館から

  
にいがたどまんな館から。
数日前に載せた同館の記事を見て行かれたかたから、中に入った途端に「木の香り」がしてとてもよかったといただきました。入口前にも↑のようにいろいろな「木」が置いてあります。
“館”内ではブナのオリジナル額縁を使っての「野田英世スケッチ作品展を開催中。

にいがたどまんな館とブナ額での野田英世スケッチ展

16-302b.jpg
16-298b.jpg
画像は昭和木工ショールーム「にいがたどまんな館」です。同社製作のブナ額縁を使って、長岡在住スケッチ画家・野田英世さんの作品を現在展示中。(同展示は5月末日まで。以降、作家と作品が替わりながらの“ブナ額コラボレーション”展が続きます)

野田英世スケッチ作品展
展示案内:https://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-5913.html
作品リスト:https://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-5917.html
  [展示作業の光景] 

16-072.jpg   



ブナの樹皮を活かした“筆入れ”(↓)などオリジナル木工品も展示されています。
16-303b.jpg
16-304b.jpg
16-275b.jpg

本日の読売新聞から/野田英世スケッチ作品展

本日16日付の読売新聞から。
見附市・昭和木工「にいがたどまんな館」で現在実施中の、同社オリジナル「ブナの額縁」を使った「野田英世スケッチ作品展」について紹介されています。

   野田英世スケッチ作品展(&ブナ額とのコラボレーション)
展示案内(&会場地図)https://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-5913.html
作品リスト:https://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-5917.html


16-266a399.jpg
にいがたどまんな館の入口  /ドアは同社オリジナル製作品

16-246b399_20210416082341748.jpg
野田英世 「王神橋からの水門」 (2021年/長岡市)

16-072.jpg   

野田英世スケッチ作品展 展示作品リスト

16-252b.jpg
16-251b.jpg
見附市・昭和木工「にいがたどまんな館」で現在展示中の、野田英世作品の展示リストです。新作2点を含む近作の7点をブナの樹肌を活かした額縁に入れて展示しています。
● 展示案内https://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-5913.html


 野田英世スケッチ作品(&ブナ額とのコラボレーション)
 展示作品リスト

 no.
 作  品  名
 技法/制作年
 作者コメント等
  1
 湯田上の坂の赤丸ポスト  紙にペン、水彩/ 2017年  かつての温泉街に残る
 丸いポストを描きました
  2
 菱潟第1より  紙にペン、水彩/ 2018年 加茂から白根へ続く、信濃川沿いの 県道からの眺めです。遠くの山は護摩堂山だと思います
  3
 観  音  山  紙にペン、水彩/ 2016年 見附市民の方の憩いの公園だと聞き、行楽シーズンからやや外れた時期に描きました
  4
 ハス田と調整池と
 ポンプ小屋
 紙にペン、水彩/ 2021年  長岡市中之島
  5
 王神橋からの水門  紙にペン、水彩/ 2021年  長岡市蔵王を流れる柿川と
 水門の様子です
  6
 三連の街並  紙にペン、水彩/ 2016年  見附市本町にて
  7
 本町の路地と煙突  紙にペン、水彩/ 2016年  見附市本町にて
 16-244b.jpg

↑ 先週土曜日の現地作業から   
キャプションボード作成のもよう   

野田英世スケッチ作品展(&ブナ額とのコラボレーション)

16-072.jpg   

見附市の木工会社「昭和木工」が昨年暮れに新しく開設したショールーム内でおこなう、同社オリジナルの「ブナの額縁」を使っての作品展シリーズ。
16-246b350.jpg

野田英世スケッチ作品展
会期:4月5日(月)~5月31日(月) /10:00~16:00
会場:にいがたどまんな館
見附市葛巻2-5-23 昭和木工(有)敷地内
(「ここは新潟県のどまんなか」と書かれたガスタンクの隣/駐車場完備)
tel.0258-62-4668 (昭和木工)
展示企画:アトリエZen

長岡市在住のスケッチ画家・野田英世さんが見附市内や県内近郊の風景をペンや水彩で描いた7点を、ブナ樹肌の額に入れて展示。作品の販売対応もしています(ブナ額も付きます)。
上の画像作品は本展のための新作で、「王神橋からの水門 (長岡市)」。

16-247bs800.jpg
16-163b.jpg
16-243b.jpg

にいがたどまんな館/道路沿いに建つ小さなショールーム

にいがたどまんな館・野田英世展の展示準備


見附市の木工会社「昭和木工」が昨年暮れに開設し、ショールーム的に運営する“にいがたどまんな館”。4月から、そこでのアトリエZenコラボレート企画が始まるということで、本日は作家の野田英世さんとともにその展示準備作業に。
ここでの展示は、“木”にこだわる木工会社が製作した“ブナの額縁”を使うというもので、画像は額装作業中の野田さん。前に案内を載せたように週明け4月5日に野田さんの作品展がスタートするよう準備をすすめています。あさって土曜に再度現地作業です。

(2021.04.01 pm19:00)


16-238b.jpg

にいがたどまんな館の外観と看板

にいがたどまんな館/ブナ額とのコラボレート企画

16-072.jpg   


16-160b850.jpg



“にいがたどまんな館”の案内です。
見附市内の木工会社「昭和木工」が昨年暮れに自社工場敷地内に作った小さなショールームのことで、そのユニークな命名は同社の立地がほぼ新潟県の重心位置にあり、隣接し「ここは新潟県のどまんなか」と記された大きなガスタンクや、新潟県の重心点だと記された石柱が設置されていることに因みます。
ショールーム内では、今年新しく始まる企画として前に予告的に記していましたが、同社オリジナルのブナ製額縁を使ってのミニ展示があり、他、“ブナ鉛筆”や “こすき”(木鋤…除雪用品)といった同社製作商品などが展示されています。

16-162b-s.jpg
16-163b.jpg


buna × art

16-072.jpg

今年始まる新企画。
見附市の木工会社がブナの樹肌を活かしたオリジナル額縁を制作したことから、同社ショールームでそのブナ額を使ったミニ展示をおこないます。題してbuna × art。額に入れる作品は2か月毎に替えていく計画です。
アトリエZen企画としては4月からということで話を受けているのでまずは「予告」として書きましたが、同社がおこなう来月の展示も少し手伝うことにしています。詳細はまた追って記します。

 | ホーム | 

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

amazone入口


アフィリエイト実施中。アマゾンご利用の際は↑からお入りください。(アトリエZen)

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR