アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

03<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>05


外山文彦作品記録集(2020年編集版)_2020年10月発行/
郵送にて販売中です
詳細↓
https://atelier-zen.jp/toyamasassi.html

アトリエZen 展覧会案内
infomation




長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~2024年1月8日まで:舟見里留

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
vol.53/~2023年12月17日まで:中川采花 展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
https://atelier-zen.jp/


高崎市での「柴山明子+外山文彦展」 /記事indexと展覧会画像

20-018b.jpg
高崎で開催していた「柴山明子+外山文彦展」。昨日終了しました。
今後雑感的な追記もしようとは思ってますが先に記事indexを以下まとめておきます。今回の展覧会では(こうしたギャラリーでは異例なことかもしれませんが)ヤフーニュースで丁寧に取り上げていただいたので、トピックスとして当該記事へのリンクも貼りました。
上の画像は展覧会初日朝一番の一枚で、開幕に合わせ贈られたお花を窓辺の中心に置いています。


柴山明子+外山文彦展 2023 Takasaki/記事index
展覧会websitehttps://atelier-zen.jp/shibatoya.html
2023.10.06 ヤフーニュース掲載 ↓
『柴山明子+外山文彦展』有名ホテルに採用されたシリーズほか多彩なアートを展示

2023年10月1日~14日、高崎市・ギャラリー空華にて開催
blog記事
2023-08-21 展示案内(blog版) 
2023-09-04 8年前のDMとの対比 (8年ぶりの柴山+外山展にあたって)
2023-09-29 展示作業と取材対応
2023-10-06 会場風景-01/2階からの視線
2023-10-06 ヤフーニュースで本日紹介されました
2023-10-12 作品の配置の一部入れ替え(会場風景-02)

[雑記]2023-09-30 高崎滞在中 (夕食のシャンゴ風パスタなど)/2023-10-19 追記のカツサンド
[追記]2023-11-02 2作家の出会いは15年前の境内アート展

以下、展覧会の画像です。
■2階 柴山明子作品
20-024b.jpg
20-021b.jpg
20-019b.jpg
20-022b.jpg
左の薄緑の額の作品; Feel the thick silence(コラージュ、紙・アクリル他/2023年)

■1階 外山文彦作品
20-020b.jpg
20-025b.jpg
吹き抜けの高い壁面には作品の和紙を直に、少しだけ浮かせるようにして貼り、高さを使っての壁面インスタレーション
20-026b.jpg
一番左の作品; Colors-C (Composition of Red) 和紙に染料プリント、アクリル系塗料/2023年
20-027b.jpg
上の作品;「Washed surfaces 02」シリーズ。色違いで摺り込んだ3点あり、左から「02 -2BG」「02 -1B」「02 -3RG」と番号が振られる。
Washed surfacesと題した作品は今年5月長岡「print woks展」で新作として展示しているが、そこから更に新作展開した(テーマは同一でも新しく版を作っての)、vol.02シリーズ。

その他で
今回、玄関部分に柴山・外山の作品を向かい合わせて飾ったほか、奥まったところで、洗面台脇の小さな壁(↓)に2人の作品を並べて飾りました。
20-023b.jpg
上の画像、左; 柴山明子「puku puku」(コラージュ・紙・アクリル・gel版/2023年)、右; 外山文彦「Tree/Landscape-1」(和紙に染料プリント、アクリル系塗料/2023年)
20-028a225.jpg20-029a300.jpg
上の作品; 柴山明子「Botanical」
20-030b.jpg


柴山さんが今朝ほどSNSにあげてた画像を(お借りして)最後に。
20-031b920.jpg

柴山明子+外山文彦展/14日(土)まで

高崎で開催中の「柴山明子+外山文彦展」。残す会期は14日(土)までの3日間となりました。最終日14日(土)は16:00に終了します。

さて会場では先日(7日)柴山さん在廊時に、柴山さん発案で作品の展示位置の一部入れ替えを施しています。大きくは階段脇の壁で、2人の作品が入り混じるように飾っていたのを下部外山、上部柴山と明確に分けました。他、細かいところでも調整しています。

柴山明子作品
20-014b.jpg
柴山明子作品(棚に小品が並ぶ)
20-015b.jpg
階段脇の壁面

下は8日(日)の在廊時、夕刻の帰り間際に撮った一枚。
20-016b.jpg
20-017b.jpg
ちょっと余談で。在廊時には簡単な昼食として匂いが出ず手軽に(お客さんの途切れた隙を狙って)食べれるパンを買っていくのですが、毎回寄るのはこの(画像で一番左の)「焼きたてパンPraline」高崎小鳥店。作品搬入日の朝に買い求めてから気に入り、使ってます。

ナビで来られる際のご注意

高崎での「柴山明子+外山文彦 展
わたし自身、車でナビを使わないため疎かったのですが、ギャラリーの場所が「ナビで正確に表示されない」という声が来場者から複数届いており、機種によらず「正しく表示されない」と考えてもらったほうがよさそうです。会期終盤と遅くなり申し訳ありませんが、ご来場の際はナビに完全に頼らずに、DMの地図やグーグルマップ等あらかじめご確認いただけたらと思います。[会場アクセス

グーグルマップの位置表示のほうは、 先日ヤフーニュースで展覧会が取り上げられた記事の末尾に「GoogleMapでの(ギャラリーの)位置情報がずれていたのは修正済」とあるように、ライター氏の尽力で現在は「名前で検索」ならOKになってます。

ヤフーニュースで紹介されました/柴山明子+外山文彦展

高崎で開催中の柴山明子+外山文彦展が、本日ヤフーニュースに取り上げられました。

筆者はエキスパート認定されているライターのasagiさん。展示風景の画像等とともに詳しく紹介されています(↓)。 (写真撮影もasagiさんです)

『柴山明子+外山文彦展』有名ホテルに採用されたシリーズほか多彩なアートを展示10/14まで【高崎市】


20-010b-s.jpg

(2023.10.06 pm20:00)

会場風景-01/2階からの視線


20-008b.jpg
予告したものの遅くなってしまいましたが、高崎で開催中の「柴山明子+外山文彦展の会場風景です。その1として「2階から(遠くに1階方向を)視た」2枚を載せてみました。
今回おおまかには1階に外山文彦作品、2階に柴山明子作品を置いていますが、1階には玄関など柴山作品も数点入り混じるように飾っています。また、階段脇の壁面には2人の作品があります。

下の画像は1階でのヒトコマで、一番左(手前の壁面)が外山作品、左から二番目が柴山作品です。
20-009b.jpg
柴山明子+外山文彦 展 /会場:ギャラリー空華
10月1日(日)~10月14日(土)/休館日:月曜・火曜 ※10月9日(月・祝)も休館です
展覧会公式website

展示作業と取材対応/柴山明子+外山文彦 展

高崎での「柴山明子+外山文彦 展」。本日29日、作品搬入と展示作業をおこない無事完了しました。柴山作品28点、外山作品24点(1点の組作品を含む)を飾り、いい展示空間になったと思います。
takasaki-02.jpgtakasハードスケジュールaki-03.jpg


今日は朝からハードスケジュール過ぎて展示作業完了後に写真を撮れてないので、先ずは作業前、もしくは作業開始直後くらいの光景を。階段上がった2階も展示スペースで階段脇の壁にも作品が展示されますが、仮置きして様子を見ている段階となります。

夕方はヤフーニュースに記事を書いているライターのかたから取材を受けました。
展覧会は10月1日(日)に開幕します (月曜・火曜は休廊)。

(2023.09.29 pm23;30)

事前準備の画像/柴山明子+外山文彦展



10月1日から高崎市・ギャラリー空華でおこなう「柴山明子+外山文彦展」は、開催まで10日を切り、柴山明子作品のリストが作家から届き「会場掲示用のキャプション」を作成中。チェック用にプリントしてみたのでその画像を上に。
ちなみに今展は、画廊企画であることも勿論なのですが画廊オーナーのセンスを活かすということになっているので、作品は(少し多めにエントリーした)ここから画廊側にてセレクトすることになっています。なので例えば作家のファンのかたが作品名からイメージし「柴山さんの“for the future-未来へ”がぜひ見たいわ」と思ったとしても、セレクト具合によりますのでご了解のほど。
外山作品のほうのエントリーリストはまだ出てなくて、明日になる見込みです。

19-356b800.jpg

アクセスに関しての付記

10月1日からの「柴山明子+外山文彦展」。websiteの“会場アクセス”の項目では、いま車だとナビで向かうひとも多いから蛇足なのかもしれぬが私自身ナビを使わないため、今の時代文字表現は好まれないんだよなと思いつつもつい言葉での説明を加えている。グーグルマップで高崎駅からの経路を見たら(DMの地図とは違う)聖石大橋からのルートが表示されたことも理由。
新潟から関越道で向かう場合、高崎ICで降りてもいいが手前の前橋ICが案外近いため私は前橋IC→国道17号を使うが、そのときにこの「聖石大橋からのルート」は便利で近道となる。高崎ICのほうは私自身は10年くらい前に高崎駅前の美術館に行った際に使ったくらいであまり馴染みが無いのだが、でもグーグルマップ見直すと、高崎ICからは高崎駅東口を目指し、そのあとみちなりまっすぐで(DMの地図に記載される)城南大橋だから、こちらもわかりやすいよう。

画像は今年1月にギャラリー空華に打ち合わせに行った際に道中撮影した「高崎観音」。聖石大橋が云々と書いていたら、同橋に入る、国道17号線の交差点から撮ったものがあると気付いた。信号待ち時の一枚である。

19-327.jpg

ご案内 [トップ固定表示中]

19-317b650s.jpg  柴山明子+外山文彦 展 [画廊企画、アトリエZen企画協力]
 10月1日(日)~10月14日(土)※最終日は16:00迄
 休館日:月曜・火曜 /10月9日(月・祝)も休館です
 群馬県高崎市・ギャラリー空華にて
 [展覧会公式website

在廊情報/柴山明子+外山文彦展

柴山明子+外山文彦 展/ギャラリー空華
●作家在廊予定

2023.08.23 



柴山明子
10月1日(日)、7日(土)、8日(日)、いずれも午後(※)在廊予定。
(※時間的には多少の前後あると思いますが午後1時くらい~5時と想定しています)

外山文彦
10月1日(日) 終日在廊
  8日(日) 午後在廊
14日(土) 最終日/午後在廊


2作家共、遠方から向かいます。当日の交通のアクシデントや、不慮の出来事等で万一予定が変わった際はご容赦ください。何かありましたらギャラリー宛に問い合わせをお願いします。

展覧会公式website] 
19-317b650s.jpg  

アトリエZenへの問い合わせ
アトリエZen (メールフォーム)

 | ホーム | 

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

amazone入口


アフィリエイト実施中。アマゾンご利用の際は↑からお入りください。(アトリエZen)

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR