アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

10<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>12


外山文彦作品記録集(2020年編集版)_2020年10月発行/
郵送にて販売中です
詳細↓
https://atelier-zen.jp/toyamasassi.html

アトリエZen 展覧会案内
infomation




長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
3月13日~5月14日:板垣良和

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
vol.49/2023年1月4日~3月5日:中川采花 展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
https://atelier-zen.jp/


四半世紀の記念コンサートと記念冊子

28日からのONE Mart EXPRESS展の会場にさりげなく置こうと、同展にあわせて「作品批評集」を制作中である。
この場合、“批評”というのは私がしたものでなく、他のかたが私の作品に対してしたものである。幸いにして、美術作家や評論家のかたなどこれまで新聞紙上や私信等でいろいろと書いてくださり、振り返ってみるとそれがだいぶあるし、自分にとって意味が大きいから、ここらで一度まとめてみたいと考えて。
…集といっても大袈裟なものではなく16ページほどの小冊子。販売目的もなくあくまで個人の記念(記録)的なものだから、部数をきわめて限定してのオンデマンド印刷である。 個人の記録集だし時間かけてもしょうがないから簡単に作ろうと考えた。
だから時間のあるときに少しずつ編集をすすめていたのだが、やり出すと(埋もれていた資料なんかも新たに探し出してきたりして)だんだんと本格的になり、同時に入稿締切も迫りだしてきたから、なにやらたいへんになってしまっているところ。16ページもあれば批評集とするにはページに余裕ありすぎ、なんでも入れられるぞと最初は思っていたが、やはり「編集」としての抜粋と選択は必要のよう。

1-627_20121117213830.jpg
さてそんななか、今日は「長岡フルートアンサンブル第25回記念演奏会」に行ってきた。25周年ということで、公演パンフレットにはこれまでの演奏履歴も記載され、この日の演奏曲目も25周年を意識したものだった。
それらに触れながら「四半世紀ってことだよなぁ~」と言葉にしたときの重厚感みたいなものを思っていたら、私がいま制作している批評集も「1987年から始めて現在まで続けているシリーズ」を基に編集しているから、数えたらこちらもピッタシ25年。同じく四半世紀記念となるようであった。
ただ、私のほうは25年フルということではまったくなく、途中、かなりの空白期間があるから「なんちゃって四半世紀」なのだけど。

次の世代を真剣に考える by N首相

N首相は衆院解散直後の民主党両院議員総会で「次の選挙より次の世代を真剣に考える」と言ったそうな。

次の世代を真剣に考える、には、お笑いを通り越し、だから弁のたつヒトはダメなんだという感想をもった。一見もっともらしく、好き勝手に言えるからね。例えば原発問題では10万年にわたり放射性廃棄物を管理しなくてはならないのだけど、「未来の世代にツケ(放射性廃棄物)を残し、さらにその量を増やし続けてもいい、そうしても仕方がない」という論理でこれまで平気ですすめてきたわけだから、「真剣に考える」なんて言ったら次の世代に怒られやしないかね。
あるいは、 前の選挙のときの有名な「シロアリ」演説と同じ(ただ言っているだけ)か。

GUN展とまだ刷り上がってないカタログと斎藤義重による斎藤義重展

昨日は長岡市内2展、ギャラリー宮本の戸川淳子展と近代美術館の「GUN 新潟に前衛のあった頃」展に行った。GUN展のほうは次号マイスキップ(12月号)で記事にすることとなり、18日のギャラリートーク時に写真撮影を兼ねて再度行く予定にしているが、その準備もあるから展示のあらかたは事前に見ておこうということで。

下見的にザッと見た範囲なので感想めいたことは控えたいが、ただ、わかりずらいかなという感じもなくはない。個々の作品ということではなく、全体の流れ的なもので。この辺りは、展覧会カタログを読めば(おそらく)詳しい解説もあるだろうから解決もするのだろうが、そのカタログはまだ出来あがっておらず今月下旬からの販売とのこと。
展覧会やっているのにカタログが出来てないなんて何なんだ!と怒ってはいけない。 カタログが遅れるのは美術館の怠慢でも印刷工場の事故でもなんでもなく、「実際の会場写真をカタログに収録する」という目的で、印刷入稿が早く済ませられない点にある。昨今のインスタレーション展などではあることで、インスタレーションだと、会場写真が掲載されないカタログだと意味も半減するからね。
1-623_20121116114017.jpg

展覧会開催中にカタログ印刷をする(つまり開催中の初期にはカタログが買えない)という例でいえば、私が最初に接したのは横浜市美術館での「斎藤義重による斎藤義重展」である。約20年も前の展覧会。
タイトルが示す通り、作家自身が作家の旧作と最新作を素材にして「新たな空間構成」を目的としたという、当時とすると画期的な企画で、氏が89歳のとき、1993年の開催。わざわざ横浜まで、それだけを目的に観に行ったが、カタログは(出来あがってないからと)その場では買えなかったという記憶がある。
1-624PAINT-A.jpg
そういう企画趣旨であれば、当然会場写真がはいってなければそもそも展カタログにはならないわけで、遅れて出来てきたカタログには実際の展示空間だけでなく、その制作プロセス(斎藤氏が指示を出し、展示をすすめている風景)までもが20ページにわたって収録されている。美術館にとってみれば当日売れないというのは売上面でのネガも背負うわけで、そうまでして作った甲斐もあろうかという貴重本。だいぶお世話になったからか、ボロボロになりかけているが、この機会に写真におさめてみた。


さてGUN展のほうに話を戻すと、要はカタログの発行が遅れるのもそれだけの理由があろうということで、そのカタログには当日の何がどういう具合に収録されるのか、とても楽しみなところではある。あと、展覧会場内の説明パネル等を読んでいて、私の理解とは異なるところが2か所ほどあり、そうしたことも研究してみたいと思っている。

作品制作と根源的な楽しさ

先月くらいから腰痛がひどくて悩まされてきたが、今週にはいり具合がだいぶよい。病院に行っていい薬をもらったとか、特になんにもしてないのだけど、だとすれば自然治癒力というやつか。あるいは、腰痛というのは精神的なところからも発症する(影響する)という説を聞いたことがあるから、単に気の持ち方ということか。精神説というのは本当かどうか知らないし、結局その辺、よくわからないまま。

ただ事実としては、作品制作の調子が今週にはいって一気にあがったよう。腰が痛くないからね。
いまは木にペンキで色を塗っているのだが、(ふつうは誰でも)ハケや筆を使って塗るところ、それを止め、「手」で直接塗ることにした。使うペンキがちょっと特殊で粘度が高く、ハケだと塗りずらいという技術的なところもあるのだけど、子どものころの泥遊びのような何か根源的な楽しさを秘めているから、たまにはそうしたことを感じつつ制作しようということで。
仕上がりもすこぶるよい感じ。でも 「根源的な楽しさ」と言いながら、出来上がるものはたいそうミニマルなものになりそうだけど。

ONE Mart EXPRESS展のDMの追伸

「ONE Mart EXPRESS」展の案内DMについて昨日書きましたが、その続きを少々。

展覧会案内は一般的にはポストカードの仕様で作ることが多く、50円切手を貼ってすぐ出せるし便利なのだけど、昨日も書いたように、今回の案内はA5サイズと大きくしている。 元来が案内には情報を多く入れ込みたいと思うたちで、ハガキサイズだと窮屈すぎて限界も近すぎるから、という理由が大きいが、会場で配布する「作家紹介案内」も兼ねるかたちで印刷すれば一石二鳥の合理性もあろうという判断で。
また、今年からスタートした「長岡小嶋屋・銀座店の展示」案内をA5版で作成した際、それが思いのほか好評だったこともある。


サイズはポストカードの2倍で、だから半分に折るとちょうどハガキ大。なので個々に発送する際は半分に折って透明の封筒に入れ、クロネコのメール便で送っている。
それが上の写真だが、宛名シールを貼りつけるところと、切手替わりの黄色いクロネコシールを貼るところとあらかじめ想定して作ってあり、黄色のバーコードシールを貼ってもデザイン的に破綻(?)しないようにいちおう考えているのが、ミソではある。

ONE Mart EXPRESS展のDMとポートレイト写真

1-612.jpg
今月28日からの「ONE Mart EXPRESS展」の案内DMは、前にも書いていたがA5版の両面カラー印刷としている。表側を会期や会場地図等の情報面とし、裏面に出展12作家のプロフィールとコメントをごく簡潔に記載し、そこには各々の顔写真もあわせて入れている。
昨年度の同展ではリーフレットを作成したが、そこに顔写真を掲載したら、来場者、特に作家とは直接の知り合いではない一般のかたから「顔がわかると、いいよねぇ~」と好評の声が多く聞かれた。こちらがびっくりするほど絶賛したかたもいたが、まぁたしかにそれもそうだということで、今回もそれぢゃあ顔写真を載せようとあいなった次第。

1-525.jpg 各作家のかたには「DMに載せるからポートレイト出してね」とだけ伝え、特になにも指定せずお願いしたのだが、そこはさすがというかなんというか、集まったものは皆さんいろいろである。免許証写真のように3分写真でふつうに撮ってくるものはなく、横向きだったり、アングルが妙だったり、わざわざ反転させていたり。そんな多様性がまた展覧会の様相をあらわしているようでもいて、面白いと思っている。



ONE Mart EXPRESS Ⅸ
11月28日(水)~12月2日(日)/会場:新潟市美術館 ギャラリー、入場無料
http://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-1557.html

長岡駅前コンビニと草間彌生展


長岡駅前のコンビニにも草間彌生さんの顔(展ポスター)が貼ってあるのを発見。
新潟市美術館でのクサマ展も今週から始まったようです。

«  | ホーム |  »

カレンダー

10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

amazone入口


アフィリエイト実施中。アマゾンご利用の際は↑からお入りください。(アトリエZen)

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR