アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

02<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>04

アトリエZen 展覧会案内
infomation

どうぶつアート展併設の喫茶室で同時開催/野坂衣織展
6月24日(水)~7月5日(日)/於:maison de たびのそら屋
https://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-
category-1.htm
l


長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~6月14日まで:三上喜貴 〓終了しました〓
現在/6月15日~8月23日:髙橋ノリユキ(写真) 〓展示中〓/ウィルス対策で営業時間の変更があります。長岡小嶋屋のホームページ等最新情報を確認ください


銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
vol.35/5月14日~7月31日舟見倹二+外山文彦
展示案内
展示作品リスト・展示風景



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


新ギャラリーの取材

1-969a.jpg なかなか忙しい。
長岡市の新産地区に知人が新しくギャラリーを開設するので、マイスキップに記事を書こうと今週は取材もしたのだけど、執筆時間がうまくとれず原稿はいまだ進まず。
だから、ノスタルジックに渋谷駅の解体だとか長文ブログに書いている場合ではまったくなかったのだけど。


前に告知していた7月の「エックス展Ⅳ」について、参加者が固まったので各出展者宛てに案内メール(No.01)をいまほど送った。会場となる画廊とも来週打ち合わせをもつ予定で、今月は忙しさがずっと続きそうだ。

東横線渋谷駅解体雑感

東急東横線の渋谷駅が3月16日から地下に移動するとのこと。1週間後である。
路線を一切止めずに一夜のうちに入れ替えちゃうというのも、考えてみれば凄いこと。土木の技術力を感じさせるところだけど、まぁそんなことよりも学生時代に東横線沿線に住んでいた私としては、現渋谷駅の解体には一抹のさびしさを感じているところ。

東横線渋谷駅は今では珍しい、いわゆる「頭端式ホーム」というもので、上から見下ろすと「ヨ」の形をして、線路がそこで終わり大きなプラットフォームを形成するスタイル。「線路は続くよどこまでも~」という歌があるけども、東京の大ターミナル駅はそうではなく線路がそこからスタートなんだ!と、初めて上京した高校生の時、そのダイナミックな空間とともに妙に感動したことを覚えている。
頭端式ホームというものは、そういえば上野駅も一部そうであるし阪急の梅田駅はもっと大規模なものだけど、効率面からすると現代では著しく劣るようで、次第になくなる方向にあるらしい。なかなかカッコいいし好きなのだけどね。近くならカメラ片手にいそいそと写真撮りに行くんだけど、思い入れは深くても、さすがにちょっと無理か。


渋谷駅は超複雑だったから、駅が地下化すればたしかに便利にはなるかもしれないが、経済面や効率さとかで街や駅が変貌していくと、次に訪れたときはおそらく“浦島太郎”状態になりそうだ。
実際、東横線の終点はかつては横浜の「桜木町」だったがすでに廃止され、ルートを繁華街方向にずらして地下鉄化されているのだけど、数年前に訪れた際、そのあまりの雰囲気の変貌ぶりに“浦島太郎”状態に陥ったことがある。その新しい地下駅はたしかに近代的で綺麗で純粋に「すごいなぁ~」と思いはしたけれど、なんというか、私が知っていたヨコハマの香りみたいなものは、その佇まいから消え去っていたから。

学生のころ神奈川県民ギャラリーで展覧会をすることが多かったが、電車では最寄の関内駅まで行かずに、たいてい東横線終着の桜木町駅から歩いていた。 山崎ハコの初期の代表曲「ヨコハマ」は、「雨に濡れたダルマ船、いつまでたっても動かない」とか「ドブ河、低く飛ぶ鴎」などと歌い、たまに聴くたび当時よく歩いていた桜木町界隈を思い浮かべたりする。でも「みなとみらい」となった今とはかけ離れていることにもすぐ気付き、結局ウラシマなのである。

渋谷駅のほうに話を戻せば、「駅舎解体前には期間限定イベントスペースとして活用」するとのこと。駅舎の雰囲気を活かせれば面白いけど、さてどうなのだろう。

 | ホーム | 

カレンダー

02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR