アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

01<< 12345678910111213141516171819202122232425262728 >>03

アトリエZen 展覧会案内
infomation

アトリエZen企画展
エックス展 Ⅹ -若きクリエイターたちの自由表現-
[記事index]
会期:2019年12月12日~22日/〓終了しました〓

三上喜貴 賀状版画作品展(at WASHIMA TOUT LE MONDE)
http://atelierzen.blog.fc2.com/
blog-entry-5189.html

会期:11月1日~2020年1月26日、休館日にご注意ください/会場:和島トゥー・ル・モンド 2階



長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~2020年2月2日まで:
角屋 幸〓終了しました〓
2月3日~4月12日、ただし2月17日(月)は休み:
外山文彦 〓展示中〓

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
vol.34/2月20日~ヘロシナキャメラ(イラストレーション)
展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


富山県立近代美術館の移転

鎌倉にある神奈川県立近代美術館について報じる新聞記事を1か月前に紹介していたが、他県の美術館の動向というのは案外とわからないもので、知らなかった、驚いた等の声も何人かからいただいた。 で、今度は富山県立近代美術館の話。移転するらしい。

先日行った長岡造形大の卒展会場に以前取材した富山出身学生がちょうど居て、地元をテーマにしたその卒業制作に触れて雑談していたら出てきた話。富山駅近くへの新築移転でその設計は建築家・内藤廣が担うようだから、地元では相当話題にもなっているのだろう。
同美術館には、1980年代の終わりごろだったか、同館が作品を公募した「日本海美術展」に何回か応募(作品持参)したことがある。コレクションがよいこともあって、そのころけっこう頻繁に訪れていた美術館。長岡からだと気軽に行くには少し遠い感じだが、上越市や糸魚川市あたりからみると案外近い。

長岡造形大学2014年卒業・修了研究展


長岡造形大学の卒展に行ってきました。
マイスキップ紙で担当している「長岡造形大生・紙上ギャラリー」で卒展作品の紹介をしようと、その取材も兼ねて。同大卒展は明日15時までの開催。

長岡造形大学2014年卒業・修了研究展
会期:2月8日(土)~11日(火・祝)
会場:長岡造形大学

専門学校の制作展ふたつ

5-742.jpg
5-743.jpg

ふだんはそれほど降らない新潟市内も雪でたいへんだったが、Next21(→)のなかにあるホール(市民プラザ)で、新潟デザイン専門学校の卒展が開かれていたので昨日はそちらに。
また、すぐ目の前にある国際調理製菓専門学校で「FOOD感謝祭」なるものをやっていたので、あわせて覗いてみた。
5-737pa.jpg
感謝祭は言い換えればいわゆる学園祭で、年に一度、この時期におこなわれているらしい。だから各学年の制作作品が展示・紹介され、つまり卒展ということではないのだが、卒業年度生は各専攻毎に(これまで学んだ成果を最後に発揮する場として)カフェやフランス料理店など飲食店運営を館内でおこなっていてけっこう本格的だから、卒展的な意味合いも十分ありそうだ。
5-738p.jpg
左は、パティシエ学科1年生が制作した「パンによる自画像」。最後に訪れた同校の別館「パティシエ館」に展示されていた。
素材は、焼いたパンである。かなり固く焼いているとのことで、たしかに見た目もオブジェに近い。一同にこれだけ並ぶとさすが面白く、許可をもらって撮影させていただいた。



新潟デザイン専門学校2013年度卒業制作・修了制作展/2月7日~9日、新潟市民プラザ
国際調理製菓専門学校FOOD感謝祭/2月8日~9日、同校内

野田英世「長岡・五十の市を描く」 web展

5-733.jpg
1月末日まで長岡小嶋屋CoCoLo長岡店でおこなっていた野田英世スケッチ画展から、今回試験的にアフターエキシビジョン的なものをと、web上でも作品公開することとし、本日アップさせました。
4作品ほどのささやかな掲載となりますが、最近スタートさせたwebサイトのなかに特設ページを設けています。期間限定公開の予定です。

野田英世「長岡・五十の市を描く」 web展
http://atelier-zen.jp/nodahideyo.html


掲載作品についてご希望のかたには販売にも対応します。詳しくは専用メールフォームにてお問い合わせください。

瞬間的に消えるためだけに存在

「9―3÷1/3+1」(1/3は、3分の1)の答えは?
と、ある大手自動車部品メーカーが高卒と大卒の技術者の新入社員をテストしたところ、正答率は4割にとどまった。そんなニュースがネット上に流れてきて、ちょっと驚いた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140204-00000014-asahi-bus_all

技術者ということは理科系出身のはずだから、まぁ驚くというよりも、高校が進学校の理系コースだったものからすると4割しか正解しないのは、にわかには信じ難い感じ。文系だと数字や記号アレルギーのある人も相当いるから、羅列する数字にパニくって間違えるというのもわからんではないのだけど。
数学のテスト問題は、一見して複雑そうに数字が並んでいても、美しさを追求する数学者の常で答えはすっきりしたものにたいがいなる。分数の割り算は分母と分子を入れ替えて掛け算すればいいから、3÷1/3は3×3。サザンがキュウと、冒頭に出てきた9と同じと即座に気づき、あら不思議とばかり「最初の9もろとも消えてなくなる」から一目瞭然、残った1が答えという寸法。
特に計算力を必要とせず数学の感覚を問うような、いい問題。意味があるのは、最初の9は瞬間的に消えるためだけに存在しているということで、これが7とか5とかで問題を作ってしまっては、出題者の心理としてもやっぱり美しくない。余計な計算が混じりこんでしまう。

そんなこと考えていたら、昔読んだ「国語入試問題必勝法」というタイトルの清水義範のパスティーシュ小説を思い出した。国語の入試問題を問題文を読まずに正解を出す方法が記されていて、出題者の心理を読み、問題のパターンを把握すれば問題文など読まずに解答できるのだと、あくまで小説上での話。でもその伝でいけば、こういう計算問題は難しそうに見えても答えはゼロとかイチとかわかりやすいものになりやすいといえ、つまり、あてずっぽうで0か1と書いてしまっても、正答率は50%。そんなのでも実際より正答率が高くなるのが、不思議ではある。

水澤淑作品展示 at 笹川眼科待合室


笹川眼科(長岡)のクリニック内展示、作品の入れ替えを昨日おこないました。

新しく展示した作品は、長岡在住の水澤淑さんの「花を描いた絵画」4点です。 高田高校出身の美大生が「くらくてしろい」と雪国の雪の季節を表してましたが、そんな時期だからこそと、水澤さんの「花」で待合室を飾ってみました。
水澤さんは1995年にパステル画を始め、1996年から長岡市展入選。アークベル県民アマチュア絵画展で長岡市長賞、新潟県シニア美術展で新潟県知事賞、ねんりんピック静岡2006で長寿社会開発センター理事長賞など受賞しています。


Art Space Bright Light  vol.02
水澤 淑  展/2月5日~4月末日まで
笹川眼科・中待合室 (Art Space Bright Light)
※ クリニック内のため、治療や検診等の通院者に楽しんでもらう意図での展示となります
展示作品リスト
 no.
 作 品 タ イ ト ル
 技  法
 1
 華  - 1
 パステル
 2
 華  - 2
 パステル
 3
 華  - 3
 パステル
 4
 ひまわり
 油  彩

5-731.jpg

西片結花展の展示風景と作品リスト

店長おすすめ新作パンのほうを先にアップしてましたが、
ラ・ボントーンの展示風景を。

 西片結花 作品展示:3月30日まで
http://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-2298.html
  5-728.jpg

展示作品リスト(全作品、今回のための新作です)
 no.
 作 品 タ イ ト ル
 1
 ヒ  ラ  メ
 2
 食 を 待 つ 女
 3
 養     殖
 4
 サ  ン  マ





1日の長岡小嶋屋(さいとうようこ展)から始まって、2月冒頭は展示作業が続いてますが、今日ももうひとつ。このあと、笹川眼科の院内展示作品の入替にむかいます。

ボントーンの展示作品入替と紅ズワイガニのパン

5-723p.jpg 今日は、ラ・ボントーンの展示作品の入れ替えに。西片結花さんのミクストメディア作品4点を、新しく展示してきました。

とりいそぎ、展示直後の光景ということで左に。
遠方の壁面に2作品が掛かっていますが、ピントをそこに合わせてないので作品そのものはよくわかりません。なので後日、別の画像をアップしようと思いますが、手前の「紅ズワイガニのレンコンコロッケ・フォカッチャ」なる新作パンは、店長氏に聞いたらいまお薦めみたい。
「紅ズワイ」シリーズ(?)での考案なのか、隣には「紅ズワイの春巻パン」(↓)もありました。
ブレッツェルも健在です。
5-724.jpg

ちなみにレンコンは地場産、“長岡野菜”。
5-726.jpg 5-725.jpg

さいとうようこ展と期間限定メニュー

5-721.jpg
さいとうようこ展が始まった、長岡小嶋屋CoCoLo長岡店から。
その展示作業時に気付いたのは、「あげもち」なんていうトッピング(?)メニューが新しく出ていたこと。蕎麦のトッピングとしてだけでなく、そのまま醤油をつけて食べても美味しいとのこと。2月いっぱいの限定メニュー、105円です。
もうひとつ期間限定メニューの紹介をしておきますと、画像左下、「越後もち豚のつけ汁そば」。こちらも2月末までとなります。
5-720.jpg  5-719.jpg

桜井勇展

5-722_20140202163818daa.jpg
作品の配達で柏崎に。途中、導線上にあることからギャラリー宮本にも立ち寄ってみた。石佛物語と題した、桜井勇油彩展。ギャラリー内は撮れないので、入口の雁木部分を。

«  | ホーム |  »

カレンダー

01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR