アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

02<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>04


外山文彦作品記録集(2020年編集版)_2020年10月発行/
郵送にて販売中です
詳細↓
https://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-5768.html

アトリエZen 展覧会案内
infomation

エックス展 次回第11回展のお知らせ



長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
3月1日~5月9日:頓所康則展(ペン画)〓展示中〓
/ウィルス対策で営業時間の変更がなされる場合もあります。長岡小嶋屋のホームページ等最新情報を確認ください


銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
vol.38/~2021年3月4日:高木秀俊
展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


戸川淳子展 at 長岡小嶋屋銀座ニューメルサ店

銀座「長岡小嶋屋」の店内展示、4月からの案内です。
7-793.jpg    1-358.jpg ← 地図

銀座ニューメルサ店“蕎麦×アート” vol.9
戸川淳子 展

会 期:2014年4月2日(水)~6月29日(日)
営業時間:11:00~15:00(ラストオーダー14:30)、17:00~22:00(ラストオーダー21:30)
会 場:長岡小嶋屋 銀座ニューメルサ店
           (銀座中央通りのショッピングビル「ニューメルサ」8階)

■ 戸川淳子(とがわ・じゅんこ)/新潟市在住。女子美術大学卒業。羊画廊(新潟市)で個展。新潟県内を中心に個展、グループ展多数。


●新潟の「蕎麦と食」の店内を新潟に関係した作家の作品で彩るという企画です。小品7点ほどのささやかな展示となりますが、アートのある時間と空間を、美味しいお蕎麦などとともにどうぞ。 新潟名産「へぎ蕎麦」だけでなく、新潟にちなんだオリジナルカクテルや地酒、あわせて新潟の食材を使った肴などもあります。
●ぐるなび(長岡小嶋屋の紹介ページ):http://r.gnavi.co.jp/gc1s500/
 【展示作品の販売、お問い合わせ】
●作品の購入のご希望がありましたらアトリエZenまでお問い合わせください。


アトリエZen  mail
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)

先週の話と最終回の新潟ロケ

そう忙しいわけではないけれど、先週はだんだん時間に追われていったようでブログ更新もほとんど出来ず終い。「私の嫌いな探偵」最終回を見た(期待通り、面白かったよね)という話や、テレビだったらむしろそれよりも3年目の3.11。ここ(だけ?)とばかり過熱する報道をクールに見ていてどう思ったかとか、書きたいことは欠かなかったのだけど。

もうだいぶ前だが、市外でとあるアートスペースの開設の相談を受け、開設と運営のサポートをしたことがある。その主宰者Kさんの急な訃報が届いたのが先週初っ端。Kさんと一緒におこなったアート展の資料も見返し、まだ若いのにと思いながら葬儀にも参列したのだけど、そうこうしているうち別な原稿を急きょ書くことが決まり、「そう忙しいわけじゃないから(急ぎでも)いいよ」なんて気安く受けたら確定申告書の提出をしなくてはならないことをうっかり忘れていたと気づき、取材だなんだ税金計算がなんだ執筆や校正がなんだと、全部締切のある話だから結局アタフタであったわけだ。


さて「私の嫌いな探偵」の最終回は新潟ロケだった。地元のひとはすぐわかる赤いラインの「越後交通のバス」が開始早々から登場。著名な旅館や蕎麦屋も舞台に出てきて、身近な地域が出てくるのは楽しいもんだと画面にひきこまれていた。ただ、主人公の探偵御一行が宿泊した設定の「龍言」は、ロケ地情報のサイトを見てみたら外観のみの登場。内部の映像は埼玉県の某料亭での撮影で、組合せだという。うまく作るもの。

主人公の剛力彩芽が雪山で(銃に撃たれて殺されたかのように)倒れているシーンが予告でさんざん流されていた。ふたをあけてみれば、クマが出没しそうだったから死んだふりをしていただけ、というオチ。
真面目に心配して見ていたひとはナントモだろうが、まぁ「らしい」ところだし、よくよく見れば銃で撃たれたかのように描かれても血痕は一切ないことも同時に見せていたわけだから、嘘は言ってない。いちおう、推理ドラマの枠内ではある。殺人事件のトリックも「雪に残る足跡」というなんともチープなもの(これって、小学生のとき読んだ「推理クイズ」の本に出ていた)だけど、こちらもそこを逆手にコミカルに仕立てちゃって、実に面白かったなという印象。タイトルがなぜ「嫌いな探偵」なのか、ちょっとした謎だったが、最後の最後でそこに意味が出てくるのもうまいと思う。言われてみれば、それなりに伏線も張られていた。

ちなみに、7月にはDVD-BOXが発売されるらしい。予約受付中みたいだ。でも個人的にはそれよりも、原作の東川篤哉「烏賊川市シリーズ」はまだまだ作品もあるようだから、新シリーズ(続編)を期待したいところ。


 | ホーム | 

カレンダー

02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR