アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

10<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>12


NEWS
長岡小嶋屋「殿町本店」2階に外山文彦作品を飾っています。
https://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5376.html

アトリエZen 展覧会案内
infomation

アトリエZen企画展
エックス展 Ⅹ -若きクリエイターたちの自由表現-
[記事index]
会期:2019年12月12日~22日/〓終了しました〓

三上喜貴 賀状版画作品展(at WASHIMA TOUT LE MONDE)
http://atelierzen.blog.fc2.com/
blog-entry-5189.html

会期:11月1日~2020年1月26日、休館日にご注意ください/会場:和島トゥー・ル・モンド 2階



長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~2020年2月2日まで:
角屋 幸〓終了しました〓
2月3日~4月12日、ただし2月17日(月)は休み:
外山文彦 〓展示中〓

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
vol.34/2月20日~ヘロシナキャメラ(イラストレーション)
展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


新国立劇場バレエ団 眠れる森の美女第三幕



9-039.jpg



今朝の新潟日報文化欄に出ていた、新潟県民会館での「新国立劇場バレエ団公演」の記事(↓)を興味深く読んだ。筆者はバレエ評論家の守山美花氏で、19世紀末につくられた古典バレエ(眠れる森の美女)と今年3月に初演されたばかりのコンテンポラリーの最新作(暗やみから解き放たれて)の同時上演だということで、なるほど、その見どころも含めて実にわかりやすい解説。
9-040.jpg

この公演は22日(土)に上演。直接の関係はまったくないが、その翌日の23日には長岡で同じくチャイコフスキーの三大バレエのひとつ「くるみ割り人形全幕」がおこなわれることになっている。こちらは観に行く予定で楽しみにしていたところで、記事を読んで新潟の公演も時間が許せば観にいきたいと思ったが、連日はやはり無理なところか。
ちなみに長岡の「くるみ割り人形」には、新国立劇場バレエ団からもプリンシパル、ソリストらがゲストで加わっている。チケットは早くに完売し、プラチナペーパーみたくなったようだけど、当日午前におこなわれる公開リハーサル(ゲネプロ)のほうはまだ買えるかもしれない。こちらの問い合わせは、主催の「地域にバレエ・ダンスアートを育てる会」まで。

8-209.jpg
くるみ割り人形全幕の公演チラシ
(アトリエZenにて制作しました)


前のものを横から


旧長岡現代美術館の「前庭」を横から。
半年前にもそう言いながら「横から」撮っているが、今度は逆の横から。撮影機材も違う。

「らしい」建築のこと


ONE Mart EXPRESSVol.X展、昨日終了しました。

右上は、昨日会場内で最後にアップしようと思って撮った柴山さんの屏風作品(の一角)。でしたが結局最終日はなんだかんだとアップできず、1日遅れでの掲載です。唯一県外から出展した柴山さんは都内で展覧会を同時開催していて、そちらのほうも昨日終了しました。

9-036p_20141117051718f6c.jpgONE Mart EXPRESS vol.X
会場写真(過去ログ)
その1
その2
その3/展示作品リスト
その4



さて下は、昨日の新潟日報の書評欄記事。『「らしい」建築批判』という本が取り上げられていた。評者は建築史家の倉方俊輔氏。建築がアートのように扱われ、芸術家のごとくふるまう建築家は芸術家らしい商品としての「作品」を資本の市場へ売り出すことになった…というのが、書名にいう「らしい建築」。いや、私自身まだ当該書を呼んでおらずこの書評の受け売りだから、正確にいえば、『「らしい」建築』らしい。
9-037.jpg
興味深いのと来月は時間もとれそうなので、これは読んでみようと思う。ちょうど昨日も、今回のONE Mart EXPRESSに出展していたあるかたと「(建築として優れていると建築界では評判で、なんだかの建築賞までとってしまったらしい)とある美術館建築について」その使われ方は実際どうだろうかと、疑問に思うところを話していたところだった。それはこの本のことを別に意識したわけではなく、その美術館の話題がのぼったから、ふだんの問題意識のなかでの会話だったけども。「らしい」建築というキーワードは「らしい」かもしれない。
「らしい」建築批判

展覧会最終日と調子の悪いハードディスク

寒いから風邪をひいたというわけでもないのだろうが、朝起きたらハードディスクの調子が悪くなっていた。
データーの破損がひどくあるようで読み取れない。前触れなくいきなり壊れることがあると聞いてはいたけど、どうやらそのようだ。 buckupは毎日とっているからデーター自体に問題ないが、朝早く起きてもそんなかんなの復旧作業に時間を費やしている。

さて、昨日に引き続いて今日もこれから岩田ギャラリーに。ONE Mart EXPRESSvol.X展の最終日で、在廊します。右は同展から。

(2014.11.16 am7:00)

アート・ウォッチング2014展と梅田恭子展と

今日は岩田ギャラリー(ONE Mart EXPRESS展)に一日在廊していたが、午後4時と早めに終わるので、そのあと近くのgt.moo gallery(アート・ウォッチング2014展)に立ち寄り、さらにもう少し足を伸ばして、新潟絵屋(梅田恭子展)まで。

左は夕刻ちょうど暗くなった時分の新潟絵屋。丸い窓にオレンジの光が月みたいだ。
9-033p.jpg

gt.moo galleryの「アート・ウォッチング2014展」のほうは、ONE Mart EXPRESS展と同じく明日16日(日)までの開催です。

近藤武弘展の記録集

岩田ギャラリーでの企画第2弾として先月個展をした近藤武弘さんから、自身で編集&制作された「同個展の記録集」が届いていた。
表紙の写真は、個展時には「廊下」面に直に置かれていた油彩作品。右下に45度でその廊下の板が入りこんでいて、デザイン上のキーポイントにもなっている。
なのでその45度を元に戻すようにして、今日は岩田ギャラリー在廊中(ONE Mart EXPRESS展)なのをいいことに、同じ場所に置いて写真におさめてみたのが右。 そんな妙なコラボレート写真なぞ撮る前に、内容の詳しい紹介するなり、記録の大切さとか書くなりするべきなんだけどね。 9-030a.jpg
冊子はA4サイズ、中綴じオールカラー印刷の8ページ仕様。

ONE Mart EXPRESS Vol.Xの会場写真 Part-4

9-026a.jpg
ONE Mart EXPRESS vol.X展から。第4弾の写真となりますでしょうか。日本家屋に様々な展示を展開しています。
上の左は、庭からギャラリー内をのぞんだもの。天気がよければ庭にも出てもらえますが、昨日今日と天候が悪いのがあいにく。


展覧会は16日(日)までの開催です。ここのところ急激に寒くなりましたし、館内は日本家屋特有の寒さもあってとても冷えますので、暖かい服装でお越しください。(余談ですが、海苔屋の倉庫を使った20年前の「創庫美術館」が冬あまりに冷えるので、当時、口々に「冷蔵庫美術館」と呼んでいたことを思い出しました。)

展覧会案内:http://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-2670.html
作品リスト:http://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-2741.html 9-006-epsonpc_201411121646388dd.jpg 9-027.jpg

シュトーレンの販売も

9-021.jpg さきほどの記事「ラ・ボントーンの店内風景」の追記。

シュトーレンの販売も始まってます

ボントーンの店内風景と吉田尚子作品の展示リストと限定モンブラン

ラ・ボントーンの店内風景。
先週から、壁面には吉田尚子さんの以下の4作品を飾っています

  吉田尚子・作品展示
  2014.11.6~2015.1.15
 no.
 作 品 タ イ ト ル
 技  法
  1
 Snowy
アクリル絵具、他
  2
 Twinkle Heart
アクリル絵具、他
  3
 ぬくぬくぽっけ
アクリル絵具
  4
 おすまし姉妹
アクリル絵具

9-022.jpg

9-020.jpg
秋限定商品を見つけたのであわせて。

ONE Mart EXPRESS vol.X 展示作品リスト

9-018.jpg
ONE Mart EXPRESS vol.X展の出展作品リストを表にまとめましたので下に。
展覧会は16日(日)まで開催中です。

■過去ログ
展覧会の案内・ 会場への地図 / 掲載誌(月刊にいがた) / 会場写真 その1 その2
余談:DMの断面

ONE Mart EXPRESS vol.X  作品リスト
 作家名
 作 品 タ イ ト ル
 素材・技法
 展示場所
 笠原 賢悟
 記録の封じ込み
磁気テープ、コーキングシリコン
庭に面した廊下
 児玉 瑞子
 五番目の季節に咲くハナ
ミクストメディア

 佐藤 郷子
 Inside Out
(BunBunProject 2014)

蚊帳、蛍光塗料ほか(体験型インスタレーション)
茶室
 柴山 明子
 夕 焼
墨彩画
和室
 湾岸の夜
墨彩画
廊下の飾り棚
 青い夜のはじまり
墨彩画(屏風)
和室・床の間
 気持ちのよい日
墨彩画
和室・床の間
 友だち
墨彩画
和室
 親 子
墨彩画
和室
 高橋トオル
 Storm
映 像
和室と廊下壁
 茅原登喜子
 は べ る
紙袋/インスタレーション
玄関
 無 題
木製パネル、紙、アクリル絵の具
玄関
 外山 文彦
 白い絵画
ボード、エナメル塗料他 (壁面インスタレーション)
和室大広間
 Asa.14-01
板、麻、アクリル絵具、シナベニヤ
和室大広間
 中田 歩
 渋谷駅地下構内図屏風
段ボール、普通紙、アクリル、コンテ、ボンド
和室大広間
 ヤマクラコウジ
 F#add9 G6 A7sus4 Am7
RCペーパー
和室大広間

9-019.jpg  


«  | ホーム |  »

カレンダー

10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR