アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

10<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>12

アトリエZen 展覧会案内
infomation

アトリエZen企画展
エックス展 Ⅹ -若きクリエイターたちの自由表現-
[記事index]
会期:2019年12月12日~22日/〓終了しました〓

三上喜貴 賀状版画作品展(at WASHIMA TOUT LE MONDE)
http://atelierzen.blog.fc2.com/
blog-entry-5189.html

会期:11月1日~2020年1月26日、休館日にご注意ください/会場:和島トゥー・ル・モンド 2階



長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~2020年2月2日まで:
角屋 幸〓終了しました〓
2月3日~4月12日、ただし2月17日(月)は休み:
外山文彦 〓展示中〓

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
vol.34/2月20日~ヘロシナキャメラ(イラストレーション)
展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


長岡小嶋屋“蕎麦×アート”の次回案内DMと現在の高木秀俊展

長岡小嶋屋CoCoLo長岡店でおこなっている店内アートの、来月以降の、正確に書けば12月2日から約半年間3展示の案内DMです。12月2日からは、長岡在住・角屋幸さんの書による作品5点を飾ります。
13-748b800.jpg

13-700.jpg



現在の同店では高木秀俊さんの5作品を展示中。以下、同展示から。
13-691b_20191101171756d54.jpg
13-692_201911011717515a1.jpg
記事index
高木秀俊作品・展示案内http://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-5108.html
展示作品リストhttp://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-5142.html
準備中の光景(2019.9.22)http://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-5137.html


角屋さんも高木さんも、12月の「エックス展-若きクリエイターたちの自由表現に出展します。 (エックス展は長岡市呉服町のmaison de たびのそら屋での開催です)

そして、旅を続けよう

blogをやっているかたには先刻ご承知のことなのだが、blogには「下書き」というフォルダがあって、途中まで書いた段階でアップしないまま保存しておくことが出来る。そのなかには「書いたけれど公開してない」というパターンもあるにはあって、今なにげなく見たら、昨日書いた「Laughi'n the nude」展に関して、カタログ(いわゆる記録集)の巻頭言をわざわざ書き写したものが、公開されないまま残っていた。数年以上も前のもので、アップしなかった理由ももうわからず、だから同展を紹介した契機に下にあげておきたい。
五十嵐祥一さんの文章は学生時代からとても好きで、大学のゼミ誌に書いたものから展覧会レビュー、作品に対する文章まで手元にかなり所有していたから、氏が若くして急逝したときにそれらをまとめた。blogにもかつて時折転載したことがあるが、たぶんそうしたことの流れに何かキーワードがあって書き写したんだろう。



そして、旅を続けよう
ノプラマ・アート「Laughi'n the nude」を終えて

五十嵐 祥一   


その当日が終わるまでの焦りと集中したことのせいか、ひどく虚脱な状態になる。夢から醒めた朝遅く、街を歩くときの感じとよく似ている。たくさんの人々に集まってもらい、楽しかった。展覧会は終わり、ぼくたちは再び大洋へと出航する船のように、束の間の停泊を終え、それぞれが旅を続ける。また或る日に何処かの港で出会い、裸で笑いたいと思う。
旅は自己形成の作為であり、なにももたないぼくたちにとって武器である。気持ちよく笑うためには、日々のなかでぼくたちを去勢しようとする商業主義や情報操作と戦わなければ果たし得ないだろう。川瀬君がパンフレットで「連帯」について書いているように、この作業には仲間が大切であり、それはまた一人一人が「自由」を志向するなかでしか実現されない、はかなくも強靭な花のようだ。
このカタログでは、当日のパンフレットに作品写真をまとめてみました。○○氏から頂いたお祝い金を充てさせていただきました。ありがとうございました。
みなさん、御苦労さまでした。また当日の混乱のなかでお手伝いくださった方々にこの場をかりて感謝いたします。それではお元気でいてください。次の港でまた騒ぎましょう。
では、また。

ノプラマ・アート「Laughi'n the nude」展・カタログ 巻頭言 



※ 関係者向けに配布されたカタログということで文中の○○氏は冊子内では実名で記されていますが、ここでは伏字としました。

LAUGHIN' THE NUDE展/現存しないポスターと現存しないホール

      13-540_201911171238354b0.jpg


読者的に意味があるわけでもないけれど、少し昔の作品というか、手掛けたポスターを。

ひと昔以上前、原宿駅前のビルの地下にあった「THE GROUND」というホールでのグループ展に参加したが、A1くらいの大きさで制作した店頭ポスターは開幕前夜に(わたしが)即興でやっている。材料は色紙とハサミと糊のみで、マティス風・切り紙絵スタイル。展覧会主宰の五十嵐祥一さんから「あ、店頭に貼るポスターなかったわ、ちょっと作って」といきなり指名がかかり、しょうがないからそのころ(いまもそうだが)好きだったマティスの作品を思い浮かべながら、ノープランで紙を切り出したというアナログなシロモノである。
即興でのこうした制作はいまは割とやっちゃうけれど以前はまったく得意だとも思わず、このときが初めて。なにせ初ものだし出来も(記憶によれば)そこそこ面白かったから、ポスター作品として現存してればよかったのだけどね。アクリル板の反射で絵柄がよく見えない上の写真が手元に残るだけである。ちなみに会場のほうも、いちおうグーグルマップ見てみたけれどもやっぱり現存せず。
13-541b_2019111712383221d.jpg
ノプラマ・アート「LAUGHIN' THE NUDE」/THE GROUND、東京・原宿
入口正面の青い作品は私の制作。油絵である。

今週はそんなかんなで

13-753a.jpg


今月は、とあるメディアに寄稿する署名原稿の締め切りがこのあと控えていて、今週こそそれを書かなければと(個人的に)ナーバスになっていながらなかなか進まないでいたが、おおよその目途がようやく付いた。
画像は、今週はそんなかんなで街散策写真を撮る時間なんてなかったのでストック画像から。先々月に行った上越市でのもので、覗くようにして見えるのは直江津駅ホーム。

(2019.11.16 pm20:00)   

エックス展の打ち合わせと田中幸男展と

12月に開催するアトリエZen企画「エックス展-若きクリエイターたちの自由表現-」まであと1か月をきり、会場の「maison de たびのそら屋」さんと打ち合わせ。あわせて、同ギャラリーで開催中の田中幸男展を観る。

借景のある特徴的な窓ガラス部分に敢えて設置された“菱形”の大きな3点は、先月開催した「弥彦・野外アート展の出展作をベースに個展用にアレンジされたもの。

今回の個展では「ひし形」がひとつのテーマとなっているよう。大型の上記3点のほかも菱形をモチーフにそのかたちを組み合わせ、構成しての小品も多くて、目立っていた。
菱形といえば私の場合は数学好きということもあって、また作家の田中さんがいたものだからつい、たぶん中学校の数学で出てくる「四辺形の性質」の話をしてしまった。作品名に「ひし」とあるし、菱形って何だったっけ?と気になるのである。要は、菱形は平行四辺形であるけれど平行四辺形は必ずしも菱形ではなく、それを分ける要素は何かという、定義の話。まぁ中学生が習うものだから難しいことではないが、数学を縁遠く思っている大多数の大人にしたら、言われてすぐピンとくるものでもない。だから田中さんがその話にすかさず反応し、即答してきたのにちょっと驚いた。
聞けば、高校生のときは理数系にいて特に数学の図形系は強かったらしい。今はカリキュラムも変わっているだろうが、当時は国公立理数系を目指す理系特化した高校生のみが履修する「数学Ⅲ」という教科があり、そこまで履修していたとのこと。だから話はしばし数学。田中さんの作品はずっと見てきて、これまで数学的という感覚はなかったが、なるほどと面白かったのだった。
田中幸男展は明日17日までの開催。

キース・ジャレットのケルンコンサート


キース・ジャレットのケルンコンサートがなんでパーカーとかになるんかいなと、キースファンとしてはまったくわからなかったが、フェイスブックのフィードに流れてきたから貼ってみた。16,000円である。曲名である「日付と場所」のみを記号としてプリントしただけなら、格好いいのにね。

キース・ジャレット「ケルン・コンサート」

わがしはたのし -長岡和菓子屋さん巡り帖

13-746b.jpg
maison de たびのそら屋さんで見つけた(置いてあった)小冊子、「長岡和菓子屋さん巡り帖」。A5版中綴じ12ページ、オールカラー印刷のフリーペーパーで、長岡市内28の和菓子店の紹介のほか「和菓子職人さんに教わる美味しいあんこの炊き方」といったコラムの掲載あり。

フリーペーパーですのでどこかで見かけたら、「長岡和菓子屋さん巡りのお伴」にどうぞ。
13-745b.jpg
13-747b.jpg
わがしはたのし- 長岡和菓子屋さん巡り帖-
発行:和菓子のチカラを繋ぐ会(代表:かさはら菓子店/長岡市台町)

行楽日和に/吉村浩美展と古橋香展と宮﨑優花展

行楽日和だった昨日の日曜日は群馬県に。高崎市と前橋市。大和由佳展とやなぎみわ展を観に行って以来だから群馬は半年ぶり。

一昨年群馬県で初めて展覧会企画をした際に来場されたギャラリストのかたが、前橋市にある明治17年建築の木造建築「臨江閣」を使った現代アートプロジェクトを開催していて、お目当てはそちらと、高崎・ギャラリー空華の吉村浩美展。あいだにビエントアーツギャラリーの古橋香「泥濘の島 - Islands in the Mud」展を挟んだ。アーツ前橋も動線上にあるけれど、ゆっくり廻っていたら時間切れでこちらは割愛。
13-743b.jpg

13-741.jpg

画像は臨江閣(の別館になるのかな?)で、アートプロジェクトはこの建物内ではなく"離れ"の茶室が会場。「RINKOU-KAKU”茶室”プロジェクト2019」と題され、3作家が「茶室空間で」1人1日ずつの短時間個展を連続させるというもの。昨日はその最終日で、展示作家は宮﨑優花さん。

13-742b.jpg
臨江閣の日本庭園の背景には近隣の、ヤマダ電機の名を冠したドーム施設(ヤマダグリーンドーム前橋)の屋根がおさまっていた。大きな公園が隣接していて家族連れ等で賑わう。

作品&短文集「木版画にまつわる思い出」/三上喜貴展

アトリエZenで企画にたずさわる「三上喜貴賀状版画作品展」、和島トゥー・ル・モンドの2階、小学校の旧教室等を使って開催中です。
13-737b.jpg
展覧会案内http://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-5189.html
展示作品リストhttp://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-5210.html


今回の展示では、2015年の横浜個展時に制作した三上さんの「作品&短文集(小冊子)」の販売を、郵送でおこなっています。(施設との取り決めにより会場内での直接販売はしておらず、郵送での対応のみとなります。希望される方はお問い合わせください。※版画作品のほうも販売対応可です)
13-739b.jpg
13-738b.jpg
会場内閲覧用として置いてあります(↑)ので自由にご覧下さい。
お求めになりたいかたは(郵送料がかかりすみませんが)、頒布価格は冊子1冊300円に郵送料200円をご負担いただき、計500円(税込み)となります。お申込み、問い合わせは下記にお願いいたします。(配達記録付きの郵便でお送りします)
問い合わせ先:アトリエZen

13-735b.jpeg
三上喜貴賀状版画 1970-2015
木版画にまつわる思い出

A5版・全20ページ(モノクロ印刷、無線綴じ製本)
1970年の第1作から2015年までの全36作品を、作者自身がその制作背景を綴ったコメントとともに収録
編集:アトリエZen/2015年3月18日発行
9-332.jpg
9-330.jpg

13-736b1050.jpeg

↑ p.1 (クリックすると大きくなります) 

思い思いのプロフィールⅢ/art Truth(横浜)

13-732b.jpg

思い思いのプロフィール Ⅲ
会期:11月13日(水)~11月18日(月)/11:00 - 19:00(最終日17:00迄)
会場:art Truth 【横浜市】
出展:田中アユミ(油彩、ペン画)、中井結美(日本画)、星奈緒(パステル画)、牧田紗季(日本画)

«  | ホーム |  »

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR