アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

10<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>12

アトリエZen 展覧会案内
infomation

アトリエZen in TWOOL GALLERY vol.01
外山文彦展
〓終了しました〓
2020年10月2日~17日、金・土・日曜のみの開館/12:00~18:00
会場:TWOOL GALLERY
展覧会案内】 【記事index
vol.02
-壁面の鉄-霜鳥健二展

10月24日(土)~11月15日(日)の金・土・日曜のみ開催
会場:TWOOL GALLERY
展覧会案内



長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~6月14日まで:三上喜貴
6月15日~8月23日:髙橋ノリユキ
8月24日~10月25日:鶴水亜里沙 〓終了しました〓
10月26日~12月27日:
品田朋香〓展示中〓
/ウィルス対策で営業時間の変更がなされる場合もあります。長岡小嶋屋のホームページ等最新情報を確認ください


銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
vol.37/10月15日~12月13日:小野澤七星
展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


エックス展Ⅹ-若きクリエイターたちの自由表現/出展作家紹介

12月12日から開催の「エックス展Ⅹ-若きクリエイターたちの自由表現」、
出展作家のプロフィール一覧です。
13-777b_20191130100511f3e.jpg

My-skip 12月号-紙媒体版アート日和は休載です

長岡の地域情報紙 My-skip12月号。印刷があがり配布が始まっていますので、ひとつお知らせをしておきますと、紙面連載している「アート日和」は今号は休載となっています。
11月号のときに、「私がいつも使う2枠(連載コラム、イベントガイド)が編集事情により1枠でとなったため『イベントガイド』を休載した」と書いてましたが、理由は同じもので、12月号では連載コラムのほうを休みとした次第です。

さて、どうも少し風邪気味のようで、外出予定をやめて今日は静養することにした。当初は完全休養にと思ったものの、メールのやりとりなどで急ぎのものもあるので、室内を暖房で思いっきり暖かくしたうえで軽作業のみやっている。思いっきり暖かくというのがミソで、個人的には静養みたいなものである。適度にパソコンのキーボードをうつのはよいようで、blog更新も今日はもうひとつおこなおうと思っている。

(2019.11.30 pm13:00)

県立近代美術館の観覧料

最近新潟日報では「県財政悪化」について、前知事の対応の是非を当人にインタビューして問うなどかなり突っ込んだ書きようが目立つ。そんななか昨日の同紙一面トップは「(増収のために)来年4月から手数料値上げ」であった。


いくつか値上げ項目が出ていて、まぁやむをえないし目的にも適うよなというものも中にはあるが、目をひいたのは「県立近代美術館の観覧料の取り扱い(実質値上げ方針)」である。企画展入場料と常設展入場料とを別扱いにするということで、これまで企画展を観れば常設展もあわせて観覧出来たものを別途入場料を徴収するよう変えるらしい。経験上は常設展観覧料別途となるとスルーするひとも多いと思われ、そのあたり入場者数減少との兼ね合いや考え方も公立美術館として必要だから、推移に注目ではある。

モエダンなるキーワード

「モエダン」なるキーワードがいま流行っているとかなんとかで、ゆうべのテレビニュースではそんな特集をしていた。 モエダンとは「萌え断」で、すなわち断面に萌える、とのことらしい。フルーツサンドイッチを半分に切って(切断面を出して)店頭に置かれるケースをよく見るけれど、萌え断とは具体的には、“食べ物のカラフルで美しい断面に「萌える」こと”である。
であるなんて断言してしまったが、ケンコーマヨネーズのサイトにそう書いてあった、その受け売りである。 https://www.kenkomayo.co.jp/keyword/moedan


“断面”がブームなんだろうか。
断面はふだん通常状態では見えないものとすれば、「見えないもの」を「見る」という視点からの面白さがあって、個人的によく魅かれる。例えば「印刷物を束ねたときの横断面の(1枚だけだと見えない)表情とか図柄」を写真におさめることがよくある。国語辞書をひくと「断面」にはいくつか語意が出てくるが、この場合「物を任意の線で切断した切り口」ではなく「ある角度から見た物事の状態や様子」を指す。
だからまぁ言葉の意味は違うし観点も違うから、流行語らしい「萌える断面」とは私の場合ぜんぜん違うんだろうけれど。 下の画像は、2か月くらい前に撮った「今年のエックス展」リーフレットの“断面”。
13-775b.jpg

 | ホーム |  »

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR