アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

12<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>02


NEWS
長岡小嶋屋「殿町本店」2階に外山文彦作品を飾っています。
https://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5376.html

アトリエZen 展覧会案内
infomation

アトリエZen企画展
エックス展 Ⅹ -若きクリエイターたちの自由表現-
[記事index]
会期:2019年12月12日~22日/〓終了しました〓

三上喜貴 賀状版画作品展(at WASHIMA TOUT LE MONDE)
http://atelierzen.blog.fc2.com/
blog-entry-5189.html

会期:11月1日~2020年1月26日、休館日にご注意ください/会場:和島トゥー・ル・モンド 2階



長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~2020年2月2日まで:
角屋 幸〓終了しました〓
2月3日~4月12日、ただし2月17日(月)は休み:
外山文彦 〓展示中〓

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
vol.34/2月20日~ヘロシナキャメラ(イラストレーション)
展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


本日の読売新聞から

14-070.jpg        

今朝の31日付の読売新聞から。
新潟版にて、2月3日からの外山文彦展(長岡小嶋屋CoCoLo長岡店)の案内が掲載されています。作品画像もあわせて取り上げられていて、モノクロでの印刷となるそちらが案外といい雰囲気。

芸大生の作品を思い出した

14-068.jpg
14-067.jpg
所用で長岡造形大に行った際、ちょうどお昼どき学内レストランに知人を見かけたからと一緒に昼食を。タレカツ丼にした。
いわゆる「タレ」は脇添えキャベツ部分を避けカツのところだけだったからと、ついキャベツに別途マヨネーズをかけてしまう。かけながら、ストップ・マヨハラ党なる昨年末に読んだ東京藝術大生の授業課題作品を思い出した

健在と書いてはいたけれど

今年の元日も健在だったと書いてはいたけれど、いよいよ解体工事に入るよう。旧長岡現代美術館の建物(現長岡商工会議所)の話。
今朝の新潟日報に、工事にまつわり車両通行止めが始まる等の記事が掲載されていた。
14-069b.jpg

記事によれば、旧現代美術館と北越銀行本店の間の市道は2月21日から車両通行止めとなり「(旧美術館のエリアは)早ければ6月から仮囲いがされ本格的に工事が始まる」とのこと。今も遺る斎藤義重のパブリックアート、外壁レリーフや前庭を何年か前の降雪時に「雪との関係」を気にしてよく写真を撮りに行っていたけれど、この暖冬ぶりや「雪の無さ」からするともう撮れないものかもしれない。日報の記事見てハードディスクの過去写真を見直してみた。

雪の現代美術館は過去記事みたら、断片的だけれど時折アップもしていたよう。もちろんそれが全部ではないから何かの機会にマイスキップ紙とかに載せられればとは思う。

外山文彦 作品展示 (長岡小嶋屋CoCoLo長岡店)

蕎麦店内をアートで彩る、長岡小嶋屋“蕎麦×アート”、
CoCoLo長岡店の展示案内です。

   14-051.jpg




CoCoLo長岡店 “蕎麦×アート” vol.60 [現代アート]
外山文彦 展  TOYAMA, Fumihikoi
会期:2020年2月3日(月)~4月12日(日)/2月17日(月)休み
※2月17日(月)はCoCoLo長岡の建物メンテナンス等のためCoCoLo自体が休館となります
会場:長岡小嶋屋 CoCoLo長岡店 
         長岡駅ビルCoCoLo内、1階レストラン街/
         11:00~21:30(ラストオーダー21:00)
麻布とアクリル絵具による現代表現の絵画等5作品。

■作品の問い合わせ:【アトリエZen (メールフォーム)
作品の販売にも対応します。ご希望のかた、お問い合わせはアトリエZenまで。

蕎麦店の壁面を使っての展示です。アートの織り成す時間と空間を、おいしいお蕎麦などとともにお楽しみください。
※展示・鑑賞スペースが独立してあるわけではなく、「蕎麦×アート」企画として店内インテリアも兼ねて飾っています。一般の画廊や美術館のように作品一枚一枚の正面に立ち、作品のみつぶさに鑑賞できるというスタイルではありませんので、ご理解をお願いします。
駅ビル内の人気飲食店のため、ランチ時は特に混みあいます。作品空間にゆっくり浸りたい場合などは少し時間を避けていただけるとよいかと思います。蕎麦だけではなく“焦がし蕎麦粉のあんみつ”といった甘味やコーヒーもありますので、ティータイム等の喫茶でのご利用も歓迎です。(コーヒー、紅茶は300円(+税)とリーズナブルです。画廊喫茶的にもどうぞ)

(展示コーディネート・企画:アトリエZen) 




展示作家と作品は約2か月程度のスパンで替わります。2月2日(日)までは角屋幸さんの書作品5点を展示しています ↓
https://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-5252.html

13-748b800.jpg
 

かつての屋根勾配のライン


昨日、道の駅のギャラリーまで向かう途中に見つけたJAの建物。
おそらく手前に切妻屋根の平屋木造建築が繋がってあって、それを取り壊して駐車場にしたんぢゃないかと想像する。いわゆるトマソン物件(超芸術トマソン)のよう。遺されたかつての屋根勾配(と思われるライン)が綺麗だ。

なんだかひとりだけポツンと

和島トゥー・ル・モンドでの三上喜貴賀状版画作品展。展示会期終了につき本日は作品搬出に。 画像は作品を箱に収納し片付け完了後の1枚。会場常設で先の記事にアップした「昔のランドセル」を残して帰る直前の光景。ランドセルはなんだかひとりだけポツンと残されたよう。

14-063.jpg
    三上喜貴賀状版画作品展/記事index
       https://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-5328.html

同じ和島地区にある、道の駅に付随した「和らぎ家ぎゃらりー」で小黒哲也新春書展が開催されていたので今日はそちらにも。
14-064b.jpg

角屋幸作品展示中(長岡小嶋屋CoCoLo長岡店)

長岡小嶋屋CoCoLo長岡店、“蕎麦×アート”。
いま店内に飾っている作品は角屋幸さんの書作品5点。展示会期は残り1週間、2月2日(日)迄となります。
14-053b.jpg
14-055a.jpg14-054a.jpg
CoCoLo長岡店 “蕎麦×アート” vol.59
   角屋 幸  展

 展示案内:https://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-5238.html
 作品リスト:https://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-5252.html
14-052b.jpg

バスケットボールを5分ほど

14-056.jpg


アオーレ長岡でバスケットボールのプロリーグの試合をしていて、テレビ放送がされていたものだからちょっとだけ観戦した。昨日の話。観戦といっても日中の休憩的な時間の5分ほど。
新潟アルビレックスの秋田戦。相手のディフェンスはオールコートプレスだすごいな~などと昔取った杵柄のように昔聞いた専門用語を思わず口にするが、バスケ用語は実際ほとんど知らないでいる。今朝の新潟日報、運動部記者の試合評読んで露呈した。

なぜか北海道の話題に

とある若手作家と話していてなぜか北海道の話題になった。
しょうがないから、というよりも自身で北海道ネタとなるとすぐ浮かぶのは最近のそれだからと、テレビドラマ「チャンネルはそのまま!」のことを返した。最終回しか見れていないから、たいした話が出来るわけではないけれど。

その最終回では、大泉洋が補助金不正使用疑惑の渦中にいるNPO法人代表という役を熱演していて……と言っても見てないひとはわからないのだけど、この補助金不正使用云々は原作マンガのオリジナルストーリーにはないもので、実写ドラマ化にあたって付け加えられたものらしいと後から知った。要は原作マンガから追加改訂された部分で、改訂版の魅力云々と以前書いたことがあるが、どこをどう改訂するかは興味深くてつい反応してしまう。原作本もまだ読んでないから想像の域にはなるけれど。

「見てないひとはわからない」ということで書くなら、劇中に流れる「街の灯」なる歌をカメラマンを演じた東京03の3人が歌っていてその収録風景に思わず笑ってしまっていた。
youtube東京03のマジ歌「街の灯」収録ウラ側】
このユーチューブ動画だけだといささか音も外したトンチンカンな歌でしかないが、面白いもので劇中では一転し、感動を引き込むような使い方。追加改訂の「大泉洋」にもつなげる役目も果たしていた。

雪アート特集と雪の無い長岡駅前



打ち合わせに出向いた先で「マイスキップの今月の特集、面白かった」と言われた。雪アートについて前山忠さんにインタビューした回である。
なんでも、半世紀前に(当時の若き前衛芸術家たちが信濃川河川敷で)雪のイメージを変えるイベントをおこなっていたことには驚いたそうだ。今ならそうしたイベントがあってもわかるだろうけれど、現代美術が浸透もしてない50年前だからね。そうした動きが新潟にあったことにとても興味を魅かれていたよう。でもそれにしても、今年は雪が降りませぬな。雪特集をやったのにねぇと思いつつ、画像はそんな、雪の無い冬の長岡駅前。
14-048.jpg

 | ホーム |  »

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR