アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

02<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>04

アトリエZen 展覧会案内
infomation

どうぶつアート展併設の喫茶室で同時開催/野坂衣織展
6月24日(水)~7月5日(日)/於:maison de たびのそら屋
https://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-
category-1.htm
l


長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~6月14日まで:三上喜貴 〓終了しました〓
現在/6月15日~8月23日:髙橋ノリユキ(写真) 〓展示中〓/ウィルス対策で営業時間の変更があります。長岡小嶋屋のホームページ等最新情報を確認ください


銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
vol.35/5月14日~7月31日舟見倹二+外山文彦
展示案内
展示作品リスト・展示風景



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


今日の旧現代美術館と昨日のマラソン

14-188b.jpg
14-193bモノクロ

今日の旧長岡現代美術館、と新しくカテゴリー分けしたが、厳密さはなくて必ず「本日の」というわけではない。だから画像は今日の数日前、先週末金曜日くらいのものになるだろうか。特に外観的な変化がなかったからか、この日は庭の石が妙に気になって写真はほぼそちら。カラー写真をモノクロ変換している。

新型コロナウィルス。予定にあった上京をとりやめたりしたので、その分自宅での時間が増え、作業もすすむはずが、見直すと意外にすすんでいない。打ち合わせだなんだで人と会うためにはこのご時世、自身のちょっとした体調の変化にも神経質にならざるをえず、免疫機能の駆使には睡眠時間確保だとか何とかと気にしていたら、仕事のペースを先週はちょっと落としすぎていたようだ。だからこの週末は溜まりつつあった事務仕事とかを順次。

そんななか昨日はテレビのNHK教育放送では男子の「琵琶湖」民放では女子の「名古屋」、二つのマラソンがほぼ同時刻に放送されていた。ふだんだと生放送2時間強観戦しそうなところだけれど、上述のように仕事を優先。パソコンに向かっていたわけだ。
でもテレビは女子のほうをとりあえずつけていた。見もせずに、聞かないBGMの如く仕事の脇でただついていただけで、ふと気づいたらもう30キロ過ぎ。 一山麻緒選手が独走する映像が流れていて、走るフォームが実に綺麗な選手だと思ったらテレビは「オリンピックに行ける(記録が出る)」と連呼するから、ここで少し手を休めてテレビ観戦にとなったわけである。
何気なくいま見たヤフーニュースで「(30km手前の時点では)1月の大阪国際女子マラソン松田瑞生選手の記録を越えていなかった」とあり、なるほど30km以降のスパートが驚異的だったのねとわかったが、逆にいうなら途中までの「オリンピック出場への記録が出るかどうか」瀬戸際的絶妙さも、(最初からテレビ観戦して)堪能したかったところ。

そのヤフーのコメント欄には、何故かマスコミが報じず一般にも認知されてないこととして「(女子マラソンは)男女混合と女子単独とで記録を分けてランキングされている」との指摘があった。本当かどうかの知見はないが、たしかに男女混合レースだと男子選手のサポートのもと記録が狙えるわけで、これまでの記録もそのケースが上位を占めるよう。今回の日本歴代4位という記録を女子単独レースでみるとするなら、野口みづき選手の記録を抜いて日本新となるようだ。

 | ホーム | 

カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR