アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

03<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>05


NEWS
長岡小嶋屋「殿町本店」2階に外山文彦作品を飾っています。
https://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5376.html

アトリエZen 展覧会案内
infomation

アトリエZen企画展
エックス展 Ⅹ -若きクリエイターたちの自由表現-
[記事index]
会期:2019年12月12日~22日/〓終了しました〓

三上喜貴 賀状版画作品展(at WASHIMA TOUT LE MONDE)
http://atelierzen.blog.fc2.com/
blog-entry-5189.html

会期:11月1日~2020年1月26日、休館日にご注意ください/会場:和島トゥー・ル・モンド 2階



長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~2020年2月2日まで:
角屋 幸〓終了しました〓
2月3日~4月12日、ただし2月17日(月)は休み:
外山文彦 〓展示中〓

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
vol.34/2月20日~ヘロシナキャメラ(イラストレーション)
展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


達磨の絵を描くわけにもいかず

My-Skipの次号5月号に載せるからと、お二人のかたに4月5日締切と言って原稿を頼んでいた。締切日はすなわち昨日の日曜で、遅延なく原稿も届いたからと昨日はその記事の取りまとめ作業をしていた。ひとりは長岡造形大の学生、もう一つは久々にフォトグラファー海津さんの写真記事である。
さすが二人とも締め切り厳守だねと作業していたら、自分のことは棚に上げるではないが、自身の同紙連載コラム原稿は今回まったく手つかずで、締め切りに遅れるのではないかということに気づいた。ここのところのウィルス渦で、気づいてみれば書く題材もまったく浮かばない。達磨の絵を大きく描いて「手も足も出なかった」とするわけにもいかず、さてどうしようかと思ったわけである。

4月はblogに毎日ひとつ何かしらの記事をあげようと密かに考えていた。昨日はだいぶ以前に書いて「下書き保存」していた長文を夜にアップする予定でいたが、しかし予感があって急に取りやめている。密かな計画は5日でもう穴が空いて終わりになってしまったけれど、一晩寝て、ここで話が結びつくのだがスッキリした頭でその下書きblog(の一部)を5月号用原稿に使うことにしたわけだ。そうなると早いから、あっという間に書き上げた次第。締切から解放され安心し、言い訳のような本日のblogになっている。

昨日取りやめたその一文は5月号が出る直前か発行後になるかはわからないけれど、こっそり(特に何も言わないで)アップしようとは思う。さて画像は旧長岡現代美術館のある角。同館外壁のレリーフ取り外し工事はまだ始まっていない。

理由がわからなかったが


中央図書館に。所用を済ませ帰路は通りがかりに近くの原信に寄ったら、タイムセールでもないのに買い物客でけっこうな人混み。 理由が最初わからなかったが、同店近くの福島江の桜が満開で道行くひとも多かったから、そのひとたちが流れてきていたようだ。

借景の“桜”とともに/izumi展

今日はmaison de たびのそら屋に。My-Skipの4月号にも案内を入れた企画展「2020 SPRING EXHIBITON -izumi-が開催中。
出展作家のひとり、さいとうようこさんは展示室内でのオブジェ作品のほか、喫茶室のガラス面に「絵を描いた透明シール」を貼っていて、借景の“桜”とともについ撮りたくなる。

14-253.jpg
展示室内は1枚あげておくと↓のような感じ。出展は、岩田圭音(埼玉県、版画・装身具)、大橋絵里奈(見附市、イラストレーション)、さいとうようこ(新潟市、ミクストメディア)、中村紗央里(長岡市、写真・ミクストメディア)、不破妙子(長岡市、漆器・彫刻)の5作家。
14-254.jpg

隙間の花見

信号待ちの車中。ふと横を見たら、並ぶ建物のあいだ(隙間)から桜が覗いていた。移動中の隙間時間での花見だらうか。

夏川りみと南こうせつのコラボレーション

夏川りみが南こうせつとコラボレーションしている動画を偶然見つけた。昨夜の話。もう懐メロと化すその「僕の胸でおやすみ」を、すごく綺麗でアレンジもすごくいいと聴き入っていたら、同じメンバーでの「あの人の手紙」もあるではないか。わたし的には感動もの。
https://www.youtube.com/watch?v=f2WT7mw1kGE

「あの人の手紙」はかぐや姫の楽曲で作詩は伊勢正三。反戦歌として知られる。
この曲、私はたぶん小学生のとき、年の離れた姉か叔父あたりが持っていたレコードで聞いたはずで、そのとき「“あの人”は幽霊となって最後あらわれた」とこの詩は言ってると子供心に思っていたことを思い出していた。 幽霊なのか夢の中だったのか妄想だったのか解釈はまぁいろいろあるだろうけれど、今の私の感覚も同じかな。かなしい歌なのにアップテンポなメロディは、逆にそれを浮き彫りにしているかのよう。
[パーソネル]
ボーカル:夏川りみ+南こうせつ/ギター:吉川忠英 /バイオリン:佐久間順平 /キーボード:矢嶋マキ /ベース:岡本陽一 /パーカッション:玉木正昭 /コーラス:杉本和世

代田橋ナンドナーレⅢ

代田橋ナンドナーレ。私は今回出展しておらず。

14-249b.jpg14-250b1050s_2020040118511357a.jpg


1st.代田橋ナンドナーレ(2017)

 | ホーム | 

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR